男性ウケ最悪…ケバいメイクの判断基準&ケバくならない方法

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-01-27 06:00
投稿日:2021-01-27 06:00
 いろんなメイク方法を試すうちに、自分流のメイクができあがったという人は多いでしょう。でも、そのメイク、周囲から「ケバい」と思われているかもしれません! 実は、自分流のメイクって、見慣れてだんだん濃くなっていくため、ケバいかどうかに気づきづらいんですよね……。そこで今回は、ケバいかどうかの判断基準や、ケバくならない方法をご紹介します。

男性から見た「ケバいメイク」に見える7つの判断基準

彼がドン引き…ド派手メイクにご用心(写真:iStock)
彼がドン引き…ド派手メイクにご用心 (写真:iStock)

 まずは、男性は女性のどんなメイクを「ケバい」と感じるのか、チェックしてみましょう!

1. 首と色が全然違う! 白塗り&厚塗りファンデ

 男性が意外と注目しているのが、首と顔の色の違いです。女性からすると、「色白になりたい」「見せたくないシミ・シワを隠したい」と、ついついファンデの厚塗りをしているだけなのですが……。でも、そんな乙女心はわかってもらえず、白塗りや厚塗りしたファンデは、どうしても「ケバい」と思われてしまうようです。

2. 原型なし! 太くて長すぎるアイライン

 大きな目にする、効果抜群のアイライン。でも、「もっと大きく」と毎日アイラインを引いているうちに原型がなくなり、どんどん太く長くなってしまう人も……。

 目を囲む方法が流行った時期もありましたが、どちらにせよアイラインの引きすぎは、男性からすると「ケバい」という印象になってしまうようです。

3. 歌舞伎役者? 濃すぎるアイシャドウ

 アイシャドウの色も、ケバく見えるポイントです。ナチュラルメイク好きな男性からすると、アイシャドウの色が濃いだけでケバい印象になってしまいます。

 特に、ブルーやグリーン、パープルなど日本人の肌に馴染みにくい色味だと、よりその傾向が強くなるので要注意です。

4. 空も飛べそう…バサバサつけまつげ

 つけまつげは、やっぱりデカ目効果が抜群!ですよね。でも、明らかに人工っぽい毛質だったり、量が多く太いタイプのものは、一気にケバく、さらに老けた印象に……。目は大きく見えても、男性ウケは最悪なのです。

5. 天ぷら食べた? テカテカグロス

 何事もバランスが大事です。女性の唇を魅力的に見せるためのグロスも、注意アイテム。ほんのり濡れたようなツヤくらいなら良いものの、天ぷら油のようにギトギトこってりと直塗りしてしまうと、「ケバい」「キスしたくない」と思われてしまいます。

6. おてもやん…塗りすぎチーク

 チークも、ケバいと思われてしまいがちなので気をつけましょう。塗りすぎて真っピンクになるはもっての外ですが、塗る位置も重要です。目の下に塗り過ぎれば「二日酔いのお父さん」に、下のほうに丸く塗り過ぎれば「おてもやん」になってしまいます。

7. 珍獣ハンター? ぺっとり海苔眉毛

 太眉が流行っていますが、これもなぜかどんどん濃く太くなってしまう人がいます。あまり塗りすぎると、珍獣ハンターのようになってしまうので気をつけましょう。塗る量以外には、不自然な眉毛の形も老けた印象になる原因の一つです。

これを守ればケバくならない! 男ウケメイク5つのポイント

下地で透明感を演出(写真:iStock)
下地で透明感を演出 (写真:iStock)

 では、どのようなポイントを守ればケバいと思われないのか? 日々見慣れてしまって何がケバいかわからなくなっている人のために、男ウケするケバくないメイクのポイントをご紹介します。

1. 色選びは肌馴染みが良いものを

 口紅、チーク、アイシャドウの色などを選ぶ時には、肌馴染みの良い色を選びましょう。これだけで、印象は大きく変わり、男ウケが良くなります。

 おすすめは、ブラウンやピンク。どうしても物足りないと感じる人は、オレンジがかったブラウンや、青みがかったピンクなど色味を工夫してみると良いでしょう。

2. ベースメイクは透明感が命

 男ウケするメイクの最大のポイントは、透明感のあるきめ細かい肌! そのための鉄則は、とにかくファンデを薄塗りにすることです。

 その分、ピンクやブルーベースのカラー下地で透明感を仕込んだり、コンシーラーなどで丁寧に粗をカバーしましょう。最後にパウダーでふんわり仕上げるのも、ポイントですよ。

3. アイメイクは涙袋で自然に大きく

 濃いめのアイシャドウやアイラインは、一番ケバく見えるポイントでしょう。目を大きく見せたいのであれば、細かいラメのアイシャドウで涙袋を作ればOKです。

 アイラインやマスカラも、できるだけブラウンの柔らかい印象のものを選びましょう。アイラインを引く時はツリ目にならないよう、自然なタレ目を意識してくださいね。

4. 眉毛はパウダーでふんわりアーチ

 眉毛はペンシルなどでがっつり描くよりも、ブラウンなどのパウダーでふんわりアーチ状に仕上げるのが男ウケのポイント。太く描いてしまうと一気にケバくなってしまうので、細めを意識しましょう。

5. チークは物足りないくらいが◎

 血色の悪い人はチークに力を入れがちですが、入れすぎは逆効果です。少し物足りないかな、と感じるくらいにすると良いでしょう。また、ふんわりぼかすことも重要。男ウケする「ナチュラル」「ふんわり」のキーワードを意識すると良いでしょう。

ケバいメイクを卒業してモテメイクに♡

ケバくなりすぎてないかな?(写真:iStock)
ケバくなりすぎてないかな? (写真:iStock)

 本来、メイクは自由なもの。おしゃれのためにメイクをしている人や、流行を取り入れたくてメイクしている人などは、そのままでも良いでしょう。でも、もしも男ウケを良くしたいと思っているなら、ぜひ、ほんの少し「ケバくなっていないか」をチェックしてみてくださいね。モテメイクで、素敵な恋が訪れると良いですね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


デスクワークの合間にできる“座ったままストレッチ”5選♡
 コロナ禍で、自宅でデスクワークをする人が増えていますよね。そんな中、肩こりや背中、首の痛みを感じている人も多いようです...
お風呂でおうち美容♡ オススメの方法6つ&やりがちなNG例
 忙しく過ごしている人にオススメしたいのが、お風呂でのおうち美容♡ 誰しも、お風呂に入ることは習慣になっているはず。その...
「ティントリップ」を簡単にオフするならワセリンが最高!
 長引くマスク生活に便利な「ティントリップ」。マスクをつけたり、食事をしたりしても落ちにくいと人気ですが、逆にいえば「落...
合わないシャンプー&リンスの捨て方は?便利な活用法6選♪
 みなさんは、髪や肌に合わないシャンプーやリンスをどうやって捨てていますか?「捨て方がわからない」「気づけば家にたくさん...
マニキュアの落とし方決定版♡ 実はこんな裏技もあった!
 コスパがよく、いろいろな色を手軽に楽しめるマニキュア。塗っている時間は楽しいけれど、意外に悩みが多いのが「落とし方」に...
カラーリップと口紅の違いは? 上手な使い分け方をご紹介♡
 皆さんは、口紅とカラーリップの違いを知っていますか? 普段何気なく使っているアイテムですが、ほかにもグロスやティントリ...
「カラコン」初心者でも大丈夫!知っておきたい10の注意点
 最近ではファッション感覚で手軽にカラコンを使用する人が増えています。「私もカラコンを使ってみたい」と思っている人も多い...
腹巻きの嬉しいメリット4つ♡ 効果を上げる正しい使い方
 美容や健康に関心がある女性にとって、「温活」は外せない事柄でしょう。昔から“冷えは万病の元”といわれてきましたが、体を...
指先まで潤う♡ 自宅でできるハンドケア&マッサージのやり方
 顔やボディのケアに比べて、つい後回しになってしまうのがハンドケア。しかし、手元は年齢が出やすい場所ですので、できること...
生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...