ほうれい線が気になる人必見! 原因&消すための5つの対処法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-11 06:00
投稿日:2020-10-11 06:00
 多くの女性の肌悩みの代表格である、「ほうれい線」。ほうれい線ができると顔の印象が一気に老けて見られるため、どうにか消す方法を調べている人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ほうれい線ができてしまう原因や、消すために今日から始められる対処法をご紹介します。正しい方法で、ほうれい線のない美肌を目指しましょう♪

ほうれい線ができてしまう4つの原因

ほうれい線が濃くなると…(写真:iStock)
ほうれい線が濃くなると… (写真:iStock)

 顔の印象を大きく変えてしまう、「ほうれい線」。ほうれい線を消すためには、できてしまう原因をしっかり理解することが大切。まずはじめに、ほうれい線ができてしまう4つの原因をご紹介します。思い当たるものがないか、ぜひチェックしながら読んでみてくださいね。

1. 表情筋の衰え

 表情筋は、肌のハリを保つ大事な役割を果たしているもの。口角からこめかみまで伸びている「頬骨筋」と口元を囲むように覆う「口輪筋」がありますが、この2つの筋肉が衰えてしまうと、頬の皮膚や脂肪が下垂して、ほうれい線が目立ってしまいます。

 表情筋の衰えは加齢だけでなく、人と話す機会や笑う機会が少ないなど、無表情が原因で起こることもあると言われています。

2. 肌の乾燥

 肌の乾燥も、ほうれい線ができてしまう大きな原因。「秋や冬になるとほうれい線が深くなる」「その日によってほうれい線の深さが違う」という人は、乾燥が原因の可能性も考えられます。

 ほうれい線は、顔の中でもよく動く場所にできるライン。肌が乾燥していると動くたびに肌に負担がかかって、ほうれい線が深くなってしまいます。

3. 加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少

 肌の内側には肌のハリを保つ、コラーゲンやエラスチンなどの成分があります。これらの成分は、肌の乾燥や加齢、紫外線のダメージが原因で減少してしまいます。

 その結果、肌のハリが失われてしまい、皮膚がたるんで、ほうれい線ができやすくなってしまいます。

4. 表情の癖

 肌はいつも同じ表情をすることで、その表情を記憶して「表情ジワ」になってしまうことがあります。表情の癖が原因のシワは、眉間や額などにできるシワが代表的ですが、ほうれい線も例外ではありません。

 不自然に口を動かす癖があったり、片方だけ頬杖をつく癖があると、その場所にほうれい線ができやすくなります。

ほうれい線を消すために今日からできる5つの対処法

正しいケアでいつまでも若い肌を(写真:iStock)
正しいケアでいつまでも若い肌を (写真:iStock)

 続いては、ほうれい線を消すために今日からできる6つの対処法を見ていきましょう。ほうれい線ができてしまっても、正しいケアをすれば若々しい表情を取り戻すことが可能なんですよ。どれも簡単にできるケアばかりなので、ぜひ今日から実践してみましょう。

1. 正しいスキンケアでしっかり保湿する

 乾燥は女性の最大の敵。肌の乾燥を防ぐためには、正しい保湿ケアが必要不可欠です。朝晩、丁寧に洗顔した後に、ゆっくり時間をかけてスキンケアを行いましょう。

 ひとつひとつの化粧品をしっかり肌に浸透させてから、次のスキンケアに進むのが基本のやり方です。十分に保湿できると透明感のあるもっちりとした弾力のある肌を作ることができ、ほうれい線を目立たなくさせることができます。

2. ハリをアップさせる美容液やクリームを使用する

 ほうれい線ができているということは、すでにコラーゲンやエラスチンなどが減少気味だということ。そのため、ハリをアップさせる美容液やクリームを使用するのも、ほうれい線対策におすすめです。

 ハリをアップさせるコラーゲンやエラスチンなどが配合されている化粧品で外側からしっかり潤いを補うことで、ふっくらハリのある美肌を目指せますよ。

3. ほうれい線に効果的なマッサージを取り入れる

 スキンケアでクリームを塗る際に簡単なマッサージを取り入れることで、ほうれい線のケアができます。

 まずはじめに、小鼻の横のほうれい線の始まっている部分に人差し指を置きます。手の平を少しずつ横にずらして、頬骨をこめかみの方向に5秒かけて押し上げます。頬を引っ張った状態で5秒キープ。これを1セットとして、3〜5セット行うと効果的です。

4. 紫外線対策は厳重に

 紫外線は肌の乾燥やシミの原因になるだけでなく、ハリや弾力のもとになるコラーゲンにも大きなダメージを与えます。紫外線対策は、一年中毎日行うのが基本中の基本。紫外線カット効果のある化粧下地を使ったり、ちょっとの外出時にも日焼け止めを使うなど、厳重な対策を行いましょう。

5. 正しい姿勢を心がける

 スキンケアやマッサージに加えて、日々の習慣もほうれい線と大事な関りがあります。特に気を付けたいのが、「姿勢」。姿勢が悪いと体全体の血行も悪くなるので、肌に栄養が届きにくくなり、その結果、コラーゲンを十分に作り出せずにハリ不足に……。

 姿勢を正すことは、見た目にも良い印象を与えます。さらに、ほうれい線ケアができるなら、実践するしかないですよね!

今日からできる♪ ほうれい線を消すアプローチを始めよう!

ほうれい線のない美肌をゲット(写真:iStock)
ほうれい線のない美肌をゲット (写真:iStock)

 ほうれい線があるだけで、鏡を見るのが億劫になってしまいます。どうやってケアしてよいのかわからず、諦めていた人も多いでしょう。でも、ほうれい線は正しいケアを行うことで、セルフケアで改善を目指すことも可能なんですよ。

 今回ご紹介した方法は、今日から始められる簡単なケアばかり。ぜひ、今日から実践して、ほうれい線のない美肌を目指してくださいね。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


デスクワークの合間にできる“座ったままストレッチ”5選♡
 コロナ禍で、自宅でデスクワークをする人が増えていますよね。そんな中、肩こりや背中、首の痛みを感じている人も多いようです...
お風呂でおうち美容♡ オススメの方法6つ&やりがちなNG例
 忙しく過ごしている人にオススメしたいのが、お風呂でのおうち美容♡ 誰しも、お風呂に入ることは習慣になっているはず。その...
「ティントリップ」を簡単にオフするならワセリンが最高!
 長引くマスク生活に便利な「ティントリップ」。マスクをつけたり、食事をしたりしても落ちにくいと人気ですが、逆にいえば「落...
合わないシャンプー&リンスの捨て方は?便利な活用法6選♪
 みなさんは、髪や肌に合わないシャンプーやリンスをどうやって捨てていますか?「捨て方がわからない」「気づけば家にたくさん...
マニキュアの落とし方決定版♡ 実はこんな裏技もあった!
 コスパがよく、いろいろな色を手軽に楽しめるマニキュア。塗っている時間は楽しいけれど、意外に悩みが多いのが「落とし方」に...
カラーリップと口紅の違いは? 上手な使い分け方をご紹介♡
 皆さんは、口紅とカラーリップの違いを知っていますか? 普段何気なく使っているアイテムですが、ほかにもグロスやティントリ...
「カラコン」初心者でも大丈夫!知っておきたい10の注意点
 最近ではファッション感覚で手軽にカラコンを使用する人が増えています。「私もカラコンを使ってみたい」と思っている人も多い...
腹巻きの嬉しいメリット4つ♡ 効果を上げる正しい使い方
 美容や健康に関心がある女性にとって、「温活」は外せない事柄でしょう。昔から“冷えは万病の元”といわれてきましたが、体を...
指先まで潤う♡ 自宅でできるハンドケア&マッサージのやり方
 顔やボディのケアに比べて、つい後回しになってしまうのがハンドケア。しかし、手元は年齢が出やすい場所ですので、できること...
生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...