オンライン映えとはここが違う!「ライブ配信映え」メイク術

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-11-12 06:00
投稿日:2020-11-12 06:00
 コロナ禍による「新しい生活様式」がすっかり日常となり、オンラインツールを通じたミーティングや飲み会なども定着してきました。ここ最近は、相互コミュニケーションが楽しめる「ライブ配信」もこれまで以上に注目を集め、配信者としての活動をスタートさせている女性も増えています。
 実は、ライブ配信アプリの多くは、美肌機能などの特殊なエフェクトを備えていることも多く、ともすると一般的なオンライン映えメイクがまったく「映えない」という事態も起こりがち。また、長時間にわたってメイク直しをせずに「生配信」を続けることから、不測のメイク崩れが起きやすい環境でもあります。
 時短美容家であり、配信者としての顔も有する並木まきが、「ライブ配信映え」が狙えるメイクのコツをお話します。

1:ベースメイクはセミマット

ライブ配信メイクどうしたらいい?(写真:iStock)
ライブ配信メイクどうしたらいい? (写真:iStock)

 オンライン画面上では、ツヤ肌はテカリに見えやすく、肉眼で見るとちょうどいいツヤでも、画面上ではトゥーマッチになりがち。そして、ツヤを重視したベースは、常に話し続けているライブ配信では、ヨレが生じやすい傾向です。

 よって、ライブ配信に映えるベースメイクは、セミマットに仕上げつつ、ポイントでハイライトを加えた立体感のある肌。特に、美肌に見せる機能が備わっているライブ配信アプリでは、セミマットからマット寄りの肌であっても、エフェクトによるツヤ感が加わることから、肉眼では物足りないくらいでもしっかりと美肌見えしやすいのです。

2:アイラインは「ライン」ではなく「ドット」

アイラインは「点」で描く(写真:iStock)
アイラインは「点」で描く (写真:iStock)

 ライブ配信アプリでは、実物よりも少しだけ「ぼかし」の機能があるエフェクトを顔にかける場合には、通常のアイラインでも必要以上に強調され、少し古い印象を与える「ケバアイライン」に見えやすいです。これは、加工カメラアプリでも、同じことが言えます。

 全体的にふわっとした印象になりやすいエフェクトでは、「線」も膨張して見えやすく、極細アイラインであっても悪目立ちすることが。よって、ライブ配信映えするアイラインを描くには、“エフェクトによって膨張した状態”を想定した「ドット(点)」で描くラインが美しく見えやすいのです。

3:まつ毛は根元にインパクトを

盛りすぎまつげは逆効果(写真:iStock)
盛りすぎまつげは逆効果 (写真:iStock)

 オンライン映えメイクでは、美しく伸びたまつ毛が欠かせず、これはライブ配信とて例外ではありません。とかくビジネスシーンでは「やりすぎ」となりがちなレベルでも、オンライン画面を通じると、ちょうどいい加減に映りやすいのです。

 とは言っても、闇雲に盛りまくっているまつ毛メイクや、ただ長さだけを出したまつエク(まつ毛エクステンション)は、古かったり下品だったりといったネガティブな印象を醸しがちなのも確か。品格を感じさせたいライブ配信メイクでは、まつ毛は自然に盛るのが鉄則です。

 ライブ画面のエフェクトを通じても品格を感じさせやすいまつ毛は、先端のボリュームを控えめにしつつも目力を感じさせる仕上げ。メイクで仕上げるなら、まつ毛全体を盛るのではなく、根元にのみボリュームを出したほうが旬のメイクに見せやすいでしょう。

 上述のアイラインの話ともリンクしますが、全体的にボリュームを出したまつ毛は、エフェクト機能によって過度に黒っぽく強調されるのに対し、根元だけにボリュームを出したまつ毛メイクは、エフェクト機能によっていい具合にぼやけるので、今っぽい目元に見せやすいのです。

まとめ

ライブ配信メイクで視聴者を魅了(写真:iStock)
ライブ配信メイクで視聴者を魅了 (写真:iStock)

 編集工程が入っている動画配信と異なり、“その日、その時間”をほぼリアルタイムに共有できるライブ配信は、今後ますます盛り上がりを見せると言われています。配信者としてコンテンツを提供するときには、「オンライン映え」ならぬ「ライブ配信映え」メイクの美しさで視聴者を魅了してみて。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...
年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってき...
絶対失敗したくない!「エステサロン選び」で大事な3STEP
 美しくなりたい女性の味方「エステサロン」。美のプロフェッショナルたちが、専門的な施術でさまざまな悩みを解決してくれます...
2022年春夏“一着入魂”するなら? トレンドカラー6色から選ぶ
 2022年の春夏♡ 今年はどんな色がトレンドカラーになっているのか、気になっている人も多いでしょう。そこで今回は今年の...
思い込み厳禁!「セルフ肌診断」3STEP&肌質別お手入れ方法
 ある程度の年齢になると、普段の肌の状態から自分の肌質を把握し、予想している人は多いでしょう。しかし、意外にも自分の肌質...
疲れ切った夜は…W洗顔不要の“時短クレンジング”4選に甘える
 仕事や家事、子育てをしている女性たち。夜のクレンジングをする時間にはクタクタで「クレンジングしてから、さらに洗顔なんて...