幼稚園と保育園どっちがいい?働くママが感じる違い&選び方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-02-09 06:00
投稿日:2021-02-09 06:00
 一昔前は、「ママが専業主婦なら幼稚園へ、働いているなら保育園へ」という風潮がありました。でも、近年では、預かり保育を行う幼稚園や、教育に重きを置く保育園も増えており、保育園と幼稚園の違いが少なくなっていると聞きます。
 そんな私は、息子が1歳3カ月〜満3歳までの間は保育園を利用し、現在は幼稚園を利用している“働くママ”の1人。今回は、働くママ目線で見た幼稚園と保育園の違いや、選び方をご紹介します。

一般的な幼稚園と保育園のおもな違い

幼稚園?保育園?どちらにする?(写真:iStock)
幼稚園?保育園?どちらにする? (写真:iStock)

 まずは、幼稚園と保育園の違いからチェックしていきましょう。ざっくりとまとめてみました。

【幼稚園】
目的:教育(文部科学省が管轄する教育施設)
対象年齢:0歳〜小学校入学前
教育・保育時間:4時間
給食の有無:園によって異なる(お弁当が必要な園もある)

【保育園】
目的:保育(厚生労働省が管轄する児童福祉施設)
対象年齢:0歳〜小学校入学前
教育・保育時間:8時間以上
給食の有無:必ずある

気になる費用は? 無償化によって変わった点

 令和元年10月から、幼稚園、保育園、認定こども園などで無償化がスタートし、基本的にすべての3〜5歳の子どもの利用料は無料です。(子ども・子育て支援新制度の対象ではない施設は、月額2.57万円まで)また、幼稚園での預かり保育も、最大月額1.13円までは無償となっています。(参考:内閣府ホームページ)

 現在、私も幼稚園での預かり保育を利用しています。就労状況などを報告して「保育の必要性がある」という認定を受けなければいけませんが、認定後は優先的に預かってもらえるので安心です。こういった制度によって、共働きでも子どもを幼稚園に通わせるご家庭が多くなっていると思います。

【メリット&デメリット】働くママから見て幼稚園と保育園はどっちがいい?

幼稚園は平日のイベントが多い(写真:iStock)
幼稚園は平日のイベントが多い (写真:iStock)

 次に、幼稚園と保育園のメリット&デメリットをご紹介します。ぜひ、一意見として参考にしてください!

幼稚園のメリット&デメリット

【メリット】
・基本的に希望する園を選べる
・教育面が充実している
・行事やイベントが多く、たくさんの経験がさせられる
・降園時間が早いため、子どもとの時間がとりやすい
・ママ友が作りやすい
・満3歳児から入園できる園もある

【デメリット】
・預かり保育を子どもが嫌がることもある
・専業主婦のママとの価値観の違いが大きい
・人気がある園はプレスクールから入らないと入園できないことがある
・平日に行事が入ることが多い
・預かり保育料が別途かかるため、費用がかさむ
・残業などによる、急な延長保育に関して融通が利かないところもある

保育園のメリット&デメリット

【メリット】
・0歳から預けることができる
・お盆時期でも預けることができる
・親同士が関わる機会があまりないため、ママ友関係の悩みが少ない
・PTA活動などが少ない
・園での子どもの様子を、毎日細かく教えてもらえる
・時間内であれば、急な残業時でも対応してもらえる

【デメリット】
・希望する園に入れないこともある
・お昼寝セットや着替えを用意するのが大変
・さまざまな家庭環境の人がいる
・園によっては、教育面で物足りない
・ママ友が作りづらい

実際に我が子を幼稚園と保育園に通わせて感じたこと

幼稚園は教育面が充実(写真:iStock)
幼稚園は教育面が充実 (写真:iStock)

 幼稚園と保育園の一番大きな違いは、幼稚園は「教育」、保育園は「保育」という目的があることだと思います。

 保育園では先生方との距離が近く、毎日の連絡ノートで体調・お昼寝時間・保育中の出来事などを教えてもらえたり、育児や子どもの成長に関して相談しやすい環境がありました。その点、幼稚園は基本的に面談や保育参観、行事でしか子どもの様子を知ることができません。

 また、周りの環境も大きく違います。保育園では「仕事があるから、預けるもの」という考えのママがほとんどですが、幼稚園では「預かり保育ってなんだかかわいそう」と思っているママも多いです。そういった背景から入園当初、同じように預かり保育を利用しているママと「やっぱり保育園のほうがよかったのかな?」と、話したこともありました。

 とはいえ、幼稚園のメリットもたくさんあります。やはり、教育面が充実しているのはポイントでしょう。挨拶や食事の際のお行儀を見てもらえますし、行事やお勉強、楽器演奏、工作などにも先生方の気合いと工夫が感じられます。

 また、一学年あたりの園児が多く、お友達と競争をする場面もあるため、良い意味での闘争心が生まれた気がします。さらに、預かり保育では縦割り保育のように、学年の違うお友達と過ごせるのも良いところだと思います。

ライフスタイル 新着一覧


10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...
結婚式のご祝儀のマナーは? 相場・書き方・渡し方まで解説
 友人や親族の結婚式にお呼ばれされたはいいものの、ご祝儀の渡し方のマナーを忘れてしまい、毎回「どうだったっけ?」と迷う人...
経験や資格じゃない!自分に向いてる道を見つける簡単な方法
 仕事でも家事でも「なんかこれ自分に向いてないかも……」と思ってしまう時ってありませんか? 私も少し前まではそんなことを...
「菜々緒ポーズ」みたい? “にゃんたま”の魅力たっぷりの1枚
 こんな写真が撮れたらガッツポーズ!  きょうは、私が一番好きな「にゃんたまωポーズ」です。  にゃんたまω...
最強の汎用性で大活躍!インパクト抜群の「ピンクッション」
 にゃんこの習性なんでしょうけれど……。お気に入りのものには、自分の頭や首を使って入念にスリスリと自分の匂いを付けるって...
肩車で張り合った夜…引け目を感じても「パパ」にはなれない
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月4日~10月10日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中銀カプセルタワービル 2021.10.4(月)
 銀座8丁目の首都高速沿いに建てられている中銀カプセルタワービル。2022年3月以降に解体されることが決定し、ニュースに...