ネットで話題 LINEのマッチングアプリ「HOP」を使ってみた

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-11-18 06:00
投稿日:2020-11-18 06:00
みんなどうやって使ってるの?(写真:iStock)
みんなどうやって使ってるの? (写真:iStock)

 コミュニケーションアプリの「LINE」を運営などを行うLINE株式会社が、2020年9月にマッチングアプリをリリース。ネットでにわかに話題を呼びました。

 マッチングアプリ業界は競合が乱立しており、近年はニッチターゲティングのアプリが増えていましたが、LINEが始めたマッチングアプリ「HOP」は”友だちの友だちと繋がれる”ということがウリのよう。

 現行マッチングアプリでは「知り合いにはバレたくない」という人も多いため、どんな層が使っているのか気になるところ……。とりあえず実際に使ってみることにしました。

「LINEの友だち」の友だちリストから相手を表示

アプリをやっている人が優先表示される(写真:ミクニシオリ)
アプリをやっている人が優先表示される (写真:ミクニシオリ)

 登録はLINEベースのため、比較的手軽でした。アイコンや名前はLINE情報とは違う設定にできるようです。

 自分のLINE友だちの友だちリストの中で、アプリをやっている人を優先表示してくれるので、まさに「友だちの友だち」と知り合えるということになります。ちなみに「自分の友だち」が1HOP、「友だちの友だち」のことを2HOPと称しています。3HOPくらいまで行くと、もう他人に近い感じになってきますね……。

 ちなみに「共通の友だち」の数も表示されます。1HOPは直接の友だちなので、共通の1HOPが多い人ということになると、より共通の友だちが多い人ということになりますね。

 この共通の友だちが誰かは表示されないのですが、この数が多いということは、職場や出身校など、何かしら環境が近い人である可能性が高いと考えられそうです。

友だちのお父さんと知り合ってしまいそうな恐怖も…?

 始めてみるとけっこうポンポンと「いいね」がつきます。誰もが使っているLINEが運営しているという安心感があるのか、もちろん若い人も多いのですが、30〜40代以上の人からも結構「いいね」が……。

 50代で共通の知り合いがいると思った時に怖いのが、「友だちのお父さんだった」という最悪のフラグです。もしも自分のお父さんがマッチングアプリをやっているとしたら笑えないし、しかも友だちと繋がってしまったとしたら……ちょっとホラーですよね。

 多くの人は自分と同年代くらいの人と知り合いたいと思うので、おじさんからの「いいね」は若干謎ですが、本当に友だちのお父さんだったらとても困るので、申し訳ないですがスルーするのが無難かもしれません……。

「知り合いにバレたくない」感じはないカジュアルさ

そんなに気負わなくてもいいみたい(写真:iStock)
そんなに気負わなくてもいいみたい (写真:iStock)

 使っているとだいぶカジュアルな使い方をしている人が多いことを感じます。恋活、婚活というよりも、飲み友探しや暇つぶしに使っている人が多い印象です。

 プロフィールも簡素な人が多く、何を基準に交流すべきか悩みそうでもありますが……やはり「共通の知り合い」がいると思うと、それを軸に話をする人が多いようです。

 共通の知り合いがいるということが前提になっていると、そもそもマッチングアプリを使っているという感覚が薄れてくるような感じも。SNSに近いような感じで、共通のタグをフォローしている人からも「いいね」が来ていました。

 東京、大阪など人が多く集まる場所で生活している人にとっては、知り合いもそこそこ増えてしまって捗らないかもしれませんが、地元付近で生活していて、LINEの友だち数が多すぎないという人なら、リアルに「そういえば名前は知ってるけど、知り合いではなかったね」という人に知り合えそう。逆に「知り合いじゃなかったんだね」となるくらいで、マッチングアプリで会ったということも気にならなそうです。

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ