妊活の成果が出ないときは…「病院を変える」選択肢の考え方

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2020-10-18 06:00
投稿日:2020-10-18 06:00
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女性が悩むであろう妊活の真っ最中です。妊活中の方やこれから妊活をする方に少しでも生の声を届けたく、この連載を始めることにしました。

知り合いの女性から妊活の情報を

オンラインで久々に…(写真:iStock)
オンラインで久々に… (写真:iStock)

 やはり先生の言うように人工授精をするべきか、コロナのリスクを承知でそれでも体外受精をするか、悩んでいるときに、知り合いの女性から「ひさびさに話をしないか?」と誘われ、オンラインで約束をしました。

 仕事関係のコミュニティーで出会った方で、出版社を経営されている女性でした。

 彼女は、本を通じて多くの人に必要な情報を届けたいという志を持ち、私の母の世代だと推測しますが、とても若く見える方です。

 話の目的は特に聞いておらず、「最近どう?」という話から始まりました。

 私は仕事はとても順調で、これからどんな風に仕事を展開していこうか考えていること、プライベートでは妊活をしており、「タイミング法」を試みたものの3回失敗したことなどを話しました。

 私が2度流産をしていることはもちろん彼女も知っており、私の体をとても心配してくれていました。

「今、卵子凍結について、著名な医師の先生と本を出版する準備をしているの。私も詳しくなかったから、たくさんの話を先生から聞いて、とにかく若い女性に知ってもらいたいと思っているの」

情報に対する素直さを持つべき

無知は損をする(写真:iStock)
無知は損をする (写真:iStock)

 私はそれを聞いた時、一瞬とても嫌な気持ちになりました。自分のプライベートゾーンに踏み込まれた気がしたからだと思います。

 人はどんなに自己開示していても、他人に踏み込まれたくないゾーンを持っています。「この人には何を言ってもダメだ」「アドバイスをしても意味がない」と感じる人がいたら、それは当人が周りの情報をシャットアウトしているのでしょう。なぜそうするかというと、傷つくのが怖いからです。

 私も「卵子凍結」という、聞いたことはあるけれど何だかよくわからない言葉に、自分が傷つくのではないかと無意識に感じました。

 しかし、その一方で、自分がまだ触れていない情報や未知のものに対する素直さを持たない限り、一生無知のまま損をしていくかもしれない、ということも知っていました。

無知はコスト」――。ベンジャミン・フランクリンの言葉です。

 情報を持っていない人ほど、時間的にも金銭的にも遠回りしてしまい、正しい選択をできず後悔する。特にこれからの時代、重要な考え方だと思います。

 私は勇気を出して彼女の言葉をポジティブに聞くことにしました。

病院は妊娠するためのツール

病院は妊娠するためのツール(写真:iStock)
病院は妊娠するためのツール (写真:iStock)

 卵子凍結は37・5歳までしかできないこと。卵子といえど1歳でも若い方が健康な赤ちゃんが生まれやすいこと。とにかくまだ34歳の自分なら可能性がたくさんあること。でも、時間はそんなにないということ……。

 彼女は、妊活に関するさまざまな情報を教えてくれました。

「その先生の病院に行ってみたらどうかな?」

 この言葉に、私は改めて病院を変える決意をしました。

 なぜか私たちは、医者の言うことが正解だと思い込んでしまいがちです。そして「自分が選んだのだから正しい」と思いたい心理もあります。それで、何年も同じ病院で妊活にチャレンジしている人も多いようです。

 しかし私は「病院を変えていいんだ」と感じました。結果が出ない……何か違うのかも……。そんな風にストレスを感じた時は、思い切って病院を変えてみるべきです。

 病院はあくまで妊娠するためのツールで、私たちが活用するものです。病院の先生が絶対ということではなく、それぞれに相性がある。私はこれまで3つの病院を渡り歩いてそう感じていました。

 次回に続きます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...
結婚式のご祝儀のマナーは? 相場・書き方・渡し方まで解説
 友人や親族の結婚式にお呼ばれされたはいいものの、ご祝儀の渡し方のマナーを忘れてしまい、毎回「どうだったっけ?」と迷う人...
経験や資格じゃない!自分に向いてる道を見つける簡単な方法
 仕事でも家事でも「なんかこれ自分に向いてないかも……」と思ってしまう時ってありませんか? 私も少し前まではそんなことを...
「菜々緒ポーズ」みたい? “にゃんたま”の魅力たっぷりの1枚
 こんな写真が撮れたらガッツポーズ!  きょうは、私が一番好きな「にゃんたまωポーズ」です。  にゃんたまω...
最強の汎用性で大活躍!インパクト抜群の「ピンクッション」
 にゃんこの習性なんでしょうけれど……。お気に入りのものには、自分の頭や首を使って入念にスリスリと自分の匂いを付けるって...
肩車で張り合った夜…引け目を感じても「パパ」にはなれない
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月4日~10月10日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中銀カプセルタワービル 2021.10.4(月)
 銀座8丁目の首都高速沿いに建てられている中銀カプセルタワービル。2022年3月以降に解体されることが決定し、ニュースに...
不審物を見つけたにゃ!パトロール中の“オペラ座にゃんたま”
 きょうは、宮城県の田代島で大人気のにゃんたま様、愛称は「オペラ座」です。  まるで仮面を被ったようなクールな模様...
悲しみにサヨナラしたい…心の傷を癒すたった1つの方法とは
 信頼している人に裏切られるって、想像以上にしんどいことですよね。その相手への好意や信頼が大きければ大きいほど傷も深くな...