「ハッピーフロッグ」の謎…カエルはなぜ縁起がいいの?

高山ビッキ 100年カエル館副館長
更新日:2020-05-10 07:39
投稿日:2020-05-10 06:00

いつも元気で若がえる

縁起物のカエルの土鈴
縁起物のカエルの土鈴

 カエルは縁起がいいと言われることがあります。私の場合、祖父の代からカエルの置物を集めているのですが、祖父も「無事かえる」の縁起物として蒐集するようなりました。

 その縁起がいい理由は「無事帰る」をはじめ「かえる」という言葉が、「福返る」「若返る」「お金が返る」など日本語では語呂合わせで誰もが願う言葉につながるからでしょう。あの生きものが「かえる」と名付けられたのも「ケーロ、ケーロ、カエロ、カエロ、カエル、カエル」などと聴こえる鳴き声に由来する、ほか諸説あるなかで、冬眠したカエルが春にあたたかくなると「蘇る(よみがえる)」ように這い出して来ることや、繁殖期になると必ず自分が生まれた水辺に「帰る」習性も挙げられ、本来、縁起のいい意味を含んでいたと言えるかもしれません。

 今回はカエルに関する文化史の中から、カエルと縁起のよさを結びつける語呂合わせの根拠、特にカエルが女性にとって見守ってくれる存在かもしれないと考える理由をいくつかご紹介します。

 女性とカエルの関係を知るためにしばしタイムトリップするように紀元前にご案内します。

 中国の神話に嫦娥(じょうが)という女性が登場します。その夫は羿(げい)という弓の名人で、ある日、空に10個の太陽が昇って地上の人々が日照りに苦しんだとき、羿が9個の太陽を射落として平常に戻します。その褒美として羿は天界における最上位の女神、西王母(せいおうぼ)から不老不死の桃の実をもらうのですが、妻である嫦娥はこの実をもって月に追われるように逃げ蟾蜍(せんじょ/ひきがえる)になったと伝えられています。

 嫦娥は罪の報いでヒキガエルになったのですが、ポジティブに考えると、ここでカエルと「若返る(不老)」「生き返る(不死)」がつながり、嫦娥もしくはカエルは月の精として暗闇に明かりを灯し、カエルは卵をたくさん産むことから多産のシンボルになったのです。

ライフスタイル 新着一覧


開運花師激推し!夏っぽ“黄色の花”で元気&やる気をチャージ
 びっくりするほど短かった梅雨が明け、猛烈に暑い日本でございます。 「日本の気温がヨーロッパではニュースになってい...
円安でも大満足!ダナン&ホイアン満喫、世界はもう動いてる
 こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます...
「忘れ物が多い」と自覚するなら“時間ギリ子”の習慣をなくす
 常日頃、忘れ物が多いと悩んでいませんか? 仕事で必要な資料を家に忘れてきたり、お店に傘を忘れてきたなんて経験がある人は...
えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...