コロナ対策に成功した台湾の事情から学ぶこと…現地リポート

インリン タレント、表現者
更新日:2020-07-09 06:00
投稿日:2020-07-09 06:00
 皆さん、コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか? 世界でコロナによる感染者や死者が爆発的に増えている中、私が住んでいる台湾では、帰国者を除いて2カ月以上新規感染者が出ていません(2020年7月8日現在)。そんな台湾の新型コロナウイルスの防疫対策について、今回は皆さんにシェアしたいと思います。

台湾政府がとった迅速な対応

迫りくる新型コロナウイルスにどう立ち向かった?(写真:iStock)
迫りくる新型コロナウイルスにどう立ち向かった? (写真:iStock)

 2019年12月31日、世界が希望と期待を抱いて新たな年を迎えようとしていた時、台湾は注意喚起の発表をしました。中国の武漢市で未知のウイルス感染者が出ているとの情報を得て、直ちにWHOへ連絡、武漢からの入境者への検疫も開始しました。

 100人近くの犠牲者を出した04年のSARSを経験した台湾だからこそ、このように迅速に対応ができたのかもしれません。この日を境に、台湾では多くの医師や専門家が集まり、再びやってくるかもしれない戦いに備えて準備を始めていたのです。

■1月20日

 中央感染症指揮センター設置

■1月23日

 新型コロナウイルスの流行地・武漢からの旅行者は全面入境禁止。さらに中国からの入境者には14日の自宅待機が設けられました。

■1月24日

 政府は台湾の人民を守ることを最優先し、医療用マスクの輸出を禁止しました。

■1月31日

 1月中旬の時点で、店頭からマスクが消えました。SARSの悪夢が再び到来することを恐れ、台湾市民が買い溜めをしたことが理由の一つです。

 政府はマスク不足に陥ることを予測していたようで、すぐに医療用マスクを買い上げ、実名制マスク購入制度を取り入れて流通を管理しました。健康保険証のICチップ認証で、最初は1週間に2枚購入しかできませんでしたが、その後は在庫状況に合わせ1週間に3枚、2週間に9枚と増やしていきました。

■2月2日

 感染者か1桁の時点で、高校以下の学校の3週間休校を決定。

■2月7日

 携帯の警告アラームで、感染者が通過した場所を全台湾在住者に伝える。

■その他の対策

・入境者や濃厚接触者による14日間の隔離対策は外へ一歩でたら高額な罰金を科す。
・全ての公共施設にサーモグラフィーや検温制度を設け、MRTなど公共交通期間ではマスク着用を義務化。未着用者には罰金が科された。学校、スーパー、デパート、カフェでもマスク+検温+アルコール手指消毒を実施。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


職場や取引先で「パワハラ交際」を強要される女性たちの葛藤
 職場の上司や取引先の人に気に入られたら、どうしますか? 仕事上メリットがあるかもしれないと思うし、仕事関係の人に無下な...
なぜ“にゃんたま”を撮り続ける?カメラマンの気持ちいい瞬間
 私はなぜ、にゃんたまωを撮り続けるのか?  きっと、にゃんたまを撮影している時が一番「集中力」が高まるから。 ...
6月21日~6月27日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ママ友より平和!猫のおかあさんになって変わった交友関係
 猫が来てから、人がうちに遊びに来るようになりました(引っ越して我が家が最寄り駅から近くなったことも理由かもしれませんが...
父の日に読みたい♪ お父さんの不器用でも愛を感じるLINE5選
 家では威厳のある態度を見せているのに、LINEでは、なんだか可愛く見えてしまうお父さんたち。なぜか、どのお父さんのLI...
隠す必要なし! 自分の弱さを正直に吐き出す大きなメリット
 あなたは他人からどう思われたいですか? もしかしたら、現実の自分より良く見せたいと思っている人もいるかもしれません。で...
戦士のつかの間の休息…ワイルド“にゃんたま”をこっそり激写
 この島で暮らすにゃんたま君たちはみんな戦士。強くなればなるほど縄張りエリアは拡大し、パトロールにも体力を要します。 ...
運命変わる土用の丑の日に…金運UPの花「アナベル」の育て方
「今日は何を買おうかな~」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋、仕入れるお花の選定のため、最寄りの花市場にワタクシほぼ...
鎌倉大仏に手を合わせる 2021.6.16(水)
 長らくご無沙汰していた鎌倉大仏にご挨拶に行ってきました! お天気にも恵まれて、大仏様を拝んでいるとパワーをもらった気が...
“推し活=オタク”なんて古い! 推しの種類&得られるメリット
 実は今、年代問わず“推し活”をする人が増えてきています。推し活というと「暗い」「オタク」といったネガティブなイメージを...
6月14日~6月20日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
うらめしポーズでごめんにゃさい…ツボ刺激中の“にゃんたま”
 きょうは、電池切れ……? うらめしポーズのにゃんたまω君に出逢いました。  こんなにゃんたま君が道に落ちていたら...
相模原北公園で雨上がりの紫陽花を愛でる 2021.6.14(月)
 雨は大嫌いだけど紫陽花は好きです。とある日曜日に、紫陽花見物としゃれこんでみました。
のめり込んでない? 占いや風水との“上手な付き合い方”って
 例えば好きな人と別れてしまったり、仕事がうまくいかない日が続いた時、自分の運気を調べた経験はありませんか? 私はけっこ...
猫飼いたいけどお金が心配…固定費用は?ペット保険は必要?
「猫を飼うのにどのくらいお金がかかるの?」とたまに聞かれますので、改めてまとめてみようと思います(野良猫譲渡時のお迎え費...
あなただけのコーヒー豆をみつけよう 2021.6.11(金)
 KALDIといえば、コーヒーと輸入食品のお店。店頭に美しく並ぶコーヒー豆のディスプレイを眺めつつも、今まで買ったことが...