クイズに弱いと彼女失格?叶わなかったイケメン東大生との恋

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-12-29 06:00
投稿日:2020-12-29 06:00
 東大生との恋ーー。それは、女性なら誰もが一度はしてみたい恋かもしれません。実際に婚活市場では、東大出身の男性との結婚を本気で目指している女性もいますし、最近ではテレビでも東大生の番組がいくつもあって、その人気度がうかがえますね。

東大生の彼との会話を盛り上げるのは“簡単”だった

婚活市場で大人気の東大生(写真:iStock)
婚活市場で大人気の東大生 (写真:iStock)

「私も付き合えると思ったのに……あの一言に後悔してもしきれません」

 そう悔やんでいるのは、旅行会社に勤める美咲さん(仮名・24歳)。

 職場の後輩に連れて行ってもらった飲み会で、当時現役東大生だったAくん(22歳)と出会い、その場でかなり意気投合。Aくんの風貌はどことなく吉沢亮に似た感じのイケメンだったそうで、美咲さんは俄然気合いが入ったことは言うまでもないでしょう。

 女子大出身の美咲さんは合コンにもかなり慣れていたため、Aくんが喜びそうな質問をして会話を盛り上げることは“簡単だった”と言います。受験の時の話や、いま大学で専攻している内容、将来の展望など、色々と聞いて、話してくれたそうです。

 恋愛の話になると、Aくんが「年上の女性と付き合ってみたい」とも言っていたそうで、まさしく二人の恋はいい感じに。

 一次会、二次会と二人は隣の席に座って、仲を深めていたそうです。

「絶対イケる! と思っていました。あの時までは……」

と、俯く美咲さん。一体何があったのでしょうか。

クイズに答えられるかが明暗を分ける?

苗字?なんだっけ?(写真:iStock)
苗字?なんだっけ? (写真:iStock)

 二次会まで盛り上がった飲み会も、そろそろ終電が近い時間となり、みんなで電車に乗り込みました。そこで、美咲さんとAくんは連絡先交換をして「また会いましょう」という会話をしていたそうです。

 ところが、次の停車駅で美咲さんが降りるというタイミングで、事件は起こったといいます。

「そういえば、僕の苗字って覚えてる?」と、唐突にAくんが質問してきました。

 しかし美咲さんは覚えておらず、「えっと、何だっけ?」と返したのです。

 すると、Aくんは途端に不機嫌になり、「何だよ、覚えてないんだ!」と怒ってしまいました。

 たしかに飲み会の冒頭で自己紹介したときに、Aくんは苗字を名乗っていたけれど……お酒も入っていたし、それまでの会話では「Aくん」「美咲さん」と呼び合っていたので、美咲さんは正直苗字を覚えていなかったのです。

「苗字を聞かれて答えられなかった後から、次の停車駅に着くまでの沈黙は、地獄のような時間でしたね」と美咲さんは悲痛な表情を浮かべます。

 次の停車駅で美咲さんは降りて、一応手を振って別れたものの……。

 その後、美咲さんからLINEを送ってみましたが、Aくんからは淡白な挨拶文が来たのみで、それっきり連絡を取ることはなかったそうです。

「私が質問に答えられなかったのが悪いんです。東大生の彼女になれるレベルはなかったと烙印を押されたような感覚ですが、もうあの時には戻れないので」と、美咲さんは苦笑いをしていました。

 東大生と付き合うためには、彼からのクイズに答えられることが必須なのかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...