要注意!恋の始まりに男性が冷めるLINE「禁句ワード」7つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-06 06:00
投稿日:2021-01-06 06:00
 恋が盛り上がりそうになっていたのに、突然、彼からのLINEが冷たくなったことはありませんか? それってもしかしたら、男性が冷める禁句ワードを使っているからかもしれません。そこで今回は、男性の気持ちが冷める、LINEで使わないほうがいい「禁句ワード」をご紹介します。

注意して! LINEに使うと男性が冷める「禁句ワード」7つ

1. 「可愛いね」

 男性があなたのために一生懸命何かをしてくれた時、「頑張ってくれてる姿、可愛いね」なんて意味合いのLINEを送っていませんか?

 個人差はありますが、おそらく多くの男性は、男性として見られていないような気になってしまい、あまり良い気分にはならないでしょう。また、彼女を喜ばせようと頑張ったことを、バカにされたような気持ちになるかもしれません。

2. 「誰と?」

 恋の始まりには、どんなにいい感じになっていても、まだ恋人ではない曖昧な関係です。もしも彼が誰か知らない人と飲んでいて、少し嫉妬心が生まれたとしても、「誰と?」というワードだけは避けるべきでしょう。

 ほとんどの男性は「付き合ったら束縛されそう」と、警戒心が高まり、恋が冷めてしまう可能性がありますよ。

3.「だから言ったのに」

 たとえば、あなたが彼に何か忠告していたとして、もし本当にその通りになってしまったとしても、「だから言ったのに」という言葉は禁句ワードです。彼からすると、偉そう、親みたいに口うるさい、一方的に責められているという感情になってしまいます。

 忠告通りになってしまい、「やってしまった……」と思っているところに追い打ちをかけるのではなく、「こうしてみたらどうかな?」「何か手伝えることある?」など、サポートするような声かけをしたほうが、恋が発展する可能性が高まるでしょう。

4. 「それでいいよ」

 彼がいくつかの選択肢の中からあなたに何かを提案した時、「それでいいよ」と送っている人って多いかもしれませんね。でも、できれば「それがいい!」に変えたほうが良いでしょう。

 せっかく選んでくれたものに対して「それでいいよ」と「それがいい!」では、印象に大きな差が出ます。「それでいい」と言われると、妥協した上で「それでいいか」という意味合いにも聞こえるので、彼がモヤモヤとした気分になってしまいます。

5. 「◯◯ちゃんって、可愛いよね」

 同性の女性を褒める「◯◯ちゃんって、可愛いよね」というのも、男性からすると、どちらに答えて良いのかわからない質問です。

「可愛い」と言ってもあなたを嫌な気分にさせてしまうかもしれないし、「そうでもない」と言えば、彼女の友達をけなしたことになってしまうかもしれない……。さらに、駆け引きしてるのかな?と、計算高い女性というイメージを持たれる可能性があります。

6. 「いい人だね」

 好きな男性に、褒め言葉のつもりで「◯◯くんっていい人だね」と伝えることがありますが、これは、恋心を冷ましてしまうかもしれない禁句ワード。男性からすると、「所詮、ただのいい人止まりなんだ」と勘違いして、恋愛対象外だと勘違いしてしまうからです。

 彼のことを褒めたい時には、「いい人」というワードは避けて、「頼りになる」「優しい」「さすが」など、男性が言われて嬉しい褒め言葉に変えましょう。

7. 「それ、知ってるよ」

 恋の始まりに、多くの男性は彼女に良いところを見せようとします。豊富な知識や雑学を彼女に褒められたくて、うんちくを語ってくる男性も多いでしょう。そんな時は、もしもその情報を知っていたとしても「それ、知ってるよ」と言わずに、「そうなんだ!知らなかった!」と伝えてあげましょう。

恋の始まりのLINEは禁句ワードに注意しよう!

NGワードに気をつけて素敵な恋を(写真:iStock)
NGワードに気をつけて素敵な恋を (写真:iStock)

 男性と女性って、考えていることや思考回路が違いますよね。この記事でご紹介した禁句ワードは、悪気なく使っていることも多いワードですが、男性からすると全く違う捉え方をしているのです。

 ぜひ、禁句ワードに注意して、新しい恋をゲットしてくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ