要注意!恋の始まりに男性が冷めるLINE「禁句ワード」7つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-06 06:00
投稿日:2021-01-06 06:00
 恋が盛り上がりそうになっていたのに、突然、彼からのLINEが冷たくなったことはありませんか? それってもしかしたら、男性が冷める禁句ワードを使っているからかもしれません。そこで今回は、男性の気持ちが冷める、LINEで使わないほうがいい「禁句ワード」をご紹介します。

注意して! LINEに使うと男性が冷める「禁句ワード」7つ

1. 「可愛いね」

 男性があなたのために一生懸命何かをしてくれた時、「頑張ってくれてる姿、可愛いね」なんて意味合いのLINEを送っていませんか?

 個人差はありますが、おそらく多くの男性は、男性として見られていないような気になってしまい、あまり良い気分にはならないでしょう。また、彼女を喜ばせようと頑張ったことを、バカにされたような気持ちになるかもしれません。

2. 「誰と?」

 恋の始まりには、どんなにいい感じになっていても、まだ恋人ではない曖昧な関係です。もしも彼が誰か知らない人と飲んでいて、少し嫉妬心が生まれたとしても、「誰と?」というワードだけは避けるべきでしょう。

 ほとんどの男性は「付き合ったら束縛されそう」と、警戒心が高まり、恋が冷めてしまう可能性がありますよ。

3.「だから言ったのに」

 たとえば、あなたが彼に何か忠告していたとして、もし本当にその通りになってしまったとしても、「だから言ったのに」という言葉は禁句ワードです。彼からすると、偉そう、親みたいに口うるさい、一方的に責められているという感情になってしまいます。

 忠告通りになってしまい、「やってしまった……」と思っているところに追い打ちをかけるのではなく、「こうしてみたらどうかな?」「何か手伝えることある?」など、サポートするような声かけをしたほうが、恋が発展する可能性が高まるでしょう。

4. 「それでいいよ」

 彼がいくつかの選択肢の中からあなたに何かを提案した時、「それでいいよ」と送っている人って多いかもしれませんね。でも、できれば「それがいい!」に変えたほうが良いでしょう。

 せっかく選んでくれたものに対して「それでいいよ」と「それがいい!」では、印象に大きな差が出ます。「それでいい」と言われると、妥協した上で「それでいいか」という意味合いにも聞こえるので、彼がモヤモヤとした気分になってしまいます。

5. 「◯◯ちゃんって、可愛いよね」

 同性の女性を褒める「◯◯ちゃんって、可愛いよね」というのも、男性からすると、どちらに答えて良いのかわからない質問です。

「可愛い」と言ってもあなたを嫌な気分にさせてしまうかもしれないし、「そうでもない」と言えば、彼女の友達をけなしたことになってしまうかもしれない……。さらに、駆け引きしてるのかな?と、計算高い女性というイメージを持たれる可能性があります。

6. 「いい人だね」

 好きな男性に、褒め言葉のつもりで「◯◯くんっていい人だね」と伝えることがありますが、これは、恋心を冷ましてしまうかもしれない禁句ワード。男性からすると、「所詮、ただのいい人止まりなんだ」と勘違いして、恋愛対象外だと勘違いしてしまうからです。

 彼のことを褒めたい時には、「いい人」というワードは避けて、「頼りになる」「優しい」「さすが」など、男性が言われて嬉しい褒め言葉に変えましょう。

7. 「それ、知ってるよ」

 恋の始まりに、多くの男性は彼女に良いところを見せようとします。豊富な知識や雑学を彼女に褒められたくて、うんちくを語ってくる男性も多いでしょう。そんな時は、もしもその情報を知っていたとしても「それ、知ってるよ」と言わずに、「そうなんだ!知らなかった!」と伝えてあげましょう。

恋の始まりのLINEは禁句ワードに注意しよう!

NGワードに気をつけて素敵な恋を(写真:iStock)
NGワードに気をつけて素敵な恋を (写真:iStock)

 男性と女性って、考えていることや思考回路が違いますよね。この記事でご紹介した禁句ワードは、悪気なく使っていることも多いワードですが、男性からすると全く違う捉え方をしているのです。

 ぜひ、禁句ワードに注意して、新しい恋をゲットしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ