ネットで話題 LINEのマッチングアプリ「HOP」を使ってみた

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-11-18 06:00
投稿日:2020-11-18 06:00
みんなどうやって使ってるの?(写真:iStock)
みんなどうやって使ってるの? (写真:iStock)

 コミュニケーションアプリの「LINE」を運営などを行うLINE株式会社が、2020年9月にマッチングアプリをリリース。ネットでにわかに話題を呼びました。

 マッチングアプリ業界は競合が乱立しており、近年はニッチターゲティングのアプリが増えていましたが、LINEが始めたマッチングアプリ「HOP」は”友だちの友だちと繋がれる”ということがウリのよう。

 現行マッチングアプリでは「知り合いにはバレたくない」という人も多いため、どんな層が使っているのか気になるところ……。とりあえず実際に使ってみることにしました。

「LINEの友だち」の友だちリストから相手を表示

アプリをやっている人が優先表示される(写真:ミクニシオリ)
アプリをやっている人が優先表示される (写真:ミクニシオリ)

 登録はLINEベースのため、比較的手軽でした。アイコンや名前はLINE情報とは違う設定にできるようです。

 自分のLINE友だちの友だちリストの中で、アプリをやっている人を優先表示してくれるので、まさに「友だちの友だち」と知り合えるということになります。ちなみに「自分の友だち」が1HOP、「友だちの友だち」のことを2HOPと称しています。3HOPくらいまで行くと、もう他人に近い感じになってきますね……。

 ちなみに「共通の友だち」の数も表示されます。1HOPは直接の友だちなので、共通の1HOPが多い人ということになると、より共通の友だちが多い人ということになりますね。

 この共通の友だちが誰かは表示されないのですが、この数が多いということは、職場や出身校など、何かしら環境が近い人である可能性が高いと考えられそうです。

友だちのお父さんと知り合ってしまいそうな恐怖も…?

 始めてみるとけっこうポンポンと「いいね」がつきます。誰もが使っているLINEが運営しているという安心感があるのか、もちろん若い人も多いのですが、30〜40代以上の人からも結構「いいね」が……。

 50代で共通の知り合いがいると思った時に怖いのが、「友だちのお父さんだった」という最悪のフラグです。もしも自分のお父さんがマッチングアプリをやっているとしたら笑えないし、しかも友だちと繋がってしまったとしたら……ちょっとホラーですよね。

 多くの人は自分と同年代くらいの人と知り合いたいと思うので、おじさんからの「いいね」は若干謎ですが、本当に友だちのお父さんだったらとても困るので、申し訳ないですがスルーするのが無難かもしれません……。

「知り合いにバレたくない」感じはないカジュアルさ

そんなに気負わなくてもいいみたい(写真:iStock)
そんなに気負わなくてもいいみたい (写真:iStock)

 使っているとだいぶカジュアルな使い方をしている人が多いことを感じます。恋活、婚活というよりも、飲み友探しや暇つぶしに使っている人が多い印象です。

 プロフィールも簡素な人が多く、何を基準に交流すべきか悩みそうでもありますが……やはり「共通の知り合い」がいると思うと、それを軸に話をする人が多いようです。

 共通の知り合いがいるということが前提になっていると、そもそもマッチングアプリを使っているという感覚が薄れてくるような感じも。SNSに近いような感じで、共通のタグをフォローしている人からも「いいね」が来ていました。

 東京、大阪など人が多く集まる場所で生活している人にとっては、知り合いもそこそこ増えてしまって捗らないかもしれませんが、地元付近で生活していて、LINEの友だち数が多すぎないという人なら、リアルに「そういえば名前は知ってるけど、知り合いではなかったね」という人に知り合えそう。逆に「知り合いじゃなかったんだね」となるくらいで、マッチングアプリで会ったということも気にならなそうです。

ラブ 新着一覧


28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 06:00 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ
面倒くさい? 男性から「重い女」認定される残念ポイント3つ
 綺麗でモテるはずの女性でも、知れば知るほど男性から「重い」と思われ、最終的には「ウザい」と敬遠されてしまう残念な女性が...
田中絵音 2020-11-17 06:00 ラブ