恋の駆け引きに効果的♡真似したいモテ女子LINEスタンプテク

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-30 06:00
投稿日:2020-09-30 06:00
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、スタンプを上手に使うことで、文章だけではできない恋の駆け引きを上手にすることができるんですよ。そこで今回は、恋を成就させるモテるLINEのスタンプテクをご紹介します♡

恋の駆け引きLINEで使いたい♡ モテるスタンプテク5つ

1. 知り合ってばかりなら万人受けするスタンプを使う

 知り合ってばかりの男性には、万人受けするLINEのオリジナルキャラや動物のスタンプを使うのがおすすめ! いきなりウケ狙いやシュールなスタンプを送ってしまうと、ノリがわからず、どう返信していいかわからない場合もあるからです。まずは、オーソドックスなスタンプから始めるようにしましょう。

2. スタンプはメッセージとセットで使う

 LINEでは、「スタンプだけで返信=会話終了」という暗黙の了解がありますよね。だから、モテる女性は必ずメッセージと一緒にスタンプを使います。さらに、スタンプの前のメッセージを返事をしてもしなくてもいい文章にすることで、会話を終わらせるかどうかを彼に委ねることができます。

 自分から会話を終わらせるのはもったいないなと感じる時に、このテクニックを使ってみましょう♡

3. 小さなハート付きスタンプでさりげなくアピール

 メッセージでハートを使う場合、明らかにあなたの意思で付けていることになるため、ハードルが高いですよね。でも、上記のようにスタンプにさりげなく小さなハートが付いているものなら、たまたま付いていたのか、あなたの意思なのかがわかりません。

 しかも、男性は意外とハートがあるかないかをチェックしているもの。さりげなく好意を伝えるのには、ぴったりのテクニックです。

4. 彼と同じスタンプを使う

 彼がスタンプを使ってきたら、同じものをダウンロードして使ってみましょう。男性からすると、同じスタンプを持っていることへの嬉しさ&「センスが似ているのかな」という感情が生まれるため、「相性が良いかもしれない」というイメージを持たせることができます。スタンプがマイナーなものであるほど、効果は高くなりますよ♡

5. スタンプは数ではなく質重視

 星の数ほどあるスタンプですが、「量より質」で集めましょう。特に、恋の駆け引きに使うスタンプは、好感度が高いものを厳選しておくのがおすすめ。数を集めて毎回違うスタンプを送ると、LINEばかりしている暇な人と思われてしまうかもしれません。

好感度大!持っておきたい男性に人気のおすすめLINEスタンプ6選♡

女性らしいピンク色のスタンプは好感度大(写真:iStock)
女性らしいピンク色のスタンプは好感度大 (写真:iStock)

 続いては、男性に人気のある好感度アップLINEスタンプをご紹介します!

1. ゆるふわスタンプ

 ほっこりゆるふわなスタンプを使うと、不思議と女性自身のキャラと錯覚してしまうそうです。柔らかく優しいイメージの女性と思わせることで、恋に発展しやすくなりますよ。

2. ピンク系の女性らしいスタンプ

 女性らしい色と言えば、ピンクですよね。ピンク色は、人に「恋愛・若さ・春・優しさ・和やかさ」などのポジティブなイメージを与える効果があります。実際に男性も、ピンクにはかわいらしいイメージを持っているそう。LINEがピンク色に染まっていくよう、小出しにして活用してみてくださいね♡

3. メッセージ付きスタンプ

 会話の最後にスタンプを使う時は、メッセージ入りのスタンプがおすすめです。ただのイラストだけではなく、そこに「お疲れさま」「ありがとう」などのメッセージが入っていることで、会話の終わりもほっこり嬉しい気持ちになると、人気が高いようです。

4. 名前入りスタンプ

 あざといイメージもある名前入りスタンプですが、意外にも男性からすると「可愛い」と感じるそう。初対面の男性には、名前を覚えてもらうきっかけにもなりますね♡

5. 敬語スタンプ

 敬語ばかりのメッセージは固いイメージがありますが、敬語入りのスタンプなら、ユーモアも交えつつ、丁寧な印象を与えることができるます。男性側にもかなり高評価なスタンプです。

6. 励ましスタンプ

「がんばって!」「きっと大丈夫!」などの励ましスタンプを送ると、男性はとても嬉しい気持ちになるそうです。いろいろな種類の励ましスタンプを用意しておいて、ここぞという時にメッセージにさりげなく添えると、好感を持たれるでしょう。

恋愛にはLINEスタンプテクを使わないのはもったいない♡

恋愛上手はスタンプ上手(写真:iStock)
恋愛上手はスタンプ上手 (写真:iStock)

 メッセージでは重たくなってしまう内容でも、スタンプを使うと重さを感じさせずに上手に伝えることができます。ぜひ、恋愛中にはスタンプテクを活用して上手に伝えてみてください。きっと、重宝するはずですよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ