要注意!恋の始まりに男性が冷めるLINE「禁句ワード」7つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-06 06:00
投稿日:2021-01-06 06:00
 恋が盛り上がりそうになっていたのに、突然、彼からのLINEが冷たくなったことはありませんか? それってもしかしたら、男性が冷める禁句ワードを使っているからかもしれません。そこで今回は、男性の気持ちが冷める、LINEで使わないほうがいい「禁句ワード」をご紹介します。

注意して! LINEに使うと男性が冷める「禁句ワード」7つ

1. 「可愛いね」

 男性があなたのために一生懸命何かをしてくれた時、「頑張ってくれてる姿、可愛いね」なんて意味合いのLINEを送っていませんか?

 個人差はありますが、おそらく多くの男性は、男性として見られていないような気になってしまい、あまり良い気分にはならないでしょう。また、彼女を喜ばせようと頑張ったことを、バカにされたような気持ちになるかもしれません。

2. 「誰と?」

 恋の始まりには、どんなにいい感じになっていても、まだ恋人ではない曖昧な関係です。もしも彼が誰か知らない人と飲んでいて、少し嫉妬心が生まれたとしても、「誰と?」というワードだけは避けるべきでしょう。

 ほとんどの男性は「付き合ったら束縛されそう」と、警戒心が高まり、恋が冷めてしまう可能性がありますよ。

3.「だから言ったのに」

 たとえば、あなたが彼に何か忠告していたとして、もし本当にその通りになってしまったとしても、「だから言ったのに」という言葉は禁句ワードです。彼からすると、偉そう、親みたいに口うるさい、一方的に責められているという感情になってしまいます。

 忠告通りになってしまい、「やってしまった……」と思っているところに追い打ちをかけるのではなく、「こうしてみたらどうかな?」「何か手伝えることある?」など、サポートするような声かけをしたほうが、恋が発展する可能性が高まるでしょう。

4. 「それでいいよ」

 彼がいくつかの選択肢の中からあなたに何かを提案した時、「それでいいよ」と送っている人って多いかもしれませんね。でも、できれば「それがいい!」に変えたほうが良いでしょう。

 せっかく選んでくれたものに対して「それでいいよ」と「それがいい!」では、印象に大きな差が出ます。「それでいい」と言われると、妥協した上で「それでいいか」という意味合いにも聞こえるので、彼がモヤモヤとした気分になってしまいます。

5. 「◯◯ちゃんって、可愛いよね」

 同性の女性を褒める「◯◯ちゃんって、可愛いよね」というのも、男性からすると、どちらに答えて良いのかわからない質問です。

「可愛い」と言ってもあなたを嫌な気分にさせてしまうかもしれないし、「そうでもない」と言えば、彼女の友達をけなしたことになってしまうかもしれない……。さらに、駆け引きしてるのかな?と、計算高い女性というイメージを持たれる可能性があります。

6. 「いい人だね」

 好きな男性に、褒め言葉のつもりで「◯◯くんっていい人だね」と伝えることがありますが、これは、恋心を冷ましてしまうかもしれない禁句ワード。男性からすると、「所詮、ただのいい人止まりなんだ」と勘違いして、恋愛対象外だと勘違いしてしまうからです。

 彼のことを褒めたい時には、「いい人」というワードは避けて、「頼りになる」「優しい」「さすが」など、男性が言われて嬉しい褒め言葉に変えましょう。

7. 「それ、知ってるよ」

 恋の始まりに、多くの男性は彼女に良いところを見せようとします。豊富な知識や雑学を彼女に褒められたくて、うんちくを語ってくる男性も多いでしょう。そんな時は、もしもその情報を知っていたとしても「それ、知ってるよ」と言わずに、「そうなんだ!知らなかった!」と伝えてあげましょう。

恋の始まりのLINEは禁句ワードに注意しよう!

NGワードに気をつけて素敵な恋を(写真:iStock)
NGワードに気をつけて素敵な恋を (写真:iStock)

 男性と女性って、考えていることや思考回路が違いますよね。この記事でご紹介した禁句ワードは、悪気なく使っていることも多いワードですが、男性からすると全く違う捉え方をしているのです。

 ぜひ、禁句ワードに注意して、新しい恋をゲットしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ
尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、...
恋バナ調査隊 2021-01-10 06:00 ラブ
頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものです...
山崎世美子 2021-01-09 06:00 ラブ