平手・白石「国民的グループのエース」女優成功は難しい!?

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-14 06:00
投稿日:2020-11-14 06:00

どうなる?平手友梨奈・白石麻衣の“女優道”

今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!?/(C)日刊ゲンダイ
今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!? /(C)日刊ゲンダイ

 2020年は1月に欅坂46から平手友梨奈(19)が脱退、10月に乃木坂46から白石麻衣(28)が卒業し、坂道シリーズの2大エースがそれぞれグループを巣立った。脱退から10カ月の平手はすでに撮影済みの来年公開予定の映画が2本、控えている。卒業したての白石も現在のところ大きな出演作の発表はないが、グループ在籍時代の経験からマルチな活動をしつつ女優業へ本格参戦するだろう。今回は女優として活躍しているアイドルOGの成功例を交えながら、平手、白石の今後を占っていきたい。

 まず2人に共通していることは「国民的グループ(簡易な定義として紅白連続出場、ミリオンヒット記録保持)出身」、「グループのエース格」の2点だ。しかし、この条件を満たすアイドルOGが女優として成功するのは意外にも難しいようだ。お茶の間に浸透しているアイドル時代のイメージを払拭しなければならないからだ。

“実は元アイドルだった”の系譜はあるが…

 元東京パフォーマンスドールの篠原涼子(47)や仲間由紀恵(41)などのちに女優として大ブレイクを果たし、“実は元アイドルだった”という経歴の持ち主はいるものの、「国民的グループ出身」、「グループのエース格」という2つの条件を満たした上で大成した女優は多くない。90年代以降、モーニング娘。やSPEEDといったグループが国民的人気を博したが、全盛期主要メンバーで女優として成功したメンバーはいなかった。

 そんな前例を覆し、前述の2つの条件下で女優成功組の先駆者となったのはAKB48不動のエース、前田敦子(29)だろう。

安易にママタレ路線に転向する必要もない

テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田/(C)日刊ゲンダイ
テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田 /(C)日刊ゲンダイ

 キラキラして華やかな集団の先頭にいる“AKB48のあっちゃん”というイメージを持たれながらも、グループ卒業後には繊細さや傷つきやすさをリアルに出したホラー映画「クロユリ団地」、キュートながら裏では小悪魔的な表情を見せる「イニシエーション・ラブ」で主演を務め、いずれも興行収入10億円超えを果たし結果も残した。

 この他の出演作でもアイドル時代の“あっちゃん”のイメージとは異なるキャラクターで数々の名監督から高い評価を受け、以降もオファーが絶えない。18年に結婚し1子の母となった現在も安易にママタレ路線に転向せず、19年には「旅の終わり世界のはじまり」、「マスカレード・ホテル」など5つの出演作が評価され、TAMA映画賞最優秀女優賞を受賞した。

“天真爛漫でいつも笑顔”以外の真価

童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…!/(C)日刊ゲンダイ
童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…! /(C)日刊ゲンダイ

 AKB48時代、前田と共にツートップの一角だった大島優子(32)も成功したレアなケースだろう。そもそも子役上がりで演技に情熱を持っていた彼女だが、卒業後には映画「紙の月」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。宮沢りえ(47)演じる主人公を破滅へと向かわせる小悪魔的キャラクターで、これまた“天真爛漫でいつも笑顔”なアイドル大島のイメージを覆した。17年には幸薄なアラサー女子役で出演したドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)が大ヒット。19年連続テレビ小説「スカーレット」(NHK)では地味なおばさん役を好演し、「元AKB48」のイメージが無くなったと評価を受けた。

パーソナルイメージからの脱却

 前田と大島、この2人に共通していえるのは、やはりアイドル時代のイメージをそのまま引きずることなく、見る者に「こんな顔もあるんだ」と思わせることに成功したことだ。それを重ねるうちにいつしか「元AKB48のエース」から役そのものとして見てもらえるようになったのではないか。また、監督や大物共演者から高い評価を得ていることでお茶の間の「アイドル的人気」に固執せずともオファーが絶えないともいえるだろう。

エンタメ 新着一覧


小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が
 秋篠宮家長女・眞子さま(29)の婚約内定者、小室圭さん(29)は28日、リモート形式で行われたニューヨーク州の司法試験...
2021-07-29 17:03 エンタメ
東京五輪開会式 中国でのトホホな評判…「ビートたけし逮捕」のフェイクニュースも流れた
 23日に行われた東京五輪開会式。  翌24日、ビートたけし(74)は「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS...
2021-07-29 17:03 エンタメ
上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!
 汐留に激震が走った。  お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也(51)が新型コロナウイルスに感染したことが24日、...
2021-07-29 17:03 エンタメ
<17>東京地裁立川支部の廊下で若い女性弁護士に突然土下座した
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#17  野崎幸助さんは大金持ちに分類される人だったのだろうが、お金が...
2021-07-29 17:03 エンタメ
「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値
「やっぱりね」(スポーツ紙芸能デスク)という声が多い。24日に離婚を発表した篠原涼子(47)と市村正親(72)。 「昨...
2021-07-29 17:03 エンタメ
おいでやす小田の変わらない“絶叫ツッコミ”と“メガネの奥で光る鋭い視線”
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#59  おいでやす小田の巻   ◇  ◇  ◇  おいでやす小田君が一躍世間に知...
2021-07-29 17:03 エンタメ
安倍前首相は一体どこで登場するのか 過去最悪の五輪の元凶なのに気配消したまま
【ラサール石井 東憤西笑】#66  どうしてもわからないことがある。「日本人選手が金メダルを取ったら内閣支持率も上がる...
2021-07-29 17:03 エンタメ
篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに
【芸能界クロスロード】  石橋貴明・鈴木保奈美に続き、市村正親(72)・篠原涼子(47)も離婚を発表した。FAXによる...
2021-07-29 17:03 エンタメ
女性マジシャンを育成「弟子が売れると、師匠が偉く思われるんです」
【北見伸 大いに語る】#5  平成12年ごろから、伸は女性マジシャンの育成を始めた。 「まず、オーディションをしまし...
2021-07-29 17:03 エンタメ
A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に
 東京五輪は日本人選手のメダルラッシュで盛り上がっているが、そんな中、番組サポーターとしてジャニーズタレントたちも各局で...
2021-07-29 17:03 エンタメ
有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙
 27日発売の女性誌「女性自身」が報じた有村架純(28)と大相撲の新小結・明生(26)の交際情報を、有村の所属事務所「フ...
2021-07-29 17:03 エンタメ
開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ
 連日、日本人のメダルラッシュが続く中、五輪開会式をトンズラした安倍前首相が沈黙している。  安倍は大会組織委員会の名...
2021-07-28 17:03 エンタメ
加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に
 悩み深さの表れか――。毎日の会見をこなす加藤官房長官の“手元”に注目が集まっている。 「記者をさす時など、手首があら...
2021-07-28 17:03 エンタメ
<16>自叙伝を出版するのにドン・ファンは金を出し渋り約束を反故に…
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#16 「社長と連絡が取れないんですけれど、体の具合でも悪いのですか?...
2021-07-28 17:03 エンタメ
比嘉愛未が代表作を“上書き”か? 深田恭子の代役に「ぴったり」「違和感なし」の声
 比嘉愛未(35)主演の連ドラ「推しの王子様」(フジテレビ系木曜夜10時)。乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の女社長・...
2021-07-28 17:03 エンタメ
2年ぶりに帰ってきた海老蔵! 1人で5役「雷神不動北山櫻」演じる
 海老蔵が2年ぶりに歌舞伎座に出演し、第3部で「歌舞伎十八番」の「毛抜」「鳴神」「不動」の3つが含まれる「雷神不動北山櫻...
2021-07-28 17:03 エンタメ