これからどうしたら…非常事態に夫への愛情が失せた妻の叫び

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-05-18 06:00
投稿日:2020-05-18 06:00
 自宅で過ごす時間が増え、夫婦がともに過ごす時間が長くなると、ラブラブが増す人もいればその逆のパターンも……。悲劇的なことに「なんかもう、無理かも」と、パートナーへの愛情が失せたことを再確認してしまった妻も出てきているようです。
 メンタル心理カウンセラーであり、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな妻の心の叫びに迫ります。

1:幼稚な夫を尊敬できなくなった

今まで見えなかった一面が…(写真:iStock)
今まで見えなかった一面が… (写真:iStock)

「夫婦ともに在宅勤務で、子どもはいないことから朝から晩までふたりきりの生活です。最初のうちは、これを機に夫婦の絆を深められるかなと期待していましたが、実際には真逆でした。

 普段はお互い忙しくて、家には帰ってきて寝るだけ…みたいな生活だったのですが、自宅にいる時間が増え、夫のライフスタイルに接する機会が多くなったところ、彼の幼稚な面ばかりが気になって…。仕事以外の時間は、アニメ、スマホゲーム、セックスにしか興味がないみたいで、家のことはまるでやらないし、まるで家に大きな子どもがいる状態。そんな夫には抱かれる気にもなれず断ると、やたら不機嫌になって、かなり扱いにくいんです。

 実は、結婚前も同棲はしなかったので、彼のライフスタイルに触れたのは、今回が初めて。こんなに幼稚な人だったんだ……と呆れ返ってしまい、夫への尊敬もなくなり一緒にいるのが苦痛でしかありません」(38歳女性)

2:口だけ番長な夫の現実を知った

実は仕事ができない男だった(写真:iStock)
実は仕事ができない男だった (写真:iStock)

「年上の夫は、いわゆる口だけ番長だったみたいで、ガッカリです。これまでは夫の仕事の進め方を直接見たことがなかったので、彼から聞く話を鵜呑みにしちゃっていたのですが、リモートワークになり、夫の仕事ぶりを間近で見たら、なんともダメな感じで……。私なら絶対にやらないようなモサモサしたやり方で、ミスを連続していました。

 偉そうなことを言うタイプなので、要領はいいほうかと思っていたのに、むしろ逆。夫はなかなか昇進も昇級もしないのを会社のせいにしていたけど、あの仕事ぶりじゃ、万年ヒラでも仕方ないのかな……と現実を知りました。一気に夫への愛情が冷めてしまい、これからどうしようって気分です」(40歳女性)

3:まさかのマザコン男だった

一緒にいるのも苦痛になってきた(写真:iStock)
一緒にいるのも苦痛になってきた (写真:iStock)

「危機に追い込まれると、人間は本性が出るって聞いていたけど、まさか我が夫がマザコンだったなんて……って感じです。夫の職場に新型コロナの感染者が出たのですが、それ以来、不安が強くなった彼は、母親とベッタリに。毎日3回は電話をし、その上、夜は2時間ほど毎日オンライン帰省。

 母親の言うことがすべて正しいと思っているようで、家での感染対策についても『オフクロがこう言ってたから、この通りにやって』などと私に指図するだけでなく、それに対して意見を言ったら『俺は、君よりオフクロの命が大事だから、君の意見よりオフクロを信じる』と面と向かって言われました。

 大袈裟な物言いにも呆れましたが、あからさまに妻より母親と宣言されてしまったことで、私の中で何かが崩れましたね。今後、コロナが落ち着いても、こんな夫と添い遂げる自信がありません」(35歳女性)

離婚を考えるのは事態が落ち着いてから

 生活スタイルが変化したことで、パートナーの知られざる一面が強調されてしまった家庭もあるようです。一度、壊れた愛情を復活させるのは、簡単ではない話だけに、疫病の終息後にも根深い問題が残りやすいでしょう。

 しかし離婚は、最後の選択肢。今は異常事態ですので、夫の言動も特異になりやすいのは間違いありません。夫婦の問題について結論を出すのは、もう少しだけ先にしても遅くはないはずですから、夫の言動に振り回されないよう、まずは心を穏やかに過ごしていきましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「バツイチ」――。この言葉、結構重い響きですよね。他意はなくとも、バツイチって言われるとうっすらと傷ついてしまいます。 ...
七味さや 2020-06-05 06:00 ラブ
FILM
 好きな人ができた時、自分からアプローチしていいのかと悩んでしまう女性は多いでしょう。でも、男性は意外と女性からのアプロ...
恋バナ調査隊 2020-06-05 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、どんな男性に惹かれますか? 「ガツガツしていて男らしい人がいい」と答える女性も多いかもしれませんね。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 外出自粛により、さまざまな「リモート」での交流が予想以上に広がりました。仕事に始まり、料理、飲み会、運動など……。たぶ...
ミクニシオリ 2020-06-04 06:00 ラブ
FILM
 ステイホーム中にも、不倫に明け暮れた男性は、決して少なくない様子。非常事態を迎えて不倫を清算した人も多いなか、自由な時...
並木まき 2020-06-03 06:00 ラブ
FILM
 関東出身の女性というと、「センスがよく、流行の先端!」「お嬢様が多い」というイメージを持っている方は多いでしょう。でも...
FILM
 コロナ禍で3密を避けるため、合コンのオンライン化がものすごい勢いで進んでいる昨今。すでに多くの男女がオンライン上で出会...
田中絵音 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 好きな人に女性からアプローチするって、なかなか勇気がいるものです。でも、LINEを使えば、恋愛経験が少ない人でも気軽に...
恋バナ調査隊 2020-06-02 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性や大好きなカレにLINEでガンガン連絡し、返ってこないとモヤモヤしていませんか? ホレた人にLINEしたく...
若林杏樹 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 理想の男性との運命的な出会いをする……そんなシチュエーションを夢見る女性は多いでしょう。でも、星の数ほどいる男性の中で...
恋バナ調査隊 2020-06-01 06:00 ラブ
FILM
 付き合って4年、別れてから2年が経つ元彼がいます。  すでに元彼には2年、付き合ってる彼女がいます。元彼とは定期...
神崎メリ 2020-05-31 06:24 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。緊急事態宣言は解除されましたが、外出時にマスクは必須、ソーシャルディスタンス...
山崎世美子 2020-05-30 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-30 06:22 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があり...
並木まき 2020-05-31 06:29 ラブ
FILM
 離婚の報告ってしづらいですよね。親しい間柄の人ならともかく、たまに連絡を取る程度の知人にはしにくいもの。とはいえ、結婚...
七味さや 2020-05-29 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、男性をデートに誘ったことがありますか? 気になる男性がいるのに、何も行動できない女性は多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2020-05-29 06:00 ラブ