大人の質感♡ ヌーディーメイクをキレイに仕上げる8つのコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-12-18 06:00
投稿日:2020-12-18 06:00
 肌本来の美しさを引き出す「ヌーディーメイク」は、大人でセクシーな雰囲気が作れるメイクとして注目されています。「肌に自信がないとできないんじゃ?」と思っている人も多いですが、実は、コツを掴めば誰でも挑戦できるメイクなんですよ。そこで今回は、ヌーディーメイクをキレイに仕上げるコツを、ベースメイクとポイントメイクに分けてご紹介します。ぜひ、あなたのメイクの参考にしてみてくださいね。

ヌーディーメイクをキレイに仕上げるベースメイクのコツ

ヌーディーメイクはベース作りがポイント!(写真:iStock)
ヌーディーメイクはベース作りがポイント! (写真:iStock)

 ヌーディーメイクは派手な色を使用せず、全体的に同一の色合いのアイテムで仕上げるのが最大のポイントになります。落ち着いた色合いをチョイスすることで肌本来の魅力が発揮でき、セクシーな大人の質感のメイクになるんです。

 まずはじめに、ヌーディーメイクをキレイに仕上げるベースメイクのコツを見ていきましょう。

1. 肌の質感はセミマットがベスト

 ヌーディーメイクをキレイに仕上げるためには、肌の質感はセミマットがおすすめ。ほど良いツヤ感があるセミマットは、肌の透明感がアップするので美肌に見える効果があります。

 ただし、ヌーディーメイクの基本は「健康的なナチュラル肌」なので、あまり白くなりすぎないように注意しましょう。仕上げにフェイスパウダーを使用すると、化粧もちが良くなるのでおすすめですよ。

2. パール感のあるハイライトを上手に使って立体感を出す

 ヌーディーメイクは、アイシャドウやチークの色合いも抑えめなので、パール感のあるハイライトを使って肌に「立体感」を出すと、セクシーな大人の質感の肌に仕上がります。

 とはいえ、ハイライトを塗りすぎには注意が必要です。塗った部分に、ほど良くツヤが出るくらいがベストでしょう。メイクをする際は明るい部屋ですると失敗が少ないので、心がけましょう。

3. 肌悩みはコンシーラーでしっかりカバー

 ヌーディーメイクをキレイに仕上げるためには、肌悩みをコンシーラーでしっかりカバーすることも大事。肌の凹凸や毛穴の開き、ニキビ跡や赤み、クマやシミなどはしっかりとカバーしましょう。

 気なる部分にコンシーラーをのせ、指やスポンジでポンポン叩き込むように付け、肌に馴染ませていきます。コンシーラーを塗った部分と塗っていない部分の境目が見えなくなるまで、丁寧に塗っていきましょう。

4. リップのベース作りもしっかりと

 ヌーディーメイクでは、リップのベース作りも大事なポイントになります。普段のメイクでは色味のあるリップを使用することが多いので、リップのベース作りを省く人も多いでしょう。

 でも、ヌーディーメイクではリップもヌーディーな色が多いので、ファンデーションやコンシーラーでしっかり自分の唇の色味を消したほうが、発色がキレイになります。ぜひ、実践してみてくださいね。

ヌーディーメイクをキレイに仕上げるポイントメイクのコツ

肌馴染みの良いカラーをチョイス(写真:iStock)
肌馴染みの良いカラーをチョイス (写真:iStock)

 派手な色味を使用しないヌーディーメイクですが、ポイントメイクをしないわけではありません。続いては、ヌーディーメイクをキレイに仕上げるポイントメイクのコツを見ていきましょう。

1. アイラインは最低限に

 アイラインは最低限に引くのが、ヌーディーメイクの鉄則。しっかりと引いてしまうとヌーディーな質感が崩れてしまうため、注意が必要です。

 アイラインはできるだけ細く、まつ毛の隙間を埋める程度で。目尻もなるべく短くした方が、キレイに仕上がります。目の下はラインを引かず、上のまぶただけに引くようにましょう。

2. アイシャドウは肌に馴染む色をチョイス

 アイシャドウは、肌に馴染みやすいブラウン系やベージュ系がマスト。濃さの違うアイシャドウを2〜3色使用して、キレイにグラデーションを作っていきましょう。

 全体的に薄く付けることを意識して、濃い色は目のキワにアイラインをぼかすように塗っていきます。下瞼にアイシャドウを塗ってしまうとメイクが濃く見えてしまうので、明るい色を目頭に少し塗るるくらいにすると良いですよ。

3. チークは淡色系

 ヌーディーメイクのチークは、淡色系のカラーを薄くのせるのがポイントです。ベージュ系のチークで立体感を出すようにのせていきましょう。

 どうしても血色が悪く見えてしまう場合は、同じベージュ系でラメの入ったものを使用したり、ピンク系のチークを少量つけると、健康的でナチュラルな肌に仕上がります。

4. 基本的にグロスは塗らない

 リップを選ぶ際は、ベージュ系やオレンジ系、薄いピンクなどがおすすめです。自分の肌の色味に合わせて、一番馴染む色を選びましょう。

 また、ヌーディーメイクでは仕上げにグロスをたっぷり塗るのはNG。ツヤ感のあるリップで、ナチュラルに仕上げてくださいね。

ヌーディーメイクをマスターして肌本来の美しさを引き出そう♡

肌本来の美しさでセクシーに♡(写真:iStock)
肌本来の美しさでセクシーに♡ (写真:iStock)

 ヌーディーメイクは派手な色を使用するわけではないのにセクシーさを醸し出せる、男女問わず人気のメイクです。「難しそう……」と思っている人も多いと思いますが、コツを掴めば誰でも簡単にマスターできます。

 肌本来の美しさを引き出すヌーディーメイクをマスターして、大人の質感のセクシーな雰囲気を手に入れてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...