恋の駆け引きに効果的♡真似したいモテ女子LINEスタンプテク

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-30 06:00
投稿日:2020-09-30 06:00
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、スタンプを上手に使うことで、文章だけではできない恋の駆け引きを上手にすることができるんですよ。そこで今回は、恋を成就させるモテるLINEのスタンプテクをご紹介します♡

恋の駆け引きLINEで使いたい♡ モテるスタンプテク5つ

1. 知り合ってばかりなら万人受けするスタンプを使う

 知り合ってばかりの男性には、万人受けするLINEのオリジナルキャラや動物のスタンプを使うのがおすすめ! いきなりウケ狙いやシュールなスタンプを送ってしまうと、ノリがわからず、どう返信していいかわからない場合もあるからです。まずは、オーソドックスなスタンプから始めるようにしましょう。

2. スタンプはメッセージとセットで使う

 LINEでは、「スタンプだけで返信=会話終了」という暗黙の了解がありますよね。だから、モテる女性は必ずメッセージと一緒にスタンプを使います。さらに、スタンプの前のメッセージを返事をしてもしなくてもいい文章にすることで、会話を終わらせるかどうかを彼に委ねることができます。

 自分から会話を終わらせるのはもったいないなと感じる時に、このテクニックを使ってみましょう♡

3. 小さなハート付きスタンプでさりげなくアピール

 メッセージでハートを使う場合、明らかにあなたの意思で付けていることになるため、ハードルが高いですよね。でも、上記のようにスタンプにさりげなく小さなハートが付いているものなら、たまたま付いていたのか、あなたの意思なのかがわかりません。

 しかも、男性は意外とハートがあるかないかをチェックしているもの。さりげなく好意を伝えるのには、ぴったりのテクニックです。

4. 彼と同じスタンプを使う

 彼がスタンプを使ってきたら、同じものをダウンロードして使ってみましょう。男性からすると、同じスタンプを持っていることへの嬉しさ&「センスが似ているのかな」という感情が生まれるため、「相性が良いかもしれない」というイメージを持たせることができます。スタンプがマイナーなものであるほど、効果は高くなりますよ♡

5. スタンプは数ではなく質重視

 星の数ほどあるスタンプですが、「量より質」で集めましょう。特に、恋の駆け引きに使うスタンプは、好感度が高いものを厳選しておくのがおすすめ。数を集めて毎回違うスタンプを送ると、LINEばかりしている暇な人と思われてしまうかもしれません。

好感度大!持っておきたい男性に人気のおすすめLINEスタンプ6選♡

女性らしいピンク色のスタンプは好感度大(写真:iStock)
女性らしいピンク色のスタンプは好感度大 (写真:iStock)

 続いては、男性に人気のある好感度アップLINEスタンプをご紹介します!

1. ゆるふわスタンプ

 ほっこりゆるふわなスタンプを使うと、不思議と女性自身のキャラと錯覚してしまうそうです。柔らかく優しいイメージの女性と思わせることで、恋に発展しやすくなりますよ。

2. ピンク系の女性らしいスタンプ

 女性らしい色と言えば、ピンクですよね。ピンク色は、人に「恋愛・若さ・春・優しさ・和やかさ」などのポジティブなイメージを与える効果があります。実際に男性も、ピンクにはかわいらしいイメージを持っているそう。LINEがピンク色に染まっていくよう、小出しにして活用してみてくださいね♡

3. メッセージ付きスタンプ

 会話の最後にスタンプを使う時は、メッセージ入りのスタンプがおすすめです。ただのイラストだけではなく、そこに「お疲れさま」「ありがとう」などのメッセージが入っていることで、会話の終わりもほっこり嬉しい気持ちになると、人気が高いようです。

4. 名前入りスタンプ

 あざといイメージもある名前入りスタンプですが、意外にも男性からすると「可愛い」と感じるそう。初対面の男性には、名前を覚えてもらうきっかけにもなりますね♡

5. 敬語スタンプ

 敬語ばかりのメッセージは固いイメージがありますが、敬語入りのスタンプなら、ユーモアも交えつつ、丁寧な印象を与えることができるます。男性側にもかなり高評価なスタンプです。

6. 励ましスタンプ

「がんばって!」「きっと大丈夫!」などの励ましスタンプを送ると、男性はとても嬉しい気持ちになるそうです。いろいろな種類の励ましスタンプを用意しておいて、ここぞという時にメッセージにさりげなく添えると、好感を持たれるでしょう。

恋愛にはLINEスタンプテクを使わないのはもったいない♡

恋愛上手はスタンプ上手(写真:iStock)
恋愛上手はスタンプ上手 (写真:iStock)

 メッセージでは重たくなってしまう内容でも、スタンプを使うと重さを感じさせずに上手に伝えることができます。ぜひ、恋愛中にはスタンプテクを活用して上手に伝えてみてください。きっと、重宝するはずですよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ