水でも保冷材でも改善されず…突然襲いかかる謎の火照り

めりぃ(つけものがかり) 編集者
更新日:2020-04-07 07:39
投稿日:2020-04-07 06:00
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進する病気で、動悸や発汗、めまいや悪心、体重減少に筋力低下など、その症状は全身に及びます。治療法は投薬・アイソトープ・外科的手術の3種類とされ、多くの患者は投薬治療で寛解を目指します。 
 これは、投薬治療の末に手術で甲状腺を全摘し完治に至った筆者が、2年間の闘病生活を振り返るドキュメンタリーです。

これまでにない強い火照りを感じて

ひどい火照りが襲ってきた(写真:iStock)
ひどい火照りが襲ってきた (写真:iStock)

 ジリジリジリ……。

 寝ても覚めても、頭の中でじわじわと鳴り響く電子音のような幻聴が続きます。

 バセドウ病の数値が悪化し、再燃したことにより、症状がどんどん悪化してきている私。

「体力も限界だわ……。もう、食欲もないし、身体が重くて、座るのもしんどい!

 それに、なんだか甲状腺から上の部分が、やたら火照るのはなんだろう……」

 真夏日のある朝、起床後からこれまで経験したことのない火照りを感じ、なんとも言えない不快感に悩まされました。

 水を飲んでもいっこうに改善せず、仕方がないので、自宅にあった保冷剤を首から上にあてながら、なんとか火照りをしのぎます。

「毎日暑いから、身体が悲鳴をあげているのかなぁ」などとぼんやり考えつつ、やけに喉が乾くので水を飲むのですが、火照りはどんどんひどくなる一方。

体温の割には火照り感が強すぎる

高熱ではないのに・・・(写真:iStock)
高熱ではないのに・・・ (写真:iStock)

 このころには、食欲がない状態が続いていましたが、この不快な火照りのせいで、さらに何にも食べる気にならず、空腹感もまったく感じない状態に。できることといえば、身体を冷やしながら、ひたすら横になって耐えるしかありませんでした。

 しかし謎の火照りは、どんどん悪化し、検温してみると、体温は37度前後をウロウロ。

「う~ん……。熱も少し高いかも。でもバセドウは平熱が高くなりやすいと聞くし、外気が暑いからそのせいなのかしら……。

 でも高熱ではないから、大丈夫なのかなぁ……」

 素人ながらにいろいろ考えますが、なんとも不快な状態は、いっこうに消えません。

 そのうちに、まるで首から上が燃え上がるかのような異常な火照りが出現。

「さすがに、コレはおかしい」と思ったので、かかりつけ医を受診することにしました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


開運花師激推し!夏っぽ“黄色の花”で元気&やる気をチャージ
 びっくりするほど短かった梅雨が明け、猛烈に暑い日本でございます。 「日本の気温がヨーロッパではニュースになってい...
円安でも大満足!ダナン&ホイアン満喫、世界はもう動いてる
 こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます...
「忘れ物が多い」と自覚するなら“時間ギリ子”の習慣をなくす
 常日頃、忘れ物が多いと悩んでいませんか? 仕事で必要な資料を家に忘れてきたり、お店に傘を忘れてきたなんて経験がある人は...
えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...