平手友梨奈 FNS歌謡祭衝撃のソロ歌唱!世界のファンを虜に

こじらぶ ライター
更新日:2020-12-12 06:00
投稿日:2020-12-12 06:00

「ダンスの理由」初披露は絶賛&大反響!

FNSでのオリジナルソロ曲披露にマイケルの再来とファン歓喜!平手が世界中で愛されるワケとは…/(C)日刊ゲンダイ
FNSでのオリジナルソロ曲披露にマイケルの再来とファン歓喜!平手が世界中で愛されるワケとは… /(C)日刊ゲンダイ

 今月9日、「2020FNS歌謡祭第2夜」(フジテレビ、以下「FNS」)にて、平手友梨奈(19)のオリジナルソロ曲「ダンスの理由」が初披露された。そうそうたる顔ぶれのアーティストの中でも平手の演目は直前まで明かされず、「生放送で発表」とだけ予告され同番組開始前から「#平手友梨奈」がTwitterでトレンド入りしていた。

 本番では男性8人、女性2人のプロダンサーを従え欅坂46時代以上のキレキレのダンスで、自身の心情を吐露するような歌詞を時おり激しいシャウトも交えながら歌い上げた。

 直後にはネット上でファンから「想像を遥かに超えてきた」「最高にカッコいい」「圧巻すぎて泣いた」と絶賛の嵐。Twitterでは同曲名「#ダンスの理由」に加え「平手ちゃん」「平手さん」が同時にトレンド入り。ファン以外の一般層からの反響も非常に大きかったようだ。

久しぶりの本格的な音楽活動

 平手は今年1月に欅坂46を脱退して以降、女優業を活動の中心に据えてきた。またオンラインでのパリコレ出演などモデル業も多くこなした。だが、音楽活動となるとMrs. GREEN APPLEのMVや夏のFNSにて森山直太朗とのコラボレーションで踊るという限られた機会があったのみだった。

 この1カ月では、コロナ禍で撮了した2本の映画公開が迫り、各雑誌などで豪華俳優陣との仲睦まじい様子や、監督らから“役そのもの”に没頭した熱演ぶりが伝えられ女優としての順調ぶりを感じさせてくれていた。

 また今回のFNS放送前日には「シュガー&シュガー」(NHK)で巨大ジェンガを倒したらお題に添った告白をするゲームに参加し、驚いたり怖がったりしながらも笑顔が絶えず柔和な平手が見られた。同番組も含め彼女の近景は大人のお姉さんといった出で立ちになっていた。

“欅坂の平手”は抜けていった…?

巨大ジェンガゲームでは目をまんまるにして驚いたり笑ったりと等身大の素顔を見せた平手(左)/サカナクション公式Twitter(2020年12月7付)より
巨大ジェンガゲームでは目をまんまるにして驚いたり笑ったりと等身大の素顔を見せた平手(左) /サカナクション公式Twitter(2020年12月7付)より

 そんな姿に、他者と平和に交わりながら彼女が大人の女性になっていく安堵感を覚えつつ、“欅坂の平手”は彼女から抜けていったのだなという一抹の寂しさも覚えた。

 が、FNSではダンサー達が陣形を整えたその奥から、黒と紺というダークな衣装を身に纏い欅坂で見せてきたメンズライクな姿で、やっぱり何かに反抗するような鋭い眼光と共に登場した。バックダンサーのほとんどが男性で、163㎝の彼女はその中では小柄で非常に華奢なはずだが、尋常じゃない存在感とオーラ、ダイナミックなダンスの迫力に全くそれを感じさせなかった。

 欅坂46時代にメンバーを従え幾度と見てきた“圧倒的皇帝感”。彼女が最後に19年末NHK紅白歌合戦で見せたその姿がおよそ1年の時を経て帰ってきた。まさに“皇帝の帰還”といった様相だった。

僕から私へ 平手友梨奈の叫びをより強調

19年末のNHK紅白歌合戦では定位置センターで皇帝感を放った平手(中央)。欅坂46最後のパフォーマンスとなった/(C)日刊ゲンダイ
19年末のNHK紅白歌合戦では定位置センターで皇帝感を放った平手(中央)。欅坂46最後のパフォーマンスとなった /(C)日刊ゲンダイ

 制作に一から携わったという「ダンスの理由」の作詞は欅坂46時代同様に秋元康氏だったが、作曲者の中に平手が名前を連ねていた。

 今年9月にラジオ出演した際には歌手活動について聞かれ「歌いたくないというわけではない」とやや消極的で具体性のない返答をし、女優業で多忙にしていたはずの彼女。にもかかわらず久しぶりの生パフォーマンスに、アイドル時代より一層ダンスが上手くなっていたという声が多く上がった。ボーカルも明らかに力強さを増していた。その上、作曲にまで参加していたとはこの短期間に一体どれだけの努力をしていたのだろうか。

 さらに歌詞を見ると「誰かが貧乏くじ引いて 一人きり泣いているのなら」「眠らないで踊るよ気が済むまで付き合おう」「犠牲はしょうがないなんて 部外者に言わせるものか 私が許さない」「いつかの自分 死なせない この腕で守る」と、同調圧力と闘いながら、かつての自分と同じように孤独に苛まれる人々に寄り添おうとしている。

 欅坂46時代、歌詞は平手にあて書きされつつも一人称には“僕”が多く使われてきたが、同曲では“私”となっており、一段と彼女自身の叫びそのものになっている。言葉をまとめる作詞という作業は秋元氏が行ったが、その言葉と想いたちは平手が秋元氏と日々交わしている“交換日記”(平手が感じたことをLINEで秋元氏に送るもの)から生まれたものだろう。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


三上大進って何者? テレビやインスタで人気「スキンケア研究家」のハイスペックぶり
 いとうあさこ(52)、大久保佳代子(51)、若槻千夏(38)……そんなトークの猛者たちが顔を揃えた、10日放送のバラエ...
2022-08-16 17:03 エンタメ
橋本愛「家庭教師のトラコ」は「家政婦は見た!」から続く“因縁”の産物なのか?
 民放地上波では唯一の“連ドラ対決”となっている水曜夜10時枠。今期は、日本テレビが橋本愛(26)主演の「家庭教師のトラ...
2022-08-16 17:03 エンタメ
旧統一教会問題に消極的なNHK ラジオで“北朝鮮が文鮮明氏たたえ弔電”と報じネットで批判噴出
 安倍晋三元首相(享年67)の銃撃事件以降、政治と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係が明らかになる中で、旧統一教会...
2022-08-16 17:03 エンタメ
映画「トップガン マーヴェリック」人気を支えるのは…“おひとりさま”中高年男性だった
 7月末に日本での累計興収100億円を突破した「トップガン マーヴェリック」の勢いが止まらない。1986年の前作を知るバ...
2022-08-16 17:03 エンタメ
井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍
 タレントの井森美幸(53)が「CHANTO WEB」(8月7日配信)のインタビューに登場し、デビュー当初から、「田舎者...
2022-08-16 17:03 エンタメ
こまつ座「頭痛肩こり樋口一葉」一葉への哀切に満ちた鎮魂歌
【演劇えんま帳】  1984年に初演されて以来、再演を重ねている井上ひさしの人気作で、明治の小説家・樋口一葉の晩年の1...
2022-08-16 17:03 エンタメ
桂竹丸「私が取るのが遅かったのと、弟子が早く取ったことで連続受賞となりました」
【桂竹丸 竹千代 師弟で大いに語る】#1  桂竹丸、竹千代師弟が、2年連続文化庁芸術祭受賞という快挙を成し遂げた。竹丸...
2022-08-16 17:03 エンタメ
大谷翔平くん、午前中に入ってくるあなたの明るい話題に本当に救われます
【山田邦子 人生いろいろ】  28歳の一般男性の年収は平均350万~400万円。ひと月30万円ぐらいあるからまあやって...
2022-08-16 17:03 エンタメ
「L.A.コールドケース」“渋い”ジョニ・デが未解決事件の闇に挑む実録捜査もの
【この夏、見るならこの1本】#1  この夏、恐竜だ、トム・クルだ、の大作が脚光を浴びているが、もう少し地味めでも、大人...
2022-08-16 17:03 エンタメ
坂口杏里“交際12日婚”は2カ月で破綻 セクシー女優デビュー、恐喝未遂逮捕から幸せ掴んだはずが
「ちなみに、離婚は成立しました せめて彼の誕生日が終わるまで仲直り夫婦でいる事、我慢していました」  15日、インスタ...
2022-08-16 17:03 エンタメ
ピース綾部祐二には2つの夢が「日本の英語を変える」と「ハリウッドスターになること」
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】  ピース・綾部祐二さん(芸人/44歳)  2017年にニューヨークに移住して注...
2022-08-15 17:03 エンタメ
元祖“ウルトラの女神”桜井浩子さん「『科特隊よ、永遠に』とお葬式写真を投稿、携帯が鳴り続けた」
【あの人は今こうしている】  桜井浩子さん  (「ウルトラマン」フジ・アキコ隊員役、「ウルトラQ」江戸川由利子役/79...
2022-08-15 17:03 エンタメ
パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】  パンチ佐藤さん(野球解説者/57歳)  タレント・野球解説者として長きにわたっ...
2022-08-15 17:03 エンタメ
ワンオクTakaとガーシーのコラボは“友情の証”? ファンからは「ついていけない」の声
《どんな人と友達でも自由だけど、公でのコラボはファン的には複雑》 《誰を友人とするかは個人の自由だから好きにすればいい...
2022-08-15 07:08 エンタメ
桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ
【シリーズ「光と影のアイドル群像」】桜田淳子  松田聖子や郷ひろみのように、いまなお熱い声援を浴び続けるスターはほんの...
2022-08-16 12:43 エンタメ
高橋一生の“共演者キラー”健在なり 今度は飯豊まりえと熱愛報道、過去にも次々ウワサに
 衝撃のニュースが飛び込んできた。5日発売の「FRIDAY」が飯豊まりえ(24)と高橋一生(41)の熱愛を報じたのだ。 ...
2022-08-14 17:03 エンタメ