既婚男性×独身女性の不倫カップル 本音とデメリットを解説!

リタ・トーコ ライター
更新日:2021-01-01 06:00
投稿日:2021-01-01 06:00
 不倫は“してはいけない”こと。常識ですね。「誰も幸せになれない恋」と、悪いイメージを持つ方も多いでしょう。ですが、実際のところ、不倫をしている本人たちにとっては、失うものばかりではないと多くが口を揃えて言うのです。そんな今回は、既婚男性×独身女性の不倫カップルにおける本音とデメリットをご紹介します。

【男性編】独身女性との不倫で既婚男性が抱く本音

幸せになれないとわかっていても…(写真:iStock)
幸せになれないとわかっていても… (写真:iStock)

 まずは、男性編。独身女性との不倫でどんな本音を抱いているのか見ていきましょう。

男性としての自信を取り戻せる

 既婚男性は家庭では夫として、もしくは父親として見られます。たとえ、家庭に満足をしていたとしても、男性の本能なのか「男として自分は終わってしまうのか」と、投げやりな気持ちになることもあるよう。妻と不仲であったり、家庭で虐げられているような状況であれば、なおさらその気持ちは強まるかもしれません。

 しかし、独身女性と不倫をすると、自分に夢中になって愛情を伝えてくれたり、尊敬してくれるため、男性としての自信を取り戻すことができる、という意見も少なくありません。

若い頃のような純粋な恋愛を味わえる

「結婚」という生涯続くはずの幸せですが、温かな幸せを得ると同時に「恋愛」を楽しむ機会はなくなってしまいます。それを取り戻せるのが、「不倫」だと考える既婚男性も。

 情熱的に自分に恋愛感情を持ってくれる独身女性と向き合う時、自分自身も若い頃のように純粋な恋愛を楽しんでいる気持ちになれるのでしょう。

性欲を満たせる

 不倫と性は、切り離せないもの。割り切った不倫関係であればあるほど、お互いの願望をぶつけて刺激的な行為ができるため、満足することができるのでしょう。

 特に、夫婦間の性生活がうまくいっていないと、この傾向は強まります。愛情云々よりも、単純に欲求を満たせさえすれば良いと考える既婚男性も多いようです。

ストレス発散できるため家族ともうまくやれる

 家庭では絶対に発散できないのが、家族へのストレス。これを不倫をすることで解消し、家族との関係性を上手に保つことができる、というのも、既婚男性の偽らざる本音のようです。

 しかし、不倫している独身女性にハマってしまうと、不倫相手と妻を比べるようになり、不満や不平が我慢できなくなるケースもあります。これが元で、壊すはずではなかった家庭が壊れてしまい、人生設計が狂ってしまう男性もいるでしょう。

【女性編】既婚男性との不倫で独身女性が抱く本音

彼に愛される存在でありたい(写真:iStock)
彼に愛される存在でありたい (写真:iStock)

 次に、既婚男性と不倫することで独身女性が抱いている本音についても考えてみます。

相手によってはリッチな交際ができる

 不倫をする既婚男性は、ある程度経済状況が豊かであることがほとんど。同じ年代の男性では味わうことができないようなリッチな交際ができるのがメリットだと考える独身女性は、一定数いるようです。

 高級レストランに連れて行ってもらったり、高価なプレゼントをもらったりすることで、「愛されている」と感じる方もいます。

自分磨きを怠ることがない

 既婚男性を好きになった時点で、「妻」という絶対的なライバルが存在し続けます。そのため、不倫をする独身女性は、「奥さんより好きになって欲しい」と、自分磨きを怠ることはありません。

 それに、自分磨きに逐一気づいてくれる既婚男性の存在も大きいでしょう。頻繁に褒めてくれる既婚男性のために、綺麗にい続けようと健気に頑張ってしまうのも不倫にのめり込む女性の特徴です。

常に女性として見てもらえる

 夫婦になったり、親になったりすると、お互いが「男女」を意識することは減るでしょう。だからこそ、既婚男性は独身女性に対して妻にはない魅力を感じてしまうと言います。

 将来のない不倫関係ですが、いつまで経っても女性として見てもらえることは、女性にとっては自信となります。「お金をかけてもらえること=愛されている」と、感じる女性もいるでしょう。

大きな経験になる

 不倫は法にも触れる“してはいけないこと”であるのはもちろん、好きな男性に一番の愛情を注いでもらうことができない苦しいものでもあります。

 いつか終わりを迎える不倫ですが、どんな形で終わるにせよ、独身女性にとっては大きな経験になることでしょう。

 相手に合わせること、自分を磨くこと、小さなことで喜べることが当たり前に感じられるようになるため、今後の恋愛をうまくいかせることにつながるのかもしれません。

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


情事妻のテク。不倫相手の名前を“五反田のまさかず叔父”で登録したら…
 不倫相手との連絡によく使われるLINE。でも、そのままの登録名では怪しまれてバレるのがオチ…。だからこそ、みんなありと...
恋バナ調査隊 2024-04-21 06:00 ラブ
「娘に“男”を見せたくなかった…」マチアプを悔やむ45歳シンパパの本音
「冷酷と激情のあいだvol.191〜女性編〜」では、自身の妊娠と出産を年齢的な理由で諦め、シングルファザー限定で恋人探し...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
出産は諦めたけど子は欲しい…シンパパ射止める“5秒前”、47歳独女の計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-20 06:00 ラブ
着信26件、もはやホラー! アラサー・アラフォー女性が蛙化した瞬間
「好きだったけど幻滅した!」と、好意が一気に消えてしまう“蛙化現象”。(元々は、好きになった人から好意を感じると逆に嫌悪...
恋バナ調査隊 2024-04-20 06:00 ラブ
人生狂わす男女の金銭トラブル 大谷を襲った“一平さん騒動”と次元違えど
 大谷翔平選手と水原一平さんの間で起こった金銭トラブルとは次元が異なるものの、男女間でもお金が原因の関係が破綻は少なくな...
恋バナ調査隊 2024-04-19 06:00 ラブ
年下男子とのデートは「ヌン活」に限る? 彼らを誘うと「即OK」するワケ
 アフタヌーンティーが人気です。色とりどりのスイーツとおいしいお茶を味わいながらの午後のティータイム女子会は格別な心地良...
内藤みか 2024-04-18 06:00 ラブ
自分にはお金使うくせに「ケチな男」の特徴4つ、結婚したらどうなる?
 自分の持ち物や趣味には好き勝手お金を使うのに、それ以外のことにはお金を出すのを嫌がる男、いますよね。  車がベンツで...
恋バナ調査隊 2024-04-17 06:00 ラブ
職場は心の浮気の震源地!四六時中チャット、2人きりランチ…リスクは?
 恋人がいるのに他の男性と体の関係があったら、それはガッツリ「浮気」。そして、既婚者であれば「不倫」です。でも「体の関係...
恋バナ調査隊 2024-04-16 06:00 ラブ
不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ