コロナ対策に成功した台湾の事情から学ぶこと…現地リポート

インリン タレント、表現者
更新日:2020-07-09 06:00
投稿日:2020-07-09 06:00
 皆さん、コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか? 世界でコロナによる感染者や死者が爆発的に増えている中、私が住んでいる台湾では、帰国者を除いて2カ月以上新規感染者が出ていません(2020年7月8日現在)。そんな台湾の新型コロナウイルスの防疫対策について、今回は皆さんにシェアしたいと思います。

台湾政府がとった迅速な対応

迫りくる新型コロナウイルスにどう立ち向かった?(写真:iStock)
迫りくる新型コロナウイルスにどう立ち向かった? (写真:iStock)

 2019年12月31日、世界が希望と期待を抱いて新たな年を迎えようとしていた時、台湾は注意喚起の発表をしました。中国の武漢市で未知のウイルス感染者が出ているとの情報を得て、直ちにWHOへ連絡、武漢からの入境者への検疫も開始しました。

 100人近くの犠牲者を出した04年のSARSを経験した台湾だからこそ、このように迅速に対応ができたのかもしれません。この日を境に、台湾では多くの医師や専門家が集まり、再びやってくるかもしれない戦いに備えて準備を始めていたのです。

■1月20日

 中央感染症指揮センター設置

■1月23日

 新型コロナウイルスの流行地・武漢からの旅行者は全面入境禁止。さらに中国からの入境者には14日の自宅待機が設けられました。

■1月24日

 政府は台湾の人民を守ることを最優先し、医療用マスクの輸出を禁止しました。

■1月31日

 1月中旬の時点で、店頭からマスクが消えました。SARSの悪夢が再び到来することを恐れ、台湾市民が買い溜めをしたことが理由の一つです。

 政府はマスク不足に陥ることを予測していたようで、すぐに医療用マスクを買い上げ、実名制マスク購入制度を取り入れて流通を管理しました。健康保険証のICチップ認証で、最初は1週間に2枚購入しかできませんでしたが、その後は在庫状況に合わせ1週間に3枚、2週間に9枚と増やしていきました。

■2月2日

 感染者か1桁の時点で、高校以下の学校の3週間休校を決定。

■2月7日

 携帯の警告アラームで、感染者が通過した場所を全台湾在住者に伝える。

■その他の対策

・入境者や濃厚接触者による14日間の隔離対策は外へ一歩でたら高額な罰金を科す。
・全ての公共施設にサーモグラフィーや検温制度を設け、MRTなど公共交通期間ではマスク着用を義務化。未着用者には罰金が科された。学校、スーパー、デパート、カフェでもマスク+検温+アルコール手指消毒を実施。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


醜すぎる女性同士のバトル! 姑・友人・姉妹のドロドロLINE
 女性同士のケンカって、ドロドロしがちですよね。「本気でぶつかり合えばすっきり解決!」ができる男性に比べて、女性同士のケ...
あなたは大丈夫…? ”不幸中毒”になっていたお客さんの話
 自分のことを「不幸だな」「不運だな」と感じることはありますか?もちろん生活の中でそんなふうに感じる瞬間はあると思います...
断捨離で社会貢献 「古着deワクチン」レポ 2021.10.22(金)
 整理整頓が苦手です。特に洋服。気が付くとクロゼットはいつもパンパン。そのくせ着る服はいつも一緒という残念な事態に。この...
猫は「きもちいい」の天才! 日差しにウットリ“にゃんたま”
 猫は「きもちいい」の天才です。  きょうは柔らかな日差し。ただでさえ気持ちの良い日なのに、にゃんたま君は背中を伸...
「ガーデンシクラメン」攻略法! 間違った園芸方法に決別を
 10月も半ばともなると、あんなに暑かった夏もいつの間にか過ぎ、早くも年末のカウントダウンがはじまった気がいたします。 ...
GU「スタイルヒート」で“ダサ見え”を解決 2021.10.19(火)
 すっかり肌寒くなり、朝晩冷え込んできました。気温が下がってきたら活躍するのは、ヒートテックですよね。急激に気温が下がっ...
シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...