“好き”と“尊敬”の違いって? 自分の気持ちを確かめる方法5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-09 06:00
投稿日:2020-12-09 06:00
 尊敬できる人がいるということは、とても幸せなことです。でも、その相手が異性だと、「これってただの尊敬? もしかして好きなのかな?」と、悩んでしまう人もいるでしょう。実際、「好き」と「尊敬」は、共通点も多いのが難点。そこで今回は、両者の違いや、自分がどちらの気持ちなのかを確かめる方法をご紹介します。

「好き」と「尊敬」の違いって?

恋?それとも尊敬?(写真:iStock)
恋?それとも尊敬? (写真:iStock)

 まずは、好きと尊敬の違いについて確認してみましょう。

「好き」とは異性としてドキドキする感情

 恋愛での「好き」という感情は、相手を「恋の対象」として見ている時に感じるもの。一緒にいるとドキドキしたり、ずっと一緒にいたいと思ったり、相手に恋い焦がれている状態です。「人として」ではなく「恋愛対象として」捉えた時に、抱く感情だと言えるでしょう。

「尊敬」とは人として敬う気持ち

「尊敬」は、相手を1人の人間として敬い、尊いと思う気持ちのことです。その人に憧れたり、相手のようになりたいと思ったりするのであれば、それは尊敬の感情だと言えるでしょう。

 そう思える相手は、その人のおかげで自分も成長できるような素晴らしい人のはず。ただ、尊敬の気持ちが強くなると相手を意識する時間が長くなるため、「好き」という感情と混同しやすくなってしまうようです。

好きや尊敬に似た感情「憧れ」

 好きや尊敬に似た気持ちとして、「憧れ」という感情もあります。憧れとは、「理想とする物事に強く心が惹かれること」。これは、理想という部分には「尊敬」の気持ちが、強く心惹かれるという部分には、「好き」という気持ちが隠れていることがあります。

 彼に対して強い憧れの気持ちを持っているなら、尊敬と好きの両方の感情があるのかもしれませんね。

「好き」or「尊敬」? 自分の気持ちを確かめる5つの方法

彼を思うとドキドキする?(写真:iStock)
彼を思うとドキドキする? (写真:iStock)

 続いては、相手に対して「好き」なのか「尊敬」なのか、自分の気持ちを確かめる方法をご紹介しましょう!

1. 理性的でいられるか?

 彼に対して抱く感情は、理性的ですか? 恋愛感情の「好き」の場合、理性が利かない気持ちになることがあります。ほかのことをそっちのけで相手のことばかり考えてしまったり、悪い影響があるとわかっても気持ちが抑えられなくなったりなど、本能的に湧いて出てくる気持ちなら、彼に恋しているのかもしれません。

 逆に、いつも理性的にお互いの関係を俯瞰して冷静に見つめられているなら、それは「尊敬」の感情だと言えるでしょう。

2. 自分が成長できると感じるか?

 彼と一緒にいることで、自分の成長につながると強く感じていますか? もしも、そう感じるのであれば、そこには「尊敬」の気持ちがあるはずです。

 もちろん、好きな相手が尊敬できる相手であることもあります。ただ少なくとも、自分の成長につながる部分を相手が持っていて、その部分を尊敬していることは確かでしょう。好きな人を尊敬できるなら、それは素晴らしいことです。

3. 抱かれたいと思うか?

「好き」という感情の場合、相手とキスしたい、相手に抱かれたいという感情が芽生えてくるのは普通のこと。対して尊敬は、“相手を敬い尊い”と思うことですので、尊敬という感情だけなら“体の関係を想像する”ということにはつながりにくいはずです。男女の関係を意識してしまうなら、あなたは彼のことが好きなのかもしれませんね。

4. ほかの女性と話していると嫉妬心が湧くか?

 彼を「好き」だと思っている場合、ほかの女性と話をしている姿を見た時に、少なからず嫉妬心が湧くでしょう。自分だけのものにしたい、自分だけに振り向いて欲しいと感じるのも、「好き」という気持ちの特徴です。

5. 切なくて胸が締め付けられるか?

「好き」の感情にしかないのが、胸が締め付けられるような「切ない気持ち」です。彼のことを考えるたびに切なくて胸が締め付けられるのであれば、それは尊敬ではなく恋愛感情かもしれません。

 どちらか判断できない場合には、夜寝る前に彼に彼女がいると想像し、胸が締め付けられるような気持ちになるのかをチェックしてみると良いでしょう。

好きな人に「尊敬」の気持ちを伝えるのはNG?

尊敬と一緒に「好き」も(写真:iStock)
尊敬と一緒に「好き」も (写真:iStock)

 この記事を読んでいる人の中には、同じ人に「好き」と「尊敬」の両方の感情があると気づき、尊敬している気持ちだけでも伝えたいと思う人もいるでしょう。でも、男性の中には女性に「尊敬はしているけど、好きではない」と、振られたことがある人もいるようなんです。

 要するに、「尊敬している」ことを伝えても、「好き」という気持ちまで察してもらえるとは限らないということ。恋愛感情に気づいたなら、尊敬と同時に「好きの気持ち」も伝えたほうが良いかもしれませんね。

今は好きではなくても…尊敬から始まる恋もある!

尊敬の思いも大事にしつつ…(写真:iStock)
尊敬の思いも大事にしつつ… (写真:iStock)

 今回は「好き」と「尊敬」の違いについて解説しましたが、実は尊敬から始まる恋もあれば、彼のことを好きになってから尊敬できる部分が見つかることもよくあることです。

 どちらにしても、「尊敬」という感情がある時点で、きっとあなたにとっては素敵な出会いであるということは間違いないでしょう。尊敬の気持ちも大切にしながら、あなたの心の声に耳を傾けてみてくださいね♡

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ