平手・白石「国民的グループのエース」女優成功は難しい!?

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-14 06:00
投稿日:2020-11-14 06:00

どうなる?平手友梨奈・白石麻衣の“女優道”

今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!?/(C)日刊ゲンダイ
今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!? /(C)日刊ゲンダイ

 2020年は1月に欅坂46から平手友梨奈(19)が脱退、10月に乃木坂46から白石麻衣(28)が卒業し、坂道シリーズの2大エースがそれぞれグループを巣立った。脱退から10カ月の平手はすでに撮影済みの来年公開予定の映画が2本、控えている。卒業したての白石も現在のところ大きな出演作の発表はないが、グループ在籍時代の経験からマルチな活動をしつつ女優業へ本格参戦するだろう。今回は女優として活躍しているアイドルOGの成功例を交えながら、平手、白石の今後を占っていきたい。

 まず2人に共通していることは「国民的グループ(簡易な定義として紅白連続出場、ミリオンヒット記録保持)出身」、「グループのエース格」の2点だ。しかし、この条件を満たすアイドルOGが女優として成功するのは意外にも難しいようだ。お茶の間に浸透しているアイドル時代のイメージを払拭しなければならないからだ。

“実は元アイドルだった”の系譜はあるが…

 元東京パフォーマンスドールの篠原涼子(47)や仲間由紀恵(41)などのちに女優として大ブレイクを果たし、“実は元アイドルだった”という経歴の持ち主はいるものの、「国民的グループ出身」、「グループのエース格」という2つの条件を満たした上で大成した女優は多くない。90年代以降、モーニング娘。やSPEEDといったグループが国民的人気を博したが、全盛期主要メンバーで女優として成功したメンバーはいなかった。

 そんな前例を覆し、前述の2つの条件下で女優成功組の先駆者となったのはAKB48不動のエース、前田敦子(29)だろう。

安易にママタレ路線に転向する必要もない

テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田/(C)日刊ゲンダイ
テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田 /(C)日刊ゲンダイ

 キラキラして華やかな集団の先頭にいる“AKB48のあっちゃん”というイメージを持たれながらも、グループ卒業後には繊細さや傷つきやすさをリアルに出したホラー映画「クロユリ団地」、キュートながら裏では小悪魔的な表情を見せる「イニシエーション・ラブ」で主演を務め、いずれも興行収入10億円超えを果たし結果も残した。

 この他の出演作でもアイドル時代の“あっちゃん”のイメージとは異なるキャラクターで数々の名監督から高い評価を受け、以降もオファーが絶えない。18年に結婚し1子の母となった現在も安易にママタレ路線に転向せず、19年には「旅の終わり世界のはじまり」、「マスカレード・ホテル」など5つの出演作が評価され、TAMA映画賞最優秀女優賞を受賞した。

“天真爛漫でいつも笑顔”以外の真価

童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…!/(C)日刊ゲンダイ
童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…! /(C)日刊ゲンダイ

 AKB48時代、前田と共にツートップの一角だった大島優子(32)も成功したレアなケースだろう。そもそも子役上がりで演技に情熱を持っていた彼女だが、卒業後には映画「紙の月」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。宮沢りえ(47)演じる主人公を破滅へと向かわせる小悪魔的キャラクターで、これまた“天真爛漫でいつも笑顔”なアイドル大島のイメージを覆した。17年には幸薄なアラサー女子役で出演したドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)が大ヒット。19年連続テレビ小説「スカーレット」(NHK)では地味なおばさん役を好演し、「元AKB48」のイメージが無くなったと評価を受けた。

パーソナルイメージからの脱却

 前田と大島、この2人に共通していえるのは、やはりアイドル時代のイメージをそのまま引きずることなく、見る者に「こんな顔もあるんだ」と思わせることに成功したことだ。それを重ねるうちにいつしか「元AKB48のエース」から役そのものとして見てもらえるようになったのではないか。また、監督や大物共演者から高い評価を得ていることでお茶の間の「アイドル的人気」に固執せずともオファーが絶えないともいえるだろう。

エンタメ 新着一覧


【特別寄稿】映画評論家・前田有一氏「映画はカルト宗教をどう描いたか」
 安倍晋三元首相の銃撃事件をきっかけに、政権与党と旧統一教会の濃密な関係が次々と明らかになっている。とりわけ安倍元首相を...
2022-08-12 17:03 エンタメ
ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角
《YouTuberに、社会常識を求めること自体が無理だと思う》 《チャンネル登録者の多いところに媚を売ろうとしてるのがバ...
2022-08-12 17:03 エンタメ
ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ
 暴露系YouTuberで7月に参議院選挙に当選したガーシーこと東谷義和氏(50)。そんな彼と全面バトルに発展しているの...
2022-08-12 17:03 エンタメ
平手は世界進出か?「六本木クラス」が本家超えする観点2つ
 大ヒット韓国ドラマ「梨泰院クラス」の日本オリジナル版で竹内涼真(29)主演の「六本木クラス」(テレビ朝日系)が好調だ。...
こじらぶ 2022-08-12 06:00 エンタメ
ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号
 ロンドンブーツ1号2号の田村淳(48)が、今や参院議員のガーシーこと東谷義和(50)の著書で、過去の“女癖の悪さ”を暴...
2022-08-11 17:03 エンタメ
島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性
 先月25日に亡くなった、女優の島田陽子(享年69)の遺体が区で保管されていることが明らかになった。当初、葬儀は近親者の...
2022-08-11 17:03 エンタメ
佐藤二朗「鎌倉殿の13人」で光る“陰険演技” コミカルなお父さんより冷酷ヒールがお似合い
 ネット上には〈本気で憎いと思わせる。凄い役者さん〉なんて書き込みも。佐藤二朗(53)の演技が“好評”だ。  佐藤はN...
2022-08-11 17:03 エンタメ
旧統一教会と安倍元首相銃撃問題…見ている事実を積み重ねれば、事の真相は明らかだ
【ラサール石井 東憤西笑】#116  今回はあえて断定的に書く。もう「もしそうなら」とか保険をかけるのは面倒なのだ。見...
2022-08-11 17:03 エンタメ
吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由
 長引くコロナ禍で企業の宣伝費が縮小を余儀なくされる中、それでも高額な「CM出演料」を叩き出すタレントは誰か。発売中の「...
2022-08-11 17:03 エンタメ
綾小路きみまろの「本番はいつから?」発言に一同、大爆笑
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#110  綾小路きみまろの巻  ◇  ◇  ◇  ご存じ「中高年のアイドル」綾...
2022-08-11 17:03 エンタメ
TKO木本武宏が会見を渋るのは「誤拡散」警戒か? 中堅芸人ならではの“フトコロ事情”も影響
 お笑いコンビTKOの木本武宏の投資トラブルは、視点を変えると別なものが見えてくる。  芸能人のニュースの大半を占める...
2022-08-11 17:03 エンタメ
田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心
 元KAT-TUNの田中聖(36)の逮捕前のクズすぎる行動が明らかになってきた。田中は17年に大麻所持で逮捕(後に不起訴...
2022-08-11 17:03 エンタメ
かまいたち無双のワケは…“ジャニーズ御用達芸人”に昇格した驚異のハイスペック
 お笑いコンビ「かまいたち」が11日公開の嵐・二宮和也(39)主演映画「TANG タング」に俳優として起用されて話題にな...
2022-08-11 17:03 エンタメ
「ライバーの裏側」怖っ!壮絶な足の引っ張り合いになる瞬間
 毎度! お世話になります。ライブ配信アプリの光と闇を見続けている「龍野ヲトシ」です。  ライブ配信の主役はライバ...
小島瑠璃子「中国留学」決断の吉と凶…応援コメント続々も、当地に行けない可能性が
<28歳、一度ゼロからチャレンジしてみようと思います!!>  直筆メッセージでそんな決意を語り、中国の大学への留学を発...
2022-08-10 17:03 エンタメ
上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感
「やっぱり安定してすごい」(ドラマ制作会社スタッフ)と改めて評価されているのが、俳優の上川隆也(57)だ。  現在、主...
2022-08-10 17:03 エンタメ