GoTo停止で…コロナ禍のカップルが選んだ年末デートプラン

内藤みか 作家
更新日:2020-12-24 06:00
投稿日:2020-12-24 06:00
 年末年始を迎えるカップルたちが悲鳴をあげています。この時期にデートや旅行を楽しもうとプランを立てていたのに、コロナ禍でそれが中止になってしまうハプニングも。それでも会いたいと苦肉の策で立てた計画とは……?

感染拡大の影響で…

経験したことのない冬がやってきた(写真:iStock)
経験したことのない冬がやってきた (写真:iStock)

GoTo温泉ができなくなり

 千葉県在住のT子さんは、交際中の彼と、年末に伊豆に温泉旅行に行く約束をしていました。ふたりで旅行するのは初めてです。GOTOトラベルを利用して、素敵な旅館を安く予約もできたし、とても楽しみにしていました。

 けれど、その旅行は中止になってしまったのです。理由は、新型コロナウイルスの感染拡大のために、GOTOトラベルを使えなくなってしまったから。彼は仕事が忙しいので、休みは12月28日からしか取れず、そうなると、GOTOトラベルキャンペーン対象外になってしまうのです。

年越しディナーを反対され

 都内の市部在住のR美さんは、同じ市内に住む彼と都心で年越しをするつもりでした。繁華街でディナーや映画とイルミネーションを楽しみ、初詣をしてから帰宅する予定だったのです。ところが彼の両親が大反対し、デートはキャンセルに。わざわざ感染が拡大しているエリアに行かなくても、と心配性の彼ママが許してくれなかったのです。

 R美さんたちが住む地域は住宅街ということもあるのか、感染はそこまで広がっていません。彼ママが「近場で過ごしなさい」と言い張るのです。R美さんはデートを邪魔されたような気がして、不満でした。気をつけていれば大丈夫なのに、と恨みがましく思ってしまったのです。

自宅暮らしの彼には配慮が必要

デートを楽しみにしていたのはわかるけど(写真:iStock)
デートを楽しみにしていたのはわかるけど (写真:iStock)

 あちこちで、楽しみにしていた旅行やデートが中止になっていますが、このことが原因でケンカになり、別れ話にまで発展するカップルもいます。ケンカは大抵、予定を決行したがる女性がスネて不機嫌になることから始まっているようです。

 彼が自宅暮らしの場合は、慎重な行動が必要です。ワガママを言って彼を街に連れ出すと、ご家族に良く思われないかもしれないからです。特に高齢の祖父母も同居している場合はなおさらかもしれません。

 彼との結婚を考えているのなら、できるだけ安心できるデートプランにしておくほうが無難かもしれません。

2つのカップルの選択

豪華ラブホテルにお泊まり

豪華ホテルで楽しい一時(写真:iStock)
豪華ホテルで楽しい一時 (写真:iStock)

 旅行が中止になったT子さんは、最初は通常料金でもいいからと予定を決行しようとしたのですが、年末年始料金でかなり高額になるため、あきらめざるをえませんでした。それでもどこかにお泊まりしたいと考えた結果、郊外の豪華なラブホテルを予約することにしたのです。

 近場なので存在は知っていましたが、サウナなど豪華な設備付きで料金が高いので利用したことはなかった豪華ラブホ。旅行の代わりなのでむしろ安く感じたそうです。せっかくなので、普段は行かないリッチなお部屋を楽しみ、彼とお部屋で楽しく遊ぶことにしたのだとか。

お部屋でテレビデート

おうちでまったり年越し(写真:iStock)
おうちでまったり年越し (写真:iStock)

 都心デートを反対されたR美さんも、結局自分のお部屋で彼と過ごすことになりました。ひとり暮らしのR美さんの部屋で、手作りのご馳走を食べ、ソファでごろごろしながら一緒に年末のテレビ番組を楽しむことになったのです。

 少し残念ではありましたが、見たかったイルミネーションも都知事の指示で夜10時には消灯してしまうことになり、電車も終夜運転を取りやめてしまったので、家にいたほうがいいかなと今は思っています。

まとめ

マスクを外せる日が早くきますように(写真:iStock)
マスクを外せる日が早くきますように (写真:iStock)

 今年の年末年始は普段と違い、静かな感じになりそうですが、大好きな彼と一緒に居られるのなら、どこにいても幸せなはず。そう考えられる女性は、彼からも大切にされます。

 まだまだ感染症の影響は続きそうですが、臨機応変にデートプランを考えていきましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ