脱いだ作家を守るために…作品を山に埋めた編集者の話 #2

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-12-30 09:17
投稿日:2020-12-28 06:00
ヌードがきっかけで…(写真:iStock)
ヌードがきっかけで… (写真:iStock)

 自分の作品がヘアヌードブームに引っかかることも、世間はこんなにエロが好きで、女性のヌード=男性の下半身への奉仕物、と見なしているということも、ささやかに好きな歌を歌っていた私には余所の世界のことでした。

 でも、私の作品はヌード写真を主にぽつぽつとメディアに取り上げられるようになり、そうなると事務所もレコード会社も、話題になる流れに乗りました。

「これからは、男が勃つような歌だけをつくるように」「テレビ出演やインタビュー時は、普段着もエロい格好をして、セックス好きの女として振る舞うように」「エロいPVをつくりましょう」

 決して悪い人たちではなく、仕事をするなら当然の考え方です。また、彼らにとって「脱ぐこと=エロが好きな女orエロを利用して売れたい女」なので、双方にとって良いやり方であるこの方向に、私が逆う理由がわかりません。

 仕事をするたびに軋轢が生まれるようになりました。

 気づけば私の作品は私も出版社も手の及ばないところで、既存のエロ商売ベースに乗せられ、数点のヌード写真がエロコンテンツとして消費されるようになっていました。

自分の作品にどんどんエロを(写真:iStock)
自分の作品にどんどんエロを (写真:iStock)

 つくづく人間は多面的な生き物です。

 インディーズミュージシャンが見る世界と、脱いだ女が見る世界は、同じ場所、同じ人間が相手でも、まったく違っていました。

「私は卑屈で傲慢だった」との坂口安吾の言葉を噛み締めるばかりですが、この流れになった以上、泳ぎきるしかありません。

 私はエロの表現は好きですが、価値観も性癖も違う他人の消費物になるのは職能が違います。

 でも、契約や仕事上の責任はあるし、なにより仕事は続けたかったので、この流れになった以上、6年間は辞めずに頑張ろうと決めました。

 正直、腹が立ったり惨めな気持ちになることもありましたが、良かったことは、エロを消費する側ではない、エロの世界で生きている表現者たちと出会えたことです。緊縛師、写真家、AV監督、女優、男優、執筆家etc。

 成り行きとは人生の最大の理由であるもので、私は自分の作品に、エロをどんどん取り入れていきました。

 仕事の方針は、ヌードの仕事は大きな話でも断り、脱ぐのは自分の作品でのみ。その作品もライブも、お客さんは人数限定の完全予約制。

 表現者が受け手を選ぶやり方があってもいいと思います。私は半端に興味を持つ人たちが私を忘れ、枷が取れるのを待ちながら、世界を狭くディープにしていきました。

社長は行方不明に…(写真:iStock)
社長は行方不明に… (写真:iStock)

 そんな私を、K社長が本当のところ、どう思っていたのか。

 連絡を取り合うことがあれば、社長は、次の作品をつくりましょう、と言ってくれました。

 私のほうは、彼の仕事に汚点をつけたような罪悪感を持っており、6年後に、どんな自分を築けているかを見定めてから、次の作品の話をさせていただこうと思っていました。

 ですが、3年も経たずに、まさかの知らせが届きました。K社長の会社が倒産し、その上、社長が行方不明だというのです。K社長が投資していた外国の友人が失脚し、社長はブラックな組織を含む債権者に追われる身となっていたのでした。 

 この投資も、周囲の人たちには、気持ちはわかるが関わらないほうが安全だ、と反対する人が多くいました。日本とは事情の違う国の話です。

 ですが社長は自分の信念でその友人の活動を応援しており、このような結果になっても、後悔は微塵もなかったと思います。そして、社長は命をも危ぶまれる危険な状況に陥っていました。

 次回に続きます。

ライフスタイル 新着一覧


燃えるように美しい…炎の花「グロリオサ」の簡単アレンジ法
 ワタクシ、残念ながら子供に恵まれず、子供がいないゆえ他人の子供を可愛がっております。花屋とお花の講師をしていますが、生...
職場や取引先で「パワハラ交際」を強要される女性たちの葛藤
 職場の上司や取引先の人に気に入られたら、どうしますか? 仕事上メリットがあるかもしれないと思うし、仕事関係の人に無下な...
なぜ“にゃんたま”を撮り続ける?カメラマンの気持ちいい瞬間
 私はなぜ、にゃんたまωを撮り続けるのか?  きっと、にゃんたまを撮影している時が一番「集中力」が高まるから。 ...
6月21日~6月27日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ママ友より平和!猫のおかあさんになって変わった交友関係
 猫が来てから、人がうちに遊びに来るようになりました(引っ越して我が家が最寄り駅から近くなったことも理由かもしれませんが...
父の日に読みたい♪ お父さんの不器用でも愛を感じるLINE5選
 家では威厳のある態度を見せているのに、LINEでは、なんだか可愛く見えてしまうお父さんたち。なぜか、どのお父さんのLI...
隠す必要なし! 自分の弱さを正直に吐き出す大きなメリット
 あなたは他人からどう思われたいですか? もしかしたら、現実の自分より良く見せたいと思っている人もいるかもしれません。で...
戦士のつかの間の休息…ワイルド“にゃんたま”をこっそり激写
 この島で暮らすにゃんたま君たちはみんな戦士。強くなればなるほど縄張りエリアは拡大し、パトロールにも体力を要します。 ...
運命変わる土用の丑の日に…金運UPの花「アナベル」の育て方
「今日は何を買おうかな~」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋、仕入れるお花の選定のため、最寄りの花市場にワタクシほぼ...
鎌倉大仏に手を合わせる 2021.6.16(水)
 長らくご無沙汰していた鎌倉大仏にご挨拶に行ってきました! お天気にも恵まれて、大仏様を拝んでいるとパワーをもらった気が...
“推し活=オタク”なんて古い! 推しの種類&得られるメリット
 実は今、年代問わず“推し活”をする人が増えてきています。推し活というと「暗い」「オタク」といったネガティブなイメージを...
6月14日~6月20日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
うらめしポーズでごめんにゃさい…ツボ刺激中の“にゃんたま”
 きょうは、電池切れ……? うらめしポーズのにゃんたまω君に出逢いました。  こんなにゃんたま君が道に落ちていたら...
相模原北公園で雨上がりの紫陽花を愛でる 2021.6.14(月)
 雨は大嫌いだけど紫陽花は好きです。とある日曜日に、紫陽花見物としゃれこんでみました。
のめり込んでない? 占いや風水との“上手な付き合い方”って
 例えば好きな人と別れてしまったり、仕事がうまくいかない日が続いた時、自分の運気を調べた経験はありませんか? 私はけっこ...
猫飼いたいけどお金が心配…固定費用は?ペット保険は必要?
「猫を飼うのにどのくらいお金がかかるの?」とたまに聞かれますので、改めてまとめてみようと思います(野良猫譲渡時のお迎え費...