30代からの恋愛…理想の男性に出会うためにすべきことは?

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-06 03:25
投稿日:2019-02-27 06:00

まだ大丈夫と安心していると大きな落し穴

まずは自分を知ろう(写真:iStock)
まずは自分を知ろう (写真:iStock)

 働く女性が多くなった今、結婚年齢もどんどん上がり、アラサー、アラフォーでも婚活はこれから!という方は増えていると思います。

 結婚の晩年化は男性でも同様なため、まだまだ結婚していない男性はいっぱいいるし、大丈夫と安心していると、そこには大きな落とし穴が……。

 男性は「年下女性が好きだ」という割合が多くいますが、あえて「年上女性がいい」というタイプは比較的少数派です。逆に20代女性にとっては、30代の男性は恋愛対象として十分にあり得ますよね。

 つまり、男性は幅広い女性を対象にできる一方、30代以上の女性は同年代の男性を自分たちより若い20代女性たちと競い、獲得しなければならないという、非常に厳しい戦いを余儀なくされるのです。

「ヤバい、結婚相談所に行こう!」の前にするべきことは?

 それなら、できるだけ若いうちに結婚相談所に登録しよう!と焦ってしまう人は、婚活を失敗しやすいタイプです。条件だけで選んでしまった結果、実は価値観やライフスタイルが全く合わず、すぐに離婚してしまうケースも。

 そこでまずアラサーのあなたがやるべきことは、ズバリ、「自分探し」なのです。

自分を見つめて自分を知ろう

「え、自分探しって、海外に貧乏旅行とかするやつ?」

 いえいえ、そんなことありません。そういうのは学生時代にもう終了ですよね!

 自分探しとは、自分が今後の十年、数十年と生きていく上で一番大事にしたい価値観を見極めるもの。重要なのは、まさに「必要不可欠」なもののみに絞っていく“断捨離”の精神です。

 学生時代には、夢と希望と理想にあふれていたあなたも、大人になって社会で揉まれたからこそわかる、あなた独自の絶対に譲れない価値観はあるはずです。あれもこれもではなく、「これだけは譲れない」という価値観です。

本当に必要な相手の条件は?

自分が大事にしたいことが何かわかったら一歩踏み出せるはず(写真:iStock)
自分が大事にしたいことが何かわかったら一歩踏み出せるはず (写真:iStock)

 おわかりでしょうか?

 30代からの婚活にとって、あなたの婚活を成功に導くのは、「できるだけいい人と結婚したい」というユルふわな希望ではなく、「これだけは譲れない」という、絞りに絞った必須条件を明確にすることなのです。

 もしあなたが仕事大好きで、この先もずっと仕事を続けていきたいのであれば、仕事に理解があり、その大変さも共有できる相手を。週末にはおいしいお店に一緒に行きたい、というのであれば、エンゲル係数至上主義の週末は休みの旦那を。

 つまり、あなたが生きたい人生とフィットする人をターゲットにすればよいのです。

適切なポジショニングはあなたの価値を高めます

 このように、自分の条件を明確にすると、あなたがどういう人間で、どういう男性を求めているかが相手にも伝わりますね。

 相手の立場で考えると、「なぜ自分と一緒にいたいと思っているのか」が明確になっているほど、一緒に将来像を描きやすいということです。なんか優しいとか、誠実とか、面白いとか、誰にでも当てはまりそうなことを言われるよりも、「明確な何か」こそ、男性の気持ちをくすぐるものなんです。

自分は何をしたいのか、どうなりたいのか


 
 そうしたことが決まらないまま、闇雲に良い条件の相手を追い求めるのは、地図を持たずに旅をするようなもの。まずは自分が何をしたいのか、どうなりたいのか、そのために何をしたらいいのか。もう一度、自分の人生を考えてみましょう。

ラブ 新着一覧


価値観が合う人がいない…! 本当に理想の結婚相手の探し方
 結婚相手を探しているのに、「価値観が合う人がなかなかいない」と悩んでいる人は多いですよね。実際に、結婚相談所などでも多...
恋バナ調査隊 2021-08-24 06:00 ラブ
昔の面影なし、格差に愕然…40代の同窓会恋愛あるある5選
 40代になって、かつての同級生たちから届いた同窓会のお知らせ。「初恋の相手は変わっていないかな♡」なんてドキドキしなが...
恋バナ調査隊 2021-08-24 06:00 ラブ
彼女がいるのに思わせぶりをする男性心理5つ&見抜くポイント
 男性からアプローチされるのは嬉しいものですが、相手が彼女持ちとなれば話は変わります。たとえ、自分が気になる男性だったと...
恋バナ調査隊 2021-08-23 06:00 ラブ
イケメン男性なのに彼女がいない5つの理由&落とすテクニック
 イケメン男性と出会った時、「カッコいい!」と思いつつも、「どうせ彼女がいるだろう」と諦めてしまう女性は多いでしょう。で...
恋バナ調査隊 2021-08-22 06:00 ラブ
彼女がいる人に恋をしてしまった…略奪愛の失敗例&対策法
 恋は、いつどんなことがきっかけで始まるか予測できないもの。中には、好きになった人に彼女がいた……なんて経験がある女性も...
恋バナ調査隊 2021-08-22 06:00 ラブ
これって運命かも♡付き合う予感を感じる瞬間&脈ありサイン
 告白をされたわけではないのに、「もしかしてこの人と付き合うかも?」と付き合う予感を感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-08-21 06:00 ラブ
夫婦で解決すべきことにまで…過干渉な義母に辟易とする夫
「冷酷と激情のあいだvol.52〜女性編〜」では、夫婦問題に無関心すぎる義母への不満を募らせる妻・Eさんの叫びをご紹介し...
並木まき 2021-08-21 05:43 ラブ
夫が“家事放棄宣言”でも…知らん顔の義母に不満を募らせる妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-08-21 05:45 ラブ
嫌悪感がピークに達し…不毛な結婚生活に終止符を打った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-08-20 06:00 ラブ
心惹かれちゃう♡ 恋愛上手な男性の特徴6つ&注意すること
 初デートの際、スマートなエスコートをしてくれる男性は魅力的に映るものです。しかし、それだけ恋愛経験、女性経験が多いとい...
恋バナ調査隊 2021-08-20 06:00 ラブ
「もしかして浮気?」パートナーの不貞を見抜く3つのコツ
 残念ながら、コロナ禍であっても浮気をする夫やパートナーがいます。むしろおうち時間が増えたぶん、女性の監視をすり抜けるテ...
内藤みか 2021-08-19 06:00 ラブ
コミュニケーションがうまくいかない夫婦の共通点&5つの対策
 恋人同士の時にはうまくいっていたはずなのに、結婚後に関係性が悪くなってしまうことがありますよね。これは、距離が近すぎる...
恋バナ調査隊 2021-08-19 06:00 ラブ
恋人に自分を出す?出さない?…別れたくないならすべきこと
 恋人との関係において、大好きなパートナーであればあるほど“長続きした〜い”と願うもの。別れる原因は数あれど、よくあるケ...
若林杏樹 2021-08-18 06:00 ラブ
コロナ中のおうちデート♡ 5つの楽しみ方&気を付けたいこと
 コロナウイルスまん延により、自由に外出ができなくなった今、彼との過ごし方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか? そ...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
覚えていれば安心♡ 好きな人と盛り上がるLINEの例文5つ
 好きな人とLINEを交換しても、結局会話が盛り上がらずに音信不通になってしまった……なんてことはありませんか? 恋を成...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
いつもと違う…同棲中の彼が出す別れのサイン5つ&対処方法
 好きな彼と同棲がはじまると、嬉しくて幸せを感じますよね。しかし、同棲はゴールではありません。中には、「最近、彼の様子が...
恋バナ調査隊 2021-08-17 06:00 ラブ