平手友梨奈 FNS歌謡祭衝撃のソロ歌唱!世界のファンを虜に

こじらぶ ライター
更新日:2020-12-12 06:00
投稿日:2020-12-12 06:00

「ダンスの理由」初披露は絶賛&大反響!

FNSでのオリジナルソロ曲披露にマイケルの再来とファン歓喜!平手が世界中で愛されるワケとは…/(C)日刊ゲンダイ
FNSでのオリジナルソロ曲披露にマイケルの再来とファン歓喜!平手が世界中で愛されるワケとは… /(C)日刊ゲンダイ

 今月9日、「2020FNS歌謡祭第2夜」(フジテレビ、以下「FNS」)にて、平手友梨奈(19)のオリジナルソロ曲「ダンスの理由」が初披露された。そうそうたる顔ぶれのアーティストの中でも平手の演目は直前まで明かされず、「生放送で発表」とだけ予告され同番組開始前から「#平手友梨奈」がTwitterでトレンド入りしていた。

 本番では男性8人、女性2人のプロダンサーを従え欅坂46時代以上のキレキレのダンスで、自身の心情を吐露するような歌詞を時おり激しいシャウトも交えながら歌い上げた。

 直後にはネット上でファンから「想像を遥かに超えてきた」「最高にカッコいい」「圧巻すぎて泣いた」と絶賛の嵐。Twitterでは同曲名「#ダンスの理由」に加え「平手ちゃん」「平手さん」が同時にトレンド入り。ファン以外の一般層からの反響も非常に大きかったようだ。

久しぶりの本格的な音楽活動

 平手は今年1月に欅坂46を脱退して以降、女優業を活動の中心に据えてきた。またオンラインでのパリコレ出演などモデル業も多くこなした。だが、音楽活動となるとMrs. GREEN APPLEのMVや夏のFNSにて森山直太朗とのコラボレーションで踊るという限られた機会があったのみだった。

 この1カ月では、コロナ禍で撮了した2本の映画公開が迫り、各雑誌などで豪華俳優陣との仲睦まじい様子や、監督らから“役そのもの”に没頭した熱演ぶりが伝えられ女優としての順調ぶりを感じさせてくれていた。

 また今回のFNS放送前日には「シュガー&シュガー」(NHK)で巨大ジェンガを倒したらお題に添った告白をするゲームに参加し、驚いたり怖がったりしながらも笑顔が絶えず柔和な平手が見られた。同番組も含め彼女の近景は大人のお姉さんといった出で立ちになっていた。

“欅坂の平手”は抜けていった…?

巨大ジェンガゲームでは目をまんまるにして驚いたり笑ったりと等身大の素顔を見せた平手(左)/サカナクション公式Twitter(2020年12月7付)より
巨大ジェンガゲームでは目をまんまるにして驚いたり笑ったりと等身大の素顔を見せた平手(左) /サカナクション公式Twitter(2020年12月7付)より

 そんな姿に、他者と平和に交わりながら彼女が大人の女性になっていく安堵感を覚えつつ、“欅坂の平手”は彼女から抜けていったのだなという一抹の寂しさも覚えた。

 が、FNSではダンサー達が陣形を整えたその奥から、黒と紺というダークな衣装を身に纏い欅坂で見せてきたメンズライクな姿で、やっぱり何かに反抗するような鋭い眼光と共に登場した。バックダンサーのほとんどが男性で、163㎝の彼女はその中では小柄で非常に華奢なはずだが、尋常じゃない存在感とオーラ、ダイナミックなダンスの迫力に全くそれを感じさせなかった。

 欅坂46時代にメンバーを従え幾度と見てきた“圧倒的皇帝感”。彼女が最後に19年末NHK紅白歌合戦で見せたその姿がおよそ1年の時を経て帰ってきた。まさに“皇帝の帰還”といった様相だった。

僕から私へ 平手友梨奈の叫びをより強調

19年末のNHK紅白歌合戦では定位置センターで皇帝感を放った平手(中央)。欅坂46最後のパフォーマンスとなった/(C)日刊ゲンダイ
19年末のNHK紅白歌合戦では定位置センターで皇帝感を放った平手(中央)。欅坂46最後のパフォーマンスとなった /(C)日刊ゲンダイ

 制作に一から携わったという「ダンスの理由」の作詞は欅坂46時代同様に秋元康氏だったが、作曲者の中に平手が名前を連ねていた。

 今年9月にラジオ出演した際には歌手活動について聞かれ「歌いたくないというわけではない」とやや消極的で具体性のない返答をし、女優業で多忙にしていたはずの彼女。にもかかわらず久しぶりの生パフォーマンスに、アイドル時代より一層ダンスが上手くなっていたという声が多く上がった。ボーカルも明らかに力強さを増していた。その上、作曲にまで参加していたとはこの短期間に一体どれだけの努力をしていたのだろうか。

 さらに歌詞を見ると「誰かが貧乏くじ引いて 一人きり泣いているのなら」「眠らないで踊るよ気が済むまで付き合おう」「犠牲はしょうがないなんて 部外者に言わせるものか 私が許さない」「いつかの自分 死なせない この腕で守る」と、同調圧力と闘いながら、かつての自分と同じように孤独に苛まれる人々に寄り添おうとしている。

 欅坂46時代、歌詞は平手にあて書きされつつも一人称には“僕”が多く使われてきたが、同曲では“私”となっており、一段と彼女自身の叫びそのものになっている。言葉をまとめる作詞という作業は秋元氏が行ったが、その言葉と想いたちは平手が秋元氏と日々交わしている“交換日記”(平手が感じたことをLINEで秋元氏に送るもの)から生まれたものだろう。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


「コーダ あいのうた」は映画館のスクリーンで見るべき作品だ
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  映画やドラマなどを見たあとの反応として、「号泣する」という言葉をときどき目にす...
2022-01-28 17:03 エンタメ
嵐・松本潤「となりのチカラ」2ケタ発進も…矛盾だらけの設定をねじ伏せられるか
 嵐の松本潤(38)がテレビ朝日系で初めて主役を演じたドラマ「となりのチカラ」が20日、10分の拡大スペシャルでスタート...
2022-01-28 17:03 エンタメ
石田純一の窮地を救った3億円豪邸売却「売却益は少なくとも数千万円」と専門家
 コロナ禍で仕事激減、スポンサー離れに見舞われている、タレントの石田純一(68)。「年収が6000万円減った」と語るなど...
2022-01-28 17:03 エンタメ
氷川きよしが苦しんだ「演歌の貴公子」の呪縛 芸能界追放かNEOきーちゃんで再出発か
 歌手の氷川きよし(44)が先週突如発表した「活動休止宣言」に関し、25日、休止理由は事務所との確執ではないことを明かし...
2022-01-28 17:03 エンタメ
<138>質問書で300万円の手数料の返還を促す 信じられない返信が…
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#138  2018年9月半ば時点で、早貴被告の弁護士はアプリコと契約...
2022-01-28 17:03 エンタメ
石田純一に会見バブルよ、もう一度…離婚危機&仕事ゼロでも“一発逆転”あるか
 仕事が激減している石田純一(68)の“復活”はあるのか。  石田は2020年4月の緊急事態宣言中に沖縄でゴルフをして...
2022-01-28 17:03 エンタメ
超人気女優の綾瀬はるかが“死に体”フジの月9に出演する切実な事情
 いまやテレビ界で“ポスト米倉涼子”の誉れ高いのが女優の綾瀬はるか(36)だ。ドラマ「ドクターⅩ」シリーズ(テレビ朝日系...
2022-01-28 17:03 エンタメ
繁昌亭の厳格なルール「トリは大阪の落語家が落語を演じること」
【林家染雀大いに語る】#7  染雀は桂あやめが座長の、「花詩歌タカラヅカ」というグループに入っている。 「兄弟子の花...
2022-01-28 17:03 エンタメ
アタシは舞台稽古の真最中なモンで…なあ純大、今度はユックリ吞ろうや
【石倉三郎 粋に活きてえなぁ】#40  脚本家の清水有生氏が飲みにいらっしゃる。次男坊を連れて、山田純大君と一緒に三人...
2022-01-28 17:03 エンタメ
クリント・イーストウッドは“令和の寅さん”か 映画「クライ・マッチョ」でモテモテ老人役
 クリント・イーストウッド監督50周年記念作品「クライ・マッチョ」が先週公開され、話題となっている。1971年に「恐怖の...
2022-01-28 17:03 エンタメ
<71>オレを写真家にしてくれたのは陽子 四六時中、彼女を撮り続けた
【天才アラーキー傘寿を語る】#71  ロッキングチェアーに座ってビールを飲む陽子。ふたりだけの幸福な時間。こういう写真...
2022-01-28 17:03 エンタメ
綾瀬はるか14年ぶりフジ月9ドラマ出演 TBS「天国と地獄」続編より優先させたワケ
 綾瀬はるか(36)が14年ぶりにフジテレビ系の連ドラに出演する。この発表に関係者の間から驚きの声が上がり、「フジが綾瀬...
2022-01-27 17:03 エンタメ
10歳子役・毎田暖乃「妻、小学生になる。」での“大人演技”に<芦田愛菜超え>の評価
 全視聴者が子役の演技を固唾を呑んで見守る、そんなドラマとなりそうだ。21日に始まったTBS系ドラマ「妻、小学生になる。...
2022-01-27 17:03 エンタメ
深津絵里「カムカムエヴリバディ」絶好調! アラフィフで18歳を演じる“不可思議女優”の原点
 ラジオ英語講座とともに歩んだ祖母、母、娘の3世代の主人公が登場するNHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」。昨年12月か...
2022-01-27 17:03 エンタメ
<137>計算書も何もない簡素な「合意書」に手数料300万円の不可解
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#137  佐山さんが連れてきた弁護士は、早貴被告の代理人であるUとF...
2022-01-27 17:03 エンタメ
武田玲奈「おいハンサム!!」でブレーク好機到来! もう「あの子、誰」とは言わせない
「今回のドラマをきっかけに一気にブレークするかもしれませんね」と、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏は力を込め...
2022-01-27 17:03 エンタメ