「鬼滅の刃」に学ぶ 男を虜にする“プラスのギャップ”活用術

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-11-07 06:00
投稿日:2020-11-07 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。空前の大ヒットアニメ「鬼滅の刃」。そのキャラクターの人気投票が先日発表されました。通常は主人公が一番目立つので、断然トップに君臨すると思いきや意外に4位どまり。
 そして1位に輝いたのは我妻善逸という剣士。怖がりで女好き、たまに泣きも入るような情けないけど憎めないキャラなのですが、この結果には男女関係において非常に大切な要素を含んでいるといえます。
 実はこの善逸、いざという時にはめちゃめちゃ強くて男らしい。そんな一面に萌える人が多いのでしょう。今回はより愛される女性になる、プラスのギャップについて解説していきたいと思います。

プラスのギャップの正体って何?

いつもと違うワンピース姿にドキッ(写真:iStock)
いつもと違うワンピース姿にドキッ (写真:iStock)

 楚々として薄化粧で家庭的なイメージの女性が「私、家のことは全くできません」と言えばマイナスのギャップになります。家に行くと散らかっていて汚部屋だったなら、Wマイナスギャップで非モテ女子になる可能性はグンとあがります。

 この家事ができない楚々とした女性がプラスのギャップに持ち込む場合は、医師や弁護士や起業家などなど、オトコ顔負けで実はバリバリ仕事をこなしているキャリアウーマンだと、印象はさほど下がりません。

 ここを軸に考えていきますと、いつもはカジュアルな服装のお化粧もしない女性がデートの時にワンピースを着ていた。そんな女性のお家に行くとアロマが炊いてある。

 あるいは、ネイルもまつエクも施している服装も派手な女性が、実はとても料理上手で家庭的。

 これらもプラスのギャップです。つまり見た目の印象と同じでないことがポイントです。

愛され女を目指すには、自己分析は重要

まずは自己分析!(写真:iStock)
まずは自己分析! (写真:iStock)

 自分について客観的に知ることはとても大切です。この機会にぜひ徹底的に自己分析をしてみましょう。

 なりたいビジュアルは“石原さとみさん”という漠然とした目標も悪くはありません。しかし、かけ離れた素材(自分自身)であれば方向を変えたほうが成功します。

 そして何が自分のプラスのギャップとなるか。何もなければ何をプラスしたら魅力的な自分を作れるのか。まずは自分を知ることが愛されオトナ女子のレベルアップの第一歩です。

・他人が思う自分の第一印象を知る。(おとなしそう、怖そう、優しそう、元気そう、賢そうetc)
・芸能人で言えば誰に似ているのかを知る(自分の外見的タイプを知ると服装やメイクで失敗しない)
・自分が得意とすることや長所は何かを知る(欠点はすぐに直らないので、長所や得意なことを伸ばす)

 以上3項目を自分の親友や親、兄弟、お子さんがいれば子供さんも含め、ダイレクトにリサーチしてみましょう。

 何歳になっても愛される素敵なオトナ女子を目指すのは、人生の楽しみの一つです。女をあきらめてはいけません。

男性が胸キュンとした瞬間

キツ目美女の意外な一面に…(写真:iStock)
キツ目美女の意外な一面に… (写真:iStock)

 冒頭に書いた、鬼滅の刃の剣士・我妻善逸というキャラクターが、人気投票で1位を獲得したのは、「実は強くてカッコいい」というギャップです。人間は想像を膨らませる生き物なので、怖がりで弱虫な一面はあるけれど、最後は自分を守れるという男らしさに女性は色気も感じたはずです。この考え方の仕組みは男女ともに共通するのです。

 男性がギャップ萌えしたケースをざっと紹介しましょう。

・ボーイッシュな人がとてもいい香りがした(爪先がピカピカでキレイだった)
・鉄の女が弱音を吐いて悩んでいた。(涙だったらなおキュン度は増します)
・誰かがいるとサバサバしているけど2人きりでは甘えてくる(昔言葉でいうツンデレ)
・意識もしない女子と目が合った瞬間に微笑んでくれた(とてもドキッとして可愛く見えた)
・おとなしそうなのにバーベキューの時テキパキしていた(お嫁さんなら、この子いいなと思う)
・きつそうに見える派手目な女性がとても面倒見がよくて優しい(綺麗で家庭的って最高)
・食事をする時にはハンカチを膝に敷いている(品がよく育ちが良さそうと思う)

まとめ

 自分の面(特徴・特色・個性)って、誰にでもたくさんあります。仕事や学生生活ではすべての面を見せてはいません。

 ルービックキューブをイメージするとわかりやすいでしょう。一面を赤にしてみたけれど、どうも人間関係がうまく行かない時などは、その面に白や青を入れてみると生きやすい人生に変わるかもしれません。

 それと同じで自分のどの面を打ち出し表現していくかが生涯の課題かもしれませんね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ
高学歴男性と結婚するには?東大卒と結婚して感じたメリット
 高学歴の男性と結婚したいと考える女性は少なくありません。  必ずしも学歴が高いイコール高収入というわけではないのです...
内藤みか 2022-11-17 06:00 ラブ