要注意! 女性の“ウザLINE”の5つの特徴&男性からのNGサイン

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-20 06:00
投稿日:2020-09-20 06:00
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていませんか? それ、もしかしたら画面の向こう側で「ウザい」と思われているかも……。そんな悲しいことにならないように、嫌われるLINEの内容と相手からのNGサインをご紹介します!

嫌われるかも…ウザい女と思われる「ウザLINE」5つの特徴

ウザLINE1. 会話が終わらない

 LINEは顔が見えない分、空気を読む能力が求められるツール。暗黙の了解である「スタンプで会話を終わらせようとしている」相手の心理に気づかず、続けてLINEを送り続けるのはウザがられる行動といえます。

ウザLINE2. 愚痴ばかり送る

 人に対する愚痴ばかりを送ると、相手に嫌われます。愚痴を言っている相手が共通の知り合いで本気で悩んでいるならともかく、相手が知らない人の愚痴を並べるのは人としてもNG……。今すぐやめたほうが良いでしょう。

ウザLINE3. 既読スルーを指摘する

 相手の気持ちに不安を感じてしまう「既読スルー」ですが、単に忙しくて返事を返せなかっただけかもしれません。仕事を終えて数時間後にLINEを開いた時、質問からずらっと並ぶ催促までを見れば、誰だってげんなりするはず。

 返信がない時は、数日様子を見てみましょう。

ウザLINE4. 意味のない内容ばかり送る

 女性と男性は、脳の作りが違います。女性はコミュニケーションを大切にするため、たとえ意味がなくても会話を楽しむことができますが、男性は会話に結論や解決策を求める生き物。なんと答えていいかわからない内容が続くと、ウザい女と思われてしまうでしょう。

ウザLINE5. 質問が多い

 好きな人については、なんでも知りたくなってしまうのは当然のこと。しかし、彼の過去や私生活を知りたいあまりに質問をたくさんしてしまうと、嫌われてしまう可能性があります。

 特に、ざっくりとした質問や答えづらい質問には、どうやって返信していいかを考えるのが面倒になり、そのうち未読スルーされる可能性も。ほどほどにしましょう。

男性はウザい女にこう対処する! 注意したい3つのサイン

NGサイン1. 返信が毎回遅い

 返信が遅いズボラな男性は多いですが、相手が好きな女性であれば、できるだけ早く返信をしようとするでしょう。そのため、何度送っても毎回返信が遅いようであれば、恋愛感情を抱いていないことはほぼ確実。最悪の場合、ウザい女と思われているかもしれません。時には、空気を読むことも必要です。

NGサイン2. 話が広がらない

 質問を投げかけても、会話を広げようとせずに短文で返信してくる時は、ウザがられているサインかもしれません。単純にLINEするのが面倒臭いという場合もありますが、好意があれば文章の端々にその想いが反映されるはずです。

NGサイン3. 未読スルーが続く

 一番わかりやすいウザがられているサインが、「未読スルー」。LINEの通知で気づいているのに無視しているか、トークルームが削除されていて未読のままになってしまっている可能性があります。どちらにしても、未読スルーされたことをLINEで問い詰めるのは逆効果。

 相手に会った時に少しずつ様子を見て、空気を読みながら対応するのが良いでしょう。

ウザLINEをしていることに気付ければまだ可能性はある!

やりすぎちゃったかも…と思ったときが成長のチャンス(写真:iStock)
やりすぎちゃったかも…と思ったときが成長のチャンス (写真:iStock)

 あなたが普段送っているLINEは、ウザLINEではありませんか? でも、すでにウザLINEを送ってしまっていたとしても、それに気付くことができれば次に進むことができるはずです。

 諦めず、相手の気持ちにもっと寄り添って行動すれば、まだまだ可能性はあるはず! あなたの素敵な恋が成就するよう、願っています♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


顔の次は胸を「いじって…」恋は盲目? メンタルが心配になるLINE3選
 恋愛は、人の心や感情を大きく揺さぶります。なかには恋愛のだいご味でもある最高に幸せな気持ちを感じる人がいる一方で、恋愛...
恋バナ調査隊 2023-04-02 06:00 ラブ
「夜の営み」は夫婦の義務ですか? 結婚を急いだ40男の失敗
「冷酷と激情のあいだvol.136〜女性編〜」では、マッチングアプリを通じて出会いスピード婚をした夫と結婚1年目にして離...
並木まき 2023-04-01 06:00 ラブ
「アプリ婚1年で離婚したい女」夫は友達0、“かまってちゃん男”だった
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-04-01 06:00 ラブ
ポイ活が楽しいくせに!逆ギレ夫の仰天エピと3つの賢い対処法
「夫が悪いのに、問い詰めたら逆ギレされた!」  こんなとき、相手の対応に呆れてしまうことってありますよね。夫の逆ギレエ...
恋バナ調査隊 2023-04-01 06:00 ラブ
キュン死から苦痛に直滑降! 男の料理を迷惑と感じる瞬間8つ
 最近は、料理をする男性が増えていますよね。キッチンに立つ彼の姿はいつもの3割り増しで魅力的♡ でも、手際が悪いと一気に...
恋バナ調査隊 2023-03-31 06:00 ラブ
人気ジワリ これからは女装男子がモテるかもしれない理由3つ
 近年、女装男子が増えています。コロナ禍で部屋にいる時間が長かったからなのか、セルフでメイクもネイルもして、女性向けのL...
内藤みか 2023-03-30 06:00 ラブ
喧嘩からの大逆転! 彼にキュンとさせちゃう仲直りの方法
 喧嘩してしまった彼氏と仲直りするためには、一度感情的になってしまった自分を見つめ直し、相手の気持ちを理解しようと考える...
若林杏樹 2023-03-29 06:00 ラブ
主婦が投資に挑戦する理由 お金以外に得られるメリットとは
 皆さんは投資していますか? 今はNISA(ニーサ/少額投資非課税制度)やiDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)など、...
まめ 2023-03-28 06:00 ラブ
同じ過ちは繰り返さない!バツイチ女性が離婚から学んだ4つのこと
 離婚率の高い日本では、多くの夫婦が離婚の道を選択しています。離婚する理由はさまざまですが、少なからずつらく苦しい時間を...
恋バナ調査隊 2023-03-28 06:00 ラブ
男版かまってちゃん、こわっ!ドン引きした返信催促LINE3選
 好きな彼からLINEが来ていても、すぐには返せないときってありますよね。それなのに、相手から返信を催促するようなLIN...
恋バナ調査隊 2023-03-28 06:00 ラブ
夜の誘いを断ったらいつの間に…仮面夫婦の実態とバレる言動
 夫婦の仲は良いに越したことはありませんよね。でも、お互いのペースで過ごしているうちに実は愛がない仮面夫婦になってしまう...
恋バナ調査隊 2023-03-27 06:00 ラブ
全否定はNG!彼氏に「専業主婦になってほしい」と言われたら
 男女平等の時代になりつつあるとはいえ、まだまだ結婚生活では「男が働きに出て、妻は家を守る」というイメージを持っている男...
恋バナ調査隊 2023-03-27 06:00 ラブ
「カネさえチラつかせば遊べる」妻バレしてもパパ活を続ける男の本心
「冷酷と激情のあいだvol.135〜女性編〜」では、肉体関係のあるパパ活を「浮気ではない」と開き直る夫に愛想を尽かしてい...
並木まき 2023-03-25 06:00 ラブ
「金払ってるし、パパ活は浮気じゃない」夫のトンデモ主張に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-03-25 06:00 ラブ
年下彼氏と初のお泊りデート♡2人の仲がグッと深まる極意3つ
 年下彼と初めてのお泊まりデートは、この先長く付き合えるか否かのターニングポイントに……! そんな勝負のお泊まりデートで...
恋バナ調査隊 2023-03-24 06:00 ラブ
夫の年収を超えた!夫婦険悪回避5カ条&見直したいお金の管理
 結婚や出産後も仕事を続けやすくなりつつある今、収入アップする女性が増えています。中には「気が付いたら夫の年収を超えてい...
恋バナ調査隊 2023-03-23 06:00 ラブ