すぐ怒る彼氏に隠れた心理5つ&怒ってしまった時の対処方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-31 10:20
投稿日:2021-03-31 06:00
 恋愛は、交際してみなければ分からないことがたくさんあります。付き合ってから、彼の性格や癖に気づいた人も多いでしょう。そんな人の中には、「彼氏がすぐに怒って怖い」と悩んでいる人もいます。そこで今回は、すぐ怒る彼氏に見られる特徴と上手な対処方法をご紹介します。

彼氏がすぐ怒るのはなぜ? すぐ怒る男性の隠れた心理5つ

 楽しいはずのデート中、急に彼氏が怒り出すと「どうしたらよいのか分からない」と戸惑う人が多いでしょう。中には、「怒っている理由が分からない」という場合も少なくありません。では、そんなすぐ怒る男性には、どんな心理が隠れているのでしょうか?

1. 自分に自信がない

 すぐ怒る男性は普段から自分に自信がなく、劣等感を抱えて生きているため、キレやすい傾向にあります。怒るという行為が、ストレス発散となっている男性も多いでしょう。

「自分の彼女だから、何をしても許される」と勘違いし、何かあると彼女に怒ることで発散している人もいます。

2. 自分の思い通りにならないと気が済まない

 何事においても、自分が思った通りに進まないのは珍しいことではありません。仕事も人付き合いも、ぶつかり、傷ついた経験を持っている人も多いでしょう。

 しかし、すぐに怒る彼氏はそれが当たり前だと思っていません。何でも自分の思い通りにならないと気が済まないため、自分が思ったことと彼女が違う発言をしたり、行動をすると、すぐに怒ります。

3. 独占欲が強い

 恋愛の価値観は人によって異なるものですが、すぐに怒る彼氏の場合は独占欲が強く、恋愛依存することが原因になっている人もいます。

 実は、そんな独占欲が強い男性は、過去に辛い恋愛経験をしている場合が多いよう。浮気された、嘘をつかれたといった経験がトラウマとなり、「今の彼女を失いたくない」という一心なのです。中には、彼女がほかの異性と話しているだけで、すぐに怒る男性もいます。

4. 負けず嫌いでプライドが高い

 基本的に男性は、男としてのプライドを大切にしている人が多いでしょう。しかし、すぐ怒る彼氏の場合には、男としてのプライドというよりも、負けず嫌いな性格から「彼女に負けたくない」という思いが強いです。

 そのため、彼女に上から物を言われたり、注意されることで屈辱を感じ、すぐに怒ってしまいます。

5. 気持ちに余裕がない

 男性のタイプを聞いた時、「包容力のある男性がいい」と答える女性が多いですが、その包容力は気持ちに余裕がなければ持つことはできません。

 実は、すぐ怒る彼氏の多くは、気持ちに余裕がありません。仕事が忙しい、金銭的にギリギリの生活をしているといった状況になると、自分のことでいっぱいいっぱいになり、イライラしてしまいます。その結果、そのイライラを彼女にぶつけてしまう人も多いでしょう。

すぐ怒る彼氏とどう付き合えばいい? 上手な対処方法とは

 すぐ怒る彼氏と付き合っている女性の中には、「好きだけど、怒った時にどう接したらよいのか分からなくなる」と悩んでいる人も多いでしょう。そんな時には、これらの対処方法を試してみてくださいね!

1. なぜ怒っているのか理由を聞いて寄り添う

 彼氏が怒った時、あなたにとっては「なんで怒っているの?」と思う時があるでしょう。しかし、彼にとっては怒るそれなりの理由があります。

 上手に付き合っていくためには、その理由を聞いて寄り添うことも大切。「怒らせてごめんね、でも今どうして怒っているの?」など、優しく聞いてみましょう。あなたが冷静に優しく寄り添えば、彼の心もほぐれるはず。くれぐれも、同じテンションで怒らないようにしましょう。

2. 落ち着くまで距離をおく

 彼が怒りだすと、「怖い」と感じる人も多いはず。何を聞いても反応しなかったり、中には大きな声で怒鳴りつけるような男性もいるでしょう。

 そんな時は、詮索せずに距離をおくことがおすすめ。気持ちが落ち着かないまま話をしても、ヒートアップするだけです。物理的に彼から離れることで、「言い過ぎたな」と彼も冷静になることができるでしょう。

3. 怒るポイントを把握する

「彼氏がすぐ怒る」と感じている人は、すでに何度も彼が怒り出す姿を見ているはず。そんな人は、どんな時に彼が怒りだしたかを思い返してみましょう。人それぞれ、必ず怒るポイントがあるはずです。

 元カレや元カノなど過去の話をした時、仕事の話をした時、お金の話をした時など、怒り出すポイントが分かれば、今後の会話に注意することで回避できるようになるでしょう。

4. 共通の友達に相談してみる

 すぐ起こる彼氏との付き合いに悩んだら、共通の友達に相談してみることもおすすめです。なぜなら、彼のことを知っている友達であれば、良い対処方法やポイントが見えてくるかもしれないからです。

 特に、彼との付き合いが長い友達であれば、的確なアドバイスをもらうことができるでしょう。

5. 暴力を振るうようになったら別れる

 すぐに怒る男性の中には、対応がエスカレートし、暴力を振るうようになる人がいます。当然ですが、そんな男性であればどんなに愛情があっても別れるのがベスト。仲直りしたら優しくなるとしても、暴力を振るう時点であり得ません。

「怖くて別れ話ができない」という人もいますが、そんな時は第三者を踏まえて別れ話をするようにしましょう。

すぐ怒る彼氏には上手な対処方法を見つけよう!

 彼氏のことは好きだけど、「すぐに怒るのが嫌」と思っている人は意外と多くいます。愛情があるゆえに、思っていることも言えずにいる人もいるでしょう。しかし、そんな場合は、ただ我慢をするのではなく、上手な対処方法を見つけることが大切。好きな彼氏だからこそ、我慢しない付き合い方を見つけてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
豆木メイ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ