夫婦仲ビミョーで離婚したいけど…大人婚2つだけ後悔なし!

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-29 06:00
投稿日:2020-12-29 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

たった1回の行為で妊娠→男として責任を取るために結婚

「この結婚に悔いなし?」
「この結婚に悔いなし?」

case5-3.武田翔平さん(仮名/48歳)

 35歳で独立してバーの経営に着手した武田翔平さん(仮名/48歳)は、40歳のときに15歳年下の美香さん(仮名)と結婚しました。前々回前回ではふれませんでしたが、結婚したきっかけは奥様の妊娠。デキ婚です。翔平さんは、「相手とは結婚する気はなかったし、今でも離婚したいと思うことがある」と言います(筆者がたまにお伺いするバーのマスターなので、翔平さんのコメントはお友達口調とさせていただきます)。

「たった1回でデキちゃったんだから、『ウソでしょ!?』って最初は信じられなくてさ。『本当に俺の子?』って聞いたよ。店の常連客(男性)にも『自分が費用を出すから、DNA鑑定(※1)をしたほうがいいよ』って言われたもん(笑)。

 でも、相手は『絶対に堕ろさない。独りで産んで育てる』って言い張るだけ。

 シングルマザーに育てられた家庭環境が影響していたのかもしれないけど、『今は結婚とかマジで無理だから』と伝えても、『産む』の一点張り。

 自分の子どもかはわからないけど、心配だからちょくちょく様子を見に行くと、どんどんお腹が大きくなっていく。相手は働けないから俺が生活費を渡していたんだけど、もう堕ろせない段階で観念したの。

 もうすぐ出産する女性に非道な仕打ちはできない。腹をくくろうって。で、自分から『結婚しますか……』って、切り出した」

子ども“だけ”がかすがいの関係に…

「本当に怒らない?」って聞いたのにやっぱり激怒(写真:iStock)
「本当に怒らない?」って聞いたのにやっぱり激怒 (写真:iStock)

「美香さんの粘り勝ちですね」と言うと、「そう。子どもができていなかったら絶対に結婚していなかった」と答えます。

 翔平さんは、元格闘家の魔娑斗さん似の男前で、女性が好みそうな適度な筋肉質体型。接客態度もソフトで、常連男性によれば「結婚前は、翔平さん目当ての女性客が大勢いた」とのこと。

 モテ男です。モテ男を「結婚するしかない」と降参させるためには、デキ婚が近道なのかも!? 

40代50代の大人婚」は、子づくりがマストではありませんが、翔平さんは「責任をとって結婚するのであれば、相手の年齢は関係なかった」と言っていました。

 ただし、ご夫妻は「子はかすがい(子どもが夫婦の縁を保ってくれるということのたとえ)」ではなく、「子“だけが”かすがい」の関係になっているようで……。

「俺、結婚してから一度も浮気はしていないのね。

 女性のお客さんとは、お店が終わってから飲みに行くだけ。カラダの関係は一切ないし、相手は家で子育てをしているのに、なぜかバレちゃうの。

 だから、『本当に怒らない?』って全部白状すると、激怒される。お菓子の詰め合わせが入ったアルミ缶で、頭をバコーンと殴られたりもしたよ(笑)。

 寝ているとき、馬乗りになられて『私のこと、愛してないんでしょう!?』って、首根っこをつかまれて揺さぶられたこともあるし。相手が怒っているときはね、俺、子どもに『助けてー!』って言うの。3人の子どもに向かって」

離婚したい夫婦関係でも子どもは3人…「愛情と性欲は別」

離婚しようと本気で思っていたはずが…(写真:iStock)
離婚しようと本気で思っていたはずが… (写真:iStock)

 えっ、3人? 「今でも離婚したいと思うことがある」のに??? しかも、3人目のお子さんは取材当時まだ2歳。ということは、出産前の十月十日前には……。

「男は相手に愛情を持っているかどうかと、そういう欲は別なんだよ(笑)。俺、1人目が生まれたあとは本気で離婚しようと思っていたのね。だから避妊具を装着して行為をしようとしたら、外されちゃったの。『ひとりっ子じゃあの子がかわいそうでしょう! きょうだいをつくるの!!』って言われて。

 3人目は流れというか、諦念かな。3人で“打ち止め”だけど」

「子どもが成人して巣立ったら会話のない夫婦になると思うよ。熟年離婚する前に俺は死んじゃうと思う。こんな飲み方をしているんだから」と、インタビュー中もお客さんからごちそうになった、ショットグラスに入ったテキーラを一気飲みする翔平さん。

 デキ婚は離婚率が高い説がありますし、「翔平さんがカウンターに立つ日にバーへ行きたい」と、彼を人として慕っている筆者は、いろいろ心配です。

(※1)SeeDNA法医学研究所のHPによると、DNA鑑定は妊娠7週目から鑑定が可能とのこと。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ