平手・白石「国民的グループのエース」女優成功は難しい!?

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-14 06:00
投稿日:2020-11-14 06:00

どうなる?平手友梨奈・白石麻衣の“女優道”

今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!?/(C)日刊ゲンダイ
今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!? /(C)日刊ゲンダイ

 2020年は1月に欅坂46から平手友梨奈(19)が脱退、10月に乃木坂46から白石麻衣(28)が卒業し、坂道シリーズの2大エースがそれぞれグループを巣立った。脱退から10カ月の平手はすでに撮影済みの来年公開予定の映画が2本、控えている。卒業したての白石も現在のところ大きな出演作の発表はないが、グループ在籍時代の経験からマルチな活動をしつつ女優業へ本格参戦するだろう。今回は女優として活躍しているアイドルOGの成功例を交えながら、平手、白石の今後を占っていきたい。

 まず2人に共通していることは「国民的グループ(簡易な定義として紅白連続出場、ミリオンヒット記録保持)出身」、「グループのエース格」の2点だ。しかし、この条件を満たすアイドルOGが女優として成功するのは意外にも難しいようだ。お茶の間に浸透しているアイドル時代のイメージを払拭しなければならないからだ。

“実は元アイドルだった”の系譜はあるが…

 元東京パフォーマンスドールの篠原涼子(47)や仲間由紀恵(41)などのちに女優として大ブレイクを果たし、“実は元アイドルだった”という経歴の持ち主はいるものの、「国民的グループ出身」、「グループのエース格」という2つの条件を満たした上で大成した女優は多くない。90年代以降、モーニング娘。やSPEEDといったグループが国民的人気を博したが、全盛期主要メンバーで女優として成功したメンバーはいなかった。

 そんな前例を覆し、前述の2つの条件下で女優成功組の先駆者となったのはAKB48不動のエース、前田敦子(29)だろう。

安易にママタレ路線に転向する必要もない

テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田/(C)日刊ゲンダイ
テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田 /(C)日刊ゲンダイ

 キラキラして華やかな集団の先頭にいる“AKB48のあっちゃん”というイメージを持たれながらも、グループ卒業後には繊細さや傷つきやすさをリアルに出したホラー映画「クロユリ団地」、キュートながら裏では小悪魔的な表情を見せる「イニシエーション・ラブ」で主演を務め、いずれも興行収入10億円超えを果たし結果も残した。

 この他の出演作でもアイドル時代の“あっちゃん”のイメージとは異なるキャラクターで数々の名監督から高い評価を受け、以降もオファーが絶えない。18年に結婚し1子の母となった現在も安易にママタレ路線に転向せず、19年には「旅の終わり世界のはじまり」、「マスカレード・ホテル」など5つの出演作が評価され、TAMA映画賞最優秀女優賞を受賞した。

“天真爛漫でいつも笑顔”以外の真価

童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…!/(C)日刊ゲンダイ
童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…! /(C)日刊ゲンダイ

 AKB48時代、前田と共にツートップの一角だった大島優子(32)も成功したレアなケースだろう。そもそも子役上がりで演技に情熱を持っていた彼女だが、卒業後には映画「紙の月」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。宮沢りえ(47)演じる主人公を破滅へと向かわせる小悪魔的キャラクターで、これまた“天真爛漫でいつも笑顔”なアイドル大島のイメージを覆した。17年には幸薄なアラサー女子役で出演したドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)が大ヒット。19年連続テレビ小説「スカーレット」(NHK)では地味なおばさん役を好演し、「元AKB48」のイメージが無くなったと評価を受けた。

パーソナルイメージからの脱却

 前田と大島、この2人に共通していえるのは、やはりアイドル時代のイメージをそのまま引きずることなく、見る者に「こんな顔もあるんだ」と思わせることに成功したことだ。それを重ねるうちにいつしか「元AKB48のエース」から役そのものとして見てもらえるようになったのではないか。また、監督や大物共演者から高い評価を得ていることでお茶の間の「アイドル的人気」に固執せずともオファーが絶えないともいえるだろう。

エンタメ 新着一覧


成田凌は朝ドラの法則壊す?“クズの一平”のまま終わるのか
 杉咲花(23)主演の朝ドラ「おちょやん」が5月14日に最終回を迎える。主人公の竹井千代は「鶴亀新喜劇」の舞台に再び立つ...
2021-05-13 17:03 エンタメ
小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情
 今年9月で婚約内定から丸4年が経過しようとしている、秋篠宮家・長女の眞子さま(29)と小室圭さん(29)。4月8日に小...
2021-05-13 17:03 エンタメ
山崎育三郎「みんなのうたフェス」で輝く"エールロス"払拭
 NHK「みんなのうた」の放送開始60年を記念した特別生番組「みんなのうた60フェス」が5月8日生放送された。これまで大...
2021-05-13 17:03 エンタメ
コブクロ黒田ドロ沼不倫 出版差し止め請求で“恥の上塗り”
 国民的デュオに不倫スキャンダル発覚だ。コブクロの“大きいほう”黒田俊介(44)が、2017年秋ごろに飲み会で知り合った...
2021-05-13 17:03 エンタメ
EXIT兼近24時間配信は大盛況 メール漏洩のアクシデントも
 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(30)が、5月9日にYouTubeチャンネル『かねちーといっしょ』を開設。11日に...
2021-05-13 17:03 エンタメ
「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか
「さすが生徒役も粒揃いですねえ」と、テレビ誌ライターが感心しきりなのが、阿部寛(56)主演のTBS系日曜劇場「ドラゴン桜...
2021-05-13 17:03 エンタメ
伊藤健太郎の“ミソギ謝罪”は大失敗…言い訳だらけに不快感
 俳優の伊藤健太郎(23)が先日、ひき逃げ事故後、インタビューに登場した。逮捕時の注目度に比べかなり反応は薄く、ネット上...
2021-05-13 17:03 エンタメ
Mr.ボールド 一輪車使って老若男女、外国人まで爆笑させる
【お笑い界 偉人・奇人・変人伝】#48  Mr.ボールド  ◇  ◇  ◇  1990年代から2000代年にかけて...
2021-05-13 17:03 エンタメ
「看護の日」なのに日本の看護師は政府の無策で過酷な日々
【ラサール石井 東憤西笑】#55  今日5月12日は「看護の日」でありナイチンゲールの生まれた日だそうだ。毎年女優さん...
2021-05-13 17:03 エンタメ
事務所を離れて個人で仕事を取るのはそう簡単なことではない
【芸能界クロスロード】 「ジャニーズの退所者だけで事務所をつくったら凄いメンバーが揃う」  芸能界でそんな空論も飛び...
2021-05-13 17:03 エンタメ
小室哲哉はドライで合理的な偏食家 関わる女性が不幸に…
【芸能界「男と女のラブゲーム」の末路】#3 小室哲哉  芸能界の不倫・熱愛報道を家族問題評論家の池内ひろ美が分析する。...
2021-05-13 17:03 エンタメ
石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略
 とんねるずの石橋貴明(59)が息を吹き返している。  相方の木梨憲武(59)とのレギュラー番組「とんねるずのみなさん...
2021-05-13 17:03 エンタメ
菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶
「タイトルが視聴者を混乱させてしまったのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)  菅田将暉(28)主演の「コントが始ま...
2021-05-12 17:03 エンタメ
五輪中止論拡大の裏で熾烈に 広告代理店“損得勘定”の内幕
「東京五輪のスポンサー企業としては、やるのかやらないのか、ぎりぎり引っ張っても2カ月前までに絶対に決めてもらわないと困る...
2021-05-12 17:03 エンタメ
関根勤は47年レギュラー途絶えず 半世紀生き抜く“対応力”
 コロナ禍で仕事が激減する芸能人も多い中、タレントの関根勤(67)は、1974年のデビュー以来、47年にわたりレギュラー...
2021-05-12 17:03 エンタメ
大豆田とわ子と三人の元夫 続きが見たくなる大人のドラマ
【テレビ 見るべきものは!!】  今期、最も“クセになる”ドラマである。「大豆田とわ子と三人の元夫」(関西テレビ制作、...
2021-05-12 17:03 エンタメ