夫婦仲ビミョーで離婚したいけど…大人婚2つだけ後悔なし!

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-29 06:00
投稿日:2020-12-29 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

たった1回の行為で妊娠→男として責任を取るために結婚

「この結婚に悔いなし?」
「この結婚に悔いなし?」

case5-3.武田翔平さん(仮名/48歳)

 35歳で独立してバーの経営に着手した武田翔平さん(仮名/48歳)は、40歳のときに15歳年下の美香さん(仮名)と結婚しました。前々回前回ではふれませんでしたが、結婚したきっかけは奥様の妊娠。デキ婚です。翔平さんは、「相手とは結婚する気はなかったし、今でも離婚したいと思うことがある」と言います(筆者がたまにお伺いするバーのマスターなので、翔平さんのコメントはお友達口調とさせていただきます)。

「たった1回でデキちゃったんだから、『ウソでしょ!?』って最初は信じられなくてさ。『本当に俺の子?』って聞いたよ。店の常連客(男性)にも『自分が費用を出すから、DNA鑑定(※1)をしたほうがいいよ』って言われたもん(笑)。

 でも、相手は『絶対に堕ろさない。独りで産んで育てる』って言い張るだけ。

 シングルマザーに育てられた家庭環境が影響していたのかもしれないけど、『今は結婚とかマジで無理だから』と伝えても、『産む』の一点張り。

 自分の子どもかはわからないけど、心配だからちょくちょく様子を見に行くと、どんどんお腹が大きくなっていく。相手は働けないから俺が生活費を渡していたんだけど、もう堕ろせない段階で観念したの。

 もうすぐ出産する女性に非道な仕打ちはできない。腹をくくろうって。で、自分から『結婚しますか……』って、切り出した」

子ども“だけ”がかすがいの関係に…

「本当に怒らない?」って聞いたのにやっぱり激怒(写真:iStock)
「本当に怒らない?」って聞いたのにやっぱり激怒 (写真:iStock)

「美香さんの粘り勝ちですね」と言うと、「そう。子どもができていなかったら絶対に結婚していなかった」と答えます。

 翔平さんは、元格闘家の魔娑斗さん似の男前で、女性が好みそうな適度な筋肉質体型。接客態度もソフトで、常連男性によれば「結婚前は、翔平さん目当ての女性客が大勢いた」とのこと。

 モテ男です。モテ男を「結婚するしかない」と降参させるためには、デキ婚が近道なのかも!? 

40代50代の大人婚」は、子づくりがマストではありませんが、翔平さんは「責任をとって結婚するのであれば、相手の年齢は関係なかった」と言っていました。

 ただし、ご夫妻は「子はかすがい(子どもが夫婦の縁を保ってくれるということのたとえ)」ではなく、「子“だけが”かすがい」の関係になっているようで……。

「俺、結婚してから一度も浮気はしていないのね。

 女性のお客さんとは、お店が終わってから飲みに行くだけ。カラダの関係は一切ないし、相手は家で子育てをしているのに、なぜかバレちゃうの。

 だから、『本当に怒らない?』って全部白状すると、激怒される。お菓子の詰め合わせが入ったアルミ缶で、頭をバコーンと殴られたりもしたよ(笑)。

 寝ているとき、馬乗りになられて『私のこと、愛してないんでしょう!?』って、首根っこをつかまれて揺さぶられたこともあるし。相手が怒っているときはね、俺、子どもに『助けてー!』って言うの。3人の子どもに向かって」

離婚したい夫婦関係でも子どもは3人…「愛情と性欲は別」

離婚しようと本気で思っていたはずが…(写真:iStock)
離婚しようと本気で思っていたはずが… (写真:iStock)

 えっ、3人? 「今でも離婚したいと思うことがある」のに??? しかも、3人目のお子さんは取材当時まだ2歳。ということは、出産前の十月十日前には……。

「男は相手に愛情を持っているかどうかと、そういう欲は別なんだよ(笑)。俺、1人目が生まれたあとは本気で離婚しようと思っていたのね。だから避妊具を装着して行為をしようとしたら、外されちゃったの。『ひとりっ子じゃあの子がかわいそうでしょう! きょうだいをつくるの!!』って言われて。

 3人目は流れというか、諦念かな。3人で“打ち止め”だけど」

「子どもが成人して巣立ったら会話のない夫婦になると思うよ。熟年離婚する前に俺は死んじゃうと思う。こんな飲み方をしているんだから」と、インタビュー中もお客さんからごちそうになった、ショットグラスに入ったテキーラを一気飲みする翔平さん。

 デキ婚は離婚率が高い説がありますし、「翔平さんがカウンターに立つ日にバーへ行きたい」と、彼を人として慕っている筆者は、いろいろ心配です。

(※1)SeeDNA法医学研究所のHPによると、DNA鑑定は妊娠7週目から鑑定が可能とのこと。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ