ネットで話題 LINEのマッチングアプリ「HOP」を使ってみた

久留米あぽろ ライター・コラムニスト
更新日:2024-02-19 12:33
投稿日:2020-11-18 06:00

 コミュニケーションアプリの「LINE」を運営などを行うLINE株式会社が、2020年9月にマッチングアプリをリリース。ネットでにわかに話題を呼びました。

 マッチングアプリ業界は競合が乱立しており、近年はニッチターゲティングのアプリが増えていましたが、LINEが始めたマッチングアプリ「HOP」は”友だちの友だちと繋がれる”ということがウリのよう。

 現行マッチングアプリでは「知り合いにはバレたくない」という人も多いため、どんな層が使っているのか気になるところ……。とりあえず実際に使ってみることにしました。

「LINEの友だち」の友だちリストから相手を表示

 登録はLINEベースのため、比較的手軽でした。アイコンや名前はLINE情報とは違う設定にできるようです。

 自分のLINE友だちの友だちリストの中で、アプリをやっている人を優先表示してくれるので、まさに「友だちの友だち」と知り合えるということになります。ちなみに「自分の友だち」が1HOP、「友だちの友だち」のことを2HOPと称しています。3HOPくらいまで行くと、もう他人に近い感じになってきますね……。

 ちなみに「共通の友だち」の数も表示されます。1HOPは直接の友だちなので、共通の1HOPが多い人ということになると、より共通の友だちが多い人ということになりますね。

 この共通の友だちが誰かは表示されないのですが、この数が多いということは、職場や出身校など、何かしら環境が近い人である可能性が高いと考えられそうです。

友だちのお父さんと知り合ってしまいそうな恐怖も…?

 始めてみるとけっこうポンポンと「いいね」がつきます。誰もが使っているLINEが運営しているという安心感があるのか、もちろん若い人も多いのですが、30〜40代以上の人からも結構「いいね」が……。

 50代で共通の知り合いがいると思った時に怖いのが、「友だちのお父さんだった」という最悪のフラグです。もしも自分のお父さんがマッチングアプリをやっているとしたら笑えないし、しかも友だちと繋がってしまったとしたら……ちょっとホラーですよね。

 多くの人は自分と同年代くらいの人と知り合いたいと思うので、おじさんからの「いいね」は若干謎ですが、本当に友だちのお父さんだったらとても困るので、申し訳ないですがスルーするのが無難かもしれません……。

「知り合いにバレたくない」感じはないカジュアルさ

 使っているとだいぶカジュアルな使い方をしている人が多いことを感じます。恋活、婚活というよりも、飲み友探しや暇つぶしに使っている人が多い印象です。

 プロフィールも簡素な人が多く、何を基準に交流すべきか悩みそうでもありますが……やはり「共通の知り合い」がいると思うと、それを軸に話をする人が多いようです。

 共通の知り合いがいるということが前提になっていると、そもそもマッチングアプリを使っているという感覚が薄れてくるような感じも。SNSに近いような感じで、共通のタグをフォローしている人からも「いいね」が来ていました。

 東京、大阪など人が多く集まる場所で生活している人にとっては、知り合いもそこそこ増えてしまって捗らないかもしれませんが、地元付近で生活していて、LINEの友だち数が多すぎないという人なら、リアルに「そういえば名前は知ってるけど、知り合いではなかったね」という人に知り合えそう。逆に「知り合いじゃなかったんだね」となるくらいで、マッチングアプリで会ったということも気にならなそうです。

久留米あぽろ
記事一覧
ライター・コラムニスト
セクシャルウェルネス、ジェンダーなどに関心を持つライター・コラムニスト。女性向けの恋愛・婚活コラムの執筆、シナリオライターとしても活動。シズル感のある取材執筆も得意。日々気になるスポットに突撃し、個人的にレポートを溜め込んでいる。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?