夫婦円満のポイント5つ♡仲良し夫婦を保つためにできること

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-15 06:00
投稿日:2020-06-15 06:00
あなたの周りには「この夫婦、仲良しだなぁ……!」と思う仲良し夫婦はいらっしゃいますか? 今回は、仲良し夫婦に共通する5つのポイント&女性が今すぐ実践できる夫婦円満につながる行動について、ご紹介します。誰もが羨む夫婦円満のコツを今すぐ知りたい方、必見です♡

円満な仲良し夫婦に共通する5つのポイント!

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「夫婦円満」というと、どのような夫婦を想像しますか? 人それぞれ理想とする形があると思いますが、円満な仲良し夫婦には共通するポイントがあるようなんです。 夫婦関係に悩んでいる方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

1. 会話の時間を設ける

 会話の時間を設けることは、夫婦円満には欠かせない要素です。忙しい日々の中で会話が減ってしまうことがあるかもしれませんが、せめて休日だけでも日々の出来事を話して、コミュニケーションを取るように心がけましょう。

 また、子どもがいる家庭では、お子さんの話をするのも大切です。そうすることで、育児の大変さを共有できたり、お子さんの成長や変化などにも気付きやすくなるでしょう。

2. 小さなことでも「ありがとう」の言葉を

「ありがとう」の言葉を伝えることも、大切です。当然のことのようですが、夫婦生活が長くなると今まで相手に感謝していたことが当たり前になってしまうケースも多いのです。小さなことでもお互いに感謝の気持ちを持てば、気持ちよく生活を送ることができるでしょう。

 日頃、感謝の言葉を伝えていないかも?と感じた方は、この機会に「ありがとう」の言葉を伝えるように意識してみてくださいね。

3. 時には喧嘩も必要

 喧嘩をするというとマイナスなイメージを持つ方もいると思いますが、時にはお互い腹の中に抱えていることを吐き出すことも必要です。

 人それぞれ価値観や感情は違うため、納得のいかないことや意見の違いは当たり前。事が大きくなる前に向き合うことで、速やかな問題解決にもつながります。ただし、なんでもかんでもぶつけてしまうと亀裂が入ってしまう可能性もあるため、意見を言う前には一度深呼吸を。冷静な視点を持って話すことで、すれ違うことなく夫婦円満に解決できるでしょう。

4. スキンシップを怠らない

 スキンシップを心がけることも、夫婦円満のポイントです。夫婦は、時に恋人同士に戻ることも大切。

 スキンシップとは、身体を重ね合わせることだけが全てではありません。ハグや手を繋ぐことも、大切なスキンシップの一つです。適度なスキンシップを心がけると会話の量や感謝の気持ちが増え、いつまでも仲良く歩んでいける関係になれるでしょう。

5. 干渉しすぎず、適度な距離感を

 干渉しすぎないことも、夫婦仲良くいるためには大切なこと。夫婦と言っても、やはり個人個人。仕事上の付き合い、女子会、学生時代の友人関係など、それぞれが大事にしているお付き合いがあります。

 特に男性は、干渉されることを窮屈に感じる方も少なくありません。たとえば、仕事の後の外食中にしつこく連絡をされると、家に帰るのが億劫になってしまうことも……。

 干渉しすぎず、適度な距離で接することで、「いつでも帰りたい家」を作ることができるはずです。

女性ができる夫婦円満につながる3つの行動!

家庭での会話は聞き役に(写真:iStock)
家庭での会話は聞き役に (写真:iStock)

 こちらの記事を目にした方の中には、夫婦関係に悩んでいるという方もいらっしゃるでしょう。夫婦円満でいるためには、なんといっても歩み寄りが大切です。

 そんな時には夫の行動を待つより、まずは女性であるあなたができることから行動を起こしてみましょう。次に、女性が今すぐ実践できる夫婦円満につながる3つの行動をご紹介します。

1. 聞き役に回る

 男性は、心を許した相手に「話を聞いてもらいたい」と思う人が多いです。会社や人間関係で起こった出来事を話したいと思っているため、家庭での会話の時間では女性が聞き役に回ることが大切でしょう。

 男性は聞き上手の奥さんが家にいると、早く家に帰りたくなる傾向があるようです。毎日、少しでも会話をすることで、コミュニケーションが取りやすくなります。

2. 相手に共感する

 聞き役に回ることの延長になりますが、ただ聞くのではなく、相手に共感して労いの言葉をかけたり、一緒に喜んだり悲しんだりすることも大切でしょう。

 話を聞いているうちに意見をしたくなる女性もいるかもしれませんが、会社などでの愚痴や出来事に耳を傾けて「分かる」「いつも大変だね」と、味方である姿勢を見せることで、夫婦関係がより一層深まるはずです。

3. 尊敬する心を忘れずに

 夫婦円満でいるためには、相手への尊敬の心は欠かせないもの。付き合っていた頃に抱いていた尊敬の心を失ってしまうと、自ずと相手への扱いが雑になってしまいがち。

 心当たりのある方は、一度立ち止まって相手の良いところに目を向け、尊敬する心を取り戻してみましょう。自然と相手への接し方が変わってくるはずです。

夫婦円満は歩み寄りが大切! できることから始めよう

明るく楽しい家庭を!(写真:iStock)
明るく楽しい家庭を! (写真:iStock)

 夫婦円満のコツは、一方的なものではなくお互いの歩み寄りがなにより大切です。思いやりを持ち、コミュニケーションをしっかり取ることで、いつまでも仲良く歩んでいけるのではないでしょうか。

 もしも現在、あまり夫婦間の雰囲気が良くないという人は、まずは日頃の行動を見直してみてください。会話の時には聞き役に回ってみたり、相手の話に共感するなど、できることから心がけてみると良いでしょう。

 夫婦関係にはそれぞれの形がありますが、ぜひこの記事を参考に、夫婦にとってベストな関係を目指して下さいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ