“いい人止まり”は今日でおしまい! 特徴&脱出する4つの方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-08-12 06:00
投稿日:2020-08-12 06:00
「好きな人と仲良くなっても、いつも“いい人止まり”」そんな悩みはありませんか? 嫌われているわけではないのに、なぜかお付き合いするに至らない……そんな女性は、ズバリ、「友達ならいいけど、恋人としては何か物足りない」そんなふうに思わせる原因があるからかもしれません。そこで今回は、いい人止まりだと言われる女性の特徴や、脱出する方法をご紹介します。

“いい人止まり”と男性に思わせる女性の特徴5選

「お前ってほんといいやつ!」って嬉しいけどさ…(写真:iStock)
「お前ってほんといいやつ!」って嬉しいけどさ… (写真:iStock)

「お前ってほんといいやつ!」好きな人にそんなことを言われたら、嫌な気はしない反面、「それだけ?」と、心の中でため息をついてしまう女性は多いかも。

 本当は本命の彼女になりたいのに、いい人止まりで終わってしまうのはなぜでしょうか? そんな悩みを持つ女性には、共通した特徴があるようです。

1. 誰にでも優しすぎる

 誰にでも優しく好かれる女性はみんなに好かれるため、一見モテそうですよね。でも、これが、いい人止まりである理由だったりもします。

「好きな人の特別になりたい」と思う気持ちは男女共通。誰にでも公平に優しい態度を取る女性は「いい子だな」と思わせることができても、「彼女候補」として見てもらうことは難しいかもしれません。

2. どんな発言も肯定する

 誰かの発言に対して、いつも「YES」と言っていませんか?「いいよ」と許容する女性は物分かりが良い“いい女”に思われそうなものの、「自分の意見はないの?」と思われたり、都合の良い女性として扱われる場合があります。

3. 色気が足りない

 好きな人の「男友達」からなかなか発展できないという方は、もしかしたら、女性としての色気が足りないのかもしれません。

 サバサバとした性格でその場を盛り上げようと自虐ネタを言ったり、笑いを取ろうとする女性は貴重なムードメーカーですし、友達としては理想的な存在。

 しかし、男性は女性の奥ゆかしさや恥じらう姿に“女性”を意識します。ドキドキを感じさせられないと、友達関係からは発展しにくいでしょう。

4. 恋愛欲がないように見える

「恋愛よりも仕事」「恋人がいると面倒」、そんなふうに周りに思わせる女性も、友達の垣根を越えられないことが多いでしょう。

 恋愛体質でいなくてはならないというわけではないですが、やはり「チャンスがありそう」と男性に思わせる女性の方が、彼氏を作りやすいです。女子会ばかりだったり、職場と家との往復の生活が続いている方は、注意が必要かもしれません。

5. 同性の友達が多い

 “いい人止まり”な女性の特徴として、基本的に同性からの評価は高いことが挙げられます。これは良くも悪くも、あなたが同性にとって鼻につかない女性だということ。

 女性は同じ女性に対して厳しいところがあるものです。男性に媚を売ったり、態度を変える女性を見ると、「女を武器にするなんて」と、嫌悪感を感じる方は多いでしょう。

 しかし、男性にとっては、そんなことは知ったこっちゃありません。自分にとって「可愛くスペシャルな女性でいてくれたら良い」、そう思う方は多いのです。

“いい人止まり”の女性から脱却する4つの方法

自分がどうしたいのか考えてみる(写真:iStock)
自分がどうしたいのか考えてみる (写真:iStock)

 根本的な話になりますが、“いい人止まり”だと思われるということは、相手には嫌われていないということ。あなた次第で、チャンスを引き寄せることもできるはずです。

 ただのいい人を脱却する方法、ぜひ試してみてください。

1. 嫌われることを恐れない

 “いい人止まり”の女性は、自分の本心を相手に伝えることが苦手。相手との関係を上手に保ちたいゆえ、わざわざ波風を立ててまで自分の意見を言わなくても良いと思いがちです。

 しかし、「自分の意見を伝える=ワガママ」ではありません。心の底から肯定できることであれば良いですが、違うと思った際には嫌われることを恐れずに伝えることも必要でしょう。その主張が、個性につながるはずです。

2. 自分の欲望に耳を傾ける

「“いい人”というイメージを壊したくない」、と、時に自分の欲望を押し込めてしまう女性は多いです。せっかく二人きりなのにサバサバと振る舞ってしまったり、友達として好きな人の恋の相談に乗ってしまったり……。でも、そんなことをしていたら、いつまで経っても“いい人止まり”です。

 ぜひ、この機会に自分の欲望に耳を傾けてみましょう。女性として見てほしいのであれば、行動あるのみです。

3. ギャップを意識する

 恋愛あるあるですが、「ギャップ」を持つ人はモテます。いい人止まりだと思われがちな女性の場合、この方法は特に効果的。“いい人”である女性は、大抵、男友達として見られている場合が多いため、女子力を使ったギャップを取り入れましょう。

 美味しい料理が作れたり、気遣いができたり、女性らしいファッションだったり。なんでも良いですが、自分が「女子力高いな」と思う女性を参考にしてみると良いと思います。

4. 好きな人は特別扱いしても良いと割り切る

 いい人で終わってしまう女性は、とにかく誰に対しても平等でいます。これは、人間として魅力でもある反面、やはり相手からすると物足りなさを感じる原因でもあるでしょう。それに、基本的に男性は鈍感。特別扱いするくらいではないと、気持ちが伝わりにくいのです。

 そのため、好きな人ができたら特別扱いしても良いと割り切ってみるのも手。思い切ってアプローチしてみましょう。

“いい人止まり”のいいところは残して欲張ろう♪

いい人をやめたら恋が発展するかも(写真:iStock)
いい人をやめたら恋が発展するかも (写真:iStock)

 上記で挙げたギャップを作ることであったり、好きな人に特別扱いをすることを「女性のズルさ」だと感じて抵抗を持つ方もいるかもしれませんね。

 でも、好きな人と付き合いたい、手に入れたいと思うことは普通のこと。捨身だからこそ、手に入れられるものはあるでしょう。ただし、誰かを陥れたり、悲しませるような、人としていけないことは、あなたの“いい人”の部分を削ってしまうことになるため、やめておきましょう。

 ぜひ、存分に女性であることを楽しんで、好きな人に一直線にアプローチしてみてくださいね。

ラブ 新着一覧


プロポーズ間近かも? 彼の気持ちがわかる「3つのポイント」
 彼は結婚するつもりがあるのかどうかは、恋愛中の女性ならどうしても気になってしまうところ。彼が将来のことを考えているのか...
内藤みか 2021-10-28 06:00 ラブ
会えない時間に対する男女の違い&会いたい女性になるコツ♡
 女性は、好きな男性と会えない時間が増えてくると、「彼はもう私のこと好きじゃないのかな……」と、そんなふうに感じる人も多...
恋バナ調査隊 2021-10-28 06:00 ラブ
「終わらせたい…」ズルズル続いてしまった不倫をやめる方法
「不倫なんて良くない」と頭では分かっていながら続けてしまったこの恋。もうやめたいなと思っても、なかなかやめるタイミングや...
若林杏樹 2021-10-27 06:00 ラブ
あなたは甘え上手or甘え下手? 6つの特徴&原因から診断!
 あなたは人に甘えることに対して、どんな考えを持っていますか? もしも甘え下手なタイプなら、「人に甘えるのは弱い証拠」「...
恋バナ調査隊 2021-10-27 06:00 ラブ
彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ