要注意! 女性の“ウザLINE”の5つの特徴&男性からのNGサイン

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-20 06:00
投稿日:2020-09-20 06:00
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていませんか? それ、もしかしたら画面の向こう側で「ウザい」と思われているかも……。そんな悲しいことにならないように、嫌われるLINEの内容と相手からのNGサインをご紹介します!

嫌われるかも…ウザい女と思われる「ウザLINE」5つの特徴

ウザLINE1. 会話が終わらない

 LINEは顔が見えない分、空気を読む能力が求められるツール。暗黙の了解である「スタンプで会話を終わらせようとしている」相手の心理に気づかず、続けてLINEを送り続けるのはウザがられる行動といえます。

ウザLINE2. 愚痴ばかり送る

 人に対する愚痴ばかりを送ると、相手に嫌われます。愚痴を言っている相手が共通の知り合いで本気で悩んでいるならともかく、相手が知らない人の愚痴を並べるのは人としてもNG……。今すぐやめたほうが良いでしょう。

ウザLINE3. 既読スルーを指摘する

 相手の気持ちに不安を感じてしまう「既読スルー」ですが、単に忙しくて返事を返せなかっただけかもしれません。仕事を終えて数時間後にLINEを開いた時、質問からずらっと並ぶ催促までを見れば、誰だってげんなりするはず。

 返信がない時は、数日様子を見てみましょう。

ウザLINE4. 意味のない内容ばかり送る

 女性と男性は、脳の作りが違います。女性はコミュニケーションを大切にするため、たとえ意味がなくても会話を楽しむことができますが、男性は会話に結論や解決策を求める生き物。なんと答えていいかわからない内容が続くと、ウザい女と思われてしまうでしょう。

ウザLINE5. 質問が多い

 好きな人については、なんでも知りたくなってしまうのは当然のこと。しかし、彼の過去や私生活を知りたいあまりに質問をたくさんしてしまうと、嫌われてしまう可能性があります。

 特に、ざっくりとした質問や答えづらい質問には、どうやって返信していいかを考えるのが面倒になり、そのうち未読スルーされる可能性も。ほどほどにしましょう。

男性はウザい女にこう対処する! 注意したい3つのサイン

NGサイン1. 返信が毎回遅い

 返信が遅いズボラな男性は多いですが、相手が好きな女性であれば、できるだけ早く返信をしようとするでしょう。そのため、何度送っても毎回返信が遅いようであれば、恋愛感情を抱いていないことはほぼ確実。最悪の場合、ウザい女と思われているかもしれません。時には、空気を読むことも必要です。

NGサイン2. 話が広がらない

 質問を投げかけても、会話を広げようとせずに短文で返信してくる時は、ウザがられているサインかもしれません。単純にLINEするのが面倒臭いという場合もありますが、好意があれば文章の端々にその想いが反映されるはずです。

NGサイン3. 未読スルーが続く

 一番わかりやすいウザがられているサインが、「未読スルー」。LINEの通知で気づいているのに無視しているか、トークルームが削除されていて未読のままになってしまっている可能性があります。どちらにしても、未読スルーされたことをLINEで問い詰めるのは逆効果。

 相手に会った時に少しずつ様子を見て、空気を読みながら対応するのが良いでしょう。

ウザLINEをしていることに気付ければまだ可能性はある!

やりすぎちゃったかも…と思ったときが成長のチャンス(写真:iStock)
やりすぎちゃったかも…と思ったときが成長のチャンス (写真:iStock)

 あなたが普段送っているLINEは、ウザLINEではありませんか? でも、すでにウザLINEを送ってしまっていたとしても、それに気付くことができれば次に進むことができるはずです。

 諦めず、相手の気持ちにもっと寄り添って行動すれば、まだまだ可能性はあるはず! あなたの素敵な恋が成就するよう、願っています♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 結婚してからわかる相手の本性。同棲をしばらくしていたから大丈夫!というものではありません。入籍する意味合いは思うより深...
山崎世美子 2020-10-31 06:00 ラブ
FILM
 男性と恋愛していると、こんなふうに思ってしまうことはありませんか? 「何を考えてるのかわからない」「男心は謎すぎる…...
ミクニシオリ 2020-10-31 06:00 ラブ
FILM
 好きな人からのLINEの未読スルーって、ずっと気になりますよね。そもそも今の時代にスマホを全く見ない日が数日も続くなん...
恋バナ調査隊 2020-10-31 08:18 ラブ
FILM
 女性の恋は「減点方式」だといわれています。一般的にアプローチを受ける側である女性は、複数の選択肢から選ぼうとすると減点...
七味さや 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 初めて男性をLINEでデートに誘う時って、「断られたらどうしよう」と、すごく緊張しますよね。そんな時には、成功率をアッ...
恋バナ調査隊 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いて...
内藤みか 2020-10-29 06:00 ラブ
FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-28 18:28 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ