これは愛情…?嫉妬深い男性に要注意!注目すべき7つの特徴

コクハク編集部
更新日:2020-03-28 06:00
投稿日:2020-03-28 06:00
 誰しも、好きな人に対して少なからず「嫉妬」をするものでしょう。でも、それはある意味、愛情の裏返しでもありますよね。でも、人によっては過度に嫉妬をした結果、ストーカーになったりメンヘラな一面が見えたりと、注意が必要な場合も。そこで、嫉妬深い男性の特徴や見分け方を押さえていきましょう。

要注意!嫉妬深い男性の7つの特徴!

嫉妬深い男性の特徴とは?(写真:iStock)
嫉妬深い男性の特徴とは? (写真:iStock)

 男性にヤキモチを妬かれると、「そんなに私のことが好きなんだ!」なんて嬉しくなってしまう女性は多いかもしれません。でも、世の中にはヤキモチを通り越して、激しい嫉妬をしてしまう男性もいるんです。そんな男性の特徴を見ていきましょう。

1. 認められたい願望が強い

 多かれ少なかれ、誰もが持っている「認められたい」「愛されたい」「褒められたい」という願望、これを“承認欲求”と言いますが、この承認欲求が強い男性は嫉妬深い傾向にあるようです。

 好きな女性が自分のことをどう思っているのかを気にして慎重になりすぎたり、ストーカーのように監視をしてしまうこともあります。

2. 独占欲が強く束縛しがち

 独占欲が強い「俺様」タイプの男性も、嫉妬深い可能性が高いでしょう。いつでも自分が一番になりたいと思っているため、女性が自分以外の男性と話したり、歴代の元カレの話をするだけで嫉妬の鬼になってしまうことも。

 このタイプの男性は比較的モテる人も多く、「こんな俺が付き合ってあげてるんだから、ほかの男性を見る必要はない」と、自分勝手な考えのもとで女性を支配しようとする人もいます。

3. ほかの男性のことを話すと機嫌が悪くなる

 自分以外のほかの男性の話をしたりするだけで、機嫌が悪くなる男性も嫉妬心が強いでしょう。ただの男友達を褒めたり、場合によっては「◯◯ってかっこいいよね」なんて芸能人の話をするだけで気を悪くしたりします。

 これは、男性の心に余裕がない証拠。不安を感じているのかもしれません。機嫌が悪くなるだけならまだしも、その男性の悪口を言うなど妬みをあらわにする男性には要注意です。

プライドが高い男性は別れの予感で嫉妬深く(写真:iStock)
プライドが高い男性は別れの予感で嫉妬深く (写真:iStock)

4. 自分に自信がない

 自分に自信がないことで、嫉妬をする男性もいます。「自分のことを本当に好きなのか?」「ほかに良い男性がいたら、見捨てられるのではないか?」など、女性の愛情がなくなってしまうことを過度に恐れてしまい、束縛などの行動に出てしまうのです。

 男性が自信を持てない原因はさまざまですが、過去に女性に浮気されたなどのトラウマが原因となっていることもあります。

5. 自分の要求が通らないと気が済まない

 彼女になった女性は「俺のもの」。そんな考えを持つ男性も、嫉妬深い傾向にあるでしょう。そんな彼女が自分の思い通りに動いてくれなかったりと、自分の要求が通らない時に束縛をするなどの行動に出ることも。

 このタイプの男性はプライドが高い場合が多く、幼少期から比較的失敗がなく人生を歩んできている人が多いよう。失敗を過度に嫌うため、女性の気持ちが自分から離れていくのを感じた時に、嫉妬心をあらわにすることが多いようです。

わざと他の女性の話をして嫉妬wあおる(写真:iStock)
わざと他の女性の話をして嫉妬wあおる (写真:iStock)

6. 女性のファッションにうるさい

「ちょっとスカートが短いんじゃない?」など、ほかの男性の目線を気にして服装チェックをするくらいであれば可愛いものですが、「その服装は嫌い」「こういった服を着て欲しい」など、自分の好みのファッションに変えたい願望のある男性には注意が必要です。

 これは、女性を「自分のもの」と扱いたいという気持ちの表れ。支配欲が強く、束縛が激しい傾向にあります。

7. 嫉妬させようとしてくる

 ほかの女性と仲良くしたり、ほかの女性の話題を出してわざと嫉妬させようとするのも、嫉妬深い男性の特徴。嫉妬させるだけならまだしも、浮気をしたりもするからタチが悪いんです。

 浮気に至る理由は、「自分はこんなに好きなのに、女性からは好きな気持ちが伝わらない。フェアじゃない」となんとも勝手な理由。ある意味、病的とも言える思考回路のため、お付き合いを続けると何かと苦労するかもしれません。

「好き」よりも「怖い」が上回ったら別れを検討しよう

恐怖のほうが上回るようなら別れを視野に(写真:iStock)
恐怖のほうが上回るようなら別れを視野に (写真:iStock)

 嫉妬深い男性の特徴を見ると、精神的に子どもっぽい部分や、ワガママな部分があることに気づくでしょう。女性側に全てを受け止められる精神的余裕があれば良いですが、ずっとその関係性が続くとなると、なかなかつらいものがありますよね。

 また、嫉妬深い男性は一線を超えると、ストーカー化したりなどの危険もあります。もしも相手を「好き」という感情よりも、「怖い」という感情が上回ったら、別れを検討するのも良いのかもしれませんね。

ラブ 新着一覧


運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ