要注意!恋の始まりに男性が冷めるLINE「禁句ワード」7つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-06 06:00
投稿日:2021-01-06 06:00
 恋が盛り上がりそうになっていたのに、突然、彼からのLINEが冷たくなったことはありませんか? それってもしかしたら、男性が冷める禁句ワードを使っているからかもしれません。そこで今回は、男性の気持ちが冷める、LINEで使わないほうがいい「禁句ワード」をご紹介します。

注意して! LINEに使うと男性が冷める「禁句ワード」7つ

1. 「可愛いね」

 男性があなたのために一生懸命何かをしてくれた時、「頑張ってくれてる姿、可愛いね」なんて意味合いのLINEを送っていませんか?

 個人差はありますが、おそらく多くの男性は、男性として見られていないような気になってしまい、あまり良い気分にはならないでしょう。また、彼女を喜ばせようと頑張ったことを、バカにされたような気持ちになるかもしれません。

2. 「誰と?」

 恋の始まりには、どんなにいい感じになっていても、まだ恋人ではない曖昧な関係です。もしも彼が誰か知らない人と飲んでいて、少し嫉妬心が生まれたとしても、「誰と?」というワードだけは避けるべきでしょう。

 ほとんどの男性は「付き合ったら束縛されそう」と、警戒心が高まり、恋が冷めてしまう可能性がありますよ。

3.「だから言ったのに」

 たとえば、あなたが彼に何か忠告していたとして、もし本当にその通りになってしまったとしても、「だから言ったのに」という言葉は禁句ワードです。彼からすると、偉そう、親みたいに口うるさい、一方的に責められているという感情になってしまいます。

 忠告通りになってしまい、「やってしまった……」と思っているところに追い打ちをかけるのではなく、「こうしてみたらどうかな?」「何か手伝えることある?」など、サポートするような声かけをしたほうが、恋が発展する可能性が高まるでしょう。

4. 「それでいいよ」

 彼がいくつかの選択肢の中からあなたに何かを提案した時、「それでいいよ」と送っている人って多いかもしれませんね。でも、できれば「それがいい!」に変えたほうが良いでしょう。

 せっかく選んでくれたものに対して「それでいいよ」と「それがいい!」では、印象に大きな差が出ます。「それでいい」と言われると、妥協した上で「それでいいか」という意味合いにも聞こえるので、彼がモヤモヤとした気分になってしまいます。

5. 「◯◯ちゃんって、可愛いよね」

 同性の女性を褒める「◯◯ちゃんって、可愛いよね」というのも、男性からすると、どちらに答えて良いのかわからない質問です。

「可愛い」と言ってもあなたを嫌な気分にさせてしまうかもしれないし、「そうでもない」と言えば、彼女の友達をけなしたことになってしまうかもしれない……。さらに、駆け引きしてるのかな?と、計算高い女性というイメージを持たれる可能性があります。

6. 「いい人だね」

 好きな男性に、褒め言葉のつもりで「◯◯くんっていい人だね」と伝えることがありますが、これは、恋心を冷ましてしまうかもしれない禁句ワード。男性からすると、「所詮、ただのいい人止まりなんだ」と勘違いして、恋愛対象外だと勘違いしてしまうからです。

 彼のことを褒めたい時には、「いい人」というワードは避けて、「頼りになる」「優しい」「さすが」など、男性が言われて嬉しい褒め言葉に変えましょう。

7. 「それ、知ってるよ」

 恋の始まりに、多くの男性は彼女に良いところを見せようとします。豊富な知識や雑学を彼女に褒められたくて、うんちくを語ってくる男性も多いでしょう。そんな時は、もしもその情報を知っていたとしても「それ、知ってるよ」と言わずに、「そうなんだ!知らなかった!」と伝えてあげましょう。

恋の始まりのLINEは禁句ワードに注意しよう!

NGワードに気をつけて素敵な恋を(写真:iStock)
NGワードに気をつけて素敵な恋を (写真:iStock)

 男性と女性って、考えていることや思考回路が違いますよね。この記事でご紹介した禁句ワードは、悪気なく使っていることも多いワードですが、男性からすると全く違う捉え方をしているのです。

 ぜひ、禁句ワードに注意して、新しい恋をゲットしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ