“好き”と“尊敬”の違いって? 自分の気持ちを確かめる方法5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-09 06:00
投稿日:2020-12-09 06:00
 尊敬できる人がいるということは、とても幸せなことです。でも、その相手が異性だと、「これってただの尊敬? もしかして好きなのかな?」と、悩んでしまう人もいるでしょう。実際、「好き」と「尊敬」は、共通点も多いのが難点。そこで今回は、両者の違いや、自分がどちらの気持ちなのかを確かめる方法をご紹介します。

「好き」と「尊敬」の違いって?

恋?それとも尊敬?(写真:iStock)
恋?それとも尊敬? (写真:iStock)

 まずは、好きと尊敬の違いについて確認してみましょう。

「好き」とは異性としてドキドキする感情

 恋愛での「好き」という感情は、相手を「恋の対象」として見ている時に感じるもの。一緒にいるとドキドキしたり、ずっと一緒にいたいと思ったり、相手に恋い焦がれている状態です。「人として」ではなく「恋愛対象として」捉えた時に、抱く感情だと言えるでしょう。

「尊敬」とは人として敬う気持ち

「尊敬」は、相手を1人の人間として敬い、尊いと思う気持ちのことです。その人に憧れたり、相手のようになりたいと思ったりするのであれば、それは尊敬の感情だと言えるでしょう。

 そう思える相手は、その人のおかげで自分も成長できるような素晴らしい人のはず。ただ、尊敬の気持ちが強くなると相手を意識する時間が長くなるため、「好き」という感情と混同しやすくなってしまうようです。

好きや尊敬に似た感情「憧れ」

 好きや尊敬に似た気持ちとして、「憧れ」という感情もあります。憧れとは、「理想とする物事に強く心が惹かれること」。これは、理想という部分には「尊敬」の気持ちが、強く心惹かれるという部分には、「好き」という気持ちが隠れていることがあります。

 彼に対して強い憧れの気持ちを持っているなら、尊敬と好きの両方の感情があるのかもしれませんね。

「好き」or「尊敬」? 自分の気持ちを確かめる5つの方法

彼を思うとドキドキする?(写真:iStock)
彼を思うとドキドキする? (写真:iStock)

 続いては、相手に対して「好き」なのか「尊敬」なのか、自分の気持ちを確かめる方法をご紹介しましょう!

1. 理性的でいられるか?

 彼に対して抱く感情は、理性的ですか? 恋愛感情の「好き」の場合、理性が利かない気持ちになることがあります。ほかのことをそっちのけで相手のことばかり考えてしまったり、悪い影響があるとわかっても気持ちが抑えられなくなったりなど、本能的に湧いて出てくる気持ちなら、彼に恋しているのかもしれません。

 逆に、いつも理性的にお互いの関係を俯瞰して冷静に見つめられているなら、それは「尊敬」の感情だと言えるでしょう。

2. 自分が成長できると感じるか?

 彼と一緒にいることで、自分の成長につながると強く感じていますか? もしも、そう感じるのであれば、そこには「尊敬」の気持ちがあるはずです。

 もちろん、好きな相手が尊敬できる相手であることもあります。ただ少なくとも、自分の成長につながる部分を相手が持っていて、その部分を尊敬していることは確かでしょう。好きな人を尊敬できるなら、それは素晴らしいことです。

3. 抱かれたいと思うか?

「好き」という感情の場合、相手とキスしたい、相手に抱かれたいという感情が芽生えてくるのは普通のこと。対して尊敬は、“相手を敬い尊い”と思うことですので、尊敬という感情だけなら“体の関係を想像する”ということにはつながりにくいはずです。男女の関係を意識してしまうなら、あなたは彼のことが好きなのかもしれませんね。

4. ほかの女性と話していると嫉妬心が湧くか?

 彼を「好き」だと思っている場合、ほかの女性と話をしている姿を見た時に、少なからず嫉妬心が湧くでしょう。自分だけのものにしたい、自分だけに振り向いて欲しいと感じるのも、「好き」という気持ちの特徴です。

5. 切なくて胸が締め付けられるか?

「好き」の感情にしかないのが、胸が締め付けられるような「切ない気持ち」です。彼のことを考えるたびに切なくて胸が締め付けられるのであれば、それは尊敬ではなく恋愛感情かもしれません。

 どちらか判断できない場合には、夜寝る前に彼に彼女がいると想像し、胸が締め付けられるような気持ちになるのかをチェックしてみると良いでしょう。

好きな人に「尊敬」の気持ちを伝えるのはNG?

尊敬と一緒に「好き」も(写真:iStock)
尊敬と一緒に「好き」も (写真:iStock)

 この記事を読んでいる人の中には、同じ人に「好き」と「尊敬」の両方の感情があると気づき、尊敬している気持ちだけでも伝えたいと思う人もいるでしょう。でも、男性の中には女性に「尊敬はしているけど、好きではない」と、振られたことがある人もいるようなんです。

 要するに、「尊敬している」ことを伝えても、「好き」という気持ちまで察してもらえるとは限らないということ。恋愛感情に気づいたなら、尊敬と同時に「好きの気持ち」も伝えたほうが良いかもしれませんね。

今は好きではなくても…尊敬から始まる恋もある!

尊敬の思いも大事にしつつ…(写真:iStock)
尊敬の思いも大事にしつつ… (写真:iStock)

 今回は「好き」と「尊敬」の違いについて解説しましたが、実は尊敬から始まる恋もあれば、彼のことを好きになってから尊敬できる部分が見つかることもよくあることです。

 どちらにしても、「尊敬」という感情がある時点で、きっとあなたにとっては素敵な出会いであるということは間違いないでしょう。尊敬の気持ちも大切にしながら、あなたの心の声に耳を傾けてみてくださいね♡

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ