彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-18 06:00
投稿日:2021-01-18 06:00
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構ってもらえなくなったり、ひどい場合には浮気されるなんてことも……。そんな時、「仕返ししてやりたい!」と、つい思ってしまう女性は多いです。そこで今回は、彼氏へ効果的な仕返し方法や、仕返しする前に確認しておきたい気持ちについてご紹介します。

彼氏に仕返ししたい!効果的な6つの方法

仕返ししなくちゃ気がすまない!(写真:iStock)
仕返ししなくちゃ気がすまない! (写真:iStock)

 大好きだったはずの彼氏に苛立ちを覚えるというのは、寂しいことです。しかし、許し難いことをされれば、どんなに愛情があっても気持ちがすっきりしないもの。その気持ちを晴らすためには、仕返しが効果的かもしれません。

1. 溜めこんでいた思いをすべてぶちまける

 交際期間が長くなっても、思っていることをなかなか彼氏に伝えられない人はいるはず。イラっとすることがあっても、我慢している人もいるでしょう。そんな人は、どんどん苛立ちを溜めこんでいるのではないでしょうか?

 これをすっきりさせた上で交際を続けるためには、溜めこんでいる気持ちをぶちまけることが必要です。突然のことで彼はびっくりするかもしれませんが、この仕返しをすることで、はじめてあなたの気持ちに気づくことができるでしょう。

2. しばらくの間、距離をおく

 男性の中には、仕事や友達を理由に彼女をないがしろにしてしまう人がいます。彼女が寂しいと思っていても、それに気づかない人もいるでしょう。

 そんな彼氏への仕返しは、あなたから距離をおくこと。彼から連絡が来ても、すぐに返信したり、電話に出ないようにしましょう。突然、思い通りにならなくなった彼は焦り、あなたの大切さにあらためて気づくはずです。

3. 男性の影をチラつかせる

 彼氏への仕返しを考えている人の中には、「彼氏が浮気をした」という人もいるでしょう。男性の浮気というのは、いつの時代も変わらぬ悩みの一つですよね。

 そんな女好きな彼氏への仕返しには、男性の影をチラつかせるのが効果的。「彼女をほかの男に取られるかも……」という危機感を感じて、はじめてあなたの存在の大きさに気づいてくれるかもしれません。ただし、あくまでも影をチラつかせるだけで、本気の浮気はやめましょう。

4. 彼と一緒にいない楽しい時間を思い切り楽しむ

 彼氏への仕返しとして意外と効果的なのが、彼といない時間を楽しむこと。何かにつけて「忙しい」と構ってくれなかったり、ほかの女性に興味がある男性にとって、彼女が自分がいない時に楽しい時間を過ごしているというのは、面白くないものです。

「明日のデート、行けなくなった」と、もしもドタキャンされたら、「え~どうして?」と問い詰めるのではなく、「わかった! ◯◯と遊ぶからいいよ」と軽く返すことで、彼は「あれ?俺が一番では……」と、焦りや嫉妬を感じるはずです。

5. 自分磨きをしていい女になる

 大切にされていないと感じたり、彼がほかの女性に好意を抱いていることに気づいたら、彼女としては辛いものです。

 そんな時には、自分磨きで彼氏に仕返ししてやりましょう。外見だけでなく内面も磨いていい女になることで、彼は「こんなに素敵な女性が、俺の彼女だったんだ」と、今までの対応を後悔するでしょう。

6. 思い切り振る

 彼氏に傷つけられたり、裏切られた人が「彼に仕返しをしたい」と思うのは、自然なことです。そんな彼氏は、思い切り振るのが一番効果的な仕返しとなるでしょう。

 しかし、あなたに愛情が残っているのであれば、あなたにとっても辛い仕返しとなります。そのため、時間をかけて自分の気持ちを整理することが必要。見切りが付いた時に、きっぱりと振りましょう。

彼氏に仕返しする前に確認しておきたい3つの気持ち

別れることになってもいいの?(写真:iStock)
別れることになってもいいの? (写真:iStock)

 どんなに好きな相手でも、すべてがうまくいくとは限りません。時には、どうしても許せないことをされたり、言われることもあります。そんな時、あまりの怒りに「仕返ししてやりたい」と思うこともあるでしょう。

 しかし、勢いで行動してしまうと、後々後悔してしまうことも。仕返しを考えたら、まずは自分の気持ちを確認することが必要です。

1. 彼に愛情はあるのか?

 好きな人であればあるほど、嫌なことを言われたり、裏切られると傷つくものです。しかし、逆に愛情がないからこそ、腹立たしく感じることもあります。

 そのため、彼に仕返しをしたいと思った時には、まず、自分が彼に対して愛情があるのかどうかを見直してみましょう。愛情の有無によっては、仕返し方法も変わってくるはずです。

2. なぜ彼に腹が立っているのか?

 喧嘩をした時、ほんの些細なことがきっかけになることもあれば、ずっと前から根付いていた我慢が爆発することもあります。

 彼に仕返しをしようと考えたら、今、なぜ彼に腹が立っているのか考えてみましょう。冷静に考えたら、「仕事のイライラをぶつけただけだった」なんてことに気づくかもしれませんよ。

3. 別れも選択肢に入るのか?

 彼氏への仕返しは、自分自身の気持ちをすっきりさせ、彼への気づきや反省につなげるためのものではありますが、場合によっては別れに至ってしまうことがあります。

 一時の感情をすっきりさせるために行った行動が、彼の心を引き離してしまうかもしれません。仕返しは、その覚悟をもってやらなければ後々後悔することになるでしょう。

彼氏への仕返しは愛情の裏返しかも? 自分の気持ちと向き合って

後悔しない選択を(写真:iStock)
後悔しない選択を (写真:iStock)

 彼氏と喧嘩したり、浮気された人の中には、何も覚悟がないまま一時の感情で突っ走ってしまう人が少なくありません。その結果、思いがけない「別れ」を迎えることになり、後悔する人も。あなたも気づいていないだけで、「仕返ししてやる」の気持ちの裏には、愛情が隠れているかもしれませんよ。後悔しないように、自分の気持ちとしっかり向き合ってくださいね。

ラブ 新着一覧


離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ