美容のプロが注目する「知る人ぞ知るスキンケアコスメ」3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-04 06:00
投稿日:2020-12-04 06:00
 話題になっていたり、ネットで人気を集めていたりする基礎化粧品が自分の肌に合うとは限りませんよね。口コミで高評価なスキンケアコスメを試してみるものの「なんだか私には、イマイチ……」と感じるなら、知る人ぞ知るコスメに答えがあることも。
 時短美容家の私、並木まきが、まだそこまで話題にはなっていなくても、知る人ぞ知る名品コスメとして、プロが注目している3ブランドをご紹介します。

1. DEAR SISTER(ディアシスター)

BLEMISH ALL CLEAR AMPOULE <30ml/2,640円(税込)>(写真:並木まき)
BLEMISH ALL CLEAR AMPOULE <30ml/2,640円(税込)> (写真:並木まき)

 韓国発の敏感肌専門スキンケアブランドとして、2020年2月に日本に初上陸した「DEAR SISTER(ディアシスター)」。こちらのブランドから、私が使って「おお」と感動したのは、複合体セラミドを50%配合している「ブレミッシュ オール クリア アンプル」です。

 日焼けによるシミやソバカスを防ぐアルゴホワイトを配合しているので、肌トーンを明るくしたい人にもおすすめ。

 私は保湿力は高いのにベタつきを感じることなく、塗ってしばらくすると、すべすべした肌ざわりに感じています。肌トラブルを感じているけれど、ひりつきや乾燥にも悩んでいるときにも使いやすい美容液だと思います。

2. EUYIRA(ユイラ)

SKIN GLOW MOISTURIZING CREAM <50ml/4,840円(税込)>(写真:並木まき)
SKIN GLOW MOISTURIZING CREAM <50ml/4,840円(税込)> (写真:並木まき)

「EUYIRA(ユイラ)」も韓国発のコスメ。2020年3月に伊勢丹新宿店でポップアップストアを展開し、日本に上陸したブランドです。美容大国として知られる韓国で人気を集めていて、敏感肌で悩んでいる女性たちからも支持を集めています。

 私のイチオシは「スキン グロウ モイスチャライジング クリーム」。

 3つのヒアルロン酸と10種類以上の天然由来原料で、しっかりとうるおいをチャージ。乾燥が気になる肌に適しているのはもちろんながら、水分クリームだからすべての肌タイプに使いやすく、水分バリアを形成し、うるおいを長持ちさせるクリームです。

 こちらのブランドは、お肌の油分と水分のバランスを整える点に着目してつくられているので、季節の変わり目の不安定な肌のお手入れにもおすすめです。

3. CARENESS(ケアネス)

ケアネス ザ ローション <150ml/5,000円(税抜)> ケアネス ザ クリーム <30g/12,000円(税抜)>(写真:並木まき)
ケアネス ザ ローション <150ml/5,000円(税抜)> ケアネス ザ クリーム <30g/12,000円(税抜)> (写真:並木まき)

「結果を求めるお客様に感動をお届けする」をポリシーに掲げている企業が手がける「CARENESS(ケアネス)」は、美意識の高い女性たちが注目する美容成分をふんだんに使ったスキンケアコスメを展開。

 実際に私が使ってみて、うなったのは「ケアネス ザ ローション」と「ケアネス ザ クリーム」。

「ケアネス ザ ローション」は、年齢を重ねた女性が悩みがちな“毛穴”にアプローチする化粧水で、毛穴の開きの主な原因となる血中の酸素低下が酸化ストレスとなることに着目してつくられています。使うたびにキメが整ってきたように感じる使用感で、肌への負担も感じませんでした。

 また「ケアネス ザ クリーム」は、ハリ・ツヤ・弾力にアプローチするパーフェクトクリームで、肌に塗布したあと1分半ほどで肌内部に酸素を発生させハリを出す成分を10%配合しているのが最大の特長です。クリームにありがちなベタつきを感じることもなく、重すぎないテクスチャーが快適。上質な成分を配合した個性的なスキンケアコスメを探している人には、ぜひ試していただきたいシリーズです。

 まだ大々的には知られていない化粧品にも、優秀なものはたくさんあります。「口コミ人気のどれを使っても、思ったような満足感がない!」と感じているなら、知る人ぞ知る名品コスメの出番かも。ぜひ選択肢に入れてみてはいかがでしょう。

(※筆者注:掲載している画像は筆者の私物です。文中の効果は、筆者の個人的な感想です)

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ビューティー 新着一覧


デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...
目尻のシワは隠しすな!隠れたモテポイント♡男性が「可愛い」と思うワケ
 女性の肌悩みの一つ、目尻のシワ。でも、実は目尻のシワは意外と男性ウケがいいのをご存知でしたか?  今回は目尻のシワが...
美的3月号“完売ポーチ”実力は?コスメデコルテの美容液はありがたすぎる
 3月号の美容雑誌は豪華付録だらけ。  MAQUIA3月号通常版は現品サイズの「リリミュウ 春色リップパピーレッド...