パーティにぜひ!朝仕込みで簡単に作れるタンドリーチキン

ぐっち夫婦 料理家
更新日:2021-01-18 20:19
投稿日:2020-12-20 06:00
 12月になるとチキンが食べたくなる……そんなことありませんか? そこで今回は朝に仕込むことでおいしく仕上がる、大人も子どもも大好きなタンドリーチキンをご紹介します!

朝漬け→調理する頃にはしっかりと味しみ!

い~っぱい食べたい(笑)!(写真:ぐっち夫婦)
い~っぱい食べたい(笑)! (写真:ぐっち夫婦)

 みなさん、こんにちは! 料理家のぐっち夫婦です。

 おいしい料理を食べたい! けれど、調理はできるだけラクにしたい……そんな風に思うことありますよね。おうちでホームパーティをしたりと何かと豪華な感じの料理をつくる機会が増える12月。そんな時におすすめの1品をご紹介します!

夫:12月おうちでパーティする? 今年は外での忘年会やクリスマスパーティはなさそうだし!

妻:うん、そうだね! お酒を買ってきて、おうちでごはんにしようか。そういう方もきっと多いのかな?

夫:多そうだね! じゃあ、そんな時に役立つレシピにする?

妻:いいね! 朝仕込みのタンドリーチキンはどう?

 ということで、今回はタンドリーチキンの作り方をご紹介します。朝に仕込めば、夜は調理がラックラクですよ。よかったら作ってみてくださいね!

「朝仕込みの手羽元タンドリー」の作り方

【材料(2人分)】

鶏の手羽元 8本
パプリカ(赤・黄) 各1/4個
パセリ 少々
塩・コショウ 各少々
酒 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1/2

【A】
カレー粉 大さじ1
にんにく 1/2かけ
プレーンヨーグルト 大さじ4
オリーブオイル 大さじ1/2
トマトケチャップ 小さじ2
塩 小さじ1/2
粗びき黒コショウ 少々

【作り方】

下準備
・保存袋に鶏手羽元を入れ、塩・コショウ・酒で下味をつけておく。
・パプリカはヘタと種を取って縦に2cm幅に切る。
・にんにくはすりおろす。

1. 手羽元の入っている保存袋に【A】を加え、全体に味がなじむまでよくもむ。空気を抜いて口を閉じ、30分以上(できれば半日)冷蔵庫に置いておく。

2. フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、パプリカをさっと焼いて皿に盛る。

3. 同じフライパンにタレを軽く切った鶏肉を並べ入れ、弱めの中火で2~3分焼く。こんがりと焼き色がついたら裏返し、フタをして弱火で2分ほど蒸し焼きにする。残りのタレをフライパンに流し、よく絡めたら皿に盛り、パセリを添える。

おいしいパーティ料理を召し上がれ!

どんな飾り付けにする?(写真:iStock)
どんな飾り付けにする? (写真:iStock)

 おうちパーティをする際にはぜひこの料理も加えてみてくださいね!

 では、みなさんまた次回「おうちで簡単アメリカンドッグ」でお会いしましょう~♪

フード 新着一覧


手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...