苦しい嫉妬をやめたい…嫉妬する人の5つの特徴&対処法!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-26 06:00
投稿日:2020-06-26 06:00
 好きな人や恋人ができるのは、本来とても幸せなことです。しかし、好きだからこそ嫉妬心が芽生え、苦しんでしまう人も少なくありません。楽しいはずの恋愛が苦しくなってしまっては、もったいないですよね。そこで今回は、嫉妬しやすい人の特徴や対処法についてご紹介します。

嫉妬する女性に見られる5つの特徴

またあの子と話してる…(写真:iStock)
またあの子と話してる… (写真:iStock)

 好きな人がほかの女性と接している時などに、嫉妬心を感じた経験がある人は多いでしょう。交際が始まって間もない頃には、彼女の嫉妬も可愛らしく映ることが多いですが、いつまでも続く嫉妬を負担に思う男性もいます。

 まずは、嫉妬しやすい女性に見られる特徴をチェックしてみましょう。

1. 自分に自信がない

 彼氏がほかの女性と会話している姿を見ると「楽しそうでいいな」と、嫉妬心を抱く人がいます。相手の女性が美人であればあるほど、その嫉妬心は大きくなるでしょう。

 これは、自分に自信がないことが原因となっている場合が多いです。「彼を取られてしまうかも?」「彼女の方が、彼にふさわしいのでは?」などの不安によって、嫉妬心が芽生えてしまうのです。

2. 勝ち負けにこだわる

 普段から何かにつけて「勝ち負け」を決めたがる女性も、嫉妬しやすいタイプでしょう。

 いつでも自分が1番でありたいと思う人は、恋愛に対しても常に自分が上位でいたいと考えています。そのため、ほかの女性を彼が誉めたりすると、ムキになって反論してしまうこともあるでしょう。

3. 人や物に執着しやすい

 人付き合いや物を大切にする人も、嫉妬しやすい傾向にあります。もちろん、人や物を大切にするのは悪いことではありませんが、必要以上に執着すると、対人の場合には「怖い」「重い」と思われてしまうこともあるでしょう。

「彼氏を思い通りにしたい」という支配欲に走ると、ストーカー扱いされてしまう危険性もあるため、注意が必要です。

4. 感情的になりやすい

 感情が豊かな人は魅力的に映りますし、周りからも愛される存在でしょう。しかし、喜怒哀楽が激しく、過度に感情的になりやすい人は恋愛面で苦労しがちです。

 彼の言動一つで泣いたり、怒ったり、はしゃいだりする女性は、一度嫉妬心を抱いてしまうと、自分でも止められなくなってしまう可能性があります。

5. 人と比べたがる

 女性は、何に対してもほかの人と比べたがる傾向にあります。恋愛に関しても、「私の方が幸せ」「彼の方がかっこいい」と知らず知らずのうちに比較している人も多いでしょう。

 そういった特徴を持った女性は、自分の幸せを他人と比べることでしか感じることができないため、嫉妬心を抱きやすいです。

嫉妬したらどうすればよい?自己嫌悪に陥らない対処法5選

ヨガだって自宅で出来る時代(写真:iStock)
ヨガだって自宅で出来る時代 (写真:iStock)

「嫉妬したい」と思う人は、そういないでしょう。嫉妬する自分に自己嫌悪を感じたり、苦しくなってしまう場合がほとんどです。

 では、嫉妬心を感じた時にはどうすれば良いのでしょうか?対処法を見つけていきましょう。

1. 自分磨きをして自信をつける

 自分に自信がないことで嫉妬してしまう人は、自分磨きをして自分に自信をつけていくことが必要です。自信ないまま交際を続ければ、彼の前に女性が現れるたびに嫉妬して、疲れることになります。

 外見だけでなく内面も磨くことで、どんな女性が彼に近づいてきてもびくともしない心を作ることができるでしょう。

2. 好きになった彼を信じる

 嫉妬しやすい人の中には、「彼が、ほかの女性のところに行ってしまうのでは?」という不安を常に抱えてしまう人もいます。

 そんな場合には、まずは彼を信じることから始めてみましょう。恋人になったということは、彼もあなたを選んだということ。選ばれたことに自信を持って、彼の気持ちを信じましょう。

3. 人と比べない

 彼の前に素敵な女性が現れたら、誰だって不安になるものです。「彼を取られるかも」と危機感を覚える人もいるでしょう。

 しかし、自分と人を比べてはキリがありません。あなたにとっては素敵に見える女性かもしれませんが、彼から見れば恋人であるあなたの方が素敵に映っているはずです。

 嫉妬心を抱き続けるとネガティブになったり、彼を束縛して関係が悪くなる可能性もあるため、比べる心を捨てましょう。

4. 恋愛以外に没頭できるものを見つける

 嫉妬しやすい人の中には、恋愛体質の人もいます。「生活のすべてが恋愛!」となってしまうと、常に彼氏のことを考えてしまい、嫉妬心を消すことは難しいでしょう。

 そういう人は、恋愛以外のことに目を向けるのもおすすめ。没頭できる趣味や楽しみが見つかれば、一日中彼のことを考える必要はなくなるはずです。

5. 過剰な期待をしない

「こんなことをしてほしい」と、恋人に希望を抱いている人も多いでしょう。しかし、彼があなたの希望通りのことをしてくれるとは限りません。「私がこれだけやったのだから」と見返りを求める行為も、自分を追い詰めるだけです。

 恋愛は、あくまでも個人対個人のもの。思い通りにならなくて当たり前なのです。過度な期待をしなければ、嫉妬も苛立ちも少なくなりますよ。

嫉妬は疲れるだけ! 対処法を身につけて恋愛を楽しもう

嫉妬をコントロールして素敵な恋を(写真:iStock)
嫉妬をコントロールして素敵な恋を (写真:iStock)

 恋愛に嫉妬はつきもの。「嫉妬」というとネガティブなイメージがありますが、それだけ好きになれる人と出会えたということでもあります。

 しかし、過度な嫉妬は自分自身を疲れさせるばかりか、うまくいっているはずの彼との関係すら壊しかねません。そうならないためには、自分なりの対処法を身につけることが大切でしょう。嫉妬心をコントロールして、せっかくの恋愛を楽しんでくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ