大人の質感♡ ヌーディーメイクをキレイに仕上げる8つのコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-18 06:00
投稿日:2020-12-18 06:00
 肌本来の美しさを引き出す「ヌーディーメイク」は、大人でセクシーな雰囲気が作れるメイクとして注目されています。「肌に自信がないとできないんじゃ?」と思っている人も多いですが、実は、コツを掴めば誰でも挑戦できるメイクなんですよ。そこで今回は、ヌーディーメイクをキレイに仕上げるコツを、ベースメイクとポイントメイクに分けてご紹介します。ぜひ、あなたのメイクの参考にしてみてくださいね。

ヌーディーメイクをキレイに仕上げるベースメイクのコツ

ヌーディーメイクはベース作りがポイント!(写真:iStock)
ヌーディーメイクはベース作りがポイント! (写真:iStock)

 ヌーディーメイクは派手な色を使用せず、全体的に同一の色合いのアイテムで仕上げるのが最大のポイントになります。落ち着いた色合いをチョイスすることで肌本来の魅力が発揮でき、セクシーな大人の質感のメイクになるんです。

 まずはじめに、ヌーディーメイクをキレイに仕上げるベースメイクのコツを見ていきましょう。

1. 肌の質感はセミマットがベスト

 ヌーディーメイクをキレイに仕上げるためには、肌の質感はセミマットがおすすめ。ほど良いツヤ感があるセミマットは、肌の透明感がアップするので美肌に見える効果があります。

 ただし、ヌーディーメイクの基本は「健康的なナチュラル肌」なので、あまり白くなりすぎないように注意しましょう。仕上げにフェイスパウダーを使用すると、化粧もちが良くなるのでおすすめですよ。

2. パール感のあるハイライトを上手に使って立体感を出す

 ヌーディーメイクは、アイシャドウやチークの色合いも抑えめなので、パール感のあるハイライトを使って肌に「立体感」を出すと、セクシーな大人の質感の肌に仕上がります。

 とはいえ、ハイライトを塗りすぎには注意が必要です。塗った部分に、ほど良くツヤが出るくらいがベストでしょう。メイクをする際は明るい部屋ですると失敗が少ないので、心がけましょう。

3. 肌悩みはコンシーラーでしっかりカバー

 ヌーディーメイクをキレイに仕上げるためには、肌悩みをコンシーラーでしっかりカバーすることも大事。肌の凹凸や毛穴の開き、ニキビ跡や赤み、クマやシミなどはしっかりとカバーしましょう。

 気なる部分にコンシーラーをのせ、指やスポンジでポンポン叩き込むように付け、肌に馴染ませていきます。コンシーラーを塗った部分と塗っていない部分の境目が見えなくなるまで、丁寧に塗っていきましょう。

4. リップのベース作りもしっかりと

 ヌーディーメイクでは、リップのベース作りも大事なポイントになります。普段のメイクでは色味のあるリップを使用することが多いので、リップのベース作りを省く人も多いでしょう。

 でも、ヌーディーメイクではリップもヌーディーな色が多いので、ファンデーションやコンシーラーでしっかり自分の唇の色味を消したほうが、発色がキレイになります。ぜひ、実践してみてくださいね。

ヌーディーメイクをキレイに仕上げるポイントメイクのコツ

肌馴染みの良いカラーをチョイス(写真:iStock)
肌馴染みの良いカラーをチョイス (写真:iStock)

 派手な色味を使用しないヌーディーメイクですが、ポイントメイクをしないわけではありません。続いては、ヌーディーメイクをキレイに仕上げるポイントメイクのコツを見ていきましょう。

1. アイラインは最低限に

 アイラインは最低限に引くのが、ヌーディーメイクの鉄則。しっかりと引いてしまうとヌーディーな質感が崩れてしまうため、注意が必要です。

 アイラインはできるだけ細く、まつ毛の隙間を埋める程度で。目尻もなるべく短くした方が、キレイに仕上がります。目の下はラインを引かず、上のまぶただけに引くようにましょう。

2. アイシャドウは肌に馴染む色をチョイス

 アイシャドウは、肌に馴染みやすいブラウン系やベージュ系がマスト。濃さの違うアイシャドウを2〜3色使用して、キレイにグラデーションを作っていきましょう。

 全体的に薄く付けることを意識して、濃い色は目のキワにアイラインをぼかすように塗っていきます。下瞼にアイシャドウを塗ってしまうとメイクが濃く見えてしまうので、明るい色を目頭に少し塗るるくらいにすると良いですよ。

3. チークは淡色系

 ヌーディーメイクのチークは、淡色系のカラーを薄くのせるのがポイントです。ベージュ系のチークで立体感を出すようにのせていきましょう。

 どうしても血色が悪く見えてしまう場合は、同じベージュ系でラメの入ったものを使用したり、ピンク系のチークを少量つけると、健康的でナチュラルな肌に仕上がります。

4. 基本的にグロスは塗らない

 リップを選ぶ際は、ベージュ系やオレンジ系、薄いピンクなどがおすすめです。自分の肌の色味に合わせて、一番馴染む色を選びましょう。

 また、ヌーディーメイクでは仕上げにグロスをたっぷり塗るのはNG。ツヤ感のあるリップで、ナチュラルに仕上げてくださいね。

ヌーディーメイクをマスターして肌本来の美しさを引き出そう♡

肌本来の美しさでセクシーに♡(写真:iStock)
肌本来の美しさでセクシーに♡ (写真:iStock)

 ヌーディーメイクは派手な色を使用するわけではないのにセクシーさを醸し出せる、男女問わず人気のメイクです。「難しそう……」と思っている人も多いと思いますが、コツを掴めば誰でも簡単にマスターできます。

 肌本来の美しさを引き出すヌーディーメイクをマスターして、大人の質感のセクシーな雰囲気を手に入れてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...