これは愛情…?嫉妬深い男性に要注意!注目すべき7つの特徴

コクハク編集部
更新日:2020-03-28 06:00
投稿日:2020-03-28 06:00
 誰しも、好きな人に対して少なからず「嫉妬」をするものでしょう。でも、それはある意味、愛情の裏返しでもありますよね。でも、人によっては過度に嫉妬をした結果、ストーカーになったりメンヘラな一面が見えたりと、注意が必要な場合も。そこで、嫉妬深い男性の特徴や見分け方を押さえていきましょう。

要注意!嫉妬深い男性の7つの特徴!

嫉妬深い男性の特徴とは?(写真:iStock)
嫉妬深い男性の特徴とは? (写真:iStock)

 男性にヤキモチを妬かれると、「そんなに私のことが好きなんだ!」なんて嬉しくなってしまう女性は多いかもしれません。でも、世の中にはヤキモチを通り越して、激しい嫉妬をしてしまう男性もいるんです。そんな男性の特徴を見ていきましょう。

1. 認められたい願望が強い

 多かれ少なかれ、誰もが持っている「認められたい」「愛されたい」「褒められたい」という願望、これを“承認欲求”と言いますが、この承認欲求が強い男性は嫉妬深い傾向にあるようです。

 好きな女性が自分のことをどう思っているのかを気にして慎重になりすぎたり、ストーカーのように監視をしてしまうこともあります。

2. 独占欲が強く束縛しがち

 独占欲が強い「俺様」タイプの男性も、嫉妬深い可能性が高いでしょう。いつでも自分が一番になりたいと思っているため、女性が自分以外の男性と話したり、歴代の元カレの話をするだけで嫉妬の鬼になってしまうことも。

 このタイプの男性は比較的モテる人も多く、「こんな俺が付き合ってあげてるんだから、ほかの男性を見る必要はない」と、自分勝手な考えのもとで女性を支配しようとする人もいます。

3. ほかの男性のことを話すと機嫌が悪くなる

 自分以外のほかの男性の話をしたりするだけで、機嫌が悪くなる男性も嫉妬心が強いでしょう。ただの男友達を褒めたり、場合によっては「◯◯ってかっこいいよね」なんて芸能人の話をするだけで気を悪くしたりします。

 これは、男性の心に余裕がない証拠。不安を感じているのかもしれません。機嫌が悪くなるだけならまだしも、その男性の悪口を言うなど妬みをあらわにする男性には要注意です。

プライドが高い男性は別れの予感で嫉妬深く(写真:iStock)
プライドが高い男性は別れの予感で嫉妬深く (写真:iStock)

4. 自分に自信がない

 自分に自信がないことで、嫉妬をする男性もいます。「自分のことを本当に好きなのか?」「ほかに良い男性がいたら、見捨てられるのではないか?」など、女性の愛情がなくなってしまうことを過度に恐れてしまい、束縛などの行動に出てしまうのです。

 男性が自信を持てない原因はさまざまですが、過去に女性に浮気されたなどのトラウマが原因となっていることもあります。

5. 自分の要求が通らないと気が済まない

 彼女になった女性は「俺のもの」。そんな考えを持つ男性も、嫉妬深い傾向にあるでしょう。そんな彼女が自分の思い通りに動いてくれなかったりと、自分の要求が通らない時に束縛をするなどの行動に出ることも。

 このタイプの男性はプライドが高い場合が多く、幼少期から比較的失敗がなく人生を歩んできている人が多いよう。失敗を過度に嫌うため、女性の気持ちが自分から離れていくのを感じた時に、嫉妬心をあらわにすることが多いようです。

わざと他の女性の話をして嫉妬wあおる(写真:iStock)
わざと他の女性の話をして嫉妬wあおる (写真:iStock)

6. 女性のファッションにうるさい

「ちょっとスカートが短いんじゃない?」など、ほかの男性の目線を気にして服装チェックをするくらいであれば可愛いものですが、「その服装は嫌い」「こういった服を着て欲しい」など、自分の好みのファッションに変えたい願望のある男性には注意が必要です。

 これは、女性を「自分のもの」と扱いたいという気持ちの表れ。支配欲が強く、束縛が激しい傾向にあります。

7. 嫉妬させようとしてくる

 ほかの女性と仲良くしたり、ほかの女性の話題を出してわざと嫉妬させようとするのも、嫉妬深い男性の特徴。嫉妬させるだけならまだしも、浮気をしたりもするからタチが悪いんです。

 浮気に至る理由は、「自分はこんなに好きなのに、女性からは好きな気持ちが伝わらない。フェアじゃない」となんとも勝手な理由。ある意味、病的とも言える思考回路のため、お付き合いを続けると何かと苦労するかもしれません。

「好き」よりも「怖い」が上回ったら別れを検討しよう

恐怖のほうが上回るようなら別れを視野に(写真:iStock)
恐怖のほうが上回るようなら別れを視野に (写真:iStock)

 嫉妬深い男性の特徴を見ると、精神的に子どもっぽい部分や、ワガママな部分があることに気づくでしょう。女性側に全てを受け止められる精神的余裕があれば良いですが、ずっとその関係性が続くとなると、なかなかつらいものがありますよね。

 また、嫉妬深い男性は一線を超えると、ストーカー化したりなどの危険もあります。もしも相手を「好き」という感情よりも、「怖い」という感情が上回ったら、別れを検討するのも良いのかもしれませんね。

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ