肌がゆらぎがちな秋…美肌を保つスキンケアのポイント3つ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-10 06:00
投稿日:2020-10-10 06:00
 暑い夏が過ぎ去って、気温的にも過ごしやすい秋。つい「お肌のトラブルが少ない季節でしょ?」と思ってしまいがちですが、実は、秋の肌はゆらぎやすいんです。そこで今回は、秋の肌がゆらぎやすい理由と、そんな時期に合う日頃のスキンケアの方法についてご紹介します。

「秋って肌がゆらぐ…」そんな美容のお悩み、実は理由が!

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 秋はエアコンを稼働することも少なく、肌がゆらぐ原因も思い当たらないのが実際のところだと思います。でも、実はそのゆらぎにはしっかりと理由が存在するんですよ。

理由1. 夏の紫外線ダメージでくすみがちになる

 秋の肌トラブルの1つが、“謎のくすみ”。外出時に日焼け止めを塗っているので「日焼けしていない」と過信している方もいますが、実際のところ、紫外線A波(UV-A)は室内にいても窓ガラスを通して入ってくるため、ちゃんと対策をしているつもりでも日焼けをしてしまうケースは多いんです。

 このように、夏の時期に浴びた紫外線によって発生したメラニン色素は、だんだんと肌表面に押し上げられてきます。一般的に肌のターンオーバーは28日周期と言われるので、秋始めに肌のくすみが気になるようになるのも、納得ですね。


理由2. 皮脂の分泌が抑えられて肌表面が乾燥し始める

 夏場は気温が高く、体も温まるため、皮脂がたくさん分泌されます。その皮脂が肌表面を覆ってくれるため、夏場は肌表面の乾燥をあまり感じないかもしれません。

 しかし、秋になって気温が落ち着くと、皮脂分泌は少なくなります。この仕組みにより、肌表面の水分が蒸発しやすくなってしまい、秋は肌の乾燥を感じがちです。

 

理由3. ターンオーバーが乱れ、角質層が傷みがちになる

 秋の肌は、肌表面の角質層という薄い層がゴワゴワになってしまうことがあります。これには複数の要因があるのですが、その1つが夏場の紫外線。外部からの強い刺激により、皮膚のターンオーバーが乱れ、肌表面に古い角層が溜まっていき、ゴワツキにつながるという訳です。


 このような背景から、夏場と同じスキンケア方法のままだと、秋の肌のゆらぎに対応できません。肌のゆらぎに心当たりがある方は、スキンケアを見直してみるのがおすすめです!

コンディションの悪い肌のお手入れポイントを解説

スキンケアを見直そう(写真:iStock)
スキンケアを見直そう (写真:iStock)

 秋になると肌のコンディションが悪いと感じる理由についてご紹介しましたが、それでは、このような肌の状態に対して、実際にどのようなケアをしたら良いのでしょうか? ここからは、“スキンケア見直し”のためのアイデアをご紹介していきます。

1. クレンジング・コスメを見直す

 夏場は汗を多くかくので、汗や皮脂に対応できるウォータープルーフのコスメを選びがち。しかし、そうなると、より洗浄力の強いクレンジングが必要になるため、肌に本来必要な水分が奪われてしまう危険があります。スキンケア用品を高価なものに変えたのに、なかなか効果が得られない……という方は、これを見落としていませんか?

 ポイントは、秋冬のシーズンにはウォータープルーフ系のメイク用品を控えること&クレンジングは洗浄力が弱いものへとシフトすること。市販品の大まかな傾向としては、オイル系のクレンジングは洗浄力が強く、ミルクタイプは洗浄力が控えめだと言われているので、参考にしてくださいね。

2. 乾燥をケアする保湿の仕方

 肌の乾燥を感じたら、化粧水に保湿成分が多く含まれるものを選ぶと良いです。
保湿成分として代表的なものは「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」「アミノ酸」などですね。メーカーによって配合されている量に違いがありますので、裏面の成分表示を見て、試供品を試しながら、自分のお肌に合うものを選ぶと良いですね。

 便利なのが、家庭用のスキンチェッカー。肌表面の水分量が測定できるため、現在の肌の状況を知ることができますよ。

 また、間違った保湿ケアとしてよくやりがちなのは、「乾燥しがちだからクリームを塗ろう!」と、油分で保湿しようとするケア。クリームや乳液は油分を補うためのアイテムなので、必ず先に化粧水や美容液で「水分」を補い、その上に油分でフタ※をするようにしましょう。(※油分でフタをする=エモリエント効果)

3. 日頃の食事でも工夫を

 ターンオーバーの整った健やかな肌を保つためには、日頃の食事でビタミン・ミネラルをはじめとした栄養成分をバランスよく摂ることが肝心です。食事にお野菜を入れることを心がけても良いですね。

 肌のことは化粧品だけに着目しがちですが、日頃の生活習慣の見直しも、とても大切なんですよ。

スキンケアを見直して秋の肌をいたわろう!

柔らか素肌を取り戻そう(写真:iStock)
柔らか素肌を取り戻そう (写真:iStock)

 肌のコンディションが悪いと感じた時は、スキンケアを見直すことがとても大事。また、それに併せて使っているメイクアップ用品を変えたり、食事でビタミンを摂ったりなど、さまざまな方面から生活習慣を見直してみましょう。

 対策することで、秋の肌のコンディションはぐっと良くなるはず。ぜひ、お試しくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


美肌を育てる!40代にぴったりな「ミニマルメイク」のすすめ
 40代を超えると、必要な物だけを厳選してシンプルに暮らしているミニマリストに憧れますよね! とはいえ、実際には生活の中...
美容院に行く前に読んで!夏のヘアカラーを長持ちさせるコツ
 夏場は髪色を明るく軽い色に変えたくなる人、実際に変えた人は多いのではないでしょうか。でも、そこで出てくる悩みが「ヘアカ...
コントロールカラーってなんぞ?メリット&選び方をおさらい
「コントロールカラーというアイテムは知っているけど、どうやって選んだらいいのかよくわからない……」と、購入を躊躇している...
【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...