天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-23 06:00
投稿日:2021-01-23 06:00
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカテゴリーが登場しているそう。なんでも、従来の肉食系女子の定義には当てはまらない、控えめな凄腕ハンターだという噂も! この記事では、「隠れ肉食系女子」の実態を紐解いていきたいと思います。

「隠れ肉食系女子」の5つの特徴! その実態が明らかに

男性ウケをとことん追及(写真:iStock)
男性ウケをとことん追及 (写真:iStock)

 合コンやパーティーに繰り出したり、露出の多い服を着たり……その行動から、「彼氏をゲットするぞ!」という気合いが感じられる肉食系女子は、長い間恋愛の中での敏腕ハンターとして君臨しています。

 一方、あからさまではないものの、実は隠れたハンターなのが「隠れ肉食系女子」。どんな特徴を持っているのか、まずはチェックしていきましょう。

特徴1. 控えめフェミニンなおしとやかファッション

 隠れ肉食系女子は、ファッションにも特徴があります。露出の多い服は避け、男性が淡い憧れを持つような清潔感のあるフェミニンなファッションを好みます。たとえば、テレビで美人女子アナが着ているような、万人ウケのおしゃれなオフィススタイル。

 レースや花柄、フレアスカートなど、男性に好まれるポイントをしっかり把握しています。一見とてもおしとやかに見えますが、実は男性が好きな服を徹底的に追求した結果なのです。

特徴2. 言動が控えめで一見おっとりして見える

 言動が控えめで、周囲からはおっとりした子のように見られることも多いのが「隠れ肉食系女子」です。しかし、実はこれ、図らずしも計算である可能性も。

 たとえば彼女が「わぁ! すごい!」と賞賛の言葉をかけて男性を肯定するのは、プライドの高い男性に快く思ってもらう手段かも。相手のリアクションをあらかじめ予測し、好意を持ってもらえるようなセリフを用意する策略家な一面もあるようです。

特徴3. 実は男性心理をガッツリ把握している

 隠れ肉食系女子のすごいところは、男性心理をしっかり把握しているところ。男性に狩猟本能が備わっていることを把握しているため、あくまで自分はハンティングされているという立場を崩しません。

「仕事に一生懸命でなかなか恋愛がうまくいかなくて……」と、これまで恋愛経験が少ない、品行方正な真面目な人間であることをアピール。男性は“遊んでいない女性”だと感じ、信頼して「この子を落としたい!」と思ってしまいます。

特徴4. さりげなくモテテクを活用している

 恋愛には、男性の連絡先や予定を聞いたり、あからさまな色仕掛けをしたりといった、定番のモテテクニックがありますよね。でも、隠れ肉食系女子の場合は、そんな小手先のテクニックは使いません。

 たとえば飲み物をとろうとした時に一緒のタイミングで手を伸ばして手が触れ合うといった、まるで青春漫画のようなシーンを演出。さりげなく相手に「ドキッ」という感情を抱かせるのが上手なので、男性は知らず知らずのうちに意識してしまうのですね。

特徴5. 隠れ肉食系女子はロールキャベツ男子の女子版

 隠れ肉食系女子は、恋愛経験が豊富で遊び人のような「肉食系男子」を好まず、むしろ、恋愛経験が少なく、奥手な「草食系男子」を好んでハンティングする傾向にあります。

 自分自身もまるで「草食系女子」と相手に思わせるような言動をとりますが、彼女の中身は本当は肉食。そう、隠れ肉食系女子とは「ロールキャベツ系男子」の女子バージョン。ちなみに、「クリオネ系女子」と、言われることもあります。

「隠れ肉食系女子」は周りからどう見えてる?

隠れ肉食系と張り合うと面倒なことに…(写真:iStock)
隠れ肉食系と張り合うと面倒なことに… (写真:iStock)

 ここからは「隠れ肉食系女子」が周りからはどう見えているのか、そして、そんな女性が周りにいた時、どのように対応したら良いのかを確認していきましょう。

男性からはかわいいと思われている

 隠れ肉食系女子は、男性からどう見えているのかを自身で把握しきっている頭脳派です。ハンティングしているのは本当は女性側なのですが、男性側に“自分がその子を落とした”という感覚を持たせるのが上手。

 男性側は狩猟本能や庇護欲求が満たされるため、一緒にいて心地よいと感じるでしょう。その雰囲気から「すごくかわいい!」とか「真面目でいい子」と好評価を得ているはずです。

「隠れ肉食系女子」に遭遇した時は張り合わないのが◎

 同じ女性同士なら、「隠れ肉食系女子」との対立はなんとしても避けたいところ。彼女に張り合おうとして厳しいツッコミを入れようものなら「私、◯◯さんの気に障ること言いましたか? ごめんなさい……」なんて、“か弱いアピール”の材料にされてしまうかも。

 そうすると、周りの男性から「あの人は嫉妬しているんだ」とか「自分がモテたいだけの意地悪な人」なんて誤解を受けてしまうことにもなりかねません。隠れ肉食系女子とは、無理に張り合わずにいるのが賢明です。

天使と小悪魔の二面性を持つのが「隠れ肉食系女子」

二面性が最大の魅力…なのかも?(写真:iStock)
二面性が最大の魅力…なのかも? (写真:iStock)

 いかにも清楚で真面目なのに、実は恋愛テクニックがピカイチな「隠れ肉食系女子」。あなたの周りにも「あの子隠れ肉食系だったのかも……」と思い当たる女性はいませんか?

 彼女たちの外側と内側は、まるで天使と小悪魔のよう。一緒に過ごす場合は敵に回さないように配慮しつつ、テクニックを観察してみましょう。普通の人は思いつかないようなモテテクが隠れているので、あなたの恋愛にも役立つかもしれませんよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ