恋愛したいのにトラウマが消えない…5つの原因&克服方法!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-05-27 06:17
投稿日:2020-05-27 06:00
「恋愛をしたい」と思っている人の中には、過去の辛い経験からトラウマを抱えてしまっている人もいるでしょう。「彼氏がほしいのに、トラウマが邪魔して前に進めない」と、悩んでいる人も多いです。
 ここでは、恋愛がトラウマになってしまったおもな原因や、克服方法をご紹介します。

恋愛がトラウマになってしまうのはなぜ?おもな5つの原因

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 本来「恋愛」は楽しく、幸せなもの。しかし、辛い恋愛経験がある人の中には、恋愛や男性自体に恐怖心を抱いてしまう人もいます。

 そんなトラウマを抱えてしまう人は、いったい何が原因となっているnのでしょうか?

1. ひどい振られ方をした

 恋愛は必ずしも、うまくいくものではありません。一度や二度、振られた経験がある人も多いでしょう。しかし、振られたからといって、全ての人が恋愛にトラウマを抱える訳ではありません。

 トラウマを抱えてしまう人の多くは、ひどい振られ方をしています。たとえば、「人前で振られて恥ずかしい思いをした」「ひどい言葉で振られた」など、振られる際に心が深く傷ついてしまったという場合にトラウマになりやすいようです。

2. 裏切られた

 過去に辛い恋愛をしてきた人の中には、「元彼に裏切られた」という人もいます。

 裏切られ方は人によって異なりますが、もっとも多いのが「浮気」という裏切りではないでしょうか。本気で好きだったからこそ、この裏切り行為が許せず、「また傷つきたくない」と恋愛ができなくなってしまう人もいるでしょう。

3. 人格否定するようなことを言われた

 交際がスタートすれば、二人の距離感は縮まるもの。相手を信頼しているからこそ、恋人しか知らないことも増えていくでしょう。

 しかし、そんな信頼している相手から、ひどいことを言われて傷つく人もいます。人格否定するようなことを言われ続けると、「私がいけないんだ」と思い込み、次の恋愛に向かう自信を失ってしまうのです。

4. 暴力を振るわれた

 恋愛にトラウマを抱えている人の中には、恋愛どころか男性そのものに恐怖心を感じている人もいます。

 そんな人の多くは、元彼から暴力を振るわれたり、暴言を吐かれた経験があるのではないでしょうか。中には、男性恐怖症となってしまい、恋愛どころか、男性と接することすらできなくなってしまう人もいます。

5. 遊ばれて捨てられた

 恋愛は自由なものではありますが、互いに愛情と信頼関係があるからこそ成り立つものでしょう。しかし、中にはどちらもないまま、「遊び」と割り切って付き合うことができるタイプの男性もいます。

 そんな男性に捕まってしまった女性は、遊ばれたことに傷つき、自信を失ってしまいます。男性からアプローチされるたびに、「また遊ばれるのでは?」と構えてしまい、恋愛に臆病になってしまうでしょう。

恋愛のトラウマを克服する5つの方法

何が嫌だったか書き出してみるのも(写真:iStock)
何が嫌だったか書き出してみるのも (写真:iStock)

 恋愛にトラウマを抱えている人の中には、「トラウマを克服して、新しい恋愛をしたい」と思っている人もいます。しかし、頭では前に進みたいと思っていても、気持ちが付いていけない人もいるはず。

 そんな恋愛のトラウマを克服するには、どうすれば良いのでしょうか?克服する方法を見ていきましょう。

1. 自分が何に傷ついたのか客観的に見つめ直す

 恋愛にトラウマを抱えている人は、「過去の恋愛で傷ついた」ということは理解していても、何に対して傷ついたのか、自分自身理解できていない人が少なくありません。

 そのため、まずは客観的に見つめ直す必要があるでしょう。「これが嫌だったんだ」ということが分かれば、この先、恋愛に対しての向き合い方が変わってくるはずです。

2. 自信を取り戻す

 過去に辛い恋愛をすると、自分に自信を失ってしまう人が少なくありません。「私がいけなかったんだ」「女性としての魅力がないから」と、自分を責めてしまう人も多いでしょう。

 しかし、過去の恋愛はあなたが全て悪い訳ではありません。相手選びを間違えただけ、という可能性もあるのです。あなたにはあなたにしかない魅力がありますから、理想の自分になれるように自分磨きをして自信を取り戻しましょう。

3. これという強みを身に着ける

 女性は恋愛をすると、彼氏に依存してしまう人が多い傾向にあります。その結果、彼氏中心の考えや生活になってしまい、自分を無くしてしまいがち。

 同じような経験をしないためには、まずは“これといった強み”を身につけることが必要でしょう。仕事、趣味など何でも構いませんから、「私には、これがあるから大丈夫!」と思える強い芯を作りましょう。

4. 人付き合いを増やし、人付き合いを増やす

 トラウマがあると新たな恋愛をしたいと思っても、思い通りの行動ができなくなる場合があります。

 しかし、克服するために焦る必要はありません。対男性となっても、恋愛を意識せずに友達付き合いをしていると考えれば、気楽に接することができるようになるはず。これを繰り返していくことで、「いろんな男性がいるんだな」ということにも気づくことができるでしょう。

5. 誰かに聞いてもらう

 恋愛にトラウマを抱えている人の中には、暴力や暴言といったDVにより、精神的に追い詰められている人もいます。

 そんな人は、一人で抱え込まずに誰かに話を聞いてもらうことも大切かもしれません。友達や家族に知られたくないのであれば、プロのカウンセリングを試してみるのも一つの方法です。

恋愛のトラウマの克服は、焦らずゆっくりと

トラウマにさよなら(写真:iStock)
トラウマにさよなら (写真:iStock)

 恋愛にトラウマを抱えていると、気になる男性からアプローチされても素直に応えることができなくなってしまう人も少なくありません。「もう辛い思いはしたくない……」と、ためらってしまう人もいるでしょう。

 しかし、過去の恋愛の相手は、あくまでもあなたに合わない相手だっただけ。終わった恋愛に引きずられていては、もったいないですよね。焦る必要はありません。まずは克服方法を参考に、自分を見つめ直してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ