パーティにぜひ!朝仕込みで簡単に作れるタンドリーチキン

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2021-01-18 20:19
投稿日:2020-12-20 06:00
 12月になるとチキンが食べたくなる……そんなことありませんか? そこで今回は朝に仕込むことでおいしく仕上がる、大人も子どもも大好きなタンドリーチキンをご紹介します!

朝漬け→調理する頃にはしっかりと味しみ!

い~っぱい食べたい(笑)!(写真:ぐっち夫婦)
い~っぱい食べたい(笑)! (写真:ぐっち夫婦)

 みなさん、こんにちは! 料理家のぐっち夫婦です。

 おいしい料理を食べたい! けれど、調理はできるだけラクにしたい……そんな風に思うことありますよね。おうちでホームパーティをしたりと何かと豪華な感じの料理をつくる機会が増える12月。そんな時におすすめの1品をご紹介します!

夫:12月おうちでパーティする? 今年は外での忘年会やクリスマスパーティはなさそうだし!

妻:うん、そうだね! お酒を買ってきて、おうちでごはんにしようか。そういう方もきっと多いのかな?

夫:多そうだね! じゃあ、そんな時に役立つレシピにする?

妻:いいね! 朝仕込みのタンドリーチキンはどう?

 ということで、今回はタンドリーチキンの作り方をご紹介します。朝に仕込めば、夜は調理がラックラクですよ。よかったら作ってみてくださいね!

「朝仕込みの手羽元タンドリー」の作り方

【材料(2人分)】

鶏の手羽元 8本
パプリカ(赤・黄) 各1/4個
パセリ 少々
塩・コショウ 各少々
酒 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1/2

【A】
カレー粉 大さじ1
にんにく 1/2かけ
プレーンヨーグルト 大さじ4
オリーブオイル 大さじ1/2
トマトケチャップ 小さじ2
塩 小さじ1/2
粗びき黒コショウ 少々

【作り方】

下準備
・保存袋に鶏手羽元を入れ、塩・コショウ・酒で下味をつけておく。
・パプリカはヘタと種を取って縦に2cm幅に切る。
・にんにくはすりおろす。

1. 手羽元の入っている保存袋に【A】を加え、全体に味がなじむまでよくもむ。空気を抜いて口を閉じ、30分以上(できれば半日)冷蔵庫に置いておく。

2. フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、パプリカをさっと焼いて皿に盛る。

3. 同じフライパンにタレを軽く切った鶏肉を並べ入れ、弱めの中火で2~3分焼く。こんがりと焼き色がついたら裏返し、フタをして弱火で2分ほど蒸し焼きにする。残りのタレをフライパンに流し、よく絡めたら皿に盛り、パセリを添える。

おいしいパーティ料理を召し上がれ!

どんな飾り付けにする?(写真:iStock)
どんな飾り付けにする? (写真:iStock)

 おうちパーティをする際にはぜひこの料理も加えてみてくださいね!

 では、みなさんまた次回「おうちで簡単アメリカンドッグ」でお会いしましょう~♪

フード 新着一覧


「小ネギと豆腐のゴマ塩あえ」切った材料をあえるだけで完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「アーリオ・ラー油・ペペロンチーノ」自家製ラー油に挑戦!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありませ...
「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「特大ゴボウの唐揚げ」ばくばく食べてしまうこと必至…!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
幻の「3時のおやつ あんぱん」攻略⁉ 2021.6.8(火)
 数量限定、期間限定、地域限定……。「限定」というキーワードに心惹かれる方は多いことでせう(+αで「なくなり次第終了」と...
巣ごもりに「焼きとうもろこし」…奇をてらわない美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、オー...
「イワシの幽庵焼き」漬けて焼くだけで本格和食おつまみに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・南青山「すし玲」の永井玲央也さんに、ゆず...