もう彼と別れたい…上手な別れ方6選&やってはいけないこと

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-28 06:00
投稿日:2021-01-28 06:00
 大好きな男性と付き合うことになったら、「このまま結婚できたらいいなぁ」と、思う人も多いでしょう。しかし、交際期間が長くなればいろいろなことが起こり、別れを考えることもあります。とはいえ、いざ別れ話となると、なかなか切り出せない人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、上手な別れ方とやってはいけないことをご紹介します。

彼氏と後腐れなく別れたい…上手な別れ方6選

もう別れたい…(写真:iStock)
もう別れたい… (写真:iStock)

 彼氏と別れたいと思った時、「どうすれば、後腐れなく別れることができるだろう?」と悩む人も多いはず。告白はとても勇気がいることですが、別れ話はもっと大きな覚悟が必要なものです。その覚悟が決まったら、彼を傷つけないような別れ方を選びましょう。

1. 少しずつ距離をおいて「別れたいのかも」と匂わせる

 どんなにうまくいっていない関係でも、別れ話を突き付けられるのは辛いもの。ということは、「俺たちはうまくいっている」と思っている彼への別れ話は、大きな衝撃を与えることになるでしょう。

 これを避けるためには、少しずつ「気持ちが離れていっている」ということを伝えておくことが大切です。デートの回数を減らす、連絡回数を減らすなどして、「別れたいのかも」と匂わせていきましょう。

2. 別れたい理由はしっかり伝える

 別れたいという理由は、人それぞれ。「価値観の違いに限界を感じた」という人もいれば、「ほかに好きな人ができた」という人もいるでしょう。

 別れを彼に納得させるためには、まずはしっかりとした理由を伝えることが必要です。必ずしも正直に伝える必要はありませんが、「それなら、もうどうしようもないな」と納得してもらえる理由があれば、別れ話を長引かせることもないでしょう。

3. 彼を責めず、感謝の気持ちを伝える

 彼との別れを考えている人の中には、「彼の浮気が許せない」「嘘つきの彼氏とは、もうこれ以上付き合えない」と思っている人もいるでしょう。そんな人は、別れ話の際、ついつい彼への不満や愚痴をぶつけてしまいがち。

 しかし、上手に別れたいと思うのであれば、そこは大人になって、「今までありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。そうすることで反感を買うこともなく、綺麗さっぱり別れることができるはずです。

4. 静かな場所で、冷静に話をする

 別れ話を切り出すのは誰にとっても緊張するものですし、覚悟がいるものです。話をしているうちに、ヒートアップして感情的になってしまうこともあるでしょう。しかしこれでは、お互いに嫌な思いをすることになります。そうならないためには、静かな場所で冷静に話をすることが大切でしょう。

 また、彼が怒鳴ったり、暴力をふるう恐れがある場合には、喫茶店など人の目がある場所を選んだり、第三者に入ってもらうようにしましょう。

5. 彼が納得するまで話し合う

 彼との別れを考えている人のほとんどは、もう気持ちが決まっているはず。彼に何を言われても「絶対に別れる」と揺るがない人が多いでしょう。

 しかし、あなたもその結論に至るまでは時間がかかったはずです。彼も同様、納得いくまで時間が必要なはず。何をしてもあなたの気持ちが変わらないとわかったら、最初は納得しなかった彼もいずれ納得してくれるでしょう。

6. 彼に気を持たせるようなことは言わない

 恋人と別れる時、まだ迷いがある人もいるでしょう。愛情があれば、きっぱりと切り捨てることができないのは当然のことです。

 でも、だからといって「もしかしたら、やり直すかもね」なんて、彼に希望を持たせるようなことは言わないようにしましょう。気を持たせるような言葉は、逆に彼を傷つけることになります。

上手に別れるためにやってはいけない3つのこと

自然消滅は彼に失礼(写真:iStock)
自然消滅は彼に失礼 (写真:iStock)

 大好きで付き合ったはずの彼を嫌いになったら、「別れ話すら面倒くさい」と思う人もいるでしょう。しかし、今まで一緒に時間を過ごしてきた相手だからこそ、最後まで向き合うことが大切ですよ。上手に別れるためには、NG行動を知っておくことも大切です。

1. 自然消滅を狙う

 彼に気持ちがなくなったら、「別れたい」と思うのは仕方がないことです。しかし、「彼を傷つけるから別れ話ができない」「今さら話すのも面倒」といった理由から、自然消滅を狙うのは失礼なこと。

 自然消滅は確かに傷つけることも傷つくこともなく、別れることができる方法かもしれません。でも、ちゃんと終わらせていないことで、新たな恋に進みにくくなったり、場合によっては、新しい彼氏ができたのに、別れたと思っていない彼から連絡がくるかもしれません。

2. 別れの理由を彼のせいにする

 好きだったはずの彼と別れるという選択をしたということは、それなりの理由があってのこと。彼に対し、憎しみや恨みに似た気持ちを抱いている人もいるでしょう。

 しかし、別れる際にこれを相手にぶつけるのはNG。相手によっては、別れた後に仕返しされるケースもあるため、注意が必要です。

3. 彼が納得しないまま、別れ話を終わらせる

 誰にとっても別れ話は、楽しいものではありません。切り出す側にとっては、「早く終わらせたい」と思うでしょう。

 しかし、途中で面倒になり、「もういいよ、これで終りね」なんて一方的に終わらせてしまったら、余計に長引くことになるかもしれません

 関係を綺麗に終わらせるためには、相手が納得するまで話をすることが必要です。

今まで一緒にいた相手だからこそ、最後は綺麗に別れよう!

別れは辛いけど…(写真:iStock)
別れは辛いけど… (写真:iStock)

 恋人と別れることは、振る側にとっても辛いものです。それゆえに、その辛さから逃げたくなる気持ちもわかります。

 しかし、「彼と別れる」と決めたのであれば、しっかりと話し合いをし、お互いに納得をして別れることが必須。

 今は愛情がなくなったとしても、一度は好きになった相手です。ぜひこの記事で紹介した別れ方を参考にして、上手に関係を終わらせてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ