恋は引き際も重要?気になる5つのタイミング&諦める方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-04-02 06:00
投稿日:2020-04-02 06:00
 恋が始まると、毎日が楽しくなるものです。その恋を叶えるためにする努力も、幸せに感じることができるでしょう。しかし、いつまで経ってもその恋が叶わないと、楽しかったはずの時間もだんだんと苦痛になってしまうもの。そんな人は、今が恋の引き際かもしれませんよ?

恋の引き際はどこ?気になる5つのタイミング

一緒にいても楽しくない(写真:iStock)
一緒にいても楽しくない (写真:iStock)

 好きな人ができると、「振り向いてもらえるまで諦めない」と思う人も多いでしょう。 しかし、脈がない相手をいつまでも思い続けるのは、辛いだけではなく時間の無駄になる可能性も。そこでまずは、恋の引き際のタイミングを見ていきましょう。

1. 一緒にいても楽しいと思えなくなった

 好きな人ができると、目が合っただけ、話ができただけで嬉しくなります。距離が縮まれば、毎日が楽しくて仕方がないでしょう。

 しかし、一生懸命アプローチしているのにも関わらず、いつまで経っても相手の心が動かないと、楽しかったはずの会話すら空しくなってくるものです。一緒にいても楽しいと思えなくなったら、恋の引き際かもしれません。

2. 追いかけることに疲れてしまった

 好きな人にアプローチするのは勇気がいるものですし、パワーが必要です。最初のうちは、「振り向かせたい!」とモチベーションを高く持って挑むことができますが、状況がいつまでも変わらないと、恋愛へのモチベーションは下がってしまうもの。

 追いかけることに疲れてしまったら、好きでい続けることが難しくなります。

3. いつも連絡が一方通行

 好きな人との距離が少しずつ縮まって連絡先を交換できたら、「これで一歩進めた!」と嬉しくなってしまいますよね。

 しかし、いつまで経っても常に連絡があなたからの一方通行の場合には、「脈なし」と諦めた方が良いかもしれません。もしも彼があなたのことを「気になる存在」として見ているのであれば、コミュニケーションはもっと増えるはずですから。

4. 自分らしくいられなくなった

 誰だって、好きな人には「好かれたい」と思い、さまざまな努力をするでしょう。

 しかし、中には自分自身を作らなければ、彼と接することができなくなってしまう人もいます。良いところを見せようと頑張りすぎて、素の自分を隠し続けてしまうことに疲れてしまったら、その恋を続けていいか見直す必要があるかもしれません。

5. 相手に好きな人もしくは恋人ができた

 当たり前のことですが、あなたが片思いしている相手はあなたの気持ちを知っていたとしても、恋をするのは自由。当然、ほかの人に好意を抱くこともあるでしょう。

 そのため、相手に好きな人ができたり、恋人ができた時には、あなたは潔く諦めるしかなくなる場合も。アプローチし続けてしまえば、重く、迷惑な存在になるだけです。

引き際だと思ったら……?前に進むための5つの方法

嫌いなところを思い出してスッパリと(写真:iStock)
嫌いなところを思い出してスッパリと (写真:iStock)

 長い間一人の人を思い続けていると、「今まで思い続けたのだから」となかなか諦めきれなくなることもあるでしょう。

 しかし、引き際と感じたのであれば、きっぱりと諦めて、前に進んだ方が良い場合もあります。そうすることで、逆に相手の心が動いたり、新しい恋が見つかることもあるでしょう。そんな前に進むための方法を、お伝えします。

1. 一度思い切り泣いて心をすっきりさせる

 ずっと思い続けた相手を諦めるというのは、誰だって辛いものです。「もう少し頑張ったら、心が動くのでは?」と儚い期待をする人もいるでしょう。

 しかし、引き際と思ったのであれば、潔く諦めることが必要。心を整理するためにも、一度思い切り泣いて、心をすっきりさせましょう。

2. 相手の好きな部分ではなく、嫌な部分を思い出す

 好きな人を忘れようとすると、どうしても良いところばかりが思い出されるもの。

 しかし、諦めようと決めたのであれば、相手の良い部分ではなく嫌な部分を思い出してみましょう。そうすることで、「思っているほど、素敵な人ではなかったかも」と、割り切ることができるかもしれません。

3. 思い出の品は思い切って処分

 今まで思い続けた相手がいれば、それぞれ思い出の品を持っているはず。大切な思い出として、「取っておこう」と思う人も多いでしょう。

 しかし、それがあることでついつい相手のことを考えたり、思い出してしまうきっかけになることも。思い出の品は、思い切って処分するのが良いでしょう。

4. 相手とは距離を置き、連絡もとらない

 好きな相手を諦めたからといって、決して嫌いになった訳ではありません。そのため、「今まで通り、会いたい」と思う人も多いでしょう。

 しかし、相手への思いを断ち切るためには、距離を置くことが必要です。連絡なども取らず、相手の存在に触れないようにしましょう。

5. 自分磨きを始める

 好きな人を諦めたら、途端に「もう、どうでもいいや」と投げやりになってしまう人がいます。思い続けた相手から振り向いてもらえなければ、やる気もなくなってしまいますよね。

 でも、そんな時こそ自分磨きが大切です。あなたが魅力的になれば、今度は相手からアプローチしてくる可能性だってあるでしょう。

上手な「引き際」で幸せな恋を掴もう!

本当の運命の相手は別にいるかも?(写真:iStock)
本当の運命の相手は別にいるかも? (写真:iStock)

 一人の人を思い続けるというのは、とても素敵なことです。そんなに誰かを思えるというのは、幸せなことでしょう。

 しかし、その恋が「叶わない」と思ったのであれば、早めに引くことも大切。上手な引き際は、相手を「あれ?どうしたんだろう」と、心を動かすきっかけになるかもしれませんし、本当の運命の相手に気づくチャンスになるかもしれませんよ。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ