可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選

コクハク編集部
更新日:2021-09-19 06:04
投稿日:2021-09-19 06:00
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛くて許してしまうようです。そこで今回は、そんな天然の妻とのぶっ飛んだLINEの内容をご紹介します!

これぞ本物! 可愛くて怒れない♡ 妻からの天然ぶっ飛びLINE5選

1. 真剣な場面でスタンプを打ち間違える

 こちらの男性は、北海道への2年間の転勤が決まったことを妻にLINEで送ったそうです。小さな子供がいるし、家を建てたばかりだったので、とても寂しがって混乱する妻……。重たい空気で、「家に帰ったら話そう…」と伝えました。

 そこで返ってきたスタンプがこちら! 天然妻と出会って数年。こんな行動には慣れているけれど「ここで、このスタンプか!」と、尊敬の念すら覚えたそうです。

2.「3年かかるパズルが一週間で完成した!」

 こちらの男性は、1週間前に妻と立ち寄った100円均一でふざけて「これで少しは賢くなりなさい」と妻にパズルを買ってあげたそう。妻は、夫が仕事に行っている間に少しずつ進めていたようで、「3年かかるパズルを1週間で完成させた! 天才!」との報告LINEが。と、ここまでは良かったのですが……。

 実はこのパズル、3歳児用で箱に「3Years」とあるのを妻が「3年かかる」と勘違いしたようです。3歳児用パズルに1週間かかった点は置いておいて、「3年かかるパズルってどんな?」と突っ込みどころ満載のLINEでした。

3.「ディズニーランドって、AとBどっちなのかな?」

 結婚記念日に、ディズニーランドに行くことにしたこちらの夫婦。残業の夫から妻にLINEを送ったところ、「ディズニーランドってAとBどっちなんだろう」という返信が届きました。最初は、意味がわからなかったのですが、どうやら天然の妻は「Disney SEA」のことを「Disney C」だと勘違いしていた様子。

 そして「ディズニーランドがAなら、なぜ次にCを建てたんだ?」と疑問に思っていたようです。絶句してしまった男性でしたが、可愛いなと残業の疲れも吹き飛んだそうですよ♡

4.「神と化してる」

 こちらの男性は、仕事の飲み会で上司の自慢話を延々と聞かされることになり、癒しを求めてトイレから妻にLINEを送りました。「今何してるの?」と聞くと、まさかの「神と化してる」との返信が……。

 妻なら神になりかねないと思ってそっとしておいた男性ですが、後から聞いてみると「髪をとかしていた」と。もはや「すでに妻は神と化してる」と思った男性でした。

5.「リモコンから連絡できるの!?」

 出張中のこちらの男性。1日妻と連絡が取れない日があり、とても心配していたそうです。何回も電話やLINEを送っていたそうなのですが、夜に「ごめんごめん、無事だよ♡」というなんとも呑気な返信が届きました。

 心配していたこともあり、責めてしまったところ、妻も逆ギレ。「あなたはリモコンで電話かけられるのっ!?」と一言。この瞬間、妻はスマホとリモコンを間違えて持っていたと察し、これ以上責めるのはやめたそうです。(笑)

天然妻からのLINEで癒される夫は幸せ者♡

 天然の妻を持った男性は、幸せ者といえるでしょう。想像のはるか上をいく言動に、時にイラっとすることはあっても、毎日が新鮮な驚きに満ちているので、飽きないはず!

 そして、どんな喧嘩があっても、最後には思わず「可愛いな♡」と許せてしまうなんて、最高に幸せですよね♡ ぜひ、これからも天然妻との不思議な毎日をたくさん楽しんでくださいね!

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ
性欲満たしたいだけでしょ?マチアプスピード婚を“汚点”と言い切る40男
「冷酷と激情のあいだvol.193〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合ってスピード結婚へと至った夫とのレスに悩む妻...
並木まき 2024-05-07 10:33 ラブ
子づくり提案→アバズレ認定に絶望しかない…37歳バリキャリ女性の後悔
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-04 06:00 ラブ
圏外男性からの告白LINE、顔を合わせるの気まずっ!上手に断る3本立て
 異性に告白されるのは嬉しいものですが、中には好きになれない相手、恋人として見れない相手からの告白もありますよね。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-04 06:00 ラブ