「このまま死んでしまうのでは」重なる不調にメンタルも限界

めりぃ(つけものがかり) 編集者
更新日:2020-03-31 06:02
投稿日:2020-03-31 06:00
 潜在的な患者も含めるとおよそ30〜60人にひとりの女性がかかると言われている甲状腺疾患。バセドウ病は、甲状腺機能が亢進する病気で、動悸や発汗、めまいや悪心、体重減少に筋力低下など、その症状は全身に及びます。治療法は投薬・アイソトープ・外科的手術の3種類とされ、多くの患者は投薬治療で寛解を目指します。
 これは、投薬治療の末に、手術で甲状腺を全摘し完治に至った筆者が、2年間の闘病生活を振り返るドキュメンタリーです。

常に鼻が苦しいという状態に

鼻が苦しい(写真:iStock)
鼻が苦しい (写真:iStock)

 幸いなことに、これまで睡眠にはほとんど支障がなく、ぐっすり眠れていたのですが、ある夜、強烈な息苦しさで夜中に目が覚めました。

「フガッ!!」

 まるで寝ている間に、溺れたかのような苦しさ。自分の鼻息でハッと目が覚めるのと繰り返しです。そして、この夜を境に、寝ても覚めても「鼻が苦しい」に悩まされることに……。

「息が苦しい……っていうか、鼻が苦しい……。詰まっているというより、息を吸うあたりが狭くなっているような、ちゃんと動いていないかのような」

 鼻詰まりを起こしているわけでも、鼻水が出ているわけでもないのに、鼻呼吸が妙に苦しく、しっかり呼吸しても体内に酸素が入っていないんじゃないの?という体感で、次第に私は、寝ても起きても口で呼吸をするようになりました。

 後から気付くのですが、どうやらこの症状は、首が張っていることにも関係しているようで、うなじのあたりを自分でマッサージすると、少し鼻が通るように感じます。

「あぁ、身体がカチコチだから、いろいろと動きが鈍いのかもしれない」とは、なんとなく感じたものの、全身がこわばっているので、対処療法的にハンディマッサージ機をかけるくらいしかできませんでした。

 あまりのしんどさに、身体にマッサージ機をかけすぎて青アザができるくらいだったので、今振り返っても壮絶だったと感じます。

重なる不調に気力まで弱ってくる

このままじゃ死んでしまうかも(写真:iStock)
このままじゃ死んでしまうかも (写真:iStock)

 そして、日常生活のあらゆる部分にも、どんどん不調が重なり始めました。

 食事のときには、これまでの口内炎や口角炎、喉の詰まり感に加え、ひと口食べるごとにむせるように。声枯れも出始めました。

 さらに、首から上のほてりがひどく、常に目がチカチカしているような不快感まで加わってきました。

 ずーっとぼんやりと気持ちが悪く、胸元が詰まっているような感覚も常にあり、身体はこれまでに増して重く、痛みとともに動かしにくくなってきました。

「バセドウは死ぬ病気じゃないって聞いていたけれど……、このままじゃあ、体力を奪われて死んでしまうかも……」と、もはや気力まで弱ってきます。

頭がぼーっとして…

不調に耐えているだけで一日が終わる(写真:iStock)
不調に耐えているだけで一日が終わる (写真:iStock)

 寝ても覚めても自由にならない自分の身体に、いらだちはとっくに通り越し、もはや自分の身体ではないような感覚でした。

 身体の痛みがとにかくつらくて、全身に湿布を貼り気を紛らわしていましたが、焼け石に水。もはや「今日は、何月何日だっけ? 何曜日だっけ?」と思うほどに、頭がぼーっとしていましたし、痛みや不調に耐えているだけで、1日があっという間に過ぎていきました。

 加えて、パニック障害のような発作も出てくるようになり……。

 次回に続きます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


私を忘れないで…「ワスレナグサ」は涙を誘う悲恋の愛の花
 ある暑い夏の日の夕方のお話でございます。猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さん。さぶ店長だけが涼しい場所で悠々と寝ていらっ...
花粉症がつらすぎる(涙)Dr.教えて!「正しい花粉症」対策
 毎年この時期は、集中力もそぞろ……。身体がかゆい! なんだか眠い! やる気が出ない! そんな人も多いのでは? 「...
3月1日~3月7日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
春だ!日差しをたっぷり浴びたお腹と“にゃんたま”にほっこり
 春が来た!きょうは、温まったコンクリートでコロンコロン♪  太陽熱を全吸収、ポカポカの呼吸!  猫にとって...
子宮全摘のひとり暮らし会社員ですが、え、まさか猫を飼う?
 私は45歳、独身の会社員です。出版社で本の編集をしています。  出版社って忙しそうですよね? とよく聞かれますが...
常識知らずで赤っ恥…抹消したい職場LINEへの誤爆8選!
 社会人になると、学生時代には見慣れない漢字や、社会のルールなどが多くありますよね。経験の中で自然に覚えていくものだから...
ついつい検索…情報の波に心を削られてしまう理由と対処法
 朝、目が覚めて最初にするルーティーンは何か考えたことはありますか? おそらく多くの人がスマホをみることから一日をスター...
撮影に成功!好奇心旺盛なつぶら“にゃんたま”の大胆ポーズ
 きょうは、つぶらなにゃんたまω!  子猫にこんなポーズをさせてケシカラン!?  いいえ、小さなにゃんたま君...
パンプスが脱げる人必見♡原因・正しい選び方・対策を紹介!
 デザインが豊富でスカートやパンツにも合わせやすい「パンプス」。でも、必ず悩まされるのが、パカパカ脱げるという問題ではな...
風邪ひけないし!免疫力を鍛えるために摂りたい栄養素って?
 日本でも新型コロナのワクチン接種が始まりましたが、実際に摂取できるのはまだまだ先になりそうですよね! それまでしっかり...
大人の女性にも大事な行事…上巳の節句に「桃の花」で厄払い
 暦の上では「立春」を過ぎ、「おひなさまを飾るなら今よ!」の目安、二十四節気での「雨水」を迎え、気候も気分もフワフワポカ...
自宅で節約&お小遣い稼ぎ!「セルフバック」の魅力と注意点
 前回に続き、自宅にいながらお小遣い稼ぎができる方法についてお伝えします。初めて聞いた方は少し難しく感じるかもしれません...
2月22日~2月28日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「オイラも撮って」カメラ大好き“にゃんたま”島の愉快な面々
 きょうは、大好物のあんこ玉ω! 「オイラも撮ってよ、あんこ玉に負けない鈴カステラだぜ!」  と言ってるかど...
U3,500円!おうちデートにリッチな香りのルームディフューザー3選
 再びおうち時間が増えている今は、自宅で過ごす時間を快適に過ごすための工夫を積極的に取り入れたい女性も多いですよね。お手...
嫌なオンナになってない?自分を振り返る12のチェックリスト
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。子供のころは見たまま感じたままを口にできます。でも、大人になるとなかなか本音...