恋の駆け引きに効果的♡真似したいモテ女子LINEスタンプテク

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-30 06:00
投稿日:2020-09-30 06:00
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、スタンプを上手に使うことで、文章だけではできない恋の駆け引きを上手にすることができるんですよ。そこで今回は、恋を成就させるモテるLINEのスタンプテクをご紹介します♡

恋の駆け引きLINEで使いたい♡ モテるスタンプテク5つ

1. 知り合ってばかりなら万人受けするスタンプを使う

 知り合ってばかりの男性には、万人受けするLINEのオリジナルキャラや動物のスタンプを使うのがおすすめ! いきなりウケ狙いやシュールなスタンプを送ってしまうと、ノリがわからず、どう返信していいかわからない場合もあるからです。まずは、オーソドックスなスタンプから始めるようにしましょう。

2. スタンプはメッセージとセットで使う

 LINEでは、「スタンプだけで返信=会話終了」という暗黙の了解がありますよね。だから、モテる女性は必ずメッセージと一緒にスタンプを使います。さらに、スタンプの前のメッセージを返事をしてもしなくてもいい文章にすることで、会話を終わらせるかどうかを彼に委ねることができます。

 自分から会話を終わらせるのはもったいないなと感じる時に、このテクニックを使ってみましょう♡

3. 小さなハート付きスタンプでさりげなくアピール

 メッセージでハートを使う場合、明らかにあなたの意思で付けていることになるため、ハードルが高いですよね。でも、上記のようにスタンプにさりげなく小さなハートが付いているものなら、たまたま付いていたのか、あなたの意思なのかがわかりません。

 しかも、男性は意外とハートがあるかないかをチェックしているもの。さりげなく好意を伝えるのには、ぴったりのテクニックです。

4. 彼と同じスタンプを使う

 彼がスタンプを使ってきたら、同じものをダウンロードして使ってみましょう。男性からすると、同じスタンプを持っていることへの嬉しさ&「センスが似ているのかな」という感情が生まれるため、「相性が良いかもしれない」というイメージを持たせることができます。スタンプがマイナーなものであるほど、効果は高くなりますよ♡

5. スタンプは数ではなく質重視

 星の数ほどあるスタンプですが、「量より質」で集めましょう。特に、恋の駆け引きに使うスタンプは、好感度が高いものを厳選しておくのがおすすめ。数を集めて毎回違うスタンプを送ると、LINEばかりしている暇な人と思われてしまうかもしれません。

好感度大!持っておきたい男性に人気のおすすめLINEスタンプ6選♡

女性らしいピンク色のスタンプは好感度大(写真:iStock)
女性らしいピンク色のスタンプは好感度大 (写真:iStock)

 続いては、男性に人気のある好感度アップLINEスタンプをご紹介します!

1. ゆるふわスタンプ

 ほっこりゆるふわなスタンプを使うと、不思議と女性自身のキャラと錯覚してしまうそうです。柔らかく優しいイメージの女性と思わせることで、恋に発展しやすくなりますよ。

2. ピンク系の女性らしいスタンプ

 女性らしい色と言えば、ピンクですよね。ピンク色は、人に「恋愛・若さ・春・優しさ・和やかさ」などのポジティブなイメージを与える効果があります。実際に男性も、ピンクにはかわいらしいイメージを持っているそう。LINEがピンク色に染まっていくよう、小出しにして活用してみてくださいね♡

3. メッセージ付きスタンプ

 会話の最後にスタンプを使う時は、メッセージ入りのスタンプがおすすめです。ただのイラストだけではなく、そこに「お疲れさま」「ありがとう」などのメッセージが入っていることで、会話の終わりもほっこり嬉しい気持ちになると、人気が高いようです。

4. 名前入りスタンプ

 あざといイメージもある名前入りスタンプですが、意外にも男性からすると「可愛い」と感じるそう。初対面の男性には、名前を覚えてもらうきっかけにもなりますね♡

5. 敬語スタンプ

 敬語ばかりのメッセージは固いイメージがありますが、敬語入りのスタンプなら、ユーモアも交えつつ、丁寧な印象を与えることができるます。男性側にもかなり高評価なスタンプです。

6. 励ましスタンプ

「がんばって!」「きっと大丈夫!」などの励ましスタンプを送ると、男性はとても嬉しい気持ちになるそうです。いろいろな種類の励ましスタンプを用意しておいて、ここぞという時にメッセージにさりげなく添えると、好感を持たれるでしょう。

恋愛にはLINEスタンプテクを使わないのはもったいない♡

恋愛上手はスタンプ上手(写真:iStock)
恋愛上手はスタンプ上手 (写真:iStock)

 メッセージでは重たくなってしまう内容でも、スタンプを使うと重さを感じさせずに上手に伝えることができます。ぜひ、恋愛中にはスタンプテクを活用して上手に伝えてみてください。きっと、重宝するはずですよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ