外出自粛でDVや虐待増加…エスカレートの理由を心理士に聞く

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-04-14 06:23
投稿日:2020-04-14 06:00
(写真:iStock)
(写真:iStock)

 新型コロナ問題は、家庭内にもさまざまな影を落としています。その一つが暴力です。

 現在、日本よりも厳しく外出制限がなされているヨーロッパや欧米では、DV(家庭内暴力)や児童虐待の増加が深刻となっており、この問題は日本にも見られる傾向にあるとのこと。

 どうやら外出できないストレスや経済的な不安などの要因が、DVや虐待をエスカレートさせているようです。

 コロナウイルスから命を守ることに加えて、一つ屋根の下でパートナーからのDVや虐待に怯えながら暮らすことは、どんなに辛く恐ろしいことでしょう。

 そこで今回は「DVと虐待」について、教育機関で働く一児のママであり、臨床心理士・公認心理師のMiKiさんにお話を伺いました。

DVをする男性に見られる5つの特徴

あなたのパートナーは大丈夫?(写真:iStock)
あなたのパートナーは大丈夫? (写真:iStock)

――男性が手を上げたくなる動機や心理とは?

 DVをする男性にはいくつかの特徴があると言われていますが、今回は代表的な特徴を5つご紹介します。

1. 性別役割意識が強い

 DV加害者の男性には「女性は男性の要求に応えるのが当然」「家事や子育ては女性の役割」「男性たるもの浮気の1つ、2つしても仕方ない」などといった、性役割思考が強いとの報告があります。男女平等が叫ばれて久しいですが、表立って言わないにしてもこういった思考の男性は一定数いると考えられています。

2.「べき思考」が強い

「べき思考」とは文字通り「~すべき/~であるべき」といった、いわば固定化された思考のことです。自分の考えは正当なものであると思い込んでいるため、それに沿わないパートナーを強く非難する傾向にあります。

3. 人や社会に不信感が強い

 DV加害者の男性は、「人や社会は、自分を騙したり、陥れたり、裏切ったりするもの」といった考え方をする人が多いと言われています。ある意味、孤独な人だとも言えるでしょう。

4. 話し合いで解決できないと思っている

 DVをする男性は、相手の気持ちや考えを決めつける、固定化された思考が強いと考えられています。そのため、相手を理解しよう、歩み寄ろう、コミュニケーションをとろうというモチベーションが低い傾向にあります。

5. 自分の感情に気付き、言葉にするのが苦手

 DV加害者の男性に限らず、暴力で物事を解決しようとする人は、自分の感情に気付き、言葉にすることが苦手です。

 子どもは自分がどうしたいか分からない時や、分かってもどう伝えていいか分からない時に癇癪を起こしがちですが、DV男性の思考はこのメカニズムと同じ。精神面が未分化・未発達なため、言葉ではなく乱暴な言動や暴力で自分の気持ちを表現する人が多いようです。

 1つでも当てはまれば、「DVをしてしまう人」というわけではありません。しかし、性役割思考や「べき思考」が強かったり、人や社会に不信感を抱きがちで話し合いをすることが苦手、など、いくつかの特徴を併せ持つ人はDVのリスクファクターとなります。そこに外出制限といったストレッサーが加わることで、さらにDVのリスクが高くなるとのだと考えられます。

 少しでもパートナーにDVの不安を感じる人は、この5つに当てはまらないかチェックしてみてください。

ラブ 新着一覧


離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ
口癖がうつる?“彼氏に話し方が似てきた”と感じる瞬間6選
 彼氏との付き合いが長くなると、ふとした瞬間に「なんだか彼氏に似てきたな」と思う瞬間がありませんか? 口癖や話し方など、...
恋バナ調査隊 2021-02-26 06:00 ラブ
浮気、音信不通…恋愛のトラウマによる影響&克服する方法
「恋愛はただただ甘くて楽しいもの」そんなふうに思えるあなたは、とても幸せな人かもしれません。実は、元カレの浮気や突然の自...
リタ・トーコ 2021-02-26 06:00 ラブ
コロナ禍に元カノに連絡してしまう男性の心理を分析してみた
 新型コロナウイルスの影響で、男女の出会いのシーンもかなり制限された状態が続いています。そんななか、元カレから連絡が来た...
内藤みか 2021-02-25 06:00 ラブ
実はモテる♡ ツンデレ女子の恋愛の特徴&男性が惚れる瞬間
 いつもクールで冷たく、たまにしか笑わない“ツンデレ女子”。男性の前でも媚びを売らないので、一見モテなさそうなのですが、...
恋バナ調査隊 2021-02-25 06:00 ラブ
彼の部屋が汚い!片付けられない男と付き合うとキケンな理由
 カレの部屋に行ってみたら、ゴミ屋敷……とまではいかないけど、モノが散乱していてごちゃごちゃ。服を置いたらホコリまみれ。...
若林杏樹 2021-02-24 06:00 ラブ
自然消滅の期間はどれくらい?距離を置かれる原因&回避方法
 別れ話が出ているわけでもないのに、彼氏と連絡が途絶えてしまうと「もしかして自然消滅を狙われているの?」と不安に感じてし...
恋バナ調査隊 2021-02-24 06:00 ラブ
浮気やウソ発覚…彼から送られてきたドン引き“誤爆LINE”9選
 恋人やパートナーとの連絡ツールとして、ほとんどの人がLINEを活用していることでしょう。そんなカップルの中でも、今回は...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
30代になると恋愛するのが難しくなる理由&楽しむポイント
 10代、20代の頃、たくさんの恋愛を経験をしている人は多いでしょう。「好き!」と思ったら、後先考えず、思いのままに行動...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
相手に期待しすぎると陥る罠…希望をハッキリ言うべき理由!
 相手が自分の思うように動いてくれない……なんだか不満がたまってモヤモヤする! パートナーに対して、そう感じた経験はある...
七味さや 2021-02-22 06:00 ラブ
同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の...
恋バナ調査隊 2021-02-22 06:00 ラブ