“いい人止まり”は今日でおしまい! 特徴&脱出する4つの方法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-08-12 06:00
投稿日:2020-08-12 06:00
「好きな人と仲良くなっても、いつも“いい人止まり”」そんな悩みはありませんか? 嫌われているわけではないのに、なぜかお付き合いするに至らない……そんな女性は、ズバリ、「友達ならいいけど、恋人としては何か物足りない」そんなふうに思わせる原因があるからかもしれません。そこで今回は、いい人止まりだと言われる女性の特徴や、脱出する方法をご紹介します。

“いい人止まり”と男性に思わせる女性の特徴5選

「お前ってほんといいやつ!」って嬉しいけどさ…(写真:iStock)
「お前ってほんといいやつ!」って嬉しいけどさ… (写真:iStock)

「お前ってほんといいやつ!」好きな人にそんなことを言われたら、嫌な気はしない反面、「それだけ?」と、心の中でため息をついてしまう女性は多いかも。

 本当は本命の彼女になりたいのに、いい人止まりで終わってしまうのはなぜでしょうか? そんな悩みを持つ女性には、共通した特徴があるようです。

1. 誰にでも優しすぎる

 誰にでも優しく好かれる女性はみんなに好かれるため、一見モテそうですよね。でも、これが、いい人止まりである理由だったりもします。

「好きな人の特別になりたい」と思う気持ちは男女共通。誰にでも公平に優しい態度を取る女性は「いい子だな」と思わせることができても、「彼女候補」として見てもらうことは難しいかもしれません。

2. どんな発言も肯定する

 誰かの発言に対して、いつも「YES」と言っていませんか?「いいよ」と許容する女性は物分かりが良い“いい女”に思われそうなものの、「自分の意見はないの?」と思われたり、都合の良い女性として扱われる場合があります。

3. 色気が足りない

 好きな人の「男友達」からなかなか発展できないという方は、もしかしたら、女性としての色気が足りないのかもしれません。

 サバサバとした性格でその場を盛り上げようと自虐ネタを言ったり、笑いを取ろうとする女性は貴重なムードメーカーですし、友達としては理想的な存在。

 しかし、男性は女性の奥ゆかしさや恥じらう姿に“女性”を意識します。ドキドキを感じさせられないと、友達関係からは発展しにくいでしょう。

4. 恋愛欲がないように見える

「恋愛よりも仕事」「恋人がいると面倒」、そんなふうに周りに思わせる女性も、友達の垣根を越えられないことが多いでしょう。

 恋愛体質でいなくてはならないというわけではないですが、やはり「チャンスがありそう」と男性に思わせる女性の方が、彼氏を作りやすいです。女子会ばかりだったり、職場と家との往復の生活が続いている方は、注意が必要かもしれません。

5. 同性の友達が多い

 “いい人止まり”な女性の特徴として、基本的に同性からの評価は高いことが挙げられます。これは良くも悪くも、あなたが同性にとって鼻につかない女性だということ。

 女性は同じ女性に対して厳しいところがあるものです。男性に媚を売ったり、態度を変える女性を見ると、「女を武器にするなんて」と、嫌悪感を感じる方は多いでしょう。

 しかし、男性にとっては、そんなことは知ったこっちゃありません。自分にとって「可愛くスペシャルな女性でいてくれたら良い」、そう思う方は多いのです。

“いい人止まり”の女性から脱却する4つの方法

自分がどうしたいのか考えてみる(写真:iStock)
自分がどうしたいのか考えてみる (写真:iStock)

 根本的な話になりますが、“いい人止まり”だと思われるということは、相手には嫌われていないということ。あなた次第で、チャンスを引き寄せることもできるはずです。

 ただのいい人を脱却する方法、ぜひ試してみてください。

1. 嫌われることを恐れない

 “いい人止まり”の女性は、自分の本心を相手に伝えることが苦手。相手との関係を上手に保ちたいゆえ、わざわざ波風を立ててまで自分の意見を言わなくても良いと思いがちです。

 しかし、「自分の意見を伝える=ワガママ」ではありません。心の底から肯定できることであれば良いですが、違うと思った際には嫌われることを恐れずに伝えることも必要でしょう。その主張が、個性につながるはずです。

2. 自分の欲望に耳を傾ける

「“いい人”というイメージを壊したくない」、と、時に自分の欲望を押し込めてしまう女性は多いです。せっかく二人きりなのにサバサバと振る舞ってしまったり、友達として好きな人の恋の相談に乗ってしまったり……。でも、そんなことをしていたら、いつまで経っても“いい人止まり”です。

 ぜひ、この機会に自分の欲望に耳を傾けてみましょう。女性として見てほしいのであれば、行動あるのみです。

3. ギャップを意識する

 恋愛あるあるですが、「ギャップ」を持つ人はモテます。いい人止まりだと思われがちな女性の場合、この方法は特に効果的。“いい人”である女性は、大抵、男友達として見られている場合が多いため、女子力を使ったギャップを取り入れましょう。

 美味しい料理が作れたり、気遣いができたり、女性らしいファッションだったり。なんでも良いですが、自分が「女子力高いな」と思う女性を参考にしてみると良いと思います。

4. 好きな人は特別扱いしても良いと割り切る

 いい人で終わってしまう女性は、とにかく誰に対しても平等でいます。これは、人間として魅力でもある反面、やはり相手からすると物足りなさを感じる原因でもあるでしょう。それに、基本的に男性は鈍感。特別扱いするくらいではないと、気持ちが伝わりにくいのです。

 そのため、好きな人ができたら特別扱いしても良いと割り切ってみるのも手。思い切ってアプローチしてみましょう。

“いい人止まり”のいいところは残して欲張ろう♪

いい人をやめたら恋が発展するかも(写真:iStock)
いい人をやめたら恋が発展するかも (写真:iStock)

 上記で挙げたギャップを作ることであったり、好きな人に特別扱いをすることを「女性のズルさ」だと感じて抵抗を持つ方もいるかもしれませんね。

 でも、好きな人と付き合いたい、手に入れたいと思うことは普通のこと。捨身だからこそ、手に入れられるものはあるでしょう。ただし、誰かを陥れたり、悲しませるような、人としていけないことは、あなたの“いい人”の部分を削ってしまうことになるため、やめておきましょう。

 ぜひ、存分に女性であることを楽しんで、好きな人に一直線にアプローチしてみてくださいね。

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ