苦しい嫉妬をやめたい…嫉妬する人の5つの特徴&対処法!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-26 06:00
投稿日:2020-06-26 06:00
 好きな人や恋人ができるのは、本来とても幸せなことです。しかし、好きだからこそ嫉妬心が芽生え、苦しんでしまう人も少なくありません。楽しいはずの恋愛が苦しくなってしまっては、もったいないですよね。そこで今回は、嫉妬しやすい人の特徴や対処法についてご紹介します。

嫉妬する女性に見られる5つの特徴

 好きな人がほかの女性と接している時などに、嫉妬心を感じた経験がある人は多いでしょう。交際が始まって間もない頃には、彼女の嫉妬も可愛らしく映ることが多いですが、いつまでも続く嫉妬を負担に思う男性もいます。

 まずは、嫉妬しやすい女性に見られる特徴をチェックしてみましょう。

1. 自分に自信がない

 彼氏がほかの女性と会話している姿を見ると「楽しそうでいいな」と、嫉妬心を抱く人がいます。相手の女性が美人であればあるほど、その嫉妬心は大きくなるでしょう。

 これは、自分に自信がないことが原因となっている場合が多いです。「彼を取られてしまうかも?」「彼女の方が、彼にふさわしいのでは?」などの不安によって、嫉妬心が芽生えてしまうのです。

2. 勝ち負けにこだわる

 普段から何かにつけて「勝ち負け」を決めたがる女性も、嫉妬しやすいタイプでしょう。

 いつでも自分が1番でありたいと思う人は、恋愛に対しても常に自分が上位でいたいと考えています。そのため、ほかの女性を彼が誉めたりすると、ムキになって反論してしまうこともあるでしょう。

3. 人や物に執着しやすい

 人付き合いや物を大切にする人も、嫉妬しやすい傾向にあります。もちろん、人や物を大切にするのは悪いことではありませんが、必要以上に執着すると、対人の場合には「怖い」「重い」と思われてしまうこともあるでしょう。

「彼氏を思い通りにしたい」という支配欲に走ると、ストーカー扱いされてしまう危険性もあるため、注意が必要です。

4. 感情的になりやすい

 感情が豊かな人は魅力的に映りますし、周りからも愛される存在でしょう。しかし、喜怒哀楽が激しく、過度に感情的になりやすい人は恋愛面で苦労しがちです。

 彼の言動一つで泣いたり、怒ったり、はしゃいだりする女性は、一度嫉妬心を抱いてしまうと、自分でも止められなくなってしまう可能性があります。

5. 人と比べたがる

 女性は、何に対してもほかの人と比べたがる傾向にあります。恋愛に関しても、「私の方が幸せ」「彼の方がかっこいい」と知らず知らずのうちに比較している人も多いでしょう。

 そういった特徴を持った女性は、自分の幸せを他人と比べることでしか感じることができないため、嫉妬心を抱きやすいです。

嫉妬したらどうすればよい?自己嫌悪に陥らない対処法5選

「嫉妬したい」と思う人は、そういないでしょう。嫉妬する自分に自己嫌悪を感じたり、苦しくなってしまう場合がほとんどです。

 では、嫉妬心を感じた時にはどうすれば良いのでしょうか?対処法を見つけていきましょう。

1. 自分磨きをして自信をつける

 自分に自信がないことで嫉妬してしまう人は、自分磨きをして自分に自信をつけていくことが必要です。自信ないまま交際を続ければ、彼の前に女性が現れるたびに嫉妬して、疲れることになります。

 外見だけでなく内面も磨くことで、どんな女性が彼に近づいてきてもびくともしない心を作ることができるでしょう。

2. 好きになった彼を信じる

 嫉妬しやすい人の中には、「彼が、ほかの女性のところに行ってしまうのでは?」という不安を常に抱えてしまう人もいます。

 そんな場合には、まずは彼を信じることから始めてみましょう。恋人になったということは、彼もあなたを選んだということ。選ばれたことに自信を持って、彼の気持ちを信じましょう。

3. 人と比べない

 彼の前に素敵な女性が現れたら、誰だって不安になるものです。「彼を取られるかも」と危機感を覚える人もいるでしょう。

 しかし、自分と人を比べてはキリがありません。あなたにとっては素敵に見える女性かもしれませんが、彼から見れば恋人であるあなたの方が素敵に映っているはずです。

 嫉妬心を抱き続けるとネガティブになったり、彼を束縛して関係が悪くなる可能性もあるため、比べる心を捨てましょう。

4. 恋愛以外に没頭できるものを見つける

 嫉妬しやすい人の中には、恋愛体質の人もいます。「生活のすべてが恋愛!」となってしまうと、常に彼氏のことを考えてしまい、嫉妬心を消すことは難しいでしょう。

 そういう人は、恋愛以外のことに目を向けるのもおすすめ。没頭できる趣味や楽しみが見つかれば、一日中彼のことを考える必要はなくなるはずです。

5. 過剰な期待をしない

「こんなことをしてほしい」と、恋人に希望を抱いている人も多いでしょう。しかし、彼があなたの希望通りのことをしてくれるとは限りません。「私がこれだけやったのだから」と見返りを求める行為も、自分を追い詰めるだけです。

 恋愛は、あくまでも個人対個人のもの。思い通りにならなくて当たり前なのです。過度な期待をしなければ、嫉妬も苛立ちも少なくなりますよ。

嫉妬は疲れるだけ! 対処法を身につけて恋愛を楽しもう

 恋愛に嫉妬はつきもの。「嫉妬」というとネガティブなイメージがありますが、それだけ好きになれる人と出会えたということでもあります。

 しかし、過度な嫉妬は自分自身を疲れさせるばかりか、うまくいっているはずの彼との関係すら壊しかねません。そうならないためには、自分なりの対処法を身につけることが大切でしょう。嫉妬心をコントロールして、せっかくの恋愛を楽しんでくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?
彼が『石丸伸二氏』『ひろゆき氏』推し、論破系男子との結婚でうまくいく女性と回避法は?
 7日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー“七夕決戦”都知事選SP」に出演した元乃木坂46の山崎怜奈(27)と、都知事選で...
「子供ができた♡」図々しい不倫女に怒り心頭!妻が震えた驚愕LINE10通
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫…。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら、...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
離婚を思いとどまった“子供の一言”、反対されて改めて気づくことがある。
 ちょうど今「夫とはもう暮らせないな…」と離婚を考えている女性もいるでしょう。でももし子供がいるなら、ぜひ子供の意見も聞...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
これぞ港区女子が生きる術か。ボンビー女が港区おぢ経営者に口説かれた話
 筆者は都心から外れたアパートに住む「そこらへんの女」だが、ボンビーなくせに実業家の知り合いが多い。港区のタワマンで行わ...
時短美容協会 2024-07-09 06:00 ラブ
夫に料理任せたら、夕飯あるのに餃子を買ってくる男のナゾに答えが見えた
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  我が家で...
豆木メイ 2024-07-09 06:00 ラブ
不倫カップルの倦怠期はチャンス? よりよい未来を選ぶためにしたいこと
 不倫カップルの多くは、妻や夫に隠れて恋愛のスリルや刺激を味わっていますが、不倫カップルといえども、ときめきはいつか冷め...
7人目説は本当?何人目の彼氏と結婚すれば幸せになれるか、先輩妻に聞く
 幸せな結婚生活を送っている女性を見て「付き合って何人目の彼氏と結婚したの?」と気になることはありませんか? 実際のとこ...
子供部屋おじさんあるある5選にゾゾッ!実家男を彼氏にすると厄介かも…
「彼氏が実家住みなんだけど、もしかして話題の子供部屋おじさん…?」と不安になっている方、集合!  今回は、子供部屋おじ...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
「全部承知の上だから…」芸能人さえ沼らせるプロ彼女のLINE術3選
 テレビに出てくる芸能人と付き合えたら夢のようだと思ったことはありませんか? 実は、芸能人やタレントの卵とばかり付き合う...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
妻のシナリオ通り? 覚えのないモラハラを主張され困惑する46歳夫
「冷酷と激情のあいだvol.203〜女性編〜」では、7年間連れ添った夫が、実は自分にモラハラをしていたことに最近になって...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
「このメシ、なんでこんな味になるの?」結婚7年の集大成、モラハラ夫との離婚を急ぐ43歳妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
【写真特集】ホットパンツも高級ブランドのマフラーも“着こなす”安藤美姫
    【この写真の本文に戻る⇒】安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入...
安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入られたら?
 6月27日発売の『週刊文春』で、専任コーチを務める16歳教え子との“手つなぎデート”を報じられた元フィギュアスケート選...