夫婦仲ビミョーで離婚したいけど…大人婚2つだけ後悔なし!

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-29 06:00
投稿日:2020-12-29 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

たった1回の行為で妊娠→男として責任を取るために結婚

「この結婚に悔いなし?」
「この結婚に悔いなし?」

case5-3.武田翔平さん(仮名/48歳)

 35歳で独立してバーの経営に着手した武田翔平さん(仮名/48歳)は、40歳のときに15歳年下の美香さん(仮名)と結婚しました。前々回前回ではふれませんでしたが、結婚したきっかけは奥様の妊娠。デキ婚です。翔平さんは、「相手とは結婚する気はなかったし、今でも離婚したいと思うことがある」と言います(筆者がたまにお伺いするバーのマスターなので、翔平さんのコメントはお友達口調とさせていただきます)。

「たった1回でデキちゃったんだから、『ウソでしょ!?』って最初は信じられなくてさ。『本当に俺の子?』って聞いたよ。店の常連客(男性)にも『自分が費用を出すから、DNA鑑定(※1)をしたほうがいいよ』って言われたもん(笑)。

 でも、相手は『絶対に堕ろさない。独りで産んで育てる』って言い張るだけ。

 シングルマザーに育てられた家庭環境が影響していたのかもしれないけど、『今は結婚とかマジで無理だから』と伝えても、『産む』の一点張り。

 自分の子どもかはわからないけど、心配だからちょくちょく様子を見に行くと、どんどんお腹が大きくなっていく。相手は働けないから俺が生活費を渡していたんだけど、もう堕ろせない段階で観念したの。

 もうすぐ出産する女性に非道な仕打ちはできない。腹をくくろうって。で、自分から『結婚しますか……』って、切り出した」

子ども“だけ”がかすがいの関係に…

「本当に怒らない?」って聞いたのにやっぱり激怒(写真:iStock)
「本当に怒らない?」って聞いたのにやっぱり激怒 (写真:iStock)

「美香さんの粘り勝ちですね」と言うと、「そう。子どもができていなかったら絶対に結婚していなかった」と答えます。

 翔平さんは、元格闘家の魔娑斗さん似の男前で、女性が好みそうな適度な筋肉質体型。接客態度もソフトで、常連男性によれば「結婚前は、翔平さん目当ての女性客が大勢いた」とのこと。

 モテ男です。モテ男を「結婚するしかない」と降参させるためには、デキ婚が近道なのかも!? 

40代50代の大人婚」は、子づくりがマストではありませんが、翔平さんは「責任をとって結婚するのであれば、相手の年齢は関係なかった」と言っていました。

 ただし、ご夫妻は「子はかすがい(子どもが夫婦の縁を保ってくれるということのたとえ)」ではなく、「子“だけが”かすがい」の関係になっているようで……。

「俺、結婚してから一度も浮気はしていないのね。

 女性のお客さんとは、お店が終わってから飲みに行くだけ。カラダの関係は一切ないし、相手は家で子育てをしているのに、なぜかバレちゃうの。

 だから、『本当に怒らない?』って全部白状すると、激怒される。お菓子の詰め合わせが入ったアルミ缶で、頭をバコーンと殴られたりもしたよ(笑)。

 寝ているとき、馬乗りになられて『私のこと、愛してないんでしょう!?』って、首根っこをつかまれて揺さぶられたこともあるし。相手が怒っているときはね、俺、子どもに『助けてー!』って言うの。3人の子どもに向かって」

離婚したい夫婦関係でも子どもは3人…「愛情と性欲は別」

離婚しようと本気で思っていたはずが…(写真:iStock)
離婚しようと本気で思っていたはずが… (写真:iStock)

 えっ、3人? 「今でも離婚したいと思うことがある」のに??? しかも、3人目のお子さんは取材当時まだ2歳。ということは、出産前の十月十日前には……。

「男は相手に愛情を持っているかどうかと、そういう欲は別なんだよ(笑)。俺、1人目が生まれたあとは本気で離婚しようと思っていたのね。だから避妊具を装着して行為をしようとしたら、外されちゃったの。『ひとりっ子じゃあの子がかわいそうでしょう! きょうだいをつくるの!!』って言われて。

 3人目は流れというか、諦念かな。3人で“打ち止め”だけど」

「子どもが成人して巣立ったら会話のない夫婦になると思うよ。熟年離婚する前に俺は死んじゃうと思う。こんな飲み方をしているんだから」と、インタビュー中もお客さんからごちそうになった、ショットグラスに入ったテキーラを一気飲みする翔平さん。

 デキ婚は離婚率が高い説がありますし、「翔平さんがカウンターに立つ日にバーへ行きたい」と、彼を人として慕っている筆者は、いろいろ心配です。

(※1)SeeDNA法医学研究所のHPによると、DNA鑑定は妊娠7週目から鑑定が可能とのこと。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ