恋は引き際も重要?気になる5つのタイミング&諦める方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-02 06:00
投稿日:2020-04-02 06:00
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつまで経ってもその恋が叶わないと、楽しかったはずの時間もだんだんと苦痛になってしまうもの。そんな人は、今が恋の引き際かもしれませんよ?

恋の引き際はどこ?気になる5つのタイミング

一緒にいても楽しくない(写真:iStock)
一緒にいても楽しくない (写真:iStock)

 好きな人ができると、「振り向いてもらえるまで諦めない」と思う人も多いでしょう。 しかし、脈がない相手をいつまでも思い続けるのは、辛いだけではなく時間の無駄になる可能性も。そこでまずは、恋の引き際のタイミングを見ていきましょう。

1. 一緒にいても楽しいと思えなくなった

 好きな人ができると、目が合っただけ、話ができただけで嬉しくなります。距離が縮まれば、毎日が楽しくて仕方がないでしょう。

 しかし、一生懸命アプローチしているのにも関わらず、いつまで経っても相手の心が動かないと、楽しかったはずの会話すら空しくなってくるものです。一緒にいても楽しいと思えなくなったら、恋の引き際かもしれません。

2. 追いかけることに疲れてしまった

 好きな人にアプローチするのは勇気がいるものですし、パワーが必要です。最初のうちは、「振り向かせたい!」とモチベーションを高く持って挑むことができますが、状況がいつまでも変わらないと、恋愛へのモチベーションは下がってしまうもの。

 追いかけることに疲れてしまったら、好きでい続けることが難しくなります。

3. いつも連絡が一方通行

 好きな人との距離が少しずつ縮まって連絡先を交換できたら、「これで一歩進めた!」と嬉しくなってしまいますよね。

 しかし、いつまで経っても常に連絡があなたからの一方通行の場合には、「脈なし」と諦めた方が良いかもしれません。もしも彼があなたのことを「気になる存在」として見ているのであれば、コミュニケーションはもっと増えるはずですから。

4. 自分らしくいられなくなった

 誰だって、好きな人には「好かれたい」と思い、さまざまな努力をするでしょう。

 しかし、中には自分自身を作らなければ、彼と接することができなくなってしまう人もいます。良いところを見せようと頑張りすぎて、素の自分を隠し続けてしまうことに疲れてしまったら、その恋を続けていいか見直す必要があるかもしれません。

5. 相手に好きな人もしくは恋人ができた

 当たり前のことですが、あなたが片思いしている相手はあなたの気持ちを知っていたとしても、恋をするのは自由。当然、ほかの人に好意を抱くこともあるでしょう。

 そのため、相手に好きな人ができたり、恋人ができた時には、あなたは潔く諦めるしかなくなる場合も。アプローチし続けてしまえば、重く、迷惑な存在になるだけです。

引き際だと思ったら……?前に進むための5つの方法

嫌いなところを思い出してスッパリと(写真:iStock)
嫌いなところを思い出してスッパリと (写真:iStock)

 長い間一人の人を思い続けていると、「今まで思い続けたのだから」となかなか諦めきれなくなることもあるでしょう。

 しかし、引き際と感じたのであれば、きっぱりと諦めて、前に進んだ方が良い場合もあります。そうすることで、逆に相手の心が動いたり、新しい恋が見つかることもあるでしょう。そんな前に進むための方法を、お伝えします。

1. 一度思い切り泣いて心をすっきりさせる

 ずっと思い続けた相手を諦めるというのは、誰だって辛いものです。「もう少し頑張ったら、心が動くのでは?」と儚い期待をする人もいるでしょう。

 しかし、引き際と思ったのであれば、潔く諦めることが必要。心を整理するためにも、一度思い切り泣いて、心をすっきりさせましょう。

2. 相手の好きな部分ではなく、嫌な部分を思い出す

 好きな人を忘れようとすると、どうしても良いところばかりが思い出されるもの。

 しかし、諦めようと決めたのであれば、相手の良い部分ではなく嫌な部分を思い出してみましょう。そうすることで、「思っているほど、素敵な人ではなかったかも」と、割り切ることができるかもしれません。

3. 思い出の品は思い切って処分

 今まで思い続けた相手がいれば、それぞれ思い出の品を持っているはず。大切な思い出として、「取っておこう」と思う人も多いでしょう。

 しかし、それがあることでついつい相手のことを考えたり、思い出してしまうきっかけになることも。思い出の品は、思い切って処分するのが良いでしょう。

4. 相手とは距離を置き、連絡もとらない

 好きな相手を諦めたからといって、決して嫌いになった訳ではありません。そのため、「今まで通り、会いたい」と思う人も多いでしょう。

 しかし、相手への思いを断ち切るためには、距離を置くことが必要です。連絡なども取らず、相手の存在に触れないようにしましょう。

5. 自分磨きを始める

 好きな人を諦めたら、途端に「もう、どうでもいいや」と投げやりになってしまう人がいます。思い続けた相手から振り向いてもらえなければ、やる気もなくなってしまいますよね。

 でも、そんな時こそ自分磨きが大切です。あなたが魅力的になれば、今度は相手からアプローチしてくる可能性だってあるでしょう。

上手な「引き際」で幸せな恋を掴もう!

本当の運命の相手は別にいるかも?(写真:iStock)
本当の運命の相手は別にいるかも? (写真:iStock)

 一人の人を思い続けるというのは、とても素敵なことです。そんなに誰かを思えるというのは、幸せなことでしょう。

 しかし、その恋が「叶わない」と思ったのであれば、早めに引くことも大切。上手な引き際は、相手を「あれ?どうしたんだろう」と、心を動かすきっかけになるかもしれませんし、本当の運命の相手に気づくチャンスになるかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ