恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-13 06:29
投稿日:2021-01-13 06:00
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことってありますよね。そこで今回は、女性が思わず「胸キュン」してしまう男性の言動をご紹介します。今回の記事を読んで、思い浮かぶ「特定の男性」がいるなら、あなたの恋はもう始まっているかもしれませんよ。

女性が思わず“胸キュン”する男性の5つの行動

 モテる男性は、女性を「胸キュン」させる恋愛テクニックを持っているもの。まずはじめに、女性が思わず「胸キュン」してしまう男性の行動を見ていきましょう。

1. 重い荷物を持ってくれた時

 女性が重い荷物を持とうとしている時に、さりげなく荷物を持ってくれる男性の優しさに、思わず「胸キュン」してしまった経験がある女性は多いでしょう。今まで恋愛対象ではなかったのに、急に「男らしさ」を感じて意識するようになるかもしれません。

 また、腕まくりをした時の、腕の筋肉や血管も女性が「胸キュン」してしまうポイントですね。

2. 自然と車道側を歩いてくれた時

 二人で歩いている時に自然と車道側を歩いてくれる時も、女性が思わず「胸キュン」してしまう瞬間!

 こういった行動ができる男性は、いつも周囲に気を遣える人。常日頃から「女性のことを守る」という気持ちがある、優しくて紳士的な男性である可能性が高いでしょう。

3. 軽いスキンシップがあった時

「頑張ってね」と軽く肩に手を置かれたり、「お疲れ様」と頭をポンポンされたり……。女性は気になる男性や憧れの先輩にスキンシップされると、ドキドキしてしまうものです。

 下心丸出しでベタベタされるのは絶対に嫌でも、爽やかに軽いスキンシップをされると、つい「胸キュン」してしまいますね。

4. 開けにくい蓋を開けてくれた時

 少々力は必要ですが、実は誰でも簡単に開けられる缶ジュースやペットボトル。自分で開けられることを理解していながら、あえて蓋を開けて渡してくれる優しさに「胸キュン」してしまう女性は少なくないはず!

 蓋を開けてもらっただけなのに、何だか男性に「女子扱い」された感じで嬉しくなりますよね。女性が喜ぶことを先回りしてできる男性は、間違いなくモテる男性です。

5. 高い所の物をさっと取ってくれた時

  高い所にある物を取ろうとしている時に、何も言わずにさっと取ってもらうシチュエーションに憧れを抱いている女性も多いでしょう。実際に、このドラマみたいな場面を経験した人も多いはずです。

 特にいつもしっかりしていたり、強がってしまう女性に限って、男性に助けてもらうと「胸キュン」してしまうそうですよ。

女性が思わず“胸キュン”してしまう男性の4つの言葉

 続いては、女性が思わず「胸キュン」してしまう男性の言葉を見ていきましょう。どれも言われたら、ついニヤニヤしてしまう言葉ばかり。ぜひ、気になる彼に言われた場面を想像しながら読んでみてくださいね♡

1. 「早く会いたいな」

 社会人カップルは、お互い仕事で忙しくてなかなか会えないこともありますよね。そんな時、「早く会いたいな」と言われると、彼にとって自分が特別な存在だということを再認識できます。

 男性が女性に「早く会いたい」と言う時は、会えない寂しさや愛おしさを感じている証拠。もし、彼からこの言葉を言われたら、あなたに本気で惚れていると思って良いでしょう。

2. 「声が聞きたい」

 最近では、コミュニケーションのほとんどが「LINE」という人も多いはず。そんな中、あえて「声が聞きたい」と思ってもらえるのは、女性にとってとても嬉しいことでしょう。

 気軽にできるLINEと違って、電話は少しハードルが高いもの。もし、気になる彼があなたに電話をかけてくるのであれば、脈アリの可能性大ですよ。

3. 「可愛いから心配だよ」

 男性は意外と独占欲が強いため、気になる女性がほかの男性に取られるのではないかと不安に感じるもの。

「可愛いから心配だよ」なんて、付き合っている彼氏や気になっている男性に言われたら、思わず「胸キュン」してしまう女性も多いでしょう。

4. 「ちゃんと家に着いた?」

 デートや飲み会の後などに、「ちゃんと家に着いた?」と連絡が来ると、彼が自分のことを心配してくれている気持ちが伝わって、つい「胸キュン」してしまいますよね。

 男性は面倒くさがりな人が多いので、本気で大切に思っている女性以外にいちいち家に着いたか確認することは少ないです。ただし、普段からマメなタイプである可能性もあるので、彼との距離感をしっかり見極めてくださいね。

恋愛の“胸キュン”で素敵な女性になろう♡

 女性は「恋をするとキレイになる」と言われていますが、その理由は「胸キュン」することで脳が刺激されて、キレイになる美のホルモンが分泌されるからだそうです。

 とはいえ、素敵な恋をするためには、自分磨きが必須! 外見も内面も磨きつつ、胸キュン効果を最大限に生かして、彼に愛される女性になってくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?
彼が『石丸伸二氏』『ひろゆき氏』推し、論破系男子との結婚でうまくいく女性と回避法は?
 7日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー“七夕決戦”都知事選SP」に出演した元乃木坂46の山崎怜奈(27)と、都知事選で...
「子供ができた♡」図々しい不倫女に怒り心頭!妻が震えた驚愕LINE10通
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫…。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら、...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
離婚を思いとどまった“子供の一言”、反対されて改めて気づくことがある。
 ちょうど今「夫とはもう暮らせないな…」と離婚を考えている女性もいるでしょう。でももし子供がいるなら、ぜひ子供の意見も聞...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
これぞ港区女子が生きる術か。ボンビー女が港区おぢ経営者に口説かれた話
 筆者は都心から外れたアパートに住む「そこらへんの女」だが、ボンビーなくせに実業家の知り合いが多い。港区のタワマンで行わ...
時短美容協会 2024-07-09 06:00 ラブ
夫に料理任せたら、夕飯あるのに餃子を買ってくる男のナゾに答えが見えた
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  我が家で...
豆木メイ 2024-07-09 06:00 ラブ
不倫カップルの倦怠期はチャンス? よりよい未来を選ぶためにしたいこと
 不倫カップルの多くは、妻や夫に隠れて恋愛のスリルや刺激を味わっていますが、不倫カップルといえども、ときめきはいつか冷め...
7人目説は本当?何人目の彼氏と結婚すれば幸せになれるか、先輩妻に聞く
 幸せな結婚生活を送っている女性を見て「付き合って何人目の彼氏と結婚したの?」と気になることはありませんか? 実際のとこ...
子供部屋おじさんあるある5選にゾゾッ!実家男を彼氏にすると厄介かも…
「彼氏が実家住みなんだけど、もしかして話題の子供部屋おじさん…?」と不安になっている方、集合!  今回は、子供部屋おじ...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
「全部承知の上だから…」芸能人さえ沼らせるプロ彼女のLINE術3選
 テレビに出てくる芸能人と付き合えたら夢のようだと思ったことはありませんか? 実は、芸能人やタレントの卵とばかり付き合う...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
妻のシナリオ通り? 覚えのないモラハラを主張され困惑する46歳夫
「冷酷と激情のあいだvol.203〜女性編〜」では、7年間連れ添った夫が、実は自分にモラハラをしていたことに最近になって...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
「このメシ、なんでこんな味になるの?」結婚7年の集大成、モラハラ夫との離婚を急ぐ43歳妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
【写真特集】ホットパンツも高級ブランドのマフラーも“着こなす”安藤美姫
    【この写真の本文に戻る⇒】安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入...
安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入られたら?
 6月27日発売の『週刊文春』で、専任コーチを務める16歳教え子との“手つなぎデート”を報じられた元フィギュアスケート選...
夫に浮気バレ後の離婚回避術は? 初期の言動3つにすべてがかかっている
 夫に浮気がバレた時、離婚を避けたいなら「あなたのその後の言動」にすべての運命がかかっています。もし間違えた態度で接すれ...
地方都市の“女風”でイケメン率爆騰中 夢破れたヤル気ないオトコの巣窟に?
「イケメンって、年をとってイケメンじゃなくなったらどうするの?」という疑問を持つ女性はとても多いです。  そのルックス...
内藤みか 2024-07-04 06:00 ラブ