鏡に映った「お疲れ顔」から卒業! 若見えおうちメイクテク

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2020-05-11 06:00
投稿日:2020-05-11 06:00
疲れが顔に出ちゃってる?(写真:iStock)
疲れが顔に出ちゃってる? (写真:iStock)

 鏡を見ながら、自分に対し「今日の私、疲れてる……?」と感じた経験はありませんか。お疲れ顔に見えるということは、老けて見られるも同然ですよね。くすみやたるみをメイクでカバーして、どんなときでも若見えする顔でいたいのも、多くの女性の願いではないでしょうか。

 日々、幼児の育児に奮闘している時短美容協会の筆者が、おうちで簡単にできる、疲れて見えないメイクのテクを紹介します。

1.ピンクのチークで目の下のクマ、たるみを無かったことに

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

 疲れて見られる原因の一つは、目の下のクマやたるみ。血色の悪さは、ファンデーションやコンシーラーで、厚塗りしても隠せないこともあります。そして、厚塗りすればするほど、老けて見られる二重苦に……。そこをカバーするのが、ピンクのチークです。

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

 下地を塗った後、目の下の気になる箇所に、指の腹でチークをポンポンと塗ります。その上から、ファンデーションを薄く重ねて、パウダーを塗るだけで完成。ベビーピンクの肌色は、青クマや緑クマを自然とカバーしてくれますよ。

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

ハイライトを重ねて完成!

 たるみが気になる場合は、パウダーの後に、目のたるみから頰の横に視線を外す効果を狙って、頰の横にハイライトを重ねます。

 一方、たるみ部分に直接ハイライトを重ねると、悪目立ちするのでオススメしません。

2.リップの選び方と小ワザで若見え

 リップの色が薄かったり、かさついたりしていると、血色が悪く見えてお疲れ顔に。まずはオイルで血行を促すよう、唇を優しくマッサージすることからはじめましょう。

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

 このひと手間で、皮をなめらかにして日中に荒れるのを防ぎやすいです。そしてベースとなる下地を塗った後、ピンクのリップを塗っていきましょう。マットよりも、ツヤの出るリップがみずみずしく、若見えしますよ。

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

唇の中央に自然な色味を仕込む

 さらに、お疲れ顔に見せないコツとして、中央に「赤」の色みを加えていきます。リップブラシで塗るよりも、指の腹でのせていく方がナチュラルに馴染みますよ。

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

 その後、グロスを唇の全体に重ねて完成。唇の縦ジワがないだけで、若見えするので、たっぷりと塗るのがオススメです。

(写真:時短美容協会)
(写真:時短美容協会)

 

巣ごもりでも若見え顔でいたい!

 ベビーピンクの肌色とハリを保っている肌は、若見えの鉄則。実際には疲れが溜まっているときでも、パワフルで疲れを感じさせない肌に見せるだけなら、メイクでも叶えられます。

 自分に対し「今日もキレイだね!」と思えるように、どんなときも若見えする顔でいませんか?

〈文・社〉時短美容協会所属/石田沙耶加〉

ビューティー 新着一覧


デスクワークの運動不足を解消! 簡単なストレッチ&筋トレ
 コロナ禍の昨今、 PC作業や資料作成などで連日長時間デスクワークをしている方も多いですよね。座っている時間が長時間続く...
儚げメイクで守りたくなる♡ 色素薄い系モテ女子になる方法
 最近話題の「儚げメイク」をご存知ですか? 儚げメイクとは、気だるくどこか儚げで色素が薄く、つい守りたくなってしまう女性...
リモート&オンライン会議で映えるメイクの4つのポイント♡
 コロナ禍で、リモートワークをする機会が増えた昨今。ZOOMやSkypeを使ったオンラインのビデオ会議が、もはや日常の風...
時短で華やか♡ 毛先の“ワンカール巻き”を徹底レクチャー!
「朝から、きちんと髪の毛を巻く時間がない!」……そんな時でも、何もしないで出掛けるわけにいかないのが、私たち女性の本音で...
“白髪染め”と“カラー”の違いは?自宅で染める4つのコツ
 少しずつ顔周りの白髪が気になり始めると、「白髪染め」と「ヘアカラー」どちらが良いのか悩んでしまいますよね? 実際、白髪...
三日坊主脱出! ウォーキングを続ける4つのコツ&メリット♡
 ウォーキングは、どこでも簡単にできる有酸素運動として人気のトレーニングのひとつ。継続して行うことで、美容面に嬉しい効果...
VIO脱毛で人気の形はどれ? アンダーヘアの形おすすめ3選♡
 最近、雑誌やSNSなどで、頻繁に話題にのぼることも多くなった「VIO脱毛」。まだ施術はしていないものの、ひそかに注目し...
“色素薄い系メイク”って? 特徴やメイク方法を徹底解説♡
 近年、SNSを中心に、さまざまなコンセプトのメイクが発信されていますよね。しかし、なかなかイメージできないのが、「色素...
グラマーな女性ってやっぱりモテる? 体型の特徴&魅力とは
 よく、「グラマーな女性」という言葉を聞きますが、あなたはこの、「グラマー」にどんなイメージをお持ちでしょう? バスト...
コラーゲン美容でお肌プルプルに♡ 美肌を作るケア方法5選
 コラーゲンが肌に良いというのは、多くの女性が知っている知識でしょう。実際、肌ケア目的で「コラーゲン配合」と書いてあるス...
クールな男顔→可愛い女顔に変身♡メイクで女性らしい印象に
 最近話題の「男顔or女顔診断」、あなたは試したことはありますか?そんな中、「自分は男顔タイプだけれど、女顔タイプの雰囲...
内巻き・外巻き・ミックス巻き…失敗ゼロ!な巻き髪のコツ♡
 ヘアアレンジの方法をインターネットで調べると、「まずは、ミックス巻きをしておきます」や「軽く巻いておいて」などの表現が...
肌の凸凹をなんとかしたい…原因&メイクでカバーする方法!
 大きいニキビができると、その後肌に凹凸が残ってしまうことってありますよね。このようにニキビ跡にできた凹凸のことを“クレ...
着痩せコーデのコツ&太ってる人が5キロ痩せて見える服3選
「最近、太ってきたな」と、一生懸命ダイエットに挑戦しては挫折している人って多いですよね。そんな人におすすめしたいのが、「...
安いけど…セルフ縮毛矯正の効果はある?頻度・値段・やり方
 やっかいなくせ毛の悩みを解決してくれる「縮毛矯正」。でも、美容院でやると値段も高いし、時間もかかってしまいますよね……...
2021年最新!雑誌の付録でおこもりケア♡ 自分磨きで美肌get
 冬休み中の自分磨きに、部屋も肌も大掃除してみてはいかがでしょうか? 旅行やパーティーなどができない今だからこそ、おこも...