天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-23 06:00
投稿日:2021-01-23 06:00
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカテゴリーが登場しているそう。なんでも、従来の肉食系女子の定義には当てはまらない、控えめな凄腕ハンターだという噂も! この記事では、「隠れ肉食系女子」の実態を紐解いていきたいと思います。

「隠れ肉食系女子」の5つの特徴! その実態が明らかに

男性ウケをとことん追及(写真:iStock)
男性ウケをとことん追及 (写真:iStock)

 合コンやパーティーに繰り出したり、露出の多い服を着たり……その行動から、「彼氏をゲットするぞ!」という気合いが感じられる肉食系女子は、長い間恋愛の中での敏腕ハンターとして君臨しています。

 一方、あからさまではないものの、実は隠れたハンターなのが「隠れ肉食系女子」。どんな特徴を持っているのか、まずはチェックしていきましょう。

特徴1. 控えめフェミニンなおしとやかファッション

 隠れ肉食系女子は、ファッションにも特徴があります。露出の多い服は避け、男性が淡い憧れを持つような清潔感のあるフェミニンなファッションを好みます。たとえば、テレビで美人女子アナが着ているような、万人ウケのおしゃれなオフィススタイル。

 レースや花柄、フレアスカートなど、男性に好まれるポイントをしっかり把握しています。一見とてもおしとやかに見えますが、実は男性が好きな服を徹底的に追求した結果なのです。

特徴2. 言動が控えめで一見おっとりして見える

 言動が控えめで、周囲からはおっとりした子のように見られることも多いのが「隠れ肉食系女子」です。しかし、実はこれ、図らずしも計算である可能性も。

 たとえば彼女が「わぁ! すごい!」と賞賛の言葉をかけて男性を肯定するのは、プライドの高い男性に快く思ってもらう手段かも。相手のリアクションをあらかじめ予測し、好意を持ってもらえるようなセリフを用意する策略家な一面もあるようです。

特徴3. 実は男性心理をガッツリ把握している

 隠れ肉食系女子のすごいところは、男性心理をしっかり把握しているところ。男性に狩猟本能が備わっていることを把握しているため、あくまで自分はハンティングされているという立場を崩しません。

「仕事に一生懸命でなかなか恋愛がうまくいかなくて……」と、これまで恋愛経験が少ない、品行方正な真面目な人間であることをアピール。男性は“遊んでいない女性”だと感じ、信頼して「この子を落としたい!」と思ってしまいます。

特徴4. さりげなくモテテクを活用している

 恋愛には、男性の連絡先や予定を聞いたり、あからさまな色仕掛けをしたりといった、定番のモテテクニックがありますよね。でも、隠れ肉食系女子の場合は、そんな小手先のテクニックは使いません。

 たとえば飲み物をとろうとした時に一緒のタイミングで手を伸ばして手が触れ合うといった、まるで青春漫画のようなシーンを演出。さりげなく相手に「ドキッ」という感情を抱かせるのが上手なので、男性は知らず知らずのうちに意識してしまうのですね。

特徴5. 隠れ肉食系女子はロールキャベツ男子の女子版

 隠れ肉食系女子は、恋愛経験が豊富で遊び人のような「肉食系男子」を好まず、むしろ、恋愛経験が少なく、奥手な「草食系男子」を好んでハンティングする傾向にあります。

 自分自身もまるで「草食系女子」と相手に思わせるような言動をとりますが、彼女の中身は本当は肉食。そう、隠れ肉食系女子とは「ロールキャベツ系男子」の女子バージョン。ちなみに、「クリオネ系女子」と、言われることもあります。

「隠れ肉食系女子」は周りからどう見えてる?

隠れ肉食系と張り合うと面倒なことに…(写真:iStock)
隠れ肉食系と張り合うと面倒なことに… (写真:iStock)

 ここからは「隠れ肉食系女子」が周りからはどう見えているのか、そして、そんな女性が周りにいた時、どのように対応したら良いのかを確認していきましょう。

男性からはかわいいと思われている

 隠れ肉食系女子は、男性からどう見えているのかを自身で把握しきっている頭脳派です。ハンティングしているのは本当は女性側なのですが、男性側に“自分がその子を落とした”という感覚を持たせるのが上手。

 男性側は狩猟本能や庇護欲求が満たされるため、一緒にいて心地よいと感じるでしょう。その雰囲気から「すごくかわいい!」とか「真面目でいい子」と好評価を得ているはずです。

「隠れ肉食系女子」に遭遇した時は張り合わないのが◎

 同じ女性同士なら、「隠れ肉食系女子」との対立はなんとしても避けたいところ。彼女に張り合おうとして厳しいツッコミを入れようものなら「私、◯◯さんの気に障ること言いましたか? ごめんなさい……」なんて、“か弱いアピール”の材料にされてしまうかも。

 そうすると、周りの男性から「あの人は嫉妬しているんだ」とか「自分がモテたいだけの意地悪な人」なんて誤解を受けてしまうことにもなりかねません。隠れ肉食系女子とは、無理に張り合わずにいるのが賢明です。

天使と小悪魔の二面性を持つのが「隠れ肉食系女子」

二面性が最大の魅力…なのかも?(写真:iStock)
二面性が最大の魅力…なのかも? (写真:iStock)

 いかにも清楚で真面目なのに、実は恋愛テクニックがピカイチな「隠れ肉食系女子」。あなたの周りにも「あの子隠れ肉食系だったのかも……」と思い当たる女性はいませんか?

 彼女たちの外側と内側は、まるで天使と小悪魔のよう。一緒に過ごす場合は敵に回さないように配慮しつつ、テクニックを観察してみましょう。普通の人は思いつかないようなモテテクが隠れているので、あなたの恋愛にも役立つかもしれませんよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


あざとい女性がモテるのはなぜ?理由&真似したい5つの特徴
 “あざとい女性”というと、「計算高そう」というイメージが強いですよね。少し前まで、そんなあざとい女性は、同性からだけで...
恋バナ調査隊 2021-03-07 06:00 ラブ
男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ