脱いだ作家を守るために…作品を山に埋めた編集者の話 #2

うかみ綾乃 小説家
更新日:2020-12-30 09:17
投稿日:2020-12-28 06:00
ヌードがきっかけで…(写真:iStock)
ヌードがきっかけで… (写真:iStock)

 自分の作品がヘアヌードブームに引っかかることも、世間はこんなにエロが好きで、女性のヌード=男性の下半身への奉仕物、と見なしているということも、ささやかに好きな歌を歌っていた私には余所の世界のことでした。

 でも、私の作品はヌード写真を主にぽつぽつとメディアに取り上げられるようになり、そうなると事務所もレコード会社も、話題になる流れに乗りました。

「これからは、男が勃つような歌だけをつくるように」「テレビ出演やインタビュー時は、普段着もエロい格好をして、セックス好きの女として振る舞うように」「エロいPVをつくりましょう」

 決して悪い人たちではなく、仕事をするなら当然の考え方です。また、彼らにとって「脱ぐこと=エロが好きな女orエロを利用して売れたい女」なので、双方にとって良いやり方であるこの方向に、私が逆う理由がわかりません。

 仕事をするたびに軋轢が生まれるようになりました。

 気づけば私の作品は私も出版社も手の及ばないところで、既存のエロ商売ベースに乗せられ、数点のヌード写真がエロコンテンツとして消費されるようになっていました。

自分の作品にどんどんエロを(写真:iStock)
自分の作品にどんどんエロを (写真:iStock)

 つくづく人間は多面的な生き物です。

 インディーズミュージシャンが見る世界と、脱いだ女が見る世界は、同じ場所、同じ人間が相手でも、まったく違っていました。

「私は卑屈で傲慢だった」との坂口安吾の言葉を噛み締めるばかりですが、この流れになった以上、泳ぎきるしかありません。

 私はエロの表現は好きですが、価値観も性癖も違う他人の消費物になるのは職能が違います。

 でも、契約や仕事上の責任はあるし、なにより仕事は続けたかったので、この流れになった以上、6年間は辞めずに頑張ろうと決めました。

 正直、腹が立ったり惨めな気持ちになることもありましたが、良かったことは、エロを消費する側ではない、エロの世界で生きている表現者たちと出会えたことです。緊縛師、写真家、AV監督、女優、男優、執筆家etc。

 成り行きとは人生の最大の理由であるもので、私は自分の作品に、エロをどんどん取り入れていきました。

 仕事の方針は、ヌードの仕事は大きな話でも断り、脱ぐのは自分の作品でのみ。その作品もライブも、お客さんは人数限定の完全予約制。

 表現者が受け手を選ぶやり方があってもいいと思います。私は半端に興味を持つ人たちが私を忘れ、枷が取れるのを待ちながら、世界を狭くディープにしていきました。

社長は行方不明に…(写真:iStock)
社長は行方不明に… (写真:iStock)

 そんな私を、K社長が本当のところ、どう思っていたのか。

 連絡を取り合うことがあれば、社長は、次の作品をつくりましょう、と言ってくれました。

 私のほうは、彼の仕事に汚点をつけたような罪悪感を持っており、6年後に、どんな自分を築けているかを見定めてから、次の作品の話をさせていただこうと思っていました。

 ですが、3年も経たずに、まさかの知らせが届きました。K社長の会社が倒産し、その上、社長が行方不明だというのです。K社長が投資していた外国の友人が失脚し、社長はブラックな組織を含む債権者に追われる身となっていたのでした。 

 この投資も、周囲の人たちには、気持ちはわかるが関わらないほうが安全だ、と反対する人が多くいました。日本とは事情の違う国の話です。

 ですが社長は自分の信念でその友人の活動を応援しており、このような結果になっても、後悔は微塵もなかったと思います。そして、社長は命をも危ぶまれる危険な状況に陥っていました。

 次回に続きます。

ライフスタイル 新着一覧


“お母さんからのLINEあるある”8選!なんでそうなった!?
 一生懸命、スマホを操作するお母さんの姿は、見ていてほっこりしますよね。でも、送られてくるLINEの内容は本当に不思議!...
説得力や根拠じゃない!自分の意見を伝える時に大切なこと
「どう思う?」「なぜそう感じるの?」と言った意見を求められる場面は少なくありません。職場であればなおさらでしょう。そんな...
こんなの見たことない!今年にピッタリなウシ柄“にゃんたま”
 今年はうし年?な、にゃんたま様に出逢いました。  こんな白黒猫の柄、見たことない! 頭部は綺麗なハチワレ模様であ...
香りで癒されたい貴方にオススメ!洋ランの女王「カトレア」
 とある著名な女性霊能者にお会いしたときのお話でございます。  散歩しているだけで地縛霊に取り憑かれる、いわゆる憑...
1月18日~1月24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
見極めて! 性格が悪い女性の特徴&上手に付き合うポイント
 学校や会社など、必ずひとりは「性格が悪いかも?」と思う女性っていますよね。「苦手だな……」と思っても無視するわけにいか...
まるで栗まんじゅう!冬空に映える“にゃんたま”君で妄想する
 ニャンタマニアのみなさま、きょうは、栗まんじゅうなにゃんたま君です。  栗まんじゅうといえば、ドラえもんの道具で...
無印良品の歯ブラシをレポート!シンプルで暮らしもスッキリ
 無印良品のアイテムは、シンプルでどんなテイストのお部屋にも馴染んでくれますよね。おうち時間が長い今、毎日の生活を少しだ...
LINEで誤爆…爆笑から修羅場まですぐ削除したい内容9選
 連絡ツールとして多くの人が使っているLINEですが、2017年12月13日に送信取り消し機能が追加されました。でも、送...
自信のない人が“自己肯定感”を高めるために今すぐできること
 自分に自信がない人やHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の傾向にある人は、自己肯定感が低い人が少なくないかもしれ...
汚れた手足と可愛いお顔“にゃんたま”のギャップにきゅんです
 冷たい北風を避けて、陽だまりでコロンコロン♪のにゃんたま君。  外猫ならではの汚れた手足に甘えん坊な顔立ち。この...
金運UPにも効果大! 女性の守護神に捧げる“マーガレット”
 ある年の年末、猫店長「さぶ」率いるわがお花屋さんに一人の男性客からお花のご注文の電話がございました。  この男性...
iPhone&Amazonユーザー必見! 2021年に見直したいIT節約術
 ITと聞くと、特に女性は「難しそう……」と思ってしまう人が多いかもしれません。SNSを活用したお仕事をしている私もわか...
陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君…真っ直ぐな視線の先は
 きょうは、陽を浴びて輝く毛並み、目が離せないにゃんたま君に出逢いました。  立派なにゃんたまωを見せつける男気は...
1月11日~1月17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
おうち時間を豊かに!初心者に勧める芳香浴とアロマオイル
 再びおうち時間が増えてきた今、自宅での時間を豊かにするなら、アロマオイルを活用するのもおすすめです。日本でもなじみが深...