嫉妬を我慢するための3STEP! 彼氏に嫌われないためには?

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-11-11 06:00
投稿日:2019-11-11 06:00
 彼氏のことが大好きであればあるほど、彼氏に近寄ってくる女性に嫉妬してしまうことってあると思います。たとえ相手の女性にそのような気がなくても、彼のことが取られてしまいそうで不安を感じてしまうんですよね。
 嫉妬深い女性は、気が強いと思われてしまいがち。個人的な意見を言うと、筆者は嫉妬深い女性は「健気で気が弱い」と認識しています。嫉妬する自分を本当は「どうにかしたい」と思っていることも多いと思うのです。
 そこで今回は、嫉妬をしなくなる方法&嫉妬しても我慢できるようになるステップを模索してみましょう。

嫉妬を我慢できるようになるために考えたい3つのこと

なぜ嫉妬してしまうのか?(写真:iStock)
なぜ嫉妬してしまうのか? (写真:iStock)

 嫉妬を我慢できるようにするためには、まずは彼氏に近寄る女性への認識を変えなくてはいけません。敵視していると、どうしても嫉妬の対象になってしまうからです。そこで、嫉妬と向き合うための、自分との向き合い方をお教えしましょう。

1. 親しさを理由に好きになるとは限らない

 ここで、あなたに質問があります。「彼氏以外の親しい男性がいたとして、その男性を簡単に好きになれますか?」

 多くの女性は「NO」と答えるはず。恋愛に至るには「話が合う」とか「仲がいい」だけではダメなのです。そこに、性差ならではの色気やハプニングが加わったりするから、恋に発展するわけです。

 つまり、彼女である自分が他の女性を適視する必要はありません。全ての女性の中から「一番」と選ばれているわけですから、どっしりと構えておきましょう。

2. 浮気するような男はそれまでである

 そもそも浮気するような男は、そこで見限った方がいいに決まっています。全ての男性が必ずしも浮気するわけではないのです。

 仮に心移りをされたとしても、冷めた彼氏の心を取り戻すために悪あがきしたいですか? きっと多くの女性は「愛されたい」からこそ嫉妬するのです。他の女性にすぐ心移りしてしまうような男性に、そもそも信用は置けないでしょう。

 ただ、万が一の浮気をする前から心配をするのはやめた方が良いです。彼氏にも失礼ですし、そんな心配をさせる男性を好きでいる自分の品格を下げることにも繋がります。

3. どの女性より自分が魅力的であればいい

 極論ですが、どの女性よりも彼氏に“ふさわしい女性”になればいいのです。ただ、これには定義が存在せず、結婚して生涯添い遂げるまで知りえることができません。つまりは、「彼氏のため」と努力し続ける必要があります。

 しかし、大概の女性は「これだけ彼氏のために尽くしている」という自信が生まれてくるでしょう。彼氏がたとえ浮気しても「これだけ頑張ったのに相性が悪いんだ」と、別れに対してポジティブに捉えられるのです。嫉妬を我慢できない女性は自己肯定力が限りなく低いという特徴があるため、自分に自信をつけることから始めるのが得策かもしれません。

ラブ 新着一覧


FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 好きだった彼と付き合うことになったら、誰だって「ずっと一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くな...
恋バナ調査隊 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 離婚経験者のみなさま、離婚した理由を周りに聞かれることって、ありますよね? その時、どんな風に説明していますか? ...
七味さや 2020-09-18 06:00 ラブ