パートナーにすべきは「優しい男」か「話し合える男」か?

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-10-24 20:54
投稿日:2019-04-29 06:00
 優しい人――。これ、パートナーに求める極めて大事な条件ですよね? 優しい人がいい、という点では誰も異論はないと思います。しかし、実際に結婚している人たちに聞いてみると、口をそろえて言うのは「優しさ」よりも「話し合える」ことの方が大事だということ。一体なぜなのか、探ってみました。

そもそも「話し合える」ってどういうこと?

 さて、具体的に「話し合える」とはどういうことなのか、考えてみましょう。

 ここで言う「話し合う」とは、相手の話をよく聞いたり共感してあげるといったことだけではなく、問題についてきちんと会話をしながら、一緒に解決していくことができることを指します。

 話し合いのタイプには、次の4つに分けられますが、ここでは「対話」と「議論」がこれに該当します。

1. 雑談(chat)

 気楽な「おしゃべり」であり、何を話すかは事前に決まっていないことが多いです。

 その目的は「暇つぶし」や「相手のことを知る/理解を深める」ことで、話す内容そのものはさほど重要ではありません。

2. 対話(dialogue)

 ある論点について、お互いの情報や捉え方を話し合うことです。

 対話の目的は「情報を共有したい」「自分の考えを伝えたい」、そして「相手の情報や考え方を知りたい」というものであり、情報や考えの「共有」を重要視します。

 基本的に、相手の考えに対する批判や否定は行いません。

 相手が自分と違う考えを持っていたとしても「それはおかしい/違う」でなく、「なんでそう思う?」と質問するような流れになります。

3. 議論(discussion)

 対話と同様、ある論点について話し合うことになりますが、対話との違いは、その目的が情報や考え方の「共有」だけでなく、解決策や方針を「決定」することをゴールとしていることです。

 自分の考えが相手の考えよりも正当性があると思えば、相手の考えを「批判」することも許されますが、「相手を論破することが目的ではない」点が重要。

 したがって、相手の人格や考え方などを「否定」することはNGであり、建設的に「批判」することがキーになります。感情的にならないのもポイントですね。

4. 論争(argument)

 3の議論との根本的な違いは、目的が「相手を論破する」点にあることです。要は、口喧嘩ですね。

 自分が相手より優位に立つことを目的としているため、論点をずらしたり、自分の都合の悪い部分を隠したりします。パートナー間の論争は、どっちが勝っても後味の悪いものになります。

 日本人は議論が下手と言われているため、話し合いをするとどちらかが感情的になり、4の「論争」になりがちです。

 パートナー間においては、2の対話と3の議論こそが「話し合う」ことである、ということをまずはご理解ください。

しめサバ子
記事一覧
マルチポテンシャライトライター
主に恋愛・性に絡むネタを執筆。ライター業以外にも法務や税務、イベント企画、プログラミング、起業、ひいては寿司を握るなど、興味を持ったことに手当たり次第に挑む。休日はシメサバ作りをこよなく愛する。
X

ラブ 新着一覧


古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
豆木メイ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ