平手・白石「国民的グループのエース」女優成功は難しい!?

こじらぶ ライター
更新日:2020-11-14 06:00
投稿日:2020-11-14 06:00

乃木坂46西野も大ヒット作に恵まれた

乃木坂46時代は共にグループを引っ張った西野(中央)と白石(左隣)/(C)日刊ゲンダイ
乃木坂46時代は共にグループを引っ張った西野(中央)と白石(左隣) /(C)日刊ゲンダイ

 乃木坂46のセンター回数トップでエース格だった西野七瀬(26)は乃木坂46総出演ドラマや映画で主演を張った経験を活かし、卒業後も女優業を精力的にこなしている。19年には社会現象も起こしたドラマ「あなたの番です」(日テレ系)で彼女のイメージにない狂気的な役を演じた。一部セリフ回しを疑問視する声もあったが、ともかく卒業後に大ヒット作に恵まれたことは大きい。これにより乃木坂46などアイドルに興味の無かった層からも認知された。

 今年7月の「アサシング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)では主演の石原さとみ(33)を地味な役柄でうまく引き立てたと好演ぶりが称えられた。華やかな乃木坂46の中心でまさにシンデレラのような扱いを受けてきた西野とはギャップのある役どころだが、こうした役を丁寧に演じられるのは彼女の強みだろう。

白石と平手が“先陣3人”に続く可能性は?

 今世紀に入って「国民的グループ出身」、「グループのエース格」という2つの条件を満たしつつ女優としての成功を収めている3名の存在。ここに白石、平手は続けるだろうか。

 乃木坂46在籍時代、白石は19年「俺のスカート、どこ行った?」(日テレ系)で下ネタを口にしたりコミカルな演技に挑戦。“100点満点の優等生アイドル”という世間のイメージを覆した。また今年2月公開の映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」では、ヒットを記録していた前作の北川景子(34)からヒロイン役を引き継ぐ形となったが、本作も興行収入10億円超えを達成しており及第点の結果となった。「白石麻衣がここまでやる!?」というハードなシーンで体当たりの演技を求められ、それに応えた。

 もとよりバラエティー番組では悪い顔で毒舌を放ったり、体を張って笑いをとったりしてきた。自身のYouTubeではやたらゲーマーだったり、DIYに黙々と精を出すなど世間のイメージとは違う素顔をたくさん見せている。そうした白石の特性を演技に落とし込んでいけば、北川のような正統派美人でありながら変人の役もこなせる女優になっていけるだろう。

平手友梨奈にしかない強み

欅坂46を熱烈に応援していた前田(左から2番目)。いつか女優として平手(右隣)との共演も見たい/峯岸みなみ公式Twitter(2016年9月17日付)より
欅坂46を熱烈に応援していた前田(左から2番目)。いつか女優として平手(右隣)との共演も見たい /峯岸みなみ公式Twitter(2016年9月17日付)より

 平手は「国民的グループ出身」、「グループのエース格」という同じ条件を満たしながら、前田、大島、西野、白石とは打って変わってアイドルとしては圧倒的異端児だった。「いつも笑顔でキラキラして優等生」。そういった形容詞が欅坂46時代の平手に使われることはほぼ無く、後期は特に「いつも俯いていてダークで何を起こすかわからない」異例の存在だった。それゆえ、「アイドル時代のイメージを覆さなければ」というハンデが無い。平手のようなキャラクターそのままの役が多くの物語に存在し、その原作者が平手を指名したりもする。

 欅坂46の楽曲でも秋元氏が創った世界観の主人公に完全に入り込み、表現してきた。在籍時代に映画初出演にして初主演の「響-Hibiki-」では日本アカデミー賞新人賞はじめとする数々の主要映画新人賞を取った。

 一方でオフの素顔は普通に笑ったり、情に厚く優しかったり、礼儀正しかったり、涙もろかったりする。これをそのまま役に反映させるだけで「アイドル時代のイメージを覆す」ことになる。

前田、大島、西野、白石、平手の共演に期待

 来年公開の「さんかく窓の外側は夜」、「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」も含め監督や共演者ら業界内の評価が非常に高く、女優としては新人ながら、キャリアが圧倒的に長い前田、大島のように「アイドル的人気」に固執せずともオファーを選ぶ立場にあるのが凄い。

 アイドル時代のパブリックイメージは真逆な白石と平手だが、「国民的グループ出身」、「グループのエース格」という条件下でも今後女優としてさらなる飛躍が期待できそうだ。また今回触れた5人全員にいえることだが、先輩、後輩の垣根を超えた共演も期待したい。

エンタメ 新着一覧


「めざまし8」絶賛されたり炎上したり 谷原章介は大丈夫?
「ネット上の評価はファンとアンチではっきりと分かれている感じ」(在京キー局関係者)  3月29日から始まったフジテ...
2021-06-16 06:14 エンタメ
レぺゼン地球DJ社長 強気発言のウラで鎮静化図るSNS投稿
 2020年末に福岡ドームでのコンサートを最後に突然、解散した5人組音楽グループの「レぺゼン地球」。だが、リーダーである...
2021-06-15 17:03 エンタメ
剛力彩芽「今もまだ青春ではあります」“熟春”はまだまだ先
 女優の剛力彩芽(28)が13日、東京・新宿で行われた映画「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」の舞台挨拶に登壇した...
2021-06-15 17:03 エンタメ
木村拓哉はCMばかり…コロナで吹き飛んだハリウッドと大河
 木村拓哉(48)が苛立ちを隠せない。現在、俳優としてのスケジュールが真っ白で、開店休業状態なのだという。露出といえば、...
2021-06-15 17:03 エンタメ
神楽坂浮子は“銀座の女”をテーマにして作詞家デビューした
【芸能界と格闘技界 その深淵】#10  深川出身の神楽坂浮子は、芸者として活動するかたわら、歌手になろうと作曲家の古賀...
2021-06-15 17:03 エンタメ
八代亜紀は「妻とは両立できない」熟年離婚と仕事第一主義
 このほど古希での熟年離婚が明らかになった八代亜紀(70)。八代はスポーツ紙の取材に「特段に何かがあったわけではありませ...
2021-06-15 17:03 エンタメ
「クイズ!脳ベルSHOW」が面白すぎる!岡田の大当たり番組
【山田邦子 人生いろいろ】#57  BSフジの「クイズ!脳ベルSHOW」が面白過ぎる。時々答えまでも口走ってしまう川野...
2021-06-15 17:03 エンタメ
小林亜星さん88歳で死去 “金槌”で「ダイビングが夢」と
「北の宿から」などで知られる作曲家の小林亜星さんが5月30日、心不全のため死去したことが14日分かった。88歳。東京都出...
2021-06-15 17:03 エンタメ
フリーアナ大坪千夏さん語る フジ時代の“酒の失敗”の数々
大坪千夏さん(フリーアナウンサー/54歳)  女子アナブームにキュートな笑顔で人気だった元フジテレビの大坪千夏さん。酒...
2021-06-14 17:03 エンタメ
とんねるずもヒロミも…アラ還世代は“ジャニタレ組”で成功
 趣味を仕事に活躍する“アラ還”タレントが増えている。所ジョージ(66)は東京都世田谷区にある事務所を「遊び場」と称し、...
2021-06-14 17:03 エンタメ
ウイルスとAIと共存し、今後も時代とともに生きていきたい
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#49  ロッカーのPANTAさん(71)をインタビューし、個人的な思いをフェ...
2021-06-14 17:03 エンタメ
西島秀俊「シェフは名探偵」は「きのう何食べた?」超えか
〈コックコート姿、似合う!〉〈イケメン度がさらにアップして見える〉なんて声が飛んでいる。  5月31日にスタートした連...
2021-06-14 17:03 エンタメ
紺野ぶるま 高校中退しお笑いの世界に飛び込むきっかけは
【その日その瞬間】  紺野ぶるまさん(タレント・34歳)  ◇  ◇  ◇ 「もうお母さんと一緒に死のう」という書...
2021-06-14 17:03 エンタメ
流れ星☆瀧上伸一郎「芸人専用アパート」を5年以内に!
 お笑いコンビ「流れ星☆」の瀧上伸一郎さんは今年、千葉県の松戸で購入したアパートで大家ビジネスを展開していると話題に。死...
2021-06-14 17:03 エンタメ
草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず
 草彅剛の快進撃が続いている。  今年3月、主演映画「ミッドナイトスワン」で最優秀主演男優賞受賞に続き、今度は主演ドラ...
2021-06-13 17:03 エンタメ
カトパン結婚で周り見渡せば…フリー転身女子アナに明暗?
 7日、元フジテレビアナウンサーの加藤綾子が一般男性との入籍を発表した。「カトパン結婚」はフジにとって久々の明るい話題で...
2021-06-13 17:03 エンタメ