渡部はなぜ浮気を?美人妻と結婚しても男が不倫する理由3つ

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-06-16 06:00
投稿日:2020-06-16 06:00
 世間を震撼させたアンジャッシュ渡部建の不倫報道。白日の下にさらされた複数女性とのゲスな不倫内容に驚愕すると同時に、「なんで佐々木希という国民的美人妻がいるのに、浮気するの?」という疑問の声があふれました。また、佐々木希ファンからは「許さない!」という怒りも。
 そこで今回は、「なぜ男は美人妻と結婚しても不倫するのか?」という謎に迫ります。

美人な妻がいても男が不倫する3つの理由

美人と結婚しても浮気はする(写真:iStock)
美人と結婚しても浮気はする (写真:iStock)

トロフィーワイフを武器に浮気

 トロフィーワイフとは、男性が社会的地位を誇示するシンボルとして、誰もがうらやむような若くて美しい女性を妻にすること。

 さり気なく「こんな美女と結婚した俺はスゴい」ということをアピールしながら口説くと、女性側もだんだん「この人、スゴい人なのかも……」という錯覚に陥ってしまい、口説き落とされるケースがあります。

 また不倫ともなると、「あんなに美しい奥さんがいるのに、私のこと好きなの?」という優越感もプラスされ、ハマってしまうのです。

 だから、美人と結婚しても浮気に走るんですね。

(写真:iStock)
(写真:iStock)

美人を落とす実力を持ったプレーボーイ夫

 美人な奥さんは、結婚するまで数多の男性に口説かれてきたことでしょう。イケメンからお金持ちまで、色んな男性に様々な方法でアプローチされてきたはず。

 そんな男性たちの中から、最後に人生のパートナーとして選んだのが今の旦那さんなのです。ルックスや会話力、経済力やサプライズの演出など、女性を喜ばせ惚れさせる実力の持ち主であり、高度な恋愛テクニックを持ち合わせています。つまりはプレイボーイである可能性が高いのです。

 そんな男性が、結婚後もその恋愛力を奥さんだけでなくほかの女性にも注いでしまった結果、浮気につながってしまうんですね。

 またプレイボーイなだけあって、奥さん一筋に見せるのも浮気を隠すのもお手の物。

 周りにいる誰もが「彼は遊び人」だと知っていても、奥さんだけは「彼は誠実」だと思っているケース、結構多いのです。

一緒に暮らすうちに美醜は気にしなくなる(写真:iStock)
一緒に暮らすうちに美醜は気にしなくなる (写真:iStock)

結婚すると、顔はあまり関係なくなる

 よく「美人は3日で飽きる」と言われますが、それは美人だから飽きるというわけではなく(ブスなら飽きないというわけでもなく)、結婚して日々の生活で顔を合わせるようになると新鮮味もなくなり、妻の美人な顔も日常の一つに過ぎなくなるということです。

 顔のキレイさ云々よりも、飽きのこない会話や一緒に楽しめる趣味があったり、一緒に生活していく上で、仕事や家事育児をして夫婦互いに支え合う感謝の気持ちの方が勝っていくもの。

 なので「美人だから浮気されない」という理論を立証することは、難しいですね。

結婚前に浮気症かをしっかりチェック!

なーんか怪しい…(写真:iStock)
なーんか怪しい… (写真:iStock)

 実際に結婚してみないと、夫婦には分からないことが沢山あります。

 ただ、結婚生活を送るうえで、旦那さんに不倫されていたらとても辛い日々を余儀なくされてしまいます。

 だからこそ、結婚前にしっかり現実を見て、彼が浮気症でないかをチェックすることが大事! 

 結婚してから、もし彼が“病的な浮気性”だと発覚した場合……そう簡単には治りませんから。

 浮気上手な男ほど、浮気を隠すのが上手なのでなかなか見抜くのは難しいですが、友人など第三者の意見もしっかり聞いて、客観的に彼の性態をリサーチすることをおすすめします。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ