「喜ばれるお菓子」の定義を考えてみた 2022.6.23(木)

コクハク編集部
更新日:2022-06-23 11:57
投稿日:2022-06-23 06:00
 おいしいお菓子をいただきました(ありがたや~)。それからというもの、以前にも増して「贈り物上手」になりたいと考えるように……。

御菓子処すだの「エンガトルテ」

た、食べたことがない…(C)コクハク
た、食べたことがない… (C)コクハク

 アラフォーです、いいトシです。大それたものではなく、さり気なく、「ほんの気持ち」をブツ(!)で示せるようになれたらいいなあ。

 新潟・柏崎にIターンした学生時代の友人から送られてきた、地元の人気店「御菓子処すだ」の「エンガトルテ」。スイスのエンガディン地方に伝わる伝統菓子をアレンジした焼き菓子で、バターをふんだんに使ったリッチなクッキー生地の中に、生クリームのたっぷりのキャラメルにクルミがざっくざくと入った“骨太”系のスイーツです。

「リッチショコラ」(1個216円税込み・以下同)は3月15日までの期間限定商品(C)コクハク
「リッチショコラ」(1個216円税込み・以下同)は3月15日までの期間限定商品 (C)コクハク

 筆者は「リッチショコラ」という期間限定品をもらったのですが、コーヒーに合う! ちょうどいいサイズ感で、小腹が空いたときにもぴったりです。

 リッチショコラは、クルミのほかにヘーゼルナッツも入っているWナッツ仕様。生地もカカオ60%のチョコレートが練り込まれたココアタイプです。

かぶりつくのが正解かも?(C)コクハク
かぶりつくのが正解かも? (C)コクハク

 リピしたいと思い、店のHPを見ると実店舗は新潟県内に2店舗のみの展開。オンラインショップはあるものの、都内で買えないのね……と思うと、ありがたみもマシマシでした。5個入りで1050円。

京らく製あん所の「あんビスキュイ」

「あんビスキュイ」プレーン(黄)と抹茶(黄緑)4個入りで1350円(C)コクハク
「あんビスキュイ」プレーン(黄)と抹茶(黄緑)4個入りで1350円 (C)コクハク

 横浜在住の方と打ち合せした際にいただいたのが、京らく製あん所の「あんビスキュイ」です。京都に本社を構える製菓会社が打ち出すブランドの新商品。おしるこやもなかを販売している同会社は、和菓子の命ともいえるあんこは得意中の得意です。

つぶあんの中にオレンジピールの風味がほんの~り(C)コクハク
つぶあんの中にオレンジピールの風味がほんの~り (C)コクハク

 こだわりまくっている「餡」をバターをふんだんに使ったビスキュイ生地で挟んだ、これまたフィンガーサイズなのに“骨太”系のスイーツです。

 実店舗は京都、大阪、そして横浜のみ。オンラインでも購入オッケー。

ほんの気持ちとして「喜ばれるお菓子」7カ条

自分へのご褒美から始まる(?)贈り物上手への道(C)コクハク
自分へのご褒美から始まる(?)贈り物上手への道 (C)コクハク

 お菓子は、心温まる「ほんの気持ち」にぴったりの贈り物。そこにちょびっとだけ、特別感を出すにはどんな条件がいいのかしら……? まとめてみました。

1. オンラインでも購入できるけれど、店舗数や販売エリアが限られている
2. “知る人ぞ知る”感があったらなおよし
3. 上限1500円程度(2000円だと、ちょっと高いイメージ)
4. 自分自身に贈りたい(贈られたら嬉しい)と思うかどうか
5. 2週間から1カ月ぐらいは日持ちがする
6. 手乗りサイズの個包装(食べ過ぎ予防←ここ大事)

 そうそう。「息抜きもしてね」といったことばをかけていただきました。面と向かってではなくても、小さなカードを添えてもいいですね。さり気ない気遣いが感じられる「ことば」は大事であり、ジーーーンと響きます。

7. ことばを添える

 こちらも、加えまして。

 贈り物をする行為自体、“自己満”かもしれませんが、それをいっちゃあ、おしまいよ(苦笑)。7カ条を心に刻み、贈り物上手に近づけたらいいな、と思う今日この頃です。

 上記のお菓子はいずれもフィリングと生地の歯ざわり&コントラストが絶妙で、甘さの余韻も上品。ついつい手が伸びてしまいそうになる禁断のスイーツですので、「6. 手乗りサイズの個包装」は要注意です(苦笑)。

 でもって、「4. 自分自身に贈りたい」を実践されてもよろしいかと思っております。

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


横浜のディープスポットで絶品カレーを食す 2022.1.13(木)
 カレーが好きです。冬に凍えた体を芯から温めるのもよし、暑い夏に汗だくで食べるもよし。ちょっと胃腸がお疲れ気味……なんて...
「しめ鯖のキウイマリネ」店主が追求するキウイ料理の進化系
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
お手軽「ホタテフライのカシスソースとらっきょうタルタル」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
青森のソウルフードで「切込みのピザ」 発酵食品の三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「ロックフィッシュ」の間口一就さん...
「キノコサーディン」缶のままコンロで加熱するだけで美味!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
便利アイテムを活用!“手抜き”美味レシピ 2022.1.6(木)
 料理が苦手です。子どもの頃からそうでした。母のお手伝いをした記憶は皆無だし、調理実習やキャンプなどではいつも小さくなっ...
失敗しない「カマンベールフォンデュ」 温め直しOKの手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
味変は食べるラー油で!「酒の供」納豆に卵黄とノリの三重奏
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
“ダンク”バーガーに挑戦! 2022.1.1(土)
 新年あけましておめでとうございます。2022年の元旦、いかがお過ごしでしょうか? 年末年始&お正月休みで、暇を持て余し...
箸が止まらなくなる!「万能薬味」肉にもスパイス料理にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
作り方は超簡単! 「ガリ豆腐」人気店の箸休めをアレンジ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・神田のトラットリア「ZeCT by Lm...
香ばしくてトロトロ!「チーズ餅」イクラや明太子と合わせて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「bar NIKOKO」の乾喜代子...
ネコのシューミルフィーユ 2021.12.25(土)
 今年も残すところあと7日。冬至を迎え、寒さも忙しさも極まって参りました。クリスマスから年末年始にかけて、何かとケーキや...
「ラタトゥイユの牛肉煮込み」ローリエをたっぷりがポイント
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「bar NIKOKO」の乾喜代子...
無印でも展開!コオロギのお菓子ってどうよ2021.12.23(木)
 12月15日、無印良品を展開する良品企画が「コオロギチョコ」を販売しました。全国の無印良品限定221店舗、および公式ネ...
お酒のアテになる「フルーツスムージー」 二日酔い防止にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の「bar NIKOKO」の乾喜代子...