GoTo停止で…コロナ禍のカップルが選んだ年末デートプラン

内藤みか 作家
更新日:2020-12-24 06:00
投稿日:2020-12-24 06:00
 年末年始を迎えるカップルたちが悲鳴をあげています。この時期にデートや旅行を楽しもうとプランを立てていたのに、コロナ禍でそれが中止になってしまうハプニングも。それでも会いたいと苦肉の策で立てた計画とは……?

感染拡大の影響で…

経験したことのない冬がやってきた(写真:iStock)
経験したことのない冬がやってきた (写真:iStock)

GoTo温泉ができなくなり

 千葉県在住のT子さんは、交際中の彼と、年末に伊豆に温泉旅行に行く約束をしていました。ふたりで旅行するのは初めてです。GOTOトラベルを利用して、素敵な旅館を安く予約もできたし、とても楽しみにしていました。

 けれど、その旅行は中止になってしまったのです。理由は、新型コロナウイルスの感染拡大のために、GOTOトラベルを使えなくなってしまったから。彼は仕事が忙しいので、休みは12月28日からしか取れず、そうなると、GOTOトラベルキャンペーン対象外になってしまうのです。

年越しディナーを反対され

 都内の市部在住のR美さんは、同じ市内に住む彼と都心で年越しをするつもりでした。繁華街でディナーや映画とイルミネーションを楽しみ、初詣をしてから帰宅する予定だったのです。ところが彼の両親が大反対し、デートはキャンセルに。わざわざ感染が拡大しているエリアに行かなくても、と心配性の彼ママが許してくれなかったのです。

 R美さんたちが住む地域は住宅街ということもあるのか、感染はそこまで広がっていません。彼ママが「近場で過ごしなさい」と言い張るのです。R美さんはデートを邪魔されたような気がして、不満でした。気をつけていれば大丈夫なのに、と恨みがましく思ってしまったのです。

自宅暮らしの彼には配慮が必要

デートを楽しみにしていたのはわかるけど(写真:iStock)
デートを楽しみにしていたのはわかるけど (写真:iStock)

 あちこちで、楽しみにしていた旅行やデートが中止になっていますが、このことが原因でケンカになり、別れ話にまで発展するカップルもいます。ケンカは大抵、予定を決行したがる女性がスネて不機嫌になることから始まっているようです。

 彼が自宅暮らしの場合は、慎重な行動が必要です。ワガママを言って彼を街に連れ出すと、ご家族に良く思われないかもしれないからです。特に高齢の祖父母も同居している場合はなおさらかもしれません。

 彼との結婚を考えているのなら、できるだけ安心できるデートプランにしておくほうが無難かもしれません。

2つのカップルの選択

豪華ラブホテルにお泊まり

豪華ホテルで楽しい一時(写真:iStock)
豪華ホテルで楽しい一時 (写真:iStock)

 旅行が中止になったT子さんは、最初は通常料金でもいいからと予定を決行しようとしたのですが、年末年始料金でかなり高額になるため、あきらめざるをえませんでした。それでもどこかにお泊まりしたいと考えた結果、郊外の豪華なラブホテルを予約することにしたのです。

 近場なので存在は知っていましたが、サウナなど豪華な設備付きで料金が高いので利用したことはなかった豪華ラブホ。旅行の代わりなのでむしろ安く感じたそうです。せっかくなので、普段は行かないリッチなお部屋を楽しみ、彼とお部屋で楽しく遊ぶことにしたのだとか。

お部屋でテレビデート

おうちでまったり年越し(写真:iStock)
おうちでまったり年越し (写真:iStock)

 都心デートを反対されたR美さんも、結局自分のお部屋で彼と過ごすことになりました。ひとり暮らしのR美さんの部屋で、手作りのご馳走を食べ、ソファでごろごろしながら一緒に年末のテレビ番組を楽しむことになったのです。

 少し残念ではありましたが、見たかったイルミネーションも都知事の指示で夜10時には消灯してしまうことになり、電車も終夜運転を取りやめてしまったので、家にいたほうがいいかなと今は思っています。

まとめ

マスクを外せる日が早くきますように(写真:iStock)
マスクを外せる日が早くきますように (写真:iStock)

 今年の年末年始は普段と違い、静かな感じになりそうですが、大好きな彼と一緒に居られるのなら、どこにいても幸せなはず。そう考えられる女性は、彼からも大切にされます。

 まだまだ感染症の影響は続きそうですが、臨機応変にデートプランを考えていきましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...