平手・白石「国民的グループのエース」女優成功は難しい!?

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-14 06:00
投稿日:2020-11-14 06:00

どうなる?平手友梨奈・白石麻衣の“女優道”

今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!?/(C)日刊ゲンダイ
今年それぞれグループから巣立った平手(左)と白石(右)。「国民的グループのエース」が女優として成功するのは意外にも難しい!? /(C)日刊ゲンダイ

 2020年は1月に欅坂46から平手友梨奈(19)が脱退、10月に乃木坂46から白石麻衣(28)が卒業し、坂道シリーズの2大エースがそれぞれグループを巣立った。脱退から10カ月の平手はすでに撮影済みの来年公開予定の映画が2本、控えている。卒業したての白石も現在のところ大きな出演作の発表はないが、グループ在籍時代の経験からマルチな活動をしつつ女優業へ本格参戦するだろう。今回は女優として活躍しているアイドルOGの成功例を交えながら、平手、白石の今後を占っていきたい。

 まず2人に共通していることは「国民的グループ(簡易な定義として紅白連続出場、ミリオンヒット記録保持)出身」、「グループのエース格」の2点だ。しかし、この条件を満たすアイドルOGが女優として成功するのは意外にも難しいようだ。お茶の間に浸透しているアイドル時代のイメージを払拭しなければならないからだ。

“実は元アイドルだった”の系譜はあるが…

 元東京パフォーマンスドールの篠原涼子(47)や仲間由紀恵(41)などのちに女優として大ブレイクを果たし、“実は元アイドルだった”という経歴の持ち主はいるものの、「国民的グループ出身」、「グループのエース格」という2つの条件を満たした上で大成した女優は多くない。90年代以降、モーニング娘。やSPEEDといったグループが国民的人気を博したが、全盛期主要メンバーで女優として成功したメンバーはいなかった。

 そんな前例を覆し、前述の2つの条件下で女優成功組の先駆者となったのはAKB48不動のエース、前田敦子(29)だろう。

安易にママタレ路線に転向する必要もない

テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田/(C)日刊ゲンダイ
テレビ露出より玄人受けする映画女優路線にシフトした前田 /(C)日刊ゲンダイ

 キラキラして華やかな集団の先頭にいる“AKB48のあっちゃん”というイメージを持たれながらも、グループ卒業後には繊細さや傷つきやすさをリアルに出したホラー映画「クロユリ団地」、キュートながら裏では小悪魔的な表情を見せる「イニシエーション・ラブ」で主演を務め、いずれも興行収入10億円超えを果たし結果も残した。

 この他の出演作でもアイドル時代の“あっちゃん”のイメージとは異なるキャラクターで数々の名監督から高い評価を受け、以降もオファーが絶えない。18年に結婚し1子の母となった現在も安易にママタレ路線に転向せず、19年には「旅の終わり世界のはじまり」、「マスカレード・ホテル」など5つの出演作が評価され、TAMA映画賞最優秀女優賞を受賞した。

“天真爛漫でいつも笑顔”以外の真価

童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…!/(C)日刊ゲンダイ
童顔で天真爛漫だった大島が地味なおばさん役もこなすとは…! /(C)日刊ゲンダイ

 AKB48時代、前田と共にツートップの一角だった大島優子(32)も成功したレアなケースだろう。そもそも子役上がりで演技に情熱を持っていた彼女だが、卒業後には映画「紙の月」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。宮沢りえ(47)演じる主人公を破滅へと向かわせる小悪魔的キャラクターで、これまた“天真爛漫でいつも笑顔”なアイドル大島のイメージを覆した。17年には幸薄なアラサー女子役で出演したドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)が大ヒット。19年連続テレビ小説「スカーレット」(NHK)では地味なおばさん役を好演し、「元AKB48」のイメージが無くなったと評価を受けた。

パーソナルイメージからの脱却

 前田と大島、この2人に共通していえるのは、やはりアイドル時代のイメージをそのまま引きずることなく、見る者に「こんな顔もあるんだ」と思わせることに成功したことだ。それを重ねるうちにいつしか「元AKB48のエース」から役そのものとして見てもらえるようになったのではないか。また、監督や大物共演者から高い評価を得ていることでお茶の間の「アイドル的人気」に固執せずともオファーが絶えないともいえるだろう。

エンタメ 新着一覧


コロナ終息ならず…でも、稼ぎましょう、楽しみましょう!
【山田邦子 人生いろいろ】#31  コロナ、終わらないですね。全国で2000人超えなど新規の感染者数が毎日増えていて、...
2020-11-23 17:03 エンタメ
2つのドラマで注目の瀧内公美 主演映画で魅せた大胆濡れ場
 現在、放送されているドラマで彗星のように現れた――瀧内公美(31)はそんな表現がぴったりかもしれない。これまで印象に残...
2020-11-23 17:03 エンタメ
フワちゃんがサングラス着用でも…六本木で顔バレの理由
 テレビで姿を見ない日はないほどの人気者になったフワちゃん。事務所に所属することなく、ひとりでタレント業とユーチューバー...
2020-11-24 06:03 エンタメ
【前田有一 特別寄稿】ハリウッドvsトランプ 死闘の結末
 いまだトランプ氏が敗北を認めない米大統領選。支持者たちは声高に不正を叫ぶが、確たる証拠は見つからず、バイデン氏の勝利は...
2020-11-23 17:03 エンタメ
伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい
【コトブキツカサの映画処方箋】  映画「ブレス あの波の向こうへ」  ◇  ◇  ◇  今年上半期にテレビCM急上...
2020-11-23 17:03 エンタメ
元宝塚月組男役が「完全なる飼育」主演!月船さららを直撃
 ディープな恋愛模様で話題の「完全なる飼育」シリーズ最新作が公開される。1999年の第1作以来シリーズ9作目となる今回は...
2020-11-23 17:03 エンタメ
withコロナ時代の中国エンタメ最前線<下>オンラインに拍車
【withコロナ時代の中国エンタメ最前線】(下)  10月1日は中国の国慶節(建国記念日)で、日本の正月やゴールデンウ...
2020-11-23 17:03 エンタメ
「鬼滅の刃」よりすごい「くまモン」作者のライセンス料は
目指せ!夢の著作権生活  倒産や人員削減など気のめいるニュースばかり。そんな中、映画「鬼滅の刃」の大ヒットは明るい話題...
2020-11-23 17:03 エンタメ
滝藤賢一はNHK大河の“脱ぎ要員” 細マッチョな美尻が話題に
 11月15日放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第32回。タイトルは「反撃の二百挺」で、明智光秀(長谷川博己)が筒井...
2020-11-22 17:03 エンタメ
“始球式の女神”稲村亜美さん語る 憧れた阪神vs巨人の一投
 プロ野球の日本シリーズが開幕の週末。CMでの長身から繰り出す野球のスイングが「神スイング」と話題になり、プロ野球での始...
2020-11-22 17:03 エンタメ
講談専門だった本牧亭が果たした役割
【「講談」ブーム再来の舞台裏】#13  講談を聞く、見るにはどこに出掛けるか。 「東京は上野・鈴本演芸場、新宿・末広...
2020-11-22 17:03 エンタメ
11.22は「いい夫婦の日」…芸能界いい熟年夫婦もいろいろ
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  11月22日はいい夫婦の日。毎年この時期に「パートナー・オブ・ザ・イヤー」なるも...
2020-11-22 17:03 エンタメ
解散覚悟でブレイクの的を射た すゑひろがりず最後の一矢
【今週グサッときた名言珍言】 「ようやく自分『達矢』なんだと思えました」(すゑひろがりず三島達矢/テレビ朝日「ロンドン...
2020-11-22 17:03 エンタメ
黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の大ヒットで、映画界が空前の活況ぶりを呈している。その陰でひっそりと幕を閉じようとしてい...
2020-11-22 17:03 エンタメ
ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非
 最近、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が記事になるたびに、ネットのコメント欄に〈望月東庵と駒の出演シーンを減らせばもっと...
2020-11-22 17:03 エンタメ
師匠の家に弟子入りした俺を待っていた2人のオカマ兄さん
【ダンカンの笑撃回顧録】#68  立川談志に弟子入りを許された40年近く前の俺は当時借りていた西新宿の木造ボロアパート...
2020-11-22 17:03 エンタメ