夫婦円満のポイント5つ♡仲良し夫婦を保つためにできること

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-15 06:00
投稿日:2020-06-15 06:00
あなたの周りには「この夫婦、仲良しだなぁ……!」と思う仲良し夫婦はいらっしゃいますか? 今回は、仲良し夫婦に共通する5つのポイント&女性が今すぐ実践できる夫婦円満につながる行動について、ご紹介します。誰もが羨む夫婦円満のコツを今すぐ知りたい方、必見です♡

円満な仲良し夫婦に共通する5つのポイント!

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「夫婦円満」というと、どのような夫婦を想像しますか? 人それぞれ理想とする形があると思いますが、円満な仲良し夫婦には共通するポイントがあるようなんです。 夫婦関係に悩んでいる方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

1. 会話の時間を設ける

 会話の時間を設けることは、夫婦円満には欠かせない要素です。忙しい日々の中で会話が減ってしまうことがあるかもしれませんが、せめて休日だけでも日々の出来事を話して、コミュニケーションを取るように心がけましょう。

 また、子どもがいる家庭では、お子さんの話をするのも大切です。そうすることで、育児の大変さを共有できたり、お子さんの成長や変化などにも気付きやすくなるでしょう。

2. 小さなことでも「ありがとう」の言葉を

「ありがとう」の言葉を伝えることも、大切です。当然のことのようですが、夫婦生活が長くなると今まで相手に感謝していたことが当たり前になってしまうケースも多いのです。小さなことでもお互いに感謝の気持ちを持てば、気持ちよく生活を送ることができるでしょう。

 日頃、感謝の言葉を伝えていないかも?と感じた方は、この機会に「ありがとう」の言葉を伝えるように意識してみてくださいね。

3. 時には喧嘩も必要

 喧嘩をするというとマイナスなイメージを持つ方もいると思いますが、時にはお互い腹の中に抱えていることを吐き出すことも必要です。

 人それぞれ価値観や感情は違うため、納得のいかないことや意見の違いは当たり前。事が大きくなる前に向き合うことで、速やかな問題解決にもつながります。ただし、なんでもかんでもぶつけてしまうと亀裂が入ってしまう可能性もあるため、意見を言う前には一度深呼吸を。冷静な視点を持って話すことで、すれ違うことなく夫婦円満に解決できるでしょう。

4. スキンシップを怠らない

 スキンシップを心がけることも、夫婦円満のポイントです。夫婦は、時に恋人同士に戻ることも大切。

 スキンシップとは、身体を重ね合わせることだけが全てではありません。ハグや手を繋ぐことも、大切なスキンシップの一つです。適度なスキンシップを心がけると会話の量や感謝の気持ちが増え、いつまでも仲良く歩んでいける関係になれるでしょう。

5. 干渉しすぎず、適度な距離感を

 干渉しすぎないことも、夫婦仲良くいるためには大切なこと。夫婦と言っても、やはり個人個人。仕事上の付き合い、女子会、学生時代の友人関係など、それぞれが大事にしているお付き合いがあります。

 特に男性は、干渉されることを窮屈に感じる方も少なくありません。たとえば、仕事の後の外食中にしつこく連絡をされると、家に帰るのが億劫になってしまうことも……。

 干渉しすぎず、適度な距離で接することで、「いつでも帰りたい家」を作ることができるはずです。

女性ができる夫婦円満につながる3つの行動!

家庭での会話は聞き役に(写真:iStock)
家庭での会話は聞き役に (写真:iStock)

 こちらの記事を目にした方の中には、夫婦関係に悩んでいるという方もいらっしゃるでしょう。夫婦円満でいるためには、なんといっても歩み寄りが大切です。

 そんな時には夫の行動を待つより、まずは女性であるあなたができることから行動を起こしてみましょう。次に、女性が今すぐ実践できる夫婦円満につながる3つの行動をご紹介します。

1. 聞き役に回る

 男性は、心を許した相手に「話を聞いてもらいたい」と思う人が多いです。会社や人間関係で起こった出来事を話したいと思っているため、家庭での会話の時間では女性が聞き役に回ることが大切でしょう。

 男性は聞き上手の奥さんが家にいると、早く家に帰りたくなる傾向があるようです。毎日、少しでも会話をすることで、コミュニケーションが取りやすくなります。

2. 相手に共感する

 聞き役に回ることの延長になりますが、ただ聞くのではなく、相手に共感して労いの言葉をかけたり、一緒に喜んだり悲しんだりすることも大切でしょう。

 話を聞いているうちに意見をしたくなる女性もいるかもしれませんが、会社などでの愚痴や出来事に耳を傾けて「分かる」「いつも大変だね」と、味方である姿勢を見せることで、夫婦関係がより一層深まるはずです。

3. 尊敬する心を忘れずに

 夫婦円満でいるためには、相手への尊敬の心は欠かせないもの。付き合っていた頃に抱いていた尊敬の心を失ってしまうと、自ずと相手への扱いが雑になってしまいがち。

 心当たりのある方は、一度立ち止まって相手の良いところに目を向け、尊敬する心を取り戻してみましょう。自然と相手への接し方が変わってくるはずです。

夫婦円満は歩み寄りが大切! できることから始めよう

明るく楽しい家庭を!(写真:iStock)
明るく楽しい家庭を! (写真:iStock)

 夫婦円満のコツは、一方的なものではなくお互いの歩み寄りがなにより大切です。思いやりを持ち、コミュニケーションをしっかり取ることで、いつまでも仲良く歩んでいけるのではないでしょうか。

 もしも現在、あまり夫婦間の雰囲気が良くないという人は、まずは日頃の行動を見直してみてください。会話の時には聞き役に回ってみたり、相手の話に共感するなど、できることから心がけてみると良いでしょう。

 夫婦関係にはそれぞれの形がありますが、ぜひこの記事を参考に、夫婦にとってベストな関係を目指して下さいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ