後輩ができたら絶対伝えたい…10年先も心に響く先輩の教え

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2021-04-02 06:00
投稿日:2021-04-02 06:00
 先輩に言われた言葉の中で忘れられないものってありますか? 私はもう10年近く胸に残っている言葉があり、最近その言葉をようやく理解できかけているところです。スナックどろんぱでは、モジョ子の熱い視線がコミに注がれている様子……。

先輩にしてもらって嬉しかったことは自分の後輩にパスして

 人から優しくしてもらったり、何か助けてもらったらその人自身にお礼をしたい気持ちになりますよね。私もずっと「いつか自分に優しくしてくれたお姉さんたちに恩返しができるようになりたい」と思っていました。

 その気持ち自体は今もあるし、いつか何らかの形で返せればいいなとは思うのですが、最近は特に「私もお姉さんたちのような人になりたい」と考えるようになってきています。

 まだ二十歳そこそこだった時は「なんで本人に恩があるのに、他人に同じことをしろって言うんだろう?」と不思議でしたが、アラサーになった今はわかる気がします。

 そういうことを教えてくれたお姉さんたちは、自分も昔先輩から同じことを教わったんですよね。そして私にしてくれたように、自分の先輩に優しくしてもらっていた。だから「自分もそんな先輩になりたい」と行動して尊敬される先輩になる。だからその後輩も同じような先輩になる……。

 最高にハッピーなスパイラルじゃないですか?? これを書きながら改めてお姉さんたちを誇りに思うし、私は本当に先輩に恵まれているなあと感じます。

 もし、これを読んでくださるあなたに尊敬する先輩がいるなら、ぜひ後輩に同じことをしてあげて下さい。そしてそんな先輩はいないという方は、ご自身が尊敬される先輩になるために「自分がして欲しかったこと」を後輩にしてあげてほしいと思います。

登場人物紹介

モジョ子
自信がほしい主人公。いつ先輩になるかわからないけど、コミにしてもらったことを後輩にもしてあげようと心に誓う。

コミ
モジョ子の先輩。自分が先輩やママにしてもらって嬉しかったことは積極的にモジョ子にやっている。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。XInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


去勢手術直前! 驚きを隠せない少年“たまたま”キュートな瞳
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
きたきたきた遅刻常習犯の言い訳。お仕置きだべ!笑面虎な返信LINE3選
 世の中には、集合時間や出勤時間にいつも遅れてくる「遅刻常習犯」がいます。彼らは、反省している顔を見せながらも、何度も遅...
義母「昼ご飯何入れた?」嫁姑戦線!陰湿系から誤爆まで壮絶LINE10選
 嫁姑の関係は、昔から多くの人が悩んできた課題でもありますよね。大切な息子を取られた姑が同居の嫁をいびるなんて話は、星の...
地方組が「東京人は冷たい」と感じる5つの理由、人間関係ドライすぎない?
「東京人は冷たい」という言葉を一度は聞いたことがありますよね。東京で生まれ育った人にはわからないかもしれませんが、地方か...
かわいい要素が大渋滞! 困り顔にゃん相がたまらない“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“70点の私”凄い!40代でやめてよかったこと6つ、手放したら生きやすい
 人はいろいろな経験をしながら成長していくものですが、40代というのはその中でも大きな節目です。子育て中に多くを学んだり...
呼ばれてる?
 群馬県にある天神山古墳。  東日本最大の前方後円墳だという。  何かの気配が漂っている。
ほっこり癒し漫画/第76回「長靴を履いたタロー」
【連載第76回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
「ジュウシマツ」漢字で書けますか? ヒントは「漢字3文字」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
BTSハグキス騒動は日本人犯人説も…弁護士に聞く“推し活セクハラ”境界線
 韓国のアイドルグループBTS(防弾少年団)のJIN(ジン)が開催したイベント「2024 FESTA」に参加した女性ファ...
若いなぁ…語尾に「!」連打が止まらない。青春炸裂の面白いLINE3選
 青春真っ盛りの頃って、大きな夢と希望に溢れていますよね! まさに怖いもの知らず。40代になって若い子からのLINEが届...
接待はキャバクラより断然スナック! “クセつよ”ママが教えるメリット5つ
 スナックといえば、近所の人や馴染みの常連さんだけでワイワイやる飲み屋なイメージですが、実はけっこう接待で使っていただけ...
上司の理不尽なセリフ5選「奢るから飲みに行こう」に発狂しそうなワケ
 上司にイラついている人、集合! 今回は、よくある上司の理不尽なセリフを特集してみました。上司にイライラしている人はあな...
本当にいらない…結婚式「地雷な引き出物」と「喜ばれるギフト」の線引き
 結婚式参列時にもらう引き出物。嬉しいものもある反面、「正直いらない…」と迷惑系もありますよね…。今回はもらっても正直困...
今日は大事な集会にゃん♪ お手入れに余念のない“たまたま”を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...