好きな人にLINE既読スルーされた…諦める前に実行すべきこと

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-22 06:00
投稿日:2020-10-22 06:00
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの女性を悩ます「既読スルー問題」は、相手の感情が見えないからこそ、やっかいなんですよね。そこで今回は、既読スルー後、諦める前に実行するべき対処法をご紹介します。

好きな人からのLINE既読スルー後…実行すべき対処法8つ

1. 時間を置いてもう一度送る

 LINEを既読スルーされた場合、言ってみれば「無視」をされているわけですから、明確な相手の気持ちがわかりませんよね。でも、返信がないからとすぐに諦める必要はありません。もしかしたら忘れているだけであったり、忙しいだけである可能性もあります。

 既読スルー後に最初に実行すべきなのは、時間を置いてみること。そして、ある程度時間が経ってから、諦めずにもう一度LINEを送ってみましょう。意外とすんなり返信がくるかもしれませんよ。

2. 可愛いスタンプで返信をおねだり

 彼とある程度の関係性がある人は、可愛らしいおねだりスタンプを使っておちゃめに返信を催促してみましょう。ここでのポイントは、最後のLINEからあまり時間をあけないこと、そしてスタンプは1つだけにすること。

 時間が経ってからおねだりスタンプを押すと、「返信をまだ待っていたの?」としつこさを感じさせてしまうかもしれません。また、いくつもスタンプを送るのもNG。「怖い」と思われてしまう可能性があるので、気をつけてくださいね。

3. 違う話題を切り出す

 時間を置いてLINEをする場合、あえて前の話題や返信がなかったことには触れない方が良いでしょう。さっぱりと流れを忘れて、新しく違う話題を切り出すほうが無難です。前回の既読スルーを責められないことで、相手も返信しやすくなるはずですよ。

4. 待ってみる

 男性は、“追うと逃げる生き物”と言われていますね。そのため、相手の性格によっては、あえて待ってみるというのも一つの方法です。追ってこないとわかれば、惜しくなって向こうからLINEをしてくれるなんてこともあるかもしれませんよ。

5. イベントLINEをする

 もう一度LINEをする際に便利なのが、イベントLINEです。たとえば、七夕、ハロウィン、バレンタイン、クリスマスなどのイベントや、相手の誕生日などを意識して、そのタイミングでLINEをしてみましょう。自然に連絡をとるきっかけのひとつになりますよ。

6. LINEする時間帯を変えてみる

 既読スルー後にLINEをするなら、前回LINEを送ったのとは違うタイミングで再度送ってみましょう。もしかしたら、前回送ったタイミングはちょうど忙しい時間だったため、返信を忘れてしまっているのかもしれません。彼にも生活スタイルがあるので、忙しくなさそうな時間帯を狙うのがコツですよ。

7. 相手の趣味や興味のある分野で質問をする

 LINEを返してくれなかった理由として、「会話が楽しくない」「内容に興味がなかった」ということも考えられます。その可能性を感じた場合には、相手の興味のある内容で質問形式のLINEを送ってみましょう。

 相手も興味がある内容の方が返信率が高くなりますし、会話が続きやすくなります。さらに、あなたもその話題に興味があることをさりげなく伝えれば、好感度もアップするはずです。

8. 自分から既読スルーしてみる

 あまりおすすめはできませんが、あえて自分から既読スルーをしてみるという方法もあります。こうすることで、「ごめん、返信忘れてた!」と、あなたからLINEを送るきっかけができます。会話も再開できる可能性がありますよね。

 この方法は、駆け引き効果で良い方向に向かうこともある反面、場合によっては相手に既読スルーという辛い思いをさせてしまうデメリットもあるので、注意が必要です。

LINEの既読スルー後は一旦時間を置いてみて♪

もう少しだけ待ってみよう(写真:iStock)
もう少しだけ待ってみよう (写真:iStock)

 既読スルー後の対処法としての基本は、「一旦時間を置くこと」。すぐにLINEを連投したり、返信をしつこくおねだりすることは、多くの男性にとって「面倒くさい」「しつこい」と感じさせてしまう行為だからです。

 まずは、時間を置いてみて、この記事で紹介した対処法を実践してみてくださいね! 相手の性格も考えながら、的確な対処をしてみましょう♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ