クイズに弱いと彼女失格?叶わなかったイケメン東大生との恋

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-12-29 06:00
投稿日:2020-12-29 06:00
 東大生との恋ーー。それは、女性なら誰もが一度はしてみたい恋かもしれません。実際に婚活市場では、東大出身の男性との結婚を本気で目指している女性もいますし、最近ではテレビでも東大生の番組がいくつもあって、その人気度がうかがえますね。

東大生の彼との会話を盛り上げるのは“簡単”だった

婚活市場で大人気の東大生(写真:iStock)
婚活市場で大人気の東大生 (写真:iStock)

「私も付き合えると思ったのに……あの一言に後悔してもしきれません」

 そう悔やんでいるのは、旅行会社に勤める美咲さん(仮名・24歳)。

 職場の後輩に連れて行ってもらった飲み会で、当時現役東大生だったAくん(22歳)と出会い、その場でかなり意気投合。Aくんの風貌はどことなく吉沢亮に似た感じのイケメンだったそうで、美咲さんは俄然気合いが入ったことは言うまでもないでしょう。

 女子大出身の美咲さんは合コンにもかなり慣れていたため、Aくんが喜びそうな質問をして会話を盛り上げることは“簡単だった”と言います。受験の時の話や、いま大学で専攻している内容、将来の展望など、色々と聞いて、話してくれたそうです。

 恋愛の話になると、Aくんが「年上の女性と付き合ってみたい」とも言っていたそうで、まさしく二人の恋はいい感じに。

 一次会、二次会と二人は隣の席に座って、仲を深めていたそうです。

「絶対イケる! と思っていました。あの時までは……」

と、俯く美咲さん。一体何があったのでしょうか。

クイズに答えられるかが明暗を分ける?

苗字?なんだっけ?(写真:iStock)
苗字?なんだっけ? (写真:iStock)

 二次会まで盛り上がった飲み会も、そろそろ終電が近い時間となり、みんなで電車に乗り込みました。そこで、美咲さんとAくんは連絡先交換をして「また会いましょう」という会話をしていたそうです。

 ところが、次の停車駅で美咲さんが降りるというタイミングで、事件は起こったといいます。

「そういえば、僕の苗字って覚えてる?」と、唐突にAくんが質問してきました。

 しかし美咲さんは覚えておらず、「えっと、何だっけ?」と返したのです。

 すると、Aくんは途端に不機嫌になり、「何だよ、覚えてないんだ!」と怒ってしまいました。

 たしかに飲み会の冒頭で自己紹介したときに、Aくんは苗字を名乗っていたけれど……お酒も入っていたし、それまでの会話では「Aくん」「美咲さん」と呼び合っていたので、美咲さんは正直苗字を覚えていなかったのです。

「苗字を聞かれて答えられなかった後から、次の停車駅に着くまでの沈黙は、地獄のような時間でしたね」と美咲さんは悲痛な表情を浮かべます。

 次の停車駅で美咲さんは降りて、一応手を振って別れたものの……。

 その後、美咲さんからLINEを送ってみましたが、Aくんからは淡白な挨拶文が来たのみで、それっきり連絡を取ることはなかったそうです。

「私が質問に答えられなかったのが悪いんです。東大生の彼女になれるレベルはなかったと烙印を押されたような感覚ですが、もうあの時には戻れないので」と、美咲さんは苦笑いをしていました。

 東大生と付き合うためには、彼からのクイズに答えられることが必須なのかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


プロポーズ間近かも? 彼の気持ちがわかる「3つのポイント」
 彼は結婚するつもりがあるのかどうかは、恋愛中の女性ならどうしても気になってしまうところ。彼が将来のことを考えているのか...
内藤みか 2021-10-28 06:00 ラブ
会えない時間に対する男女の違い&会いたい女性になるコツ♡
 女性は、好きな男性と会えない時間が増えてくると、「彼はもう私のこと好きじゃないのかな……」と、そんなふうに感じる人も多...
恋バナ調査隊 2021-10-28 06:00 ラブ
「終わらせたい…」ズルズル続いてしまった不倫をやめる方法
「不倫なんて良くない」と頭では分かっていながら続けてしまったこの恋。もうやめたいなと思っても、なかなかやめるタイミングや...
若林杏樹 2021-10-27 06:00 ラブ
あなたは甘え上手or甘え下手? 6つの特徴&原因から診断!
 あなたは人に甘えることに対して、どんな考えを持っていますか? もしも甘え下手なタイプなら、「人に甘えるのは弱い証拠」「...
恋バナ調査隊 2021-10-27 06:00 ラブ
彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ