「鬼滅の刃」に学ぶ 男を虜にする“プラスのギャップ”活用術

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-11-07 06:00
投稿日:2020-11-07 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。空前の大ヒットアニメ「鬼滅の刃」。そのキャラクターの人気投票が先日発表されました。通常は主人公が一番目立つので、断然トップに君臨すると思いきや意外に4位どまり。
 そして1位に輝いたのは我妻善逸という剣士。怖がりで女好き、たまに泣きも入るような情けないけど憎めないキャラなのですが、この結果には男女関係において非常に大切な要素を含んでいるといえます。
 実はこの善逸、いざという時にはめちゃめちゃ強くて男らしい。そんな一面に萌える人が多いのでしょう。今回はより愛される女性になる、プラスのギャップについて解説していきたいと思います。

プラスのギャップの正体って何?

いつもと違うワンピース姿にドキッ(写真:iStock)
いつもと違うワンピース姿にドキッ (写真:iStock)

 楚々として薄化粧で家庭的なイメージの女性が「私、家のことは全くできません」と言えばマイナスのギャップになります。家に行くと散らかっていて汚部屋だったなら、Wマイナスギャップで非モテ女子になる可能性はグンとあがります。

 この家事ができない楚々とした女性がプラスのギャップに持ち込む場合は、医師や弁護士や起業家などなど、オトコ顔負けで実はバリバリ仕事をこなしているキャリアウーマンだと、印象はさほど下がりません。

 ここを軸に考えていきますと、いつもはカジュアルな服装のお化粧もしない女性がデートの時にワンピースを着ていた。そんな女性のお家に行くとアロマが炊いてある。

 あるいは、ネイルもまつエクも施している服装も派手な女性が、実はとても料理上手で家庭的。

 これらもプラスのギャップです。つまり見た目の印象と同じでないことがポイントです。

愛され女を目指すには、自己分析は重要

まずは自己分析!(写真:iStock)
まずは自己分析! (写真:iStock)

 自分について客観的に知ることはとても大切です。この機会にぜひ徹底的に自己分析をしてみましょう。

 なりたいビジュアルは“石原さとみさん”という漠然とした目標も悪くはありません。しかし、かけ離れた素材(自分自身)であれば方向を変えたほうが成功します。

 そして何が自分のプラスのギャップとなるか。何もなければ何をプラスしたら魅力的な自分を作れるのか。まずは自分を知ることが愛されオトナ女子のレベルアップの第一歩です。

・他人が思う自分の第一印象を知る。(おとなしそう、怖そう、優しそう、元気そう、賢そうetc)
・芸能人で言えば誰に似ているのかを知る(自分の外見的タイプを知ると服装やメイクで失敗しない)
・自分が得意とすることや長所は何かを知る(欠点はすぐに直らないので、長所や得意なことを伸ばす)

 以上3項目を自分の親友や親、兄弟、お子さんがいれば子供さんも含め、ダイレクトにリサーチしてみましょう。

 何歳になっても愛される素敵なオトナ女子を目指すのは、人生の楽しみの一つです。女をあきらめてはいけません。

男性が胸キュンとした瞬間

キツ目美女の意外な一面に…(写真:iStock)
キツ目美女の意外な一面に… (写真:iStock)

 冒頭に書いた、鬼滅の刃の剣士・我妻善逸というキャラクターが、人気投票で1位を獲得したのは、「実は強くてカッコいい」というギャップです。人間は想像を膨らませる生き物なので、怖がりで弱虫な一面はあるけれど、最後は自分を守れるという男らしさに女性は色気も感じたはずです。この考え方の仕組みは男女ともに共通するのです。

 男性がギャップ萌えしたケースをざっと紹介しましょう。

・ボーイッシュな人がとてもいい香りがした(爪先がピカピカでキレイだった)
・鉄の女が弱音を吐いて悩んでいた。(涙だったらなおキュン度は増します)
・誰かがいるとサバサバしているけど2人きりでは甘えてくる(昔言葉でいうツンデレ)
・意識もしない女子と目が合った瞬間に微笑んでくれた(とてもドキッとして可愛く見えた)
・おとなしそうなのにバーベキューの時テキパキしていた(お嫁さんなら、この子いいなと思う)
・きつそうに見える派手目な女性がとても面倒見がよくて優しい(綺麗で家庭的って最高)
・食事をする時にはハンカチを膝に敷いている(品がよく育ちが良さそうと思う)

まとめ

 自分の面(特徴・特色・個性)って、誰にでもたくさんあります。仕事や学生生活ではすべての面を見せてはいません。

 ルービックキューブをイメージするとわかりやすいでしょう。一面を赤にしてみたけれど、どうも人間関係がうまく行かない時などは、その面に白や青を入れてみると生きやすい人生に変わるかもしれません。

 それと同じで自分のどの面を打ち出し表現していくかが生涯の課題かもしれませんね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ