“自分へのご褒美”で得られるメリット&おすすめご褒美4選

コクハク編集部
更新日:2020-11-21 06:00
投稿日:2020-11-21 06:00
 資格取得などで目標を達成した時、仕事で成功した時、あなたは自分にご褒美をあげていますか? 「自分に甘すぎる」と思う人もいるかもしれませんが、たまには自分をねぎらってご褒美をあげることで、たくさんのメリットを得ることができるんです。そこで今回は、自分へのご褒美によるメリットやおすすめのご褒美をご紹介します。

自分へのご褒美を用意することで得られる5つのメリット

目標達成のため頑張れる(写真:iStock)
目標達成のため頑張れる (写真:iStock)

1. 目標達成のために頑張れる

 趣味や仕事に没頭していると、時には辛いこともあります。「資格取得のために、勉強しなければ」「次のプロジェクトでは、絶対失敗できない」といったプレッシャーや緊張感に負けそうになることもあるでしょう。

 そんな時、達成後のご褒美を決めておけば、モチベーションも上がり、前向きに頑張ろうという力が湧いてくるはず。「絶対に達成して、ご褒美をGetするぞ!」という気持ちが、プレッシャーも跳ね除けてくれるでしょう。

2. 達成感をより味わえる

 誰だって目標や大きな仕事を無事に乗り越えられたら、ホッとするもの。「頑張ってきてよかった」と、安心するでしょう。

 そんな時、ご褒美を決めておけば、より達成感を味わうことができます。「プロジェクトが成功したら、ずっと欲しかった洋服を買おう」と思っていた人は、その洋服を手にすることで、「本当に無事に成し遂げたんだ」と、大きな達成感を得られるはずです。

3. 自分を好きになれる

 毎日、淡々と仕事をしていると生活にリズムがなくなってしまい、充実感を得られなくなってしまいます。そんな人は、一つ一つの仕事に目標を設定し、それを一つ一つクリアしていくことがおすすめ。

 さらに大きな仕事の際にはご褒美を設定しておくことで、「ここまで、よく頑張ってきたな」と自分を褒めることができ、目標達成した自分を好きになることができるでしょう。

4. 無駄遣いがなくなることも

 "自分へのご褒美"というと、「無駄遣いするだけ」と思っている人もいるでしょう。確かに、何でもかんでも“ご褒美”と言って欲しいものを購入していては、無駄遣いになってしまいます。

 しかし、「ここぞ!」という時のみご褒美を設定することで、無駄遣いを防ぐことができます。ご褒美があることでほかの物への興味がなくなり、目標達成に向けて集中することができるはずです。

5. 周りに優しくなれる

 仕事や家事、趣味に忙しくしていると、心に余裕がなくなってしまい、ついつい周りにキツイことを言ってしまうことがあります。後々、自己嫌悪に陥り、落ち込んでしまう人も多いのではないでしょうか。

 そんな人も、自分へのご褒美を作ることで、心に余裕を持つことができるようになります。何かを達成し、欲しいもの、やりたいことをやれることで、自然と心にゆとりができ、周りにも優しくなれるはずです。

自分へのご褒美には何がいい? おすすめのご褒美4選!

エステで「自分にご褒美」を(写真:iStock)
エステで「自分にご褒美」を (写真:iStock)

 今、目標や大きな仕事を成功させるために、一生懸命に頑張っている人もいるでしょう。そんな人は、「達成後に、自分に何かご褒美を用意したい」と考えている人もいるはず。しかし、自分への贈り物となると「何がよいのだろう?」と迷ってしまいますよね。

 自分へのご褒美は、あなたが「幸せ」と感じられるものを選ぶのが一番! でも、いざ迷った時に参考になる“ご褒美”をご紹介します。

1. エステで自分磨き

 女性は、美容に興味を持っている人が多いでしょう。しかし、仕事に追われると、ついつい美容にかける時間は減ってしまうものですよね。

 そんな人は自分へのご褒美に、エステで自分磨きをしてみましょう。エステは外見だけでなく、心までリラックスさせてくれるもの。一生懸命頑張った自分の心と身体を癒せますし、リフレッシュすることができますよ。

2. スイーツや豪華料理を堪能する

 食べることが好きな人にとって、食事はストレス発散でもあり、よい気分転換にもなっているのではないでしょうか。

 そんな人は、普段はちょっと手の出ない豪華なスイーツや料理を楽しんでみるのがおすすめ。お腹を満たすことで、疲れた心身を満たすことができますよ。

欲しかった物を購入する

 ご褒美の定番ともいえるのが、欲しいものを購入すること。人によって、欲しいものは異なると思いますが、以前から欲しかったものをご褒美に設定することで、パワーが増すはず。

 おすすめは、気軽に身に着けたり、すぐに目にすることができるもの。購入後に用いるたびに、モチベーションキープの効果を得ることができます。

3. 旅行を楽しむ

 何かに没頭すると、心も体も疲れてしまうもの。そんな時には、旅行に出かけてリフレッシュするのもおすすめです。

 旅行というと大がかりなものをイメージしがちですが、電車で数時間といったプチ旅行でも十分ご褒美になるはず。気分転換できれば、「また頑張ろう!」と新たな活力も生まれてくるでしょう。

4. 1日何もせずに過ごす

 ご褒美というと自分に何かを与えることを考えがちですが、あえて何も与えないのも立派なご褒美になります。特に、時間に追われて何かに取り組んでいた人にとっては、何もしない時間というのは贅沢なもの。

 こういったお金をかけないご褒美も、時には必要ではないでしょうか?

自分へのご褒美は活力を与えてくれるエネルギーになる!

また明日から頑張ろう!(写真:iStock)
また明日から頑張ろう! (写真:iStock)

 毎日、学業や仕事、家事に追われていると、自分自身のことは後回しになってしまうもの。しかし、頑張り続けるためには、時々自分へのご褒美を与えることも大切です。

 自分自身に「いつも頑張ってくれてありがとう」の感謝をすることで、「もっと頑張ろう」という、エネルギーが湧いてくるはずです。ぜひ、この記事を参考に、自分にぴったりのご褒美を見つけてくださいね♪

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


醜すぎる女性同士のバトル! 姑・友人・姉妹のドロドロLINE
 女性同士のケンカって、ドロドロしがちですよね。「本気でぶつかり合えばすっきり解決!」ができる男性に比べて、女性同士のケ...
あなたは大丈夫…? ”不幸中毒”になっていたお客さんの話
 自分のことを「不幸だな」「不運だな」と感じることはありますか?もちろん生活の中でそんなふうに感じる瞬間はあると思います...
断捨離で社会貢献 「古着deワクチン」レポ 2021.10.22(金)
 整理整頓が苦手です。特に洋服。気が付くとクロゼットはいつもパンパン。そのくせ着る服はいつも一緒という残念な事態に。この...
猫は「きもちいい」の天才! 日差しにウットリ“にゃんたま”
 猫は「きもちいい」の天才です。  きょうは柔らかな日差し。ただでさえ気持ちの良い日なのに、にゃんたま君は背中を伸...
「ガーデンシクラメン」攻略法! 間違った園芸方法に決別を
 10月も半ばともなると、あんなに暑かった夏もいつの間にか過ぎ、早くも年末のカウントダウンがはじまった気がいたします。 ...
GU「スタイルヒート」で“ダサ見え”を解決 2021.10.19(火)
 すっかり肌寒くなり、朝晩冷え込んできました。気温が下がってきたら活躍するのは、ヒートテックですよね。急激に気温が下がっ...
シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...